ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:辛淑玉

    20140603_1958001: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/06/03(火)14:35:06 ID:FZUHLCkY9
    辛淑玉 @shinsugok

    日本のメディアは中立でも何でもない。
    明確な意思を持っている。
    権力に迎合するという明確な意思を。
    NHK,気持ち悪すぎる。
    原発はまったくもって安全でないのに、安心でありたいと願い。
    それにすがる。
    そして、本当の被害者を置き去りにするのだ。
    ワンセグでも見たくないNHK。

    腐敗した組織で、生き抜く人たちは、多くの人を裏切って生き延びてきたはずだ。
    テレビに映る顔つきの悪さよ。
    国境を超えて、権力をもつものはどこも同じ。
    岸の孫、朴の娘、金の孫。
    彼らは、まだ第二j次世界大戦が終わっていない。
    戦後処理もできていない化石の指導者なのだ。悪すぎるわ。

    沖縄の闘いはいつでも非合法だった。
    体を張り、お爺やオバァがゲートの前に座り込んだ。
    権力に愛される「正しい」運動で勝てると思うのは幻想だ。
    安倍首相を国会に行かせなためには、彼の家の前で座り、轢かれても車を通さない!という闘いが必要なだと思う。
    「奴らを通すな!」とは、そういうこと。

    非暴力とは、殺されても殺さないこと。
    9条の覚悟は、一人一に求められた。
    2000万民の血の上でやっと手に入れた9条を掲げることを、この社会はどこまでやってきたのか。
    守るのではない。
    積極的に掲げて素手で国際社会に入ることだ。
    9条は、一国平和主義ではない。
    人類の歴史が求めたものだ。

    サンケイと読売は、「日付」以外信じちゃいけない新聞。
    不買運動をしなくては。
    正力さんよ、在日は、あなたを忘れていませんよ。

    私にとって寝るということは、死ぬということ。
    朝起きて目がさめて、あー、まだ生きてると思い、冷めなければ、地球の物質量の中にはいるだけ。
    さぁ、寝よう。
    https://twitter.com/shinsugok

    続きを読む

    no title1: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/05/28(水)17:04:53 ID:yH8LgeQux
    共同代表が分担執筆

    「ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク」(略称のりこえねっと、辛淑玉共同代表)が同ネット初の書籍、
    『ヘイトスピーチってなに? レイシズムってどんなこと』を東京の七つ森書館から出版した。本書はヘイトスピーチ(憎悪表現)
    を考えるための入門書としての位置づけ。執筆には「のりこえねっと」の共同代表21人ほぼ全員が関わった。

    鈴木邦男さん(一水会顧問)は「日本を愛するから韓国・北朝鮮、中国は許せない」というヘイトスピーチ参加者を、
    「こんなものは愛国心でも何でもない。ただの排外主義だ」と断定した。

    前田朗さん(東京造形大学教授)は、ヘイトスピーチ批判派の中でも一部に「表現の自由だから法規制になじまない」との声が
    出ていることについて、「(一側面だけで全体像を見ていない)短絡的な理解」と批判。欧米では処罰があたりまえになっている
    現状を説明した。

    16日には辛共同代表と香山リカさん(精神科医)による出版記念トークイベントが、東京・渋谷区内の大手書店で開かれた。
    1600円+税。問い合わせは同書館(03・3818・9311)。

    (2014.5.28 民団新聞)
    http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=5165&corner=2


    続きを読む

    20140323_06


    1: 名無しさん 2014/03/23(日)14:51:25 ID:nyspzMxpH
    この発言の内容が事実なら大変な問題だし、事実でないなら「日本人に対する」ヘイトスピーチじゃね?

    辛淑玉「あなた達が強姦して産ませた子供が在日韓国朝鮮人」
    http://www.youtube.com/watch?v=gvczLDrOLSE#t=12



    偉い人教えてください。

    引用元: 辛淑玉「あなた達が強姦して産ませた子供が在日韓国朝鮮人」

    続きを読む

    このページのトップヘ