ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:韓国文化財

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2016/05/11(水) 13:02:23.24 ID:CAP_USER
    no title

    ▲観音寺観世音菩薩座像(日本有形文化財)、高さ50.5センチ重さ38.6キログラム16-05-11

    【ソウル=ニューシス】シン・ドンニプ記者=「韓国政府は盗んできた仏像を直ちに対馬の寺に返還すべきだ。」日本の要請でない。対馬観音寺から盗んできた金銅観世音菩薩座像を返せという韓国側の主張だ。

    海外にある文化財を還収する文化財元の席探し(代表へムン)と人権政党、文化財発掘調査委員会は「ふさがった韓日関係を解くために人道主義的で道徳的な良心に立って、仏像をすぐに観音寺に返還しなければならない」と明らかにした。

    「明確に窃盗犯が掠めてきた仏像をそのまま着服するのは正常な国家なのか。国連加入国としてすることなのか。ユネスコは韓国をどのように見るだろうか。直ちに戻せ」という要求だ。
    (中略:仏像窃盗の経緯)

    no title

    ▲チェ・ヨンサン人権政党代表(左側)、へムン文化財元の席探し代表16-05-11

    チェ代表は「犯人らの有罪確定後、刑事訴訟法によって国家の没収手続きが行なわれた。従って刑事訴訟法‘没収品交付’条項が規定した通り、紛失した所有者の返還要請があれば、検察は直ちに元の所有者に交付しなければならない」とついた。

    「500余年前、倭寇が浮石寺(プソクサ)から略奪した情況はありうるが、決定的な文献証拠がない。高麗時代の浮石寺と現在の浮石寺が同じ寺であるかも確実ではない。韓国人窃盗団の犯罪行為に反論できる根拠は薄弱だ」という判断でもある。

    人権政党と文化財元の席探しは「日本に歴史に対する謝罪と反省を求めているのに、盗品を戻せないとは話にならない」とトーンを高めた。

    これらは12日午前10時、外交部正門前で「対馬仏像返還要求」集会を開く。引き続き1万人の署名を受けて30日、国会、法務部、外交部、文化財庁に提出し6月初めに観音寺を訪ねて窃盗行為の謝罪文を伝達する計画だ。

    ソース:ニューシス(韓国語) 「韓国文化財、日本にまわしてくれてこそ当然(適合)」…なぜ?
    http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20160511_0014076612

    関連スレ:【韓国】対馬の仏像、「日本に戻せ」と韓国政党が会見へ 「盗品返還しないと話にならない」 [05/10]
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1462884166/

    引用元: 【韓国】 韓国文化財、なぜ日本に戻すべきなのか?~対馬の仏像は盗んだもの、道徳的な良心に立って返すのが当然[05/11] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    韓国国旗1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/10/11(土) 19:04:05.44 ID:???.net
    聯合ニュース 10月10日(金)19時12分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141010-00000073-yonh-kr
    【ソウル聯合ニュース】韓国国会の教育文化体育観光委員会に所属する与党セヌリ党の李相逸(イ・サンイル)議員は10日、
    文化財庁の国政監査に先立ち配布した報道資料で、韓国の文化財のうち、国外にあるものが15万6160点あり、
    東京国立博物館など日本にある文化財が6万6824点で、全体の43.3%を占めていることを明らかにした。
     米ニューヨークのメトロポリタン博物館など、米国にある文化財が4万2325点(27.9%)で2番目に多く、
    ドイツにある文化財が1万727点(6.9%)と続いた。
     このほか、中国8278点(5.3%)、英国7954点(5.1%)、ロシア4067点(2.6%)、フランス2896点(1.9%)、
    台湾2881点(1.8%)、カナダ2192点(1.4%)、オーストリア1511点(1.0%)の順となった。
     一方、返還された文化財は9760点と集計された。返還された文化財のうち、5139点(52.7%)が2001年以降に返還された。
     李議員は「文化財の返還事例を見ると、政府の努力より民間による努力によってなされる場合が多い」と指摘。
    国外にある文化財を民官合同で返還につなげるタスクフォースを運営することを提案した。

    引用元: 【韓国】国外にある韓国文化財 約4割が日本に[10/11]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/07/30(水) 11:26:12.50 ID:???.net
    誰の目にも略奪が明らかな韓国文化財、日本に多数

     東京国立博物館で昨年7月、高麗時代の文官、張忠義(1109-80)の石棺が展示された。博
    物館の学芸員は「白虎、玄武などが刻まれた石棺で、韓国でも珍しい貴重な文化財だ」と誇らしげに
    語った。

     日帝(日本帝国主義)統治時代に墓を掘り出して奪った遺物であることが間違いないが、それが日
    本の自尊心を象徴するような国立博物館で堂々と展示されたのだ。しかし、韓国は返還要求すらまと
    もに行うことができない。博物館側が「どのようなルートで日本に運び込まれたか不明だ」と言い逃
    れているからだ。

     しかし、それが虚偽であることを日本政府が自ら明らかにした。文化財関連の文書公開を求めた訴
    訟で、日本政府が東京高裁に提出した陳述書によると、日本政府は1965年、韓日協定(日韓基本
    条約)の締結過程で、博物館、大学はもちろん、東洋文庫など民間所有の物も含め、韓半島(朝鮮半
    島)由来の遺物の現況と搬入経路を調べて文書化した。韓国の返還要求を懸念し、関連文書を隠して
    きた事実が日本政府の陳述書で明らかになった格好だ。

     韓国の国外所在文化財第団が日本で公開された遺物を中心に調べた結果、韓国の文化財は合計6万
    6824点あった。しかし、個人が保管する文化財まで含めると30万点を超えると推定されている。

     石棺のように誰の目にも明らかな略奪文化財も数多く存在する。日本は、1920年に朝鮮総督府
    が慶尚南道梁山市にある夫婦塚を発掘して収集した遺物489点を、1938年に東京国立博物館に
    移して保管している。金銅冠をはじめ、銀製のベルト、金銅製の靴、装身具、土器などで、梁山地域
    の三国時代当時の歴史や文化だけでなく、5-6世紀の新羅古墳文化の特徴を究明する上で非常に重
    要な遺物だ。

     日帝統治時代に大邱で電気会社を経営していた小倉武之助が没後に東京国立博物館に寄贈した約1
    000点の韓国の遺物には、現在韓半島にもない貴重な文化財が多数含まれている。

     忠清南道公州市の寺の石塔から発見されたとされる金銅弥勒菩薩半跏思惟(はんかしい)像は、7
    世紀の百済の国宝級仏像だ。新羅、伽耶時代のさまざまな金冠、金銅冠も含まれている。朝鮮王朝の
    高宗が使用していたと推定される戦闘具やよろいもあり、東京国立博物館は先ごろ特別展まで開いた。

     日帝統治時代だけでなく、高麗末期の倭寇侵入、壬辰倭乱(文禄・慶長の役)で略奪された遺物も
    日本に相当数存在する。韓国文化財研究のために日本を訪れなければないほどだ。高麗の仏画は約1
    60点が確認されているが、うち日本に120点がある。米国に16点、韓国に12点)にある仏画
    も大半は日本から流出したものだ。

     日本では韓国の梵鐘(ぼんしょう)が50点余りあるが、うち20点余りは日本の重要文化財に指
    定されている。統一新羅時代の梵鐘は韓国に3点しかないのに対し、日本には4点ある。高麗の仏像
    も国内外に100点余りがあるが、半数は日本にある。

     国外所在文化財財団の安輝濬(アン・フィジュン)理事長は「日本にある韓国文化財の相当部分が
    日帝統治時代をはじめ、日本が韓国を侵略した時期に不法な手段で収集、搬出されたものと推定され
    るが、正確な流出経緯を把握することができず、返還を要求できないのが現状だ。韓国から不法に持
    ち出されたことが立証された場合には、韓国政府が要求して返還を受けなければならない」と指摘し
    た。

     文化財関連文書の公開を要求する訴訟を主導した「日韓会談文書・全面公開を求める会」の李洋秀
    (イ・ヤンス)事務局長は「略奪文化財であることを立証する資料が公になることを恐れ、日本政府
    が関連文書の公開を必タヒに拒んでいる」と批判した。

    東京=車学峰(チャ・ハクポン)特派員
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/07/30/2014073000784.html

    続きを読む

    このページのトップヘ