ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:THAAD

    中国国旗1: ダース・シコリアン卿 ★ 2017/03/23(木) 21:17:34.51 ID:CAP_USER
    2017年3月22日、百度百家はスマートフォンゲーム専門メディア「手游那点事」の寄稿記事「THAAD事件の影響広がる、中国市場における韓国ゲームの認可が無期限延期に」を掲載した。

    高高度防衛ミサイル(THAAD)配備決定に伴い、中国ではさまざまな分野で韓国製品・サービスの締め出しが続いている。このたびスマートフォンゲームも「韓国禁止令」に加わったことが判明した。

    スマートフォンゲームの認可を担当する中国国家新聞出版広電総局は韓国製ゲームの申請そのものは受け付けているが、審査は無期限延期、すなわち待てど暮らせど一向に認可されないという状況にあるようだ。

    このニュースが韓国で報道されるや、中国市場に大きく依存している韓国ゲーム企業は大きく株価を下げた。収入の40%を中国市場で稼ぐネクソン社の株価は7%の下落となった。

    記事は「韓国禁止令」は中韓双方の企業にとってマイナスだと指摘する。中国市場を失う韓国企業だけではなく、中国ゲーム企業は人気タイトルを輸入できず、韓国のノウハウを学ぶ機会を失ってしまう。

    また、韓国側が報復措置として中国製ゲームを韓国市場から閉め出す可能性もある。

    記事は上述の通り冷静に分析した後、次の一文で締めくくっている。「しかしながら、国家安全保障問題の前にあって、その他の問題は二の次三の次だ」、と。

    Record china 配信日時:2017年3月23日(翻訳・編集/増田聡太郎)
    http://www.recordchina.co.jp/b173003-s0-c10.html

    引用元: 【THAAD】韓国に新たな報復措置、中国が韓国ゲーム認可を無期限延期[3/23]

    続きを読む

    20170311_0904001: エベンキ連呼の@ばかばっか ★ 2017/03/11(土) 07:23:32.15 ID:CAP_USER
    在韓米軍への最新鋭ミサイル迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD=サード)」配備に関連し、米国防総省のデービス報道部長は10日、韓国への装備搬入を継続するとの見解を示した。

    朴槿恵(パク・クネ)大統領が失職したことについては「指導者は時間とともに交代する」と述べ、THAADの配備とは関連性がないとした。

    報道部長は「THAAD配備は軍事上必要なもの。合意が成立しており、われわれは引き続き履行にコミットしている」と語った。

    http://diamond.jp/articles/-/121010

    ニュース速報+ http://daily.2ch.net/newsplus/
    政治ニュース+ http://karma.2ch.net/seijinewsplus/
    ビジネスニュース+ http://potato.2ch.net/bizplus/
    元気ニュース+ http://potato.2ch.net/wildplus/
    ローカルニュース+ http://potato.2ch.net/femnewsplus/
    ニュース国際+ http://potato.2ch.net/news5plus/
    科学ニュース+ http://potato.2ch.net/scienceplus/
    痛いニュース+ http://potato.2ch.net/dqnplus/
    PINKニュース+ http://phoebe.bbspink.com/pinkplus/
    お詫び+ http://potato.2ch.net/owabiplus/

    引用元: 【軍事】最新鋭ミサイル迎撃システム「THAAD」の搬入継続 アメリカ防総省が表明 「朴大統領失職と配備に関連性はない」

    続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@無断転載は禁止 2017/01/17(火) 02:35:55.77 ID:CAP_USER
    (画像:14日午後、ソウル光化門広場で開かれた第12回汎国民行動の日の行事で
    駐韓米国大使館の壁にTHAAD(高高度ミサイル防衛システム)に反対する
    「NO THAAD」のフレーズをレーザーで撮影している。)
    no title

    no title

    no title


     パク・クネ大統領退陣を要求する12次ろうそく集会が14日、ソウル光化門広場で開かれた中で、
    一部のデモ隊が米国大使館の建物にTHAAD(高高度ミサイル防衛システム)の韓半島配置を
    反対するという意味で、「NO THAAD」のフレーズをレーザーで撃っている。

     ろうそく集会を主催した「退陣行動」側は「米大使館にレーザーを撃ったのは、(主催者側ではなく)
    別の連帯機構である「THAAD阻止全国行動」だ」とした。

    chosun.com 2017.01.16 06:07(原文は朝鮮語)
    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/01/16/2017011600307.html

    前スレ ★1 2017/01/16(月) 21:31:30.77
    【韓国】大統領退陣要求第12次ろうそく集会で、アメリカ大使館の壁にレーザービームで「NO THAAD」(画像あります)★2[1/16] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1484576985/

    引用元: 【韓国】大統領退陣要求第12次ろうそく集会で、アメリカ大使館の壁にレーザービームで「NO THAAD」(画像あります)★3[1/16] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    no title1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 02:07:10.90 ID:CAP_USER
    いずれも韓米同盟の「日米同盟への従属」を加速化
    主務省庁ではなく朴大統領の"鶴の一声"で決まる
    朴大統領独断的態度の背景めぐり様々な憶測も

     弾劾の危機に追い込まれた朴槿恵(パク・クネ)大統領が23日、国民の過半数と野党3党が激しく反対しているにもかかわらず、ついに韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の締結を強行した。

     国防部が10月27日にGSOMIAの再推進の方針を明らかにしてから1カ月も経たないうちに行われた、外交安保省庁の関係者さえも首をかしげるほどの"進撃戦"である。

     対外政策の面で韓日GSOMIAの締結は、昨年末の日本軍「慰安婦」被害者問題に関連した韓日合意(12・28合意)と、7月8日のTHAAD(高高度防衛ミサ理宇)の在韓米軍への配備決定と共に検討してこそ、その意味と文脈がより鮮明になる。

     12・28合意→THAAD配備の決定→韓日GSOMIAの締結には共通点がある。第一に、韓米同盟が日米同盟の「従属同盟」化する傾向の加速化するものだ。第二に、北東アジアで韓国の立地に重大な影響を及ぼす三つの事案が朴大統領の"独断"によって決定されたという点だ。

     とくに、三つの事案はいずれも推進の速度と時期を主務省庁ではない朴大統領の"鶴の一声"で決定しており、その背景をめぐり様々な憶測が流れている。

     まず、12・28の合意は、韓米日の3角安全保障協力の強化における"障害"を取り除くためのものであり、米国の"圧力"が作用した。

     例えば、北朝鮮の4回目の核実験の翌日である1月7日、バラク・オバマ米大統領が朴大統領と電話会談で12・28合意を「正義の結果」と褒め称えながら、「北朝鮮の核実験という共同の挑戦に対する韓日米間の対応能力を強化するもの」と述べたのが代表的だ。

     実際「慰安婦」被害者問題は未来志向的韓日関係の側面でも「合意」が必要な事案であるため、韓日政府も2014年4月から局長級協議チャンネルを稼動してきた。しかし、2015年12月28日の合意妥結は全面的に朴大統領の独断的決定によるものだった。

     主務長官であるユン・ビョンセ外交部長官が「3カ月だけ時間の余裕をもらえれば、改善された合意を導いてみせる」と要請したにもかかわらず、聞き入れてもらえなかった。(「ハンギョレ」22日「付朴大統領、外交長官の『3カ月追加交渉』意見黙○し『12・28慰安婦合意』強行」を参照)

     「THAAD配備」の決定は、米国のグローバルミサイル防衛(MD)網に韓国を引き入れるための先陣を切ったものと言える。

     中国とロシア首脳が共同声明で「域内国家の戦略安全利益を大きく損なうものであり、反対する」(6月25日)と述べたことからわかるように、北東アジア戦略の均衡を揺るがす重大な事案だ。しかし、この決定もまた、少なくとも時期(7月8日)に関する限り、朴大統領の"鶴の一声"なしには完全に説明がつかない。

     主務長官であるハン・ミング国防長官はTHAAD配備の方針の発表(7月8日)の数日前までも、「まだ決まったことはない」(7月5日、国会対政府質問での答弁)や「今年中には結論が出るだろう」(6月28日、国会法制司法委員会)とし、「協議には時間を必要である」との趣旨で答弁した。

     韓日GSOMIAは、韓米日3角安保協力の"つまった血管"である韓日軍事協力を本格化する法的基盤を整備したという意味がある。「朴槿恵・チェ・スンシルゲート」の中で行われた韓日GSOMIAの再推進の"速度戦"も、朴大統領の"鶴の一声"を除いては説明が不可能だ。

     「朴大統領の指示によるもの」という証言が相次いでいるだけでなく、外交部はGSOMIAの締結過程で関与の最小化に努めるなど、事実上足を抜いている。

     外交安保分野の元高官は「外交安保的な面だけを見ると、ドナルド・トランプ氏の米国大統領の当選で状況が流動的になったため、THAAD配備とGSOMIAを進めるスピードをむしろ下げなければならない状況」だとし、「朴大統領が外交安保問題でわざと対立を引き起こしているようだ」と指摘した。

    イ・ジェフン記者

    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25750.html

    引用元: 【韓国】慰安婦・THAAD・韓日軍事情報協定の速度戦、すべて「朴大統領の独断」[11/24] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/04(木) 23:30:27.04 ID:CAP_USER
    no title

    写真は韓国のパスポート。

    2016年8月3日、韓国・世界日報によると、在韓中国大使館が3日から、韓国人に対する商用ビザの発給を制限していることが分かった。これは、高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に対する報復措置とみられており、韓国内に波紋が広がっている。

    3日、複数の旅行会社や中国ビザ発給センター、大手企業などによると、同日から中国大使館は旅行会社が発給する招待状での商用ビザの申請を受け付けていない。

    ある旅行会社の関係者は「同日朝、中国大使館から『旅行会社が発給した招待状では商用ビザを発給しない』との知らせを口頭で受けた。
    これは、中国現地の企業や中国政府が発給した招待状がなければビジネス用ビザの申請を受け付けないという意味だ」と明らかにした。
    実際、中国ビザ発給センターは韓国メディアの問い合わせに対し、「中国政府と韓国政府の外交問題が解決されない限り、ビザの申請を受け付けない」と述べた。

    一部の大手企業は、前日から役員や従業員らにこのような状況を知らせている。これについて、韓国外交部は「経緯を確認中」と明らかにした。

    この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

    「やっぱり始まったか…」
    「米国のために韓国が犠牲になっている」
    「中国が韓国に圧力をかけたら、米国が助けてくれる?日本が助けてくれる?朴大統領は助けてくれるよね?」

    「当然の結果。次は企業が狙われるだろう。本当の恐怖はこれから始まる」
    「情けない!中国の報復への対応策は考えていなかったの?無能な韓国政府が国民を苦しめている。毎月中国へ出張に行っているのに…。これからどうしよう?」

    「韓国滅亡に備えて、これから1ウォンも使わずに生活しないと!」
    「自主防衛する国とそうでない国の違いを見せてくれている」

    「米国に『NO』と言えない政府を持った国民は、外交や経済上の損失を甘受しなければならない」
    「もうじき“韓国旅行禁止令”も出されるのでは?そうしたら、韓国は本当に大変なことになる」(翻訳・編集/堂本)

    http://www.recordchina.co.jp/a146627.html

    引用元: 【中韓】ミサイル配備の韓国に報復?中国が商用ビザの発給を制限=韓国ネットに波紋広がる「やっぱり始まった」「韓国滅亡に備えて…」©2ch.net

    続きを読む

    このページのトップヘ