ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:NHK

    1: (^ェ^) ★ 2017/10/29(日) 21:37:06.79 ID:CAP_USER9
    http://netgeek.biz/archives/105563

    no title

    no title


    NHKが日経平均株価が15連続で上昇しつ続けていることに触れ、実はダウの上昇に比べれば大したことはないと奇妙な報道を行った。
    ダウ平均株価と日経平均株価をグラフで比較するものの、縦軸がおかしい。

    有馬嘉男「日経平均株価が15営業日連続であがってますが、30年前とほぼ一緒でそんなに変わってないんですね。米国のダウ平均株価はこんなに上がっている」

    アメリカに比べれば実はアベノミクスの効果は大したことはないと結論付ける分析だ。だが、左と右のメモリ幅が大きく違う点に注目してほしい。ここまであからさまに変なグラフをつくってしまうというのは全く理解できない奇行だ。当然ながら視聴者からは反論が相次いだ。

    ・縦軸の基準が意味不明

    ・ダウと日経平均株価は指数の意味も計算方法も違う

    ・ダウは構成銘柄を頻繁に入れ替えている

    ・デフレを考慮していない

    ・30年前はバブルの真っ只中

    指摘はもっとも意見ばかり。NHKの制作スタッフは安倍総理のことが嫌いなのだろう。
    一部の有志はより正確なグラフをつくろうと試みた。

    (1)

    (2)

    (3)

    (4)

    言うまでもなく日本とアメリカの景気は連動しているので、有志がつくったグラフのほうが信憑性が高い。NHKがつくったグラフは常識的に考えて直感でおかしいと分かるだろう。
    また、アベノミクスの効果を検証するなら日経平均株価を時系列で見るのが一番という声もあった。

    民主党政権時の停滞期と比べれば一目瞭然。日経平均株価は右肩上がりで上昇を続け、ついに2万円超えを果たした。多くの国民が景気回復の恩恵を受ける中、NHKがインチキな紹介に手を染めるのは悪意ある偏向報道と言わざるをえない。NHKは日本偏向協会の略だったか。

    引用元: NHK、日経平均株価が15連続で上昇しつ続けていることに触れ、「実はダウの上昇に比べれば大したことはない」と奇妙な報道

    続きを読む

    no title1: (^ェ^) ★ 2017/08/27(日) 18:12:34.24 ID:CAP_USER9
    http://netgeek.biz/archives/101865

    愛媛県の加戸前知事がNHKの偏向報道を真っ向から批判している。話の中でついには人生を懸けて全面対決するという宣言まで飛び出した。
    受信料を集めている公共放送のNHK。今やっていることは大問題だ。

    【NHK受信料】
    加戸氏「NHKは放送法4条に徹底して違反するなら、愛媛今治市民は受信料を払わないんだという事が起きてもおかしくない。NHKは〝日本偏向協会〟ではなくて日本放送協会なんだから、例えば解説員を交代させるとか、報道責任者を内部処分にするとかしなければ収まりつかない」 pic.twitter.com/7jOLQDej13

    — ブルー (@blue_kbx) 2017年8月26日

    加戸前知事「NHKが放送法4条に徹底して違反するなら『愛媛今治市民は受信料を払わない!』ということが起きてもおかしくない」

    櫻井よしこ「今治が受信料不払い運動を始めると」

    加戸前知事「十分可能性はあると思いますよ。NHKは日本偏向協会ではなくて日本放送協会ですから、払ってもらうためには例えば、解説員を交代させるとか、あるいは報道責任者を内部処分にするとかしなければ収まりつかないと思いますね」

    NHKの受信料不払い運動についてはすでに少数の人が実践している。加計学園問題の偏向報道を機にもっと大きな運動に発展すればNHK側はついに耐えきれなくなるだろう。スクランブル化、有料放送化なども真剣に検討され始めるかもしれない。
    加戸前知事はNHKに宣戦布告する。

    【人生を懸けて戦う】
    加戸氏「加計学園獣医学部新設が仮に潰れるような事があったとすればNHK、朝日、野党の責任追及の為に〝残る人生全てを懸けて戦う〟」
    櫻井氏「偏向報道の弊害というのはこの問題だけではない。歴史認識問題も」
    加戸氏「敵は本能寺にありと思ってNHK、朝日を見てた」 pic.twitter.com/DmsOzpIq0O

    — ブルー (@blue_kbx) 2017年8月26日

    加戸前知事「10月末の結論を待って、仮に(加計学園の獣医学部新設が)潰れるようなことがあったとすればNHKと朝日と野党の責任追及の為に残る人生の全てを懸けて戦います」

    櫻井よしこ「素晴らしい。今の言葉、何万人もの人たちが聞きましたのでメディアのほうもちゃんと意識して報道しないととんでもないことになると。私は全国の人たちに訴えたい。偏向報道はこの問題だけではないわけですよ。歴史認識も…」

    加戸前知事「私もそう思います。敵は本能寺にありと思ってNHK、朝日を見てました」
    非常に頼もしい宣言だ。

    獣医師会と民進党議員はここまでの騒ぎになってもなお獣医学部新設を潰そうとしており、ついにはワインセラーという小さな話にまでケチを付け始めた。その後ワインセラーは業者がはじめに提案したもので加計学園側は厨房施設に修正していたことが判明。

    加戸前知事の決定的証言で安倍総理の潔白に気づいてしまったメディアは今度は真相をきちんと確かめないままワインセラーを攻撃の対象にし始めた。

    すでに愛媛県の獣医師たちは過半数が獣医師会の会費を支払わずに脱会を表明している。今治市民がNHKの受信料不払い運動を起こすのも時間の問題かもしれない。

    引用元: 加戸前知事「NHKって日本偏向協会の略でしたっけ?」

    続きを読む

    no title1: (^ェ^) ★ 2017/08/24(木) 17:56:45.36 ID:CAP_USER9
    http://netgeek.biz/archives/101704

    櫻井よしこの怒濤のメディア批判が止まらない。加計学園問題について朝日新聞の偏向報道をバッシングした後、今度はNHKの仕組みがおかしいと指摘し始めた。
    言っていることは極めて正論。

    櫻井よしこ「NHKは強制的に受信料を回収してるのに公共メディアなのに偏った報道をしてる。NHKはスクランブル放送にして見たくない人は受信料を払わないくてもいいようにすべき!」

    その通り!
    強制的に受信料を払わせといて偏向報道するNHKは許せません! pic.twitter.com/hKLeJsNds4

    — DAPPI (@take_off_dress) 2017年8月22日

    櫻井よしこ「朝日新聞よりひどいのはNHK。私たちから受信料を強制的にとっているのに、公共のメディアとしてバランス良く報じる責任を果たせていない。NHKに対して要請をする組織を立ち上げるべき。NHKがこんなに偏った報道をするなら見たくないという人はたくさんいる。スクランブルのシステムを導入することを決めて、スクランブルを入れた人は受信料を払わなくてもいいようにするべき。国民からお金を取るのは壮大な欺瞞だと思っている」

    櫻井よしこ「NHKは強制的に受信料を回収してるのに公共メディアなのに偏った報道をしてる。NHKはスクランブル放送にして見たくない人は受信料を払わないくてもいいようにすべき!」

    その通り!
    強制的に受信料を払わせといて偏向報道するNHKは許せません! pic.twitter.com/hKLeJsNds4

    — DAPPI (@take_off_dress) 2017年8月22日

    櫻井よしこ「電波の特権を貰っている人たちがちゃんと報道しなければならないという責任がある。NHKはみんなからお金を取っているんだから他の放送局より重い責任があるのにあまりにも不公正。情報に基いて国民一人ひとりが判断して決めるのが民主主義なのに、大本の情報が物凄く偏っていていい加減。ルールを直しましょう。これを政治家が言い出したらメディアに対する圧力だとか言われますから」

    百田尚樹「ヒトラーとか全体主義とか言われますからね」

    櫻井よしこ「うん」
    NHKは加戸前知事の証言を1秒たりとも取り上げなかった。

    これはまさに櫻井よしこ氏が求める平等な報道のあり方に反するものであり、NHKは故意に偏向報道を行っている証拠だ。前川喜平の証言ばかりを取り上げ、スタジオで「安倍総理の疑惑はまだ晴れておらず、国民は納得していません」と総括する。捏造とまではいかないが印象操作に手を染めているのは明らかだ。

    以前より待望されていたNHKのスクランブル化を今こそ実現すべきではないだろうか。今のNHKは公共放送ではなく洗脳放送になっている。

    引用元: 櫻井よしこ「NHKは強制的に受信料を回収してるのに偏った報道をしてる。朝日新聞より悪質」「スクランブル放送にすべき」

    続きを読む

    no title
    1: 鴉 ★ 2017/05/04(木) 19:04:11.14 ID:CAP_USER
    サッカーのACL=アジアチャンピオンズリーグの先月の試合で、川崎フロンターレのサポーターが、旧日本軍が軍の旗として使った旭日旗を掲げた問題で、AFC=アジアサッカー連盟はフロンターレに対し、1年間の執行猶予つきでACL主催の1試合を無観客試合とする処分を決めました。
    この問題は、先月25日に韓国で行われたACLの1次リーグ第5戦、川崎フロンターレ対韓国のスウォンとの試合で、フロンターレの男性サポーター2人が観客席で旭日旗を掲げたものです。


    旭日旗は旧日本軍が軍の旗として使っていたことから、韓国では、これまでもスポーツの会場で反発が出ていて、試合を主催するAFCが処分を検討していましたが、AFCの裁定委員会は、旭日旗は「差別的メッセージに当たる」などどして、フロンターレに対し、1年間の執行猶予つきでAFC主催の1試合を無観客試合とすることと、罰金1万5000ドルの処分を決めました。

    今後、1年間にサポーターが再び問題とされる行為を起こした場合、これらの処分が下されることになります。

    Jリーグでは、ガンバ大阪の試合でナチス・ドイツの親衛隊のマークに似た旗を振ったり、徳島ヴォルティスの試合でボールパーソンに液体を振りかけるなど、サポーターをめぐる問題が相次いでいます。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170504/k10010970801000.html

    引用元: 【NHK】旭日旗は旧日本軍も使っていたから、韓国では、これまでもスポーツの会場で反発が出ていました

    続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/07/28(木) 20:46:25.76 ID:CAP_USER
    太平洋戦争の終結を知らないまま、30年近くフィリピンのジャングルに潜伏を続けた旧日本陸軍の元少尉、小野田寛郎さん。1974年、小野田さんが日本に帰国したときは、日本中が沸き立ちました。

    小野田さんの帰国を巡って、日本とフィリピン政府との間で極秘の交渉が行われていたことが、外交文書から新たに分かりました。さらに、この交渉を経てフィリピン側に支払われた3億円の資金を巡って知られざる事実が浮かび上がってきました。

    (国際放送局 照井隆文記者、広島放送局 関根尚哉記者)

    ◆残留日本兵 小野田寛郎さん

    7月23日、日本とフィリピンは、国交正常化から60年を迎えました。太平洋戦争末期、最も過酷な戦場の1つとなったフィリピン。日本人50万人余りが死亡、100万人を超すフィリピン人が犠牲になったと言われています。

    当時22歳だった小野田寛郎少尉は戦争が終わったことを信じず、3人の仲間とともに、フィリピンのジャングルに潜みました。その後、仲間を次々と失い1人で潜伏を続けていた小野田さんが祖国の土を踏んだのは、終戦から29年たった1974年のことでした。

    ◆埋もれていた極秘の外交文書

    日本とフィリピンの戦後史を研究している広島市立大学の永井均教授は、小野田さんの帰国に関する日本政府の極秘文書を情報公開請求で初めて入手しました。670枚に及ぶ外交文書です。

    NHKは今回、永井教授と共同で、見つかった外交文書の分析を行いました。文書には、小野田さんの帰国を巡り、日本とフィリピン政府との間で極秘の交渉が行われていたことが記されていました。

    この中には次のような記載もありました。

    「小野田氏ら元日本兵により30人が○され、100人が傷つけられた」
    「何らかの手を打たなければ、フィリピン側の世論も納得しない」

    戦争の終結を知らない残留日本兵らが、地元の住民に深刻な被害を与えていたことが公文書で初めて確認されたのです。

    永井教授は「文書からは小野田元少尉の救出問題が通常の残留日本兵の扱いをはるかに超える、政治的・外交的な重要案件だったことが分かる」と話しています。

    NHK
    http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2016_0726.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    つづく

    引用元: 【フィリピン】小野田さん帰国 42年後の真実「小野田氏ら元日本兵により30人が殺され、100人が傷つけられた」[7/26] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    このページのトップヘ