ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:AIIB

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/07/07(木) 23:29:26.36 ID:CAP_USER
    no title


     中国政府主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)は、6カ月の休職届を出し、姿を消した韓国出身の洪起沢(ホン・ギテク)投資リスク管理担当副総裁(64)の後任を選ぶ方針を固めた。
    韓国が5年間で37億4000万ドルを拠出し、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が金立群AIIB総裁と会うなど、政府一丸となった努力で勝ち取った国際金融機関の副総裁ポストが失われる危機に直面したと言える。

     韓国政府と国際機関の関係者によると、AIIBのダニー・アレキサンダー加盟国支援担当副総裁は「大規模な投資プロジェクトが今後相次ぐ。
    最高リスク管理者(CRO)というポストを長期間空席のままにしておくわけにはいかない」と述べ、早期に後任を募る方針を加盟国に伝えた。

     AIIB執行部は現在、香港などに出張している金総裁が今週末に北京に戻るのを待って、CROの公募手続きを開始する方針を固めたもようだ。韓国政府関係者は「AIIB首脳部がCROポストを重要視しており、早期に後任を決めようとしている。
    早ければ1-2週間以内に募集広告が出される見通しだ」と述べた。

     韓国政府は後任に韓国人を推薦し、韓国の「取り分」を死守する構えだが、現実的にポストを守るのは容易ではないとみられる。
    韓国企画財政部(省に相当)関係者は「最大限の努力を尽くすが、洪副総裁が大宇造船海洋への支援過程をめぐり、インタビューで韓国政府を批判する趣旨の発言を行い、物議を醸している上、休職に至る過程もスムーズではなかった」と述べ、
    洪副総裁の言動や行動で韓国政府のイメージが低下したことが弱点となる可能性を懸念した。

     AIIBの副総裁は5人おり、韓国以外に英国、ドイツ、インド、インドネシアから1人ずつ選ばれている。5人はいずれも今年2月のAIIB発足と同時に就任した。

     後任公募には韓国のほか、ロシア、オーストラリア、フランスが候補擁立の構えを見せており、4カ国による争いが予想される。韓国の出資比率は3番目に多いが、副総裁ポストを得られなかったロシア(出資比率6.66%)が中国にCROポストを強く要求する見通しだ。
    韓国政府関係者は「プーチン大統領が副総裁ポスト獲得のために一肌脱ぐという話がある」と語った。

     出資比率からみて、5位韓国(3.81%)に次ぐ6位オーストラリア(3.76%)、7位フランス(3.44%)も副総裁ポストを狙うと予想される。オーストラリアは昨年、アジア開発銀行(ADB)副総裁のポストをめぐり、韓国に競り勝った底力がある。
    フランスは競合する英国、ドイツが副総裁ポストを獲得したことに強い不満を抱いており、CROポストを積極的に狙う見通しだ。

    孫振碩(ソン・ジンソク)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/07/2016070700738.html

    引用元: 【経済】AIIB:韓国人副総裁後任ポスト、韓国の獲得は困難な見通し[7/07]©2ch.net

    続きを読む

    no title1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2016/05/26(木)13:37:23 ID:7aa
    中国メディア・匯通網は24日、中国政府のシンクタンクである中国社会科学院の日本研究所が
    同日発表した日本経済に関する「青書」で、「中国による『一帯一路』戦略が、
    日本経済の持続的な発展の助けとなる」とし、日本も同戦略の「受益者」であるとの見解が示されたことを報じた。

     記事は、24日に発表された「青書」において、世界経済の低迷、中国経済の構造調整、
    さらに不確定要素の増加が、日中の経済協力の中長期的な発展に悪影響を及ぼすほか、
    短期的にも、政治的な関係改善が実現しなければ両国の経済協力は期待薄となり
    「低水準の安定状態」を維持せざるを得ない状態であると分析されたことを紹介。

     また、経済の減速と人件費や購買コスト増によって日本の対中投資が減少し始めており、
    この流れは今後さらに進む可能性があること、中国における対製造業ニーズが減少することで、
    日本の対中輸出額も減る見込みであることを予測していると伝えた。

     一方で、日中両国はもっとも重要な貿易・投資パートナーで相互依存度が高いため、
    経済協力という基本的な方向性が覆されることはあり得ないとの見方が示されたとした。
    「青書」はさらに、「一帯一路」戦略が両国の経済協力に新たな契機とルートをもたらしており、
    両国の産業モデル転換、経済構造調整を進めるうえで有益であると説明。
    環境保護や新エネルギー、医薬産業などの分野において大きな協力の潜在力を秘めているとしている。

     記事は、「青書」が日本政府のあるべき態度についても言及したことを紹介。
    「オープンで寛容な心を持ち、『一帯一路』づくりに積極的に参加すれば、
    経済協力は必ずや大きな発展を得られる」としたほか、
    アジア経済の発展が日本経済の低迷脱出につながる以上、
    アジアインフラ投資銀行(AIIB)などで中国と張り合おうとしている日本も将来的には、
    「積極的な参加者」となるであろうとの見方を示したことを伝えた。

    http://news.biglobe.ne.jp/international/0526/scn_160526_2768086483.html

    引用元: 【サーチナ】中国政府系シンクタンク「日本はいずれわが国の『一帯一路』戦略やAIIBに積極的に加わることになる」[5/26]

    続きを読む

    no title1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 19:54:08.45 ID:CAP_USER.net
     中国の勃興にともない、世界情勢が大きく変わりつつある。中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)が2015年末に
    正式に発足したが、米国と日本はいまだ加入していない。

     日米はなぜAIIBに参加しなかったのか、香港メディアの鳳凰網はこのほど、日本がAIIBに参加しない理由についての有識者の
    見解を紹介した。

     世界第3位の経済大国である日本が中国主導のAIIBに参加するかしないかは、世界の勢力図の変化に大きな影響をもたらす。
    記事は、世界の中心が米国から中国に変わりつつあるとしたうえで、「日本はなぜAIIBに参加しないのか」と質問を提起した。
    さらに、この疑問に対して政治上の観点から中国の有識者の見解として、「もし米国がAIIBに参加すれば、中国を中心とした
    巨大な経済圏を構築しようとする中国の一帯一路計画を促進することになる」と指摘。それは中国が国家としてより大きな力を
    持つことを手助けするものであり、米国が政治的な理由でAIIBに参加しない以上、日本も参加することはできないのだと論じた。

     この有識者のコメントの要点は、日本がAIIBに参加しない政治的な理由はあくまでも米国にあるのであって、日本はただ米国の
    顔色を見ているに過ぎないということだ。一方で記事は、別の有識者の見解として、中国人はどのような劣勢でも切り抜ける力が
    あると主張し、中国経済の将来はまったく悲観する必要はなく、中国経済の先行きがどうなろうとAIIBが失敗することはないとの
    見方を示した。さらに、日本にはTPPという後ろ盾があるものの、このまま参加しないならば「AIIBの成功を指をくわえて見ながら、
    参加しなかったことを後悔することになるだろう」と論じた。

     仮に経済的なメリットがあったとしても、現在の米国と日本の関係上、日本が米国を差し置いてAIIBに参加することはないだろう。
    しかしある日突然米国が日本より先にAIIBに参加することはあり得る。そのとき日本が続いてAIIBに参加しても、果たして経済的な
    メリットを享受できる余地は残されているだろうか。将来の世界情勢を見通し、中国の上回る知恵が日本に求められている。

    (編集担当:村山健二)

    サーチナ 2016-01-05 06:32
    http://biz.searchina.net/id/1598807?page=1

    参考スレ
    【AIIB】AIIB債、無格付けで発行 設立当初は、韓国が引き受けか[12/3] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1449150571/
    【中国】AIIB、発足直前の異常事態 「無格付け」で債券発行 「ジャンク債」以下[12/08]©2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1449548220/

    引用元: 【AIIB】なぜ日本は・・・?正式に発足したAIIB、日本不参加の理由は米国が不参加だから[1/5]

    続きを読む

    20150428_0549001: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 22:37:53.70 ID:???.net
     中国が設立を主導しているAIIB(アジアインフラ投資銀行)の創設メンバー57カ国による初めての首席代表会議が
    北京で始まりました。

     57カ国の代表は、国名のアルファベット順に振り分けられたバスに乗り込み、会場へと入りました。会議は27日から
    2日間行われ、組織運営のルールや出資比率などが話し合われる予定です。中国は、各国の代表が宿泊する
    ホテルの警備を強化し、会議資料をメディアに公開しないよう注意書きをした紙を配るなど、情報が漏れることに
    神経をとがらせています。

    テレビ朝日 04/27 13:41 (ソース元に動画あります)
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000049271.html

    関連スレ
    たくさん

    引用元: 【AIIB】情報漏れ警戒、神経ピリピリ AIIB創設57カ国一堂に 初めての首席代表会議が北京で始まる[4/27]

    続きを読む

    朝日新聞社旗1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 19:31:35.06 ID:???.net
    中国が設立を主導したアジアインフラ投資銀行(AIIB)には、2015年4月半ばの段階では、57の国・地域が、
    創設メンバーとなった。東アジア・東南アジアで参画を見送ったのは、日本と北朝鮮だけとなった。

    日本は、米国と一緒になって(米国の指示で?)、米国の「同盟諸国」、関係諸国などに、同行に参画しない
    ように政治的な圧力をかけていたという。

    しかし、イギリスを筆頭に、ドイツ、フランス、イタリアなどの欧州の米国の主要な同盟諸国だけではなく、
    西太平洋地域の米国の同盟国であるはずの韓国、オーストラリア、ニュージーランドまでも、米国の制止
    を振り切って、AIIBへの参画を表明した。

    その後、米国は世界銀行、アジア開発銀行などを通じた協力を表明する姿勢に転換し、日本も、AIIB
    への参画を明言していないが、アジア開発銀行などを通じた協力を表明するようになっている。

    率直に言って、日本外交、米国外交の大失敗であったと評価されるだろう。

    何が日本と米国の判断を誤まらせたのか。

    米国のアジア・ピボット戦略、オフショア・バランス戦略に基づいた「中国包囲網」構想の枠組みと、
    それに乗った日本外交の情勢判断の誤りではなかったか。

    この米国の構想のアジア現地版として、安倍首相は「地球儀を俯瞰する外交」と称し、本音では中国
    包囲網の構築を目指して、東南アジア、インドなどの南アジア、オーストラリアなどの大洋州などの諸国
    を忙しく飛び回って来たようである。

    しかし、外交的に孤立してしまったのは、日本と米国だった。そして、北朝鮮。同国は、米国と対立して
    いるように見えるが、東アジアでの冷戦構造を温存するためには、米国にとっては大切な手駒の役割
    を果たしているとも評価できる。

    以上の状況を理解するカギは、中国の習近平国家主席が今年3月28日、ボアオ・アジアフォーラム
    (理事長は、福田康夫元首相)の年次総会の開幕式で行った基調講演と、来たる4月28日に、安倍首相
    が米国連邦議会上下両院合同会議で行うとされる演説内容だろう。

    習近平講演の趣旨は、…

    以下ソース

    ソース:朝日新聞 2015年04月20日
    http://webronza.asahi.com/business/articles/2015041600001.html

    引用元: 【朝日新聞】AIIBでアジア共栄の正論を謳い上げた中国…日米孤立、日本外交・米国外交は大失敗だ[04/20]

    続きを読む

    このページのトップヘ