ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:韓国人

    no title1: 荒波φ ★ 2017/05/14(日) 08:47:55.31 ID:CAP_USER
    韓国政府が高高度防衛ミサイル、すなわちTHAADを配備するプロセスを見て憤慨した将官はかなり多い。「自分の命を守る武器を、町中大騒動しながら運び込む国は地球上にはない」という。静かに慶尚北道星州へ配備すればいいものを、逐一情報を公開し、雑音を生むばかりだったというわけだ。

    何かにつけて「国民の知る権利」を持ち出す常連が、この隙に乗じて登場した。もっともらしく見えるが、これは無知の告白だ。存亡が懸かった危機において最高の正義は、国を守ることだからだ。北朝鮮のミサイルがいつ飛んでくるか分からない状況で行われる「知る権利」の主張は、「生きる権利」の放棄にほかならない。

    THAADが運び込まれた日の夕方、テレビはそのばかばかしい価値の転倒の決定版となった。ドローンを飛ばし、「空から見たTHAAD」「配備からたった1日で実戦モード」などと機密を漏らすにとどまらず、「中国の対応レベルにどのような変化があるか注目される」と騒いでいた。この映像は「軍と協議」を経たという。

    誰が、なぜドローンでの撮影を許可したのか、知るすべはない。しかし、その意図は別にして、後に残ったのは「環境影響評価」や「電磁波」といった、退屈この上ない無意味な論争の再演だ。メディアは、金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の「知る権利」を丁寧にお膳立てしてやるために、絶対多数の韓国国民の大切な「生きる権利」を踏みにじってしまった。

    「中国の対応」うんぬんは、「中国は早く報復してください」とけしかけているに等しい。こんなことを言っている記者が、THAADは攻撃用ではなく防御用であって、THAADのレーダーが中国の遼東方面をのぞくずっと前から、中国が韓半島(朝鮮半島)全域をくまなく監視しており、攻撃用のミサイルを韓国に向けて固定しているという事実を知っているのかどうか気になる。

    今の韓国は、檀君以来最も富み、栄える国となった。それだけに、がたつくニッケルの鍋から静かな鉄鍋へと性情も変わりそうなものだが、実際はかえって軽挙妄動している。その代表的なケースが、米国のトランプ大統領と中国の習近平国家主席が会談した後に伝えられた一言で、国全体が青筋を立てているというものだ。


    2017/05/14 06:07
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/12/2017051201821.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/12/2017051201821_2.html

    >>2に続きます。

    引用元: 【朝鮮日報/コラム】「死ななければ分からない」韓国人=文甲植『月刊朝鮮』編集長[05/14]

    続きを読む

    韓国国旗1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2016/12/24(土) 09:11:31.45 ID:CAP_USER
    20代の韓人(コリアン)の男がコンピューターの修理を依頼して、その中から児童ポルノが大量に
    出たため逮捕しされた。

    カリフォルニア州チコ警察局によれば、ユン某容疑者(24歳)が先月自分のノートパソコンを韓人
    密集地区のコンピューター修理店に依頼して、児童ポルノを所持している事が判明した。

    警察によれば、コンピューター修理店の従業員はユン容疑者が依頼したノートパソコンを修理
    している途中、児童ポルノに関する数百枚の画像と動画を発見し、これをすぐさま警察に届けた。

    申告を受けたチコ警察局は国土安保部捜査当局とともに、IP住所の追跡とダウンロード経路など
    に対する捜査を行い、ユン容疑者のノートパソコンにあった児童ポルノと画像を修復する事に
    成功して、約一ヶ月間の追跡捜査の結果去る15日にユン容疑者を逮捕したと明らかにした。

    ユン容疑者は児童ポルノの所持と通信違法使用などの疑いで起訴され、ユン容疑者はビュート郡
    拘置所に収監されている。

    ソース:米州韓国日報(韓国語)
    http://www.koreatimes.com/article/1030683

    引用元: 【米国】コンピューターを修理に出した20代の韓人(コリアン)、児童ポルノ大量所持がバレて捕まる[12/24] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/10/19(水) 18:11:42.86 ID:CAP_USER9
    慶應“集団強姦”主犯格「S」とその母を直撃!
    2016.10.19 16:00

    小誌が報じた慶應大学「広告学研究会」(以下「広研」)の男子学生による“集団強姦”事件が新たな展開を見せている。
    被害者の同大学1年生、A子さん(事件当時18歳)の被害届は正式に受理され、神奈川県警が捜査に乗り出した。

    一方で、A子さんは小誌に「この事件の主犯は『S』です。絶対に許せません」と語っている。
    「S」とは、どんな人物なのか。Sの知人はこう語る。

    「両親は韓国人で、小学校の頃に日本に来たはずです。高校時代は野球部で、一浪して慶應に入った。
    現在2年生ですが、酒に強いことを見込まれ、広研では日吉キャンパスの責任者を任されていた」

    このSこそが、“集団強姦”事件当日、「後片付け」を名目にA子さんを「合宿所」に呼び出し、飲酒を強要、
    2人の1年生男子がA子さんをレ○プしている間、これを撮影したのみならず、事件を表沙汰にしないよう
    A子さんを脅すようなメッセージまで送ったのである。

    「それどころか、『ミスコンが中止になったのは、(事件を公にした)お前のせい』という内容のLINEを
    A子さんに送って、ミスコンのファイナリストたちに謝るよう強要したんです」(A子さんの知人)

    Sの携帯電話にかけると、か細い声で「どちら様ですか?」と応じたが、
    週刊文春と名乗った途端に切れてしまい、それ以降、電話が繋がることはなかった。

    実家で暮らすSの家を訪ねると、パジャマ姿で現れたSの母親が韓国語でこう答えた。

    「話は聞いているのですが、お話しすることはできないです。ごめんなさい。
    私たちの心情も理解してください、心情を」

    詳細は、10月20日発売の「週刊文春」10月27日号で報じている。

    週刊文春
    http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6690
    事件現場となった「合宿所」内部
    no title


    ★1が立った時間 2016/10/19(水) 16:12:45.83
    前スレ http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1476866804/

    引用元: 【週刊文春】慶應“集団強姦”主犯格「S」とその母を直撃、「両親は韓国人」と報じる★5©2ch.net

    続きを読む

    no title1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/07/16(土) 10:04:44.77 ID:CAP_USER
    海外で先行リリースしたスマートフォンゲーム『ポケモンGO』。
    アジア圏でのリリースも待ち望まれているが、まだ現時点ではリリースされていない。

    お隣の韓国では特別な方法で入手した『ポケモンGO』を使い竹島(独島)にポケモンが居るのかを生放送しながら向かった。

    配信者は当初、竹島(独島)ではなくその手前の鬱陵島(ウルルンド)に向かった。
    そこから竹島(独島)は非常に近く、ついでに竹島(独島)まで行くことを決意。

    その船便のチケットをリスナーに見せたところリスナーは「北朝鮮もいけ」とレスポンスを返した。

    配信者は鬱陵島から竹島(独島)に向かう途中に『ポケモンGO』を実行したが、ポケモンは1匹も表示されなかった。

    この放送は7月14日の17時頃に行われたもので、そのときの(>>0�動画はFacebookに公開されている。

    ※ソース元に動画あり


    2016/07/15 00:16:46
    http://gogotsu.com/archives/19705

    関連スレ
    【韓国】 「ポケモンGO」デザインを総括したのは韓国系米国人、天才開発者の中でも断然目立った役割[07/15]★2 [無断転載禁止]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1468581793/

    引用元: 【ポケモンGO】韓国人が竹島に行きポケモンが居ないことを確認する[07/16]©2ch.net

    続きを読む

    no title1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/07/12(火) 00:48:09.02 ID:CAP_USER
    「この国にも希望がある。学生たちの探求欲、世界一流の学者たちが話す難しい講演を最後まで聞いて理解しようとするその強靭な探求欲には頭が下がる。韓国の明日は明るい」。

    米国ユタ大学教授に在職中だった李泰圭(イ・テギュ)博士(1902~1992)は1964年9月、しばらく帰国して当時の朴正煕(パク・チョンヒ)大統領を表敬訪問した席でこのように話した。
    李教授の言葉に鼓舞された朴元大統領は、彼を含めて海外に出て行っている科学者たちの帰国をすすめ始めた。それから9年後、彼はユタ大の教授職を捨てて永久帰国した。

    国内第1号の化学博士であり大韓化学会の前身である朝鮮化学会の初代会長である彼は、最初に国立墓地に安置された科学者だ。彼は日帝強制占領期間だった1931年、日本で差別と経済的困難に打ち勝って理学博士学位を取った。
    大学の師匠であり当代の日本の最高化学者だった堀場信吉教授は早くからそんな弟子の能力を高く評価して「学問に民族が別にあるものか」と朝鮮人だった彼を日本の大学教授として強く推薦した。

    教授として正式な任命を受けたが彼の好奇心はとどまらなかった。当代最高の大学者が集まっている米国プリンストン大学に渡った。彼はそこで理論化学を研究していたヘンリー・アイリング教授と運命的な出会いをした。
    2人が当時、共に研究していた双極子能率の計算についての論文は化学分野に量子力学を導入した初めての事例という評価を受けている。

    解放後しばらく帰国していた彼は1948年、再び米国ユタ大に渡りアイリング教授と研究を継続した。1955年、2人の姓を取って発表された「李-アイリング理論」は粘性物体の流れの性質を研究する分子粘性学の基礎となった。
    彼はこの理論で一躍世界的科学者の仲間入りを果たし1965年、韓国人として初めてノーベル賞推薦委員になった。1969年には韓国で初めてノーベル賞候補に上がった。
    彼が理論を研究していた真っ最中に6・25韓国戦(朝鮮戦争)が勃発した。家族の生死も分からなかった彼は研究にさらに専念した。後日、彼は家族に対する心配と思いを忘れるために没頭していた結果だったと振り返った。

    彼は不毛地帯そのものだった韓国の化学の礎を築いた。1945年解放直後、日本からしばらく帰国した彼はソウル大学の前身である京城(キョンソン)大学理工学部長とソウル大文理大学長として学問研究と教育定着のために努力した。
    1946年には大韓化学会(旧朝鮮化学会)を創立した。

    彼は1992年10月26日、大田(テジョン)KAIST(韓国科学技術院)の研究室から退勤後に亡くなった。政府は化学発展の礎を築いた功績を認め、彼をソウル国立顕忠院に安置することを決めた。
    彼が遺品として残した額縁には、彼の生涯の信念である「鋭い観察と絶え間ない努力」という言葉が記されている。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    http://japanese.joins.com/article/131/218131.html

    引用元: 【韓国】韓国人で初めてノーベル賞候補になった「国内第1号化学博士」李泰圭氏[7/12]©2ch.net

    続きを読む

    このページのトップヘ