ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:SEALDs

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/17(水) 05:27:11.88 ID:CAP_USER
     8月15日、集団的自衛権反対などを掲げた学生政治団体SEALDsが解散した。
    彼らは集団的自衛権反対デモを主催し、国会前での反対集会などを行ったが、その活動内容や方法などに対しては批判も多く、学生など多数の若年層の支持を得ることはなかった。
    それは参議院議員選挙での若年層の投票結果(全年代の中で自民党支持率が最も高い)にあらわれているといえる。

     SEALDsは、一部メディアなどにより若者の代表であるように扱われてきたが、投票結果を見る限り明らかな間違いであり、所詮ノイジーマイノリティー(うるさい少数派)の代弁者にすぎなかったわけだ。

     そして、彼らの活動には常に共産党など野党とその関連団体や人物の影が見え隠れした。SEALDsは良くも悪くもそのような人らに利用されつつ、逆に利用もしたというのが一つの実体でもあるのだと思う。

     SEALDsメンバーの野党への選挙支援や協力がそれを明らかにしたともいえる。しかし、各種選挙での支援候補の選挙結果を見る限り、それは失敗に終わったといえるだろう。

     私はSEALDsの活動が無意味だったわけではなく、わが国に対して非常に大きな成果を残したと考えている。なぜなら、彼らによって、一部のメディアに潜む隠れ左派活動家の存在が明らかになったからだ。

     日本では、報道メディアに対して放送法で政治的中立性が求められている。当然、一部の政党や政治家などの意見だけを流すのは許されず、特に政治的に対立する問題に関しては対立意見を紹介し平等に扱う必要がある。
    だが、タレントやジャーナリストを名乗る人たちの多くは中立を装いながら、報道に名を借りた反政府活動や政治活動を行ってきた。

     昨年のSEALDs現象と国会前デモと集会は、このような人たちを駆り立て、自ら名乗り出させることに成功したといえる。都知事選への出馬を最終的に取りやめたがタレントの石田純一氏や、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏がその典型だといえる。

     また、SEALDsが、若年層を中心とした学生運動を知らない世代に、改めて市民団体など左派活動家の存在と思想や活動などを知らしめた役割も大きいと思う。

     1980年代になるとほとんどの大学から学生運動団体が消え、彼らの主張や過去に起こした事件などを知らない学生がすでに多数を占める。左派活動団体、特に過激派などの危険性やリスクを認識しない学生ばかりになっていたわけだ。
    今回、SEALDsがこれを再認識するきっかけを与えてくれたことは間違いない。そして、これを否定する学生を大量に生み出しただろう。

     SEALDsはさまざまな世代と分野で、非常に優秀なリトマス試験紙として機能し、隠れていた多くの問題を炙(あぶ)り出ししてくれた。これはSEALDsなしには成し得なかったことであり、日本にとっても非常に良いことだったと思う。
    ありがとうSEALDs、さようならSEALDs。

                      ◇

    【プロフィル】渡辺哲也

     わたなべ・てつや 経済評論家。日大法卒。貿易会社に勤務した後、独立。複数の企業運営などに携わる。著書は「突き破る日本経済」など多数。46歳。愛知県出身。

    http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/160817/cpd1608170500003-n1.htm
    http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/160817/cpd1608170500003-n2.htm

    引用元: 【コラム】解散したSEALDsに感謝 若者に不人気も隠れた問題炙り出す[8/17]©2ch.net

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    変態新聞1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2016/08/14(日) 20:37:14.85 ID:CAP_USER
    15日解散 政治に斬新な表現、若者の共感呼ぶ

    毎日新聞2016年8月13日 21時18分(最終更新 8月13日 21時57分)

    SEALDsが呼びかけた安保関連法案反対の集会で声をあげる学生ら=東京・国会前で2015年7月3日、後藤由耶撮影

     戦後71回目の終戦の日となる8月15日、安全保障関連法の廃案などを訴えてきた学生たちのグループ「SEALDs(シールズ)」が解散する。先月の参院選で改憲勢力が伸長し、憲法改正の発議が現実味を帯びている。それでもシールズは結成から1年3カ月、既成の政党や運動体にはない斬新な表現や活動のスタイルで政治を揺さぶり、若い世代の存在感を示してきた。【山崎征克、平川哲也】

    【動画】SEALDs奥田さん 「民主主義は終わらない」

    <奥田愛基さんインタビュー>「解散はすがすがしいくらい」

    <自身の今後について語る>奥田さん招きトークショー 金沢で26日

     シールズは2015年5月3日の憲法記念日に、東京都内の明治学院や立教、上智などミッション系の私立大学生たちが結成したとされる。メンバーは集まることもあるが、集まれなくても無料通信アプリ「LINE(ライン)」などで手際よく物事を決める。「安保法制反対」でゆるやかにつながり、東北や関西、沖縄でもグループが生まれた。

     グループは国会前や各地で集会を開き、安倍政権批判を展開。若い世代の共感を呼び、抗議のうねりは安保関連法が成立する昨年9月に頂点に達する。その後も活動を続け、今年の参院選では野党共闘の成立に貢献した。

     グループの解散は当初から参院選後と決まっていた。中心メンバーの一人である奥田愛基(あき)さん(24)は公示前に取材に応じ、解散について「さびしくはない。むしろすがすがしいくらいの気持ち。今後もっとできることがあると思っている。解散が惜しいと思うなら自分で動き出してほしい」と語っていた。

     同じく中心メンバーの明治大大学院生、千葉泰真(やすまさ)さん(25)は13日、これまでの活動を振り返って「参院選の野党共闘など新しいことができ、貴重な時間だった。変化のきっかけみたいなものを社会に残せたのではないか」と話した。安保関連法が施行され、参院選では改憲勢力が3分の2を超すなど力量の限界を受け止めながらも「シールズという名前はなくなるが、社会の一員として常に自由や民主主義と向き合いながら生きていきたい」と決意を語った。

     シールズ関西も13日に大阪市内で記者会見した。メンバーの神戸大大学院生の塩田潤さん(25)は「(参院選で)改憲の危うさを伝えきれなかった反省はあるが、市民参加型の選挙としては大きな前進が見られたと思う」と強調。「日常生活と政治を近づける成果はあった」と語った。

     シールズ関西は、東京と同様15日に解散する。一方、沖縄のグループは活動を継続するという。

     【ことば】SEALDs

     首都圏の学生らが2015年5月に結成し、国会前などで抗議行動を行ってきた。立憲主義を軸に格差是正や平和外交、市民の政治参加などを訴えている。名称は「Students Emergency Action for Liberal Democracy(自由と民主主義のための学生緊急行動)」の頭文字を取って名付けた。

    http://mainichi.jp/articles/20160814/k00/00m/040/040000c

    引用元: 若者の共感呼んだSEALDs、15日解散―毎日新聞 [無断転載禁止]c2ch.net

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: 動物園 ★ 2016/08/14(日) 14:59:43.36 ID:CAP_USER9 BE:234029221-2BP(0)
    sssp://img.2ch.net/premium/3419921.gif
    安全保障関連法や憲法改正への反対運動を展開した学生団体「SEALDs(シールズ)」が15日、解散する。結成から1年余り。「おかしいことはおかしいと言おう」。そんな呼びかけを受け、街頭でのデモが東京で、各地で広がった。シールズが残したものは何なのか。実際に接した人たちに聞いた。

    今年1月、栃木県に若者グループが生まれた。日光市の山あいで暮らす七田(しちだ)千紗さん(17)がツイッターで呼びかけ、県内の若者約10人で立ち上げた。

    きっかけは昨年5月、ネットで見たシールズのデモの動画。「反対」と叫ぶだけでなく、自分の言葉で訴えていると感じ、「私も訴えたい。政治を語れる社会に変えたい」と思った。

    だが、デモがある国会前までは電車を乗り継いで片道約4時間。東京でのデモに何度か参加したが、頻繁には行けない。「東京の動きにぶら下がるだけでなく、地元でやろう」と思い立った。宇都宮市で1月、改憲反対を訴えるデモを初めて実施。グループは今夏の参院選後に解散したが、「訴えたいことがあれば、また行動すればいい。シールズに出会い、そう思えるようになった」と話す。

    シールズは「自分たちが参加したい」と思えるデモをめざした。デザインを工夫したチラシやプラカード、リズミカルな訴え方、SNSを駆使した発信。こうした手法は、のぼりを掲げてシュプレヒコールをあげる従来型のデモをしてきた大人たちも刺激した。

    「戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会」の高田健さん(71)も、その一人だ。昨夏からデモなどでシールズと連携。参院選ではシールズなどと一緒に野党共闘を呼びかけ、全32の1人区で4野党の統一候補が実現した。高田さんは「シールズがなくても共闘はできた気がする」と話しつつ、こう言う。「彼らのおかげで野党支持者の幅が広がったのは間違いない」

    http://www.asahi.com/articles/ASJ8C73JPJ8CUTIL02J.html

    SEALDsの影響で若者グループを立ち上げた七田千紗さん。
    高校に進学せず、今は自宅で独学している=栃木県日光市


    ★1
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1471104414/

    引用元: 【社会】SEALDs、15日解散 SEALDsが残したものは何なのか★3 [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 腐乱死体の場合 ★@無断転載は禁止 2016/08/10(水) 20:01:47.64 ID:CAP_USER9
    SEALDs奥田愛基が2015年の投稿「来年には安倍政権とかなくなってるから」をこっそり削除
    腹BLACK 2016年8月6日
    http://netgeek.biz/archives/79974

    SEALDsの奥田愛基が2015年の問題投稿を2016年になってからこっそり消していたことが分かった。事実上、敗北を認めたと言ってもいいだろう。

    2015年に問題視されたのはこちらのツイート。
    no title


    この投稿は、「たかが学生政治団体、しかも白い目で見られているSEALDsが何を勘違いしたことを言っているのか」と盛大にバッシングされた。
    そしてみなさんご存じの通り、選挙ではSEALDs一派は大敗北し、ついにSEALDs解散が決定する。結果が出ないのでもはや内部の統率がとれないのだろう。

    「来年には安倍政権とかなくなってるから」と言っていたSEALDs、なくなったのは自分たちのほうだった。素晴らしく面白い自虐ネタだ。
    今まで、ここまで身を張って笑いがとれる学生コント集団があっただろうか。

    カッコ悪いのはこっそりと消したこと。
    no title


    おそらく1年前のツイートなのでばれないと思ったのだろう。だが、多くのサイトで引用されていた投稿なので削除はすぐにバレることとなった。
    しかも、すでに魚拓
    https://archive.is/O9MRG
    までとられているのでなかったことにするのはもはや不可能だ。SEALDsのメンバーはこんなリーダーをなんと思うのか…。

    最近ではSEALDsの牛田悦正くんが「SEALDsのTシャツを着ていて陰口を言われた」というエピソードを披露していた。
    https://twitter.com/ILLMATIC_UCD/status/757450088641724416?ref_src=twsrc%5Etfw


    大学生たちがまともな感覚をもっているということが分かり、なんだか安心してしまうエピソードだ。
    今や連合赤軍やオウム真理教のようにテロを起こす恐れがあるとまで言われるSEALDs。
    とりあえず広まった悪評を消すために解散の一手しかなくなったという事情が透けて見える。

    ▼SEALDsオリジナルTシャツ。「SEALDs」の文字が入っているので一発で分かる。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2015/09/0909sealds3.png

    それにしても牛田悦正くんはなぜ授業中にもこのTシャツを着ていたのだろう。もう必死すぎて悲しくなってくる。
    所属メンバーももはやSEALDsの肩書を名乗るのが恥ずかしいに違いない。プロフィールにこの文字を入れているだけで攻撃され、
    デモに参加しているとネットに顔写真が拡散される。いいことは一つもない。

    キングボンビーSEALDsはその強力な負の力で鳥越俊太郎氏まで落選させた。
    no title


    解散してからはまた新たな名前で政治団体をつくり、キングボンビー活動を続けていくのだろう。
    一部の政治家が「SEALDsが若者の代表」と誤った捉え方をし、若者票を獲得するために選挙の応援に呼んだのは明らかに戦略ミスだった。
    安倍政権の眼中にもなかったSEALDs、勝手に自滅して終了。

    引用元: 「来年には安倍政権とかなくなってるから」と一年前にツイートしたSEALDs奥田愛基 一年後にこっそり削除するも魚拓を取られ笑いものに [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2016/07/14(木) 15:35:59.83 ID:CAP_USER
    o-ku-da-ki?@aki21st 17:45 - 2016年7月12日
    都知事選にSEALDsは関わりません。参議院選挙をもって実質的な活動は終わりにします。
    https://twitter.com/aki21st/status/752785953521971200

    石戸諭(Ishido Satoru) 認証済みアカウント @satoruishido 10:34 - 2016年7月14日
    鳥越さん、第一声の取材、最初にマイクを握ったのはSEALDsの奥田さん。
    https://twitter.com/satoruishido/status/753402147807502336

    BLOGOS編集部 @ld_blogos 14:35 - 2016年7月14日
    現場には民進党の松原仁都連会長ら野党議員のほか、SEALDsの中心メンバー奥田愛基さんらが駆けつけ、
    鳥越氏への支持を呼び掛けた。/鳥越俊太郎氏「皆さんの声に耳を傾ける」 東京都知事選・新宿で第一声
    https://twitter.com/ld_blogos/status/753462919682293760

    no title

    no title

    引用元: 【SEALDs】奥田愛基「都知事選にSEALDsは関わりません」 → 奥田愛基「鳥越さんを都知事に!」 [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    このページのトップヘ