ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:蓮舫代表

    1: ダース・シコリアン卿 ★ 2017/05/21(日) 20:33:38.25 ID:CAP_USER
    自民党の小野田紀美参院議員(34)は21日までに自身のツイッターに「米国籍の喪失証明書が届いた」と投稿した。これにより小野田氏は二重国籍状態が解消され、国籍は日本だけとなる。

    小野田氏は18日、「昨年、皆様に大変ご心配をおかけいたしました私の国籍の件につきまして、あらためてご報告申し上げます」として、「以前フェイスブックに書かせて頂いた通り、

    義務である『日本国籍選択と米国籍放棄手続き』については立候補前の平成27年10月に終えておりましたが、努力義務である『外国の法においての国籍離脱』という手続きについては、当時進行中で終了しておりませんでした。

    大変時間がかかりましたが、この度、アメリカ合衆国から2017年5月2日付での『アメリカ国籍喪失証明書』が届きました」と記し、原本も添付した。

    二重国籍問題は、父親が台湾人、母親が日本人である民進党の蓮舫代表(49)が昨年10月に日本と台湾の二重国籍状態にあることが分かり、その後、与野党ともに二重国籍状態となっている議員がいることが発覚、小野田氏もその一人だった。

    小野田氏は「国政を担う身として、皆様にご不安とご心配をおかけしてしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます」と投稿したが、ネットでは「小野田さんは潔い」「蓮舫氏はいつになったら国籍問題をはっきりさせるのか」といった投稿が相次いだ。

    小野田氏は昨年10月、自身の戸籍謄本をフェイスブックに公開したが、蓮舫氏は公開していない。

    http://www.sankei.com/politics/news/170521/plt1705210006-n1.html

    小野田紀美参院議員
    no title

    蓮舫民進党代表
    no title

    引用元: 【二重国籍問題】自民の小野田紀美参院議員が「米国籍を喪失」 ネット上は「蓮舫民進党代表はいつ説明するの」の声[5/21]

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/05/16(火) 00:26:51.44 ID:CAP_USER
     ウソはダメ-。菅義偉官房長官が12日の定例記者会見で、民進党の蓮舫代表をチクリと皮肉る一幕があった。

     蓮舫氏は11日に開かれた「ベストマザー賞」の授賞式後、自身の子育て方針について「『ありがとう』『ごめんなさい』をちゃんと言えるように教えてきた」と記者団に述べた。

     これを踏まえて「子育てで何が重要か?」と記者に質問された菅氏は、即座に「私はやはり、ウソをついちゃダメだということだけはずっと言っていた」と答えた。

     蓮舫氏は「二重国籍」問題で国民にウソをつき続けたうえ、日本国籍の選択を宣言した日が明記されている戸籍の公開を拒否している。

    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170515/plt1705151700003-n1.htm

    no title

    菅義偉官房長官
    no title

    民進党の蓮舫代表

    引用元: 【二重国籍】菅氏が蓮舫氏チクリ 子育て論聞かれ「ウソついちゃダメ」[5/16]

    続きを読む

    no title
    1: カレー丼 ★ 2017/05/08(月) 01:19:48.00 ID:CAP_USER9
    民進党の蓮舫代表は記者団に対し、安倍総理大臣が憲法を改正し、2020年の施行を目指す意向を表明したことについて、
    「なぜ今なのか、確認しないといけない」と指摘し、8日からの衆参両院の予算委員会の集中審議でただす考えを示しました。
    安倍総理大臣は先に憲法を改正して、2020年の施行を目指す意向を表明し、具体的な改正項目として、
    憲法9条に自衛隊に関する条文を追加することや、高等教育の無償化などを例示しました。

    これについて、民進党の蓮舫代表は東京都内で記者団に対し、「なぜ今なのか、確認しないといけない。改正項目も今まで言っているものと、ころころ変わりすぎており、
    誰のために改正したいのかが、全く見えてこない」と指摘し、8日からの衆参両院の予算委員会の集中審議で、安倍総理大臣の考え方をただす考えを示しました。
    また、蓮舫氏は、共謀罪の構成要件を改めて、テロ等準備罪を新設する法案について、「テロと関係性が極めて薄いと思える罪も混じっている。
    実体的で効果的な法案を通していくほうが、テロ対策になると確信している」と述べ、現行法では対応できないテロ対策の強化策などを対案として提出し、
    法案の成立阻止につなげたいという考えを示しました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170507/k10010972821000.html
    NHK NEWS WEB 5月7日 16時53分

    引用元: 【民進党】民進 蓮舫代表 首相の憲法改正の意向ただす考え

    続きを読む

    no title1: (^ェ^) ★ 2017/04/20(木) 21:41:27.35 ID:CAP_USER9
    http://www.sankei.com/politics/news/170420/plt1704200027-n1.html

     民進党の蓮舫代表が20日の記者会見で、女性問題で経済産業政務官を辞任した自民党の中川俊直衆院議員を徹底批判した。会見の詳報は次の通り。



     「世耕(弘成)経産相の政務官であられた中川さん。重婚、ストーカー疑惑ですか。これが一部週刊誌で報道された。本当なんでしょうか。報道の中には、奥さまががんで闘病中という記述もあった。これも本当なんでしょうか。結婚式を挙げたという写真があった。これはどういうことなのか。あるいはストーカー疑惑で警察から職務質問されたという記述もあった。本当なんでしょうか」

     「国会議員という以前に、人として私はおかしいと率直に申し上げざるを得ない。フェイスブックのコメントだけで、きれいごとだけで、そして政務官を辞任しただけで終わらせる話ではないと重要視している。自民党には奥さまが出産で里帰りしている間に不倫をされてお辞めになられたという前例もあるから、そういう前例をよく考えていただいて、自ら判断されるべき事態だと思っている」

     「あわせてこの問題で今日、参院で予定されていた原賠法の審議、経産委員会が飛ぶことになった。国会にも重大な影響が出ていることを政府・与党、自民党・公明党は重く重く受け止めるべきだと強く申し上げたいと思う」

     --中川前政務官は辞任に値するか。当選2回の若手議員の不祥事が止まらないが、自民党の体質についてどう思うか

     「他党の議員だからそれを束ねて私が評価する立場にはない。ただ、中川議員の今回行われたと報道される内容については、多くの女性、あるいは女性ならずとも心を持っている人であれば、この人が議員として国民を代弁できる立場にとてもあるとは思えないと、そういう考えを抱くと思う」

     --中川氏の件で参院の審議が進んでいない。公で悪いことはしていない。私のことなのになぜ応じないのか

     「たぶん言わんとしていることは分かるのだが、今、参院経産委員会でかかっている法案は原賠法だ。これはまさに中川政務官が直接携わっていた法案の内容だ。当然答える義務もあると思って、われわれは質問の準備等も進めてきたし、特に担当相の失言・放言等もあったから、本会議登壇ものに格上げしてやはり中身をしっかり、復興に資するものかどうなのかの審議をしようとしていた矢先、何の説明もないままに辞任された」

     「その説明が全くないままにこの法案の審議に入るというのは、やはりわれわれとしては納得はできない。私において、おそらく問題があって辞めさせられたのか、それとも公務において何かしらの担当的にふさわしくないという判断を大臣がされたのかも含めて、やはり説明は受けさせていただきたいという理解だ」

    引用元: 【蓮舫】「自民党には奥さまが出産で里帰りしている間に不倫してお辞めになられたという前例もある」 中川俊直氏の女性問題で

    続きを読む

    no title
    1: 動物園φ ★ 2017/03/30(木) 18:00:21.82 ID:CAP_USER
    時事通信 3/30(木) 17:58配信

     民進党の蓮舫代表は30日の記者会見で、自民党が敵基地攻撃能力保有の早期検討を政府に求めたことについて、「これまで歩んできた平和国家の礎が、がらがらと音を立てて崩れるように思えて非常に懸念している」とした上で、「私たちは慎重に対応したい」と述べた。
     
     日本政府が核兵器禁止条約交渉会議への不参加を決めたことに関しては「極めて遺憾だ。納得できない」と批判、国会で追及する考えを示した。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170330-00000106-jij-pol

    引用元: 【話題】蓮舫代表、敵基地攻撃論に慎重「非常に懸念している」

    続きを読む

    このページのトップヘ