ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:韓流

    no title1: ダークホース ★@\(^o^)/ 2015/10/02(金) 22:15:43.22 ID:???*.net
    韓流アイドルグループのKARAが9月29日、全国ツアー「KARASIA」の最終公演を
    パシフィコ横浜で開催した。
    同所では4日間にわたってライブを開催したが、その様子を芸能ライターが語る。

    「パシフィコ横浜の大ホールはキャパ5000人と、首都圏で屈指のホール会場です。それでも全盛期の
    KARAなら連日超満員にできたはずですが、実際には2階席や3階席はガラガラ。報道では4500人
    集まったとのことですが、実際には平日だったこともあり、かなり集客には苦戦していたようです」

    この横浜公演は木曜と金曜に2日連続で開催し、週末をはさんでまた月曜と火曜に連日開催する
    という変則スケジュールで行われた。
    集客を考えれば木曜から日曜まで4日連続でやればいいはずだが、そうならなかった事情を
    前出の芸能ライターが教えてくれた。

    「中日となる週末は、学会で会場が押さえられていたのです。今回の全国ツアーでは
    大阪や名古屋での公演も平日でしたが、ツアーの発表は直前の7月でしたし、おそらく急きょ
    決まったものだったのでしょう。そのため主要な会場はすでに全部埋まっており、苦肉の策として
    平日開催にせざるを得なかったと考えられます」

    そんなKARAのバタバタはここ最近始まったものではない。
    2011年にはメンバー3人が待遇を不満として所属事務所を提訴。
    昨年の1月には人気メンバーだったニコルとジヨンが相次いで脱退し、現在は新メンバーを加えた4人で
    活動している。

    脱退したジヨンは芸名を知英(読みはジヨン)に変え、日本を拠点に女優に転身。
    ドラマ「民王」(テレビ朝日系)では村野エリカ役を務めるなど、もはや韓流どころか韓国人であることすら
    関係ない活動を続けている。
    そんな韓流グループ事情を前出の芸能ライターが解説してくれた。

    「嫌韓ブームで人気が落ちたと言われますが、男性韓流グループは今でも高い人気を誇っており、
    EXO(エクソ)は11月に東京ドームと京セラドームで各3日ずつの公演を行うほどです。一方で
    KARAをはじめとする女性韓流グループは悲惨な状況ですね。握手会などの接触を中心とする
    日本のアイドル市場に適応できなかったことと、特長だったダンスもE-girlsなどの台頭で目立たなくなり、
    セールスポイントがなくなってしまったのです」

    今では日本のバラエティ番組で見る機会もメッキリと減ったKARA。
    満員にはならないとはいえ、大会場でライブができるうちはまだ幸せなのかもしれない。

    http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1002/asg_151002_1847983805.html

    KARA

    引用元: 【芸能】 まだ韓流って観る人いたの?KARAのライブがガラガラ

    続きを読む

    no title1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/10/24(金) 15:36:42.92 ID:???.net
    「東京ドラマアウォード2014」のイベントとして22日に行われたシンポジウム。日本、韓国、タイ、インドネシアのドラマ制作の第一線で活躍する
    人々が集まったのだが、相変わらず韓流ドラマの人気は根強く、日本ドラマの劣勢な状況が浮き彫りになった。

    「総人口の半数がドラマ視聴者。韓国の若者のファッションや流行が分かる韓国のドラマはタイの若者から絶大な支持を得ている。時代の流れ
    でしょう、日本から韓国に人気が移行しています」(タイのドラマ監督)

    「日本のドラマはかつて『おしん』が人気だったが、今の視聴者が好むドラマは韓国が得意とする軽いタッチで一瞬で幸せになれるシンデレラストーリー」
    (インドネシアのプロデューサー)

    ドラマ輸出を国策とする韓国政府としては、しめしめの結果だろう。

    日本も手をこまねいているわけではない。一般には浸透していないが、ドラマを世界に売り込むため、07年から民放連とNHKが中心となり
    「国際ドラマフェスティバル in TOKYO」を創設。翌年には海外でも通用する作品を表彰する「東京ドラマアウォード」を設け、海外市場へ
    売り込むべく足がかりをつくってきた。「クール・ジャパン」の一環で総務省や経産省が共催している。

    昨年は日本のテレビドラマをタイで集中放送するPRイベントを実施し、半年かけて30本以上の連ドラを放送。朝ドラ「カーネーション」
    や「孤独のグルメ」といった人気作もラインアップされる中、タイの“ドラマっ子”が高得点をつけたのは「リーガル・ハイ」(堺雅人主演)と
    「バンビーノ!」(松本潤主演)。いずれも職業ドラマで分かりやすさが支持の要因だ。

    <韓流より放送回数が少ない><宣伝が思うようにできない><単価が高い>といった“弱点”はあるが、日本のドラマが海外で受け入れ
    られるために必要なことは何か。

    「目指すは優れたエンターテインメント性を持つ米国のテレビドラマ。アジア各国は共同制作し、互いに切磋琢磨し合うことが求められている。
    従来の便宜上だけでなく名実ともにアジア各国が共同制作できる環境を築く必要があるでしょう」(同フェスティバル特別顧問のこうたきてつや氏)

    これではせっかくの優良コンテンツも宝の持ち腐れ。クール・ジャパンも国民の血税が投入されているのだから、結果が求められる。

    ソース:日刊ゲンダイ 2014年10月24日
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/154350
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/154350/2

    引用元: 【ゲンダイ】クールジャパン不発、日本ドラマが韓流に負ける3つの理由[10/24]

    続きを読む

    no title1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 17:23:01.07 ID:???.net
    【コラム】日本で見た韓流の将来
    2014年09月15日15時53分
    [? 中央SUNDAY/中央日報日本語版]

    秋夕(チュソク、中秋)連休中に日本を旅行した。福岡に行った時、その地域で最も大きな
    書店の紀伊國屋に寄り、いろいろな本を見る機会があった。興味深いのは米国など西欧とは違い、
    日本の大型書店には韓国関連書籍が多いという点だ。特に映画書籍コーナーで韓国の本の比重は
    かなり大きい。韓国テレビドラマなどに関する本は「韓流」という別のカテゴリーで展示されて
    いた。これは日本人の韓流に対する関心を反映したのだ。語学教材コーナーもこれと似ている。
    数年前に日本の書店で語学教材を見た時、韓国語は「その他の外国語」コーナーにあったが、
    現在は「韓国語」という表札を置いて別に分類されていた。書店だけでなく音楽や映像物を販売
    する店も「韓流」または「K-Pop」という名前で別のスペースを設けている。韓国と縁が深い
    私の立場ではうれしいことだ。

    書店で韓国関連の本が独立したコーナーを占めているというのは大したことではないかもしれ
    ない。しかし韓日関係を勘案すると、これは特別な意味を持つ。韓国大衆文化の優秀性を見せる
    事例であるからだ。

    日本での韓国文化ブームは今回だけでない。壬辰倭乱(文禄・慶長の役)当時、日本は朝鮮を
    侵略しながら接した朝鮮の陶磁器に魅了された。素朴な朝鮮の陶磁器は、日本で茶道用として
    大人気となった。日本に連れて行かれた朝鮮の陶芸家は、九州地方を中心に陶磁器産業を大きく
    復興させた。朝鮮の陶磁器技術を基礎に、日本は19世紀に有田焼と薩摩焼という名前で欧州と
    北米地域に多くの輸出をした。

    20世紀に入って日本の文化評論家である柳宗悦は朝鮮時代の陶磁器、工芸品、民話などを
    日本に紹介した。これを契機に日本の骨董品市場では朝鮮骨董品を主に扱う「李朝」という独立
    した市場が生じたりもした。壬辰倭乱から現在まで韓国の陶磁器は日本で人気だ。

    陶磁器と同じように韓国料理は日本人が好きな食べ物の一つだ。その最初はおそらく1988年
    ソウルオリンピック(五輪)当時のようだ。当時、韓国は政治的に激動期であり、対外イメージが
    よくなかった。このため五輪を控えた韓国としては、飲食品の広報が最も容易なマーケティング
    だったのだろう。特に日本人は当時、バブル経済のため海外旅行によく行き、外国の料理を
    楽しんだ。五輪後にも日本人に韓国料理に対する良いイメージは維持された。90年代にはビビ
    ンパがヘルシーな料理として定着し、2000年に入ってからはマッコリブームが起きた。

    http://japanese.joins.com/article/068/190068.html?servcode=100&sectcode=120

    引用元: 【中央日報】日本で見た韓流の将来 日本の書店や音楽店には韓流コーナーがある 韓国大衆文化の優秀性を見せる事例だ [9/15]

    続きを読む

    no title1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/07/26(土) 13:26:55.57 ID:???.net
    「VIXX」は最高のVoice、最高のVisual、最高のValueを兼ね揃えた6人組アイドルグループ。2012年Mnetのオーディション番組
    「My DOL」での活躍が認められデビュー。

    メンバーは、チャーミングでカリスマ性のあるリーダーのエン、クールなポーカーフェイスのレオ、ソウルフルなボーカリストのケン、
    ダンスにラップ、多彩な才能のラビ、花美男のホンビン、グループのマスコット、末っ子のヒョギの6人。ポップセンスあふれる楽曲
    とユニークでドラマチックなパフォーマンスは、他のアイドルとは一線を画す。2013年に行われたグローバルショーケース
    「2013 VIXX GLOBAL SHOWCASE“THE MILKYWAY”in JAPAN」では日本デビュー前にも関わらず、チケットは瞬く間に完売となった。
    7月2日にアルバム「DARKEST ANGELS」で遂に日本デビューを果たし、発売記念イベントを行うために来日した彼らが、
    7月7日都内にてインタビューに応えてくれた。

    続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2014/07/09(水) 07:40:52.35 ID:???.net
    (写真)
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    グループ『TAHITI』のアリが8日の午後、ソウル・上岩洞(サンアムドン)のSBS公開ホールで
    行われたSBSのMTV=『The Show:All About K-Pop』の公開収録に参加して、ライブを
    行っている。

    ソース:NAVER/韓国経済(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=015&aid=0003116167

    続きを読む

    このページのトップヘ