ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:鳥越俊太郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: digitec ★@無断転載は禁止 2016/07/17(日) 06:22:11.81 ID:CAP_USER9
     東京都くらいの人口規模になると、有名人でなければ知事選に勝つのは難しいとよく言われる。そして今回の都知事選では、顔と名前が知られている鳥越俊太郎氏が立候補し、
    民進、共産、社民、生活の野党4党が統一候補として推薦。鳥越氏に脚光が当たっていることは確かだ。

     だが、その姿の見え方については、情報を主にテレビで得るか、ネットで得るかによって、まったく違うように思う。

     ありがちなマスコミVSネットという対立図式でものを言うのは好きじゃない。でも、この件に限っては、実際に対立しているというか、2つの世界の空気の流れが正反対であることを、ひとまず確認しておきたいのだ。

     ネットのほうは、圧倒的多数が鳥越氏を叩いている。少なくともツイッターとフェイスブックでは批判の嵐だ。

     まず、12日の午後2時スタートの最初の記者会見からして評判最悪だった。「政策はまだ考えていない、ってナメてんのか」
    「民進党に出馬を要請されていた古賀茂明がまさかの乱入で固い握手とか、って酷い茶番」「他の候補の公約は関心がなかったから知らない、って準備不足の言い訳にもなっていない」という調子。

     さらに、数字の間違いにネットの人々は呆れた。記者会見で鳥越氏は、東京都の出生率について〈ほかのところよりは高い〉〈1.4前後〉と触れたのだが、だいぶ時間が経ってから事務スタッフの指示で〈東京出生率は1.1なので、全国最低です〉と訂正。
    その間違いも「えっ?」だけれど、より問題視されたのは、氏自身の年齢の記憶についてだった。〈私は昭和15年の生まれです。終戦の時20歳でした〉とすらすら述べたことである。

     終戦は昭和20年なので昭和15年生まれだと5歳。それを〈20歳でした〉と言ったまま、訂正もなし。ネットに驚きの声が相次いだ。「頭、大丈夫か?」「勘違いだとしても理解できない」。
    そして、そこから、一つの仮説がみるみる膨れ上がっていった。「ボケてるんじゃないか」「認知症の初期症状だろ」「はやく認知機能検査受けたほうがいいよ」。

     この認知症説は、その後も衰える気配はない。13日の共同記者会見の際に、鳥越氏がボードに書いた公約の〈がん検診100%〉の文字がとても汚くて、「認知の検査絶対必要」の声が一層強まった。
    同日夜、『報道ステーション』出演時の表情がよれよれだったことからも、「うちのおじいちゃんがボケたときと同じだ」といった感想が方々からあがった。

     ここで断り書きをしておくと、上記のネットの声や空気は、いわゆるネトウヨや保守系政党の支持者ではないと思われる「普通の人々」からも発せられていたものだ。「反日売国奴」とか「中国共産党の代弁者」とか「極左リベラル」とか言っているのは、
    ほとんど右寄りのスタンスを確定させている人々。比して、鳥越氏の「話の中身のなさ」や「老化」を指摘している人々は、右寄りもいるが、ノンポリから左寄りの層まで幅広く散っている。

    要は、ネットを見ている限り、鳥越俊太郎候補は思想信条を超えて「ありえない」という印象なのだ。私も、ロクな政策もなくて立候補したことが解せないし、認知症とは言わないが、言動の頼りなさに「老い」を感じる。
    実は、がんサバイバーを応援したい気持ちや、この時期に革新系都知事が何を為せるのか見てみたいという思いがあるのだけれど、「いや、待て、それ以前の問題だ」とネットの反応に同感するところが多いのである。

     ところが、だ。テレビをつけると、空気が違う。流れの向きが逆だった。

    http://www.news-postseven.com/archives/20160716_430734.html

    2016/07/16(土) 23:31:10.96
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1468679470/

    引用元: 【テレビ/ネット】鳥越俊太郎氏 ネットとテレビでなぜ評価がまったく異なるのか ★2 [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/07/14(木) 14:01:53.97 ID:CAP_USER
    no title

    政治的な信念は語るが、都政に関する公約は出てこなかった鳥越氏=12日午後、東京都内
    no title

    宇都宮健児氏

     東京都知事選(31日投開票)が14日、告示される。政党の支援なしで出馬する小池百合子元防衛相(63)に対し、自民、公明与党は増田寛也元総務相(64)を推薦し、
    民進党と共産党など野党4党は「憲法改正反対」を掲げるジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)を支援する。後出しジャンケンで目立った鳥越氏だが、中国の軍事的脅威などがあらわになるなか、特異な発言を連発していた。

     「参院選の結果を受けて、昨日(11日)夕方ごろに決めた。改憲の流れを変えたい」

     鳥越氏は出馬の動機について、12日の記者会見でこう語った。都政がテーマになるべき都知事選だが、具体的な政策や公約は語られなかった。ただ、「国政の代理戦争」といえる動きを、メディアは大きく取り上げた。

     ジャーナリストとして著名な鳥越氏だが、最近は、安倍晋三政権が進めた安全保障法制などを厳しく批判してきた。

     2014年8月に放送されたNHKスペシャル「シリーズ日本新生 『戦後69年 日本の平和を考える』」では、日本を取り巻く東アジアの安全保障情勢について、次のように語った。

     「(日本は)安全でなくなったとか、日本の国が攻められるような感じになってきたという声がある(中略)。
    みなさん、日本の平和が侵されるような状況になっているという大前提でお話になっているが、そんなことは虚構です。そんなの、ありませんよ。どこの国が攻めるんですか」

     「確かに空気として、尖閣諸島(沖縄県)が何となく危ないなとか、中国が近くまで来ているとか、北朝鮮がミサイル打っているというのはあります。しかし、それはすぐ、日本がそれで攻められるのか。日本の国民の命が危ないのか。そんなことはないですよ」

     中国は南シナ海の岩礁を埋め立てて軍事基地化し、周辺諸国と衝突している。東シナ海の日中中間線付近にも、軍事転用可能な海洋プラットホームを多数建設している。中国メディアは尖閣だけでなく、沖縄全体を「中国のもの」と公言している。
    中国漁船は、東京・小笠原諸島周辺でサンゴを強奪している。北朝鮮は弾道ミサイルの開発を続けている…。

     テレビ発言は2年前だが、鳥越氏は今でも「中国や北朝鮮の脅威はない」と言い切るのか。

     世界で評価されている自衛隊のPKO(国連平和維持活動)にも、特異な持論を持っている。

     鳥越氏は同じ番組で、「カンボジアに自衛隊がPKOで行ったとき、道路をつくったが、1年後に取材に行ったら完全に道路は消えてしまっていた。雨が降って。(PKO活動は)無駄です」と言い放ったのだ。

     昨年6月には、鳥越氏は安保法制の反対集会に駆け付け、
    「国民が反対をしていることを無視して進むのは独裁以外の何者でもない。あのアドルフ・ヒトラーがやろうとしていることと同じだ。安倍政権ではなく『アベドルフ政権』だ」などと、安倍首相を激しく罵っている。

     なるほど、鳥越氏は「民共勢力」との強い親和性を持った候補といえそうだ。ただ、都知事には1300万都民の生命と財産を預かる責任がある。鳥越氏の現状認識で大丈夫なのか。

    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160714/plt1607141140002-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160714/plt1607141140002-n2.htm

    関連スレ
    【都知事選】鳥越氏、韓国人学校への都有地貸与 明言せず 「任にあたることになったら…」★2 [無断転載禁止]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1468337142/

    引用元: 【都知事選】鳥越俊太郎氏はいまも「中国と北朝鮮の脅威はない」と言い切れるのか[7/14]©2ch.net

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2016/07/14(木) 15:35:59.83 ID:CAP_USER
    o-ku-da-ki?@aki21st 17:45 - 2016年7月12日
    都知事選にSEALDsは関わりません。参議院選挙をもって実質的な活動は終わりにします。
    https://twitter.com/aki21st/status/752785953521971200

    石戸諭(Ishido Satoru) 認証済みアカウント @satoruishido 10:34 - 2016年7月14日
    鳥越さん、第一声の取材、最初にマイクを握ったのはSEALDsの奥田さん。
    https://twitter.com/satoruishido/status/753402147807502336

    BLOGOS編集部 @ld_blogos 14:35 - 2016年7月14日
    現場には民進党の松原仁都連会長ら野党議員のほか、SEALDsの中心メンバー奥田愛基さんらが駆けつけ、
    鳥越氏への支持を呼び掛けた。/鳥越俊太郎氏「皆さんの声に耳を傾ける」 東京都知事選・新宿で第一声
    https://twitter.com/ld_blogos/status/753462919682293760

    no title

    no title

    引用元: 【SEALDs】奥田愛基「都知事選にSEALDsは関わりません」 → 奥田愛基「鳥越さんを都知事に!」 [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 17:28:16.04 ID:CAP_USER*.net
    鳥越俊太郎氏の「高市議員経歴は詐称」発言、高市議員が「事実誤認」と説明
    4月19日(火)17時7分配信

    ジャーナリストの鳥越俊太郎氏が、総務大臣で衆議院議員の高市早苗氏の経歴について
    「詐称」だとした発言に対し、高市議員が「事実誤認」と公式ホームページで説明、取り消しを求めている。

    田原総一朗氏らテレビの報道キャスター6人が今年2月、「高市氏の発言は憲法と放送法の精神に反している」
    と抗議する声明を出した際、会見の終わりに鳥越氏が高市議員の経歴について「議会立法調査官ではなく、
    見習い待遇で無給で未契約のフェロー。コピー取り程度の、お茶くみ程度の役しかやってない」「経歴詐称だ」などと発言。

    この発言をもとに、日刊ゲンダイが3月31日付で、
    「ショーンKと同じなのか 高市早苗大臣に『経歴詐称』疑惑」と見出しを付けて報道していた。
     
    高市議員は今月に入って鳥越氏に発言の取り消しを要求するとともに、
    「一部報道で事実誤認の情報が流れている」として、自身のホームページのプロフィールに説明書きを掲載した。

    高市議員によると「立法調査官」という名称は、コングレッショナル・フェローの「訳語」であり、
    公的な職での経歴として使用したことはないとしたほか、1987年12月から89年3月にかけて、
    コングレッショナル・フェローとして、パトリシア・シュローダー下院議員の事務所に在籍し、
    議員立法やスピーチのための調査に従事したと説明。
    加えて「フェローは、議員事務所や委員会において、立法のために必要な調査や分析等を行う。
    フェローは、一般的に無給であるインターンシップとは異なる」と説明している。

    Yahoo!ニュース(THE PAGE 4月19日(火)17時7分配信)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160419-00000003-wordleaf-pol


    高市早苗公式ホームページ
    米国連邦議会コングレッショナル・フェローについて
    http://www.sanae.gr.jp/profile_sub01.html

    引用元: 【報道】鳥越俊太郎氏の「高市議員の経歴は詐称」発言 高市議員は「事実誤認」と説明、取り消しを求める[4/19]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/07/22(水)12:52:17 ID:uLu
    ラジオ・スプートニク記者は、著名なブロガーでジャーナリストの
    鳥越俊太郎(トリゴエ・シュンタロウ)氏にインタビューし、何が日本の人々を憤激させているのか、
    なぜ日本人達は、安保関連法案の採択に激しく抵抗しているのか、ご意見を伺ったー
    「日本の憲法学者のほとんどが、憲法違反だと言っている。まず政府が憲法を否定するようなことをしている。
    反対の第一の理由は、憲法違反である事をするのは、政府が自ら憲法を否定していることを意味するからだ。
    又反対する二番目の理由は、集団的自衛権が実施されると、
    日本の自衛隊が海外で戦争に巻き込まれる理由、そして結果になるからだ。

    日本の自衛隊は戦後70年間、よその国の兵隊を撃ったこともなければ、撃たれたこともない。
    我々は70年間、平和に暮らしてきた。この法律が導入されると、撃ったり撃たれたりといったことが出てくる。
    これは戦後70年の平和を否定することになる。若い世代が犠牲になる可能性がある。それだけは阻止したいと、
    我々戦争を知っている世代が、運動をやり集会を開いている。」

    さらににラジオ・スプートニク記者は鳥越氏に「安倍首相は、法案採択の基本的理由として、
    国の安全保障にとっての脅威を挙げている。日本にとっての潜在的脅威は北朝鮮であり、
    日本との間に領土問題を抱え軍事力を増強している中国からのものと考えてよいか」御意見を伺ったー

    「現実に合わないから憲法を改正するのであれば、国民投票をするなどして、国民に問わねばならない。
    それを国民の意志を問わずに、勝手に政治家が何人かだけで解釈で書いてしまったことが間違いだ。

    北朝鮮について言えば、日本を攻撃しても彼らには何の利益もないと思う。北朝鮮が日本からほしいのは資金だ。
    できるだけ平和的に交渉して、日本からできるだけ多くの資金を引き出したいと思っている、
    又米国との間では、朝鮮戦争終結についての協定を結んで、自分達を承認してほしいと願っている。
    そんな北朝鮮が日本に攻めてくるなど、あり得ない。

    中国について言えば、もちろん。軍事力を増大して南シナ海などで勝手に人工島を作ったり、
    確かに膨張主義を取っている。しかし日本と戦争をして、得があるかといえば、何もない。互いに傷つくだけで、
    中国二とって見れば、せっかくの経済発展が台無しになってしまう。

    また今中国は虚勢を張って膨張しているが、本格的に米国と戦争する気など全くない。
    中国の脅威というのは、自民党の人達が自分達の政策を通したいために言っているだけで、現実にそんなものなどない。
    問題があるとすれば、外交交渉で解決すべきであり、その点では、日中関係は、ロシアと米国の関係に似ている。
    戦争などしたらお互い国がなくなってしまう。それは、そんなことをしたらお互いが地球上から消えてなくなってしまうことを理解しているからだ。

    現代の戦争は、中東などの民族紛争や宗教紛争は別だが、国家間の戦争は、戦後は米国が仕掛けたものしかない。
    ベトナムもアフガニスタンもイラクもそうだった。あとは旧ソ連がアフガンに侵攻したくらいしか例はない。
    それぐらい、そう簡単には戦争はできないものなのだ。そうした事から、中国の脅威といっても重大なものとは思っていない。

    ただ可能性として、中国が軍事力でやってくることはあるかもしれない。
    その場合は、日本の自衛隊が専守防衛の原則に従って行動し、侵略に対しては日本国民が立ち上がる。
    米国に助けてもらう必要はない。

    私達は、よその国には行かない。軍事力を互いに持って戦い始めたら、地球はいずれ破滅する。
    核兵器は今や、米国、ロシア、中国、英国、フランス、イスラエル、パキスタン、インドなど世界のあちこちにある。
    それらが一度に使われたら、地球はなくなってしまうだろう。そんな事を、人類が望むはずはない。
    それゆえ、そんなことは決してやってはならない。」

    http://jp.sputniknews.com/japan/20150722/619586.html

    続きを読む

    このページのトップヘ