ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:蓮舫

    no title1: キリストの復活は近い ★ 2017/06/19(月) 19:08:35.79 ID:CAP_USER9
    森友、加計問題で追及材料には事欠かないにもかかわらず、最終盤国会の民進党の国対戦術はお膝元の参院にもかかわらず、切れ味は今ひとつ。
    記者会見や街頭演説を行っても政党支持率にも、好感度にもつながっていません。

    民進党の前身である民主党結党時のメンバーなのにOB会にも呼んでもらえない鳩山氏と並べて批判する議員がいるほど厳しい状況にある蓮舫氏ですが、
    この鳩山氏と蓮舫氏、党内情勢のほかにも共通点がいくつもあります。

    まず、「保守」政治家だと自身で思い込んでいるということ。

     蓮舫氏は昨年の党代表選に出馬前、産経新聞のインタビューに応じて「私はバリバリの保守。野田佳彦前首相ばりの保守だ」(28年9月2日付朝刊)と明言していますが、
    憲法や安全保障など重要課題でいまだ保守らしさを発信できていないのは改めて指摘するまでもありません。鳩山氏も同様です。
    新憲法試案を発表したものの、内容といえば保守とは異なる発想から構成されていることは明らかです。

    蓮舫氏が「二重国籍」問題を問われ、国籍取得の経緯や年齢などでその場限りの発言をたびたび行い、食い違いを指摘されて窮していたのは記憶に新しいところです。

     鳩山氏も首相在任中、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設について、日米首脳会談で「トラスト・ミー」と不用意に言い切ったものの、
    決着どころか迷走させてしまいました。また、普天間の県外移設の断念を表明した理由として「学べば学ぶほど、米海兵隊の抑止力(の意義)が分かった」と説明して世間を呆然とさせましたが、
    現在ではその県外移設を撤回したことも撤回しています。「学べば学ぶほど」発言も、いわばその場限りの発言だったことが分かりました。

     選挙で勝つためなら、党がそれまで「禁じ手」としてきた手段であっても選び取ることができるのも蓮舫、鳩山両氏の共通項です。

    平成14年に小沢一郎氏(75)が率いる自由党との「民由合併」を最初に提唱した党代表が鳩山氏でした。当時は民主党内には「小沢アレルギー」から忌避する声も多かったころです。
    後に菅直人代表(70)のもとで合併は実現され、政権奪取につながる力となったとはいえ、当時はあまりの唐突さに鳩山氏は代表の座から引きずり下ろされることになりました。

    蓮舫氏も、昨年の参院選前に緊急避難的に始まった「共産党」との民共連携にはためらうどころか、事前調整の足りなさは五十歩百歩で、
    最大の支持団体であるはずの連合にそっぽを向かれてしまっています。

     代わりに丹念に根回しを行ってくれる側近や、その場限りの発言をすることがないよう細かく支えてくれる補佐がいればいいのですが、
    そういう役回りの人物があまりいないことも似ているかもしれません。
    蓮舫氏に至っては、横で代表を支える役員室長の柿沢未途衆院議員(46)の夫人すら、自身の都議選が戦えないと離党する始末です。

     もっとも、2人にはプラスの共通点もあります。

     非公式な懇談の席では、鳩山氏はジョークがうまく、話題も豊富で、実に楽しい人です。蓮舫氏も明朗で、こまやかな気配りで知られています。
    しかし、大昔はともかく、酒食などの席での座持ちの良さなどは、どこの世界でもさほど評価されなくなっています。

    http://www.sankei.com/premium/news/170616/prm1706160006-n1.html
    http://www.sankei.com/premium/news/170616/prm1706160006-n2.html
    http://www.sankei.com/premium/news/170616/prm1706160006-n3.html

    引用元: 蓮舫「私はバリバリの保守!野田佳彦ばりの保守だ!」

    続きを読む

    20170608_063000
    1: ちゃとら ★ 2017/06/07(水) 23:33:49.98 ID:CAP_USER9
     「テロ等準備罪」、いわゆる“共謀罪”法案を巡って、民進党が提出した秋野法務委員長の解任決議案が7日午前に参議院本会議で採決され、反対多数で否決されました。

     民進党は法案の成立を阻止すべく、この後、幹部たちが集まって作戦会議を行います。
     民進党・蓮舫代表:「加計学園の問題、引き続き様々な委員会で国民の声を代弁して頂きたいし、自分たちに都合の悪いことは隠して、都合の良いことだけは進めようという政府の姿勢は許さない」

     法務委員長の解任決議案は否決されましたが、民進党は8日の委員会の開催を阻止するため、金田法務大臣の問責決議案の提出を検討しています。
    ある民進党幹部は「与党の描いていたシナリオが崩れてきている」と自信をのぞかせていて、18日の会期末を前に、来週には内閣不信任案などの提出も視野に会期延長を決定的にしたい狙いです。
    一方、与党側は幹部が会談し、野党側の出方にかかわらず、会期中の成立を目指すことを確認しました。13日にも委員会採決に踏み切る方針です。
    ただ、民進党内では「2回も審議を止めるのはどうか」などと慎重な声も上がっていて、難しい判断が迫られています。

    http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_politics/articles/000102521.html

    引用元: 【国会】共謀罪巡り攻防激化 蓮舫「自分たちに都合の悪いことは隠して、都合の良いことだけは進めようという政府の姿勢は許さない」 

    続きを読む

    20170510_063600
    1: キリストの復活は近い ★ 2017/05/09(火) 23:31:33.25 ID:CAP_USER9
    民進党の蓮舫代表は7日、東京都渋谷区で街頭演説し、「我々は反対だけ(という対応)はしない。協力できることは協力するが、残念ながら今の政権は野党の声に耳を傾けようとしていない」と述べ、安倍晋三首相の政治姿勢を批判した。

     蓮舫氏は、9日の参院予算委員会集中審議で、首相と相対する予定。学校法人「森友学園」の国有地格安取得問題についても触れ、「特定の人だけ、総理の友達だけが、総理夫人の知人だけが、国有地を9割ディスカウントで払い下げを受けた」と指摘。「そんなことはないというなら、安倍昭恵さんは堂々と、会見をすべきだ。国会で説明をしていただきたいが、ずっと避けられ続けている」と述べ、首相や昭恵夫人の対応にも疑問を投げかけた。

     この日は、7月の都議選を意識した演説でもあった。蓮舫氏は、同党の渋谷区の候補者が区議出身であることに触れ「実績がある人でないと、議会で都知事とどう向き合うのか、どう質問するのか(分からない)。今から都政とは何か勉強しているひまは、これから4年間ありません。すぐ仕事ができる人を選んでほしい」と訴えた。

     築地市場の豊洲移転をめぐり都議会で百条委員会が開かれたことにも触れ、「なぜ今まで開かれなかったのか。与党が守っていたからじゃないですか」と指摘。「古い古い政治が、古い古い自民党が、これまで知事を守り、知事の言うことを聞き、そのことで陳情を聞かせる。もたれ合いの政治が行われていた」と述べ、「この間、数がある自民党や公明党にいた政治家は、自分たちができなかった仕事をわびるところから始めるべきだ」と、対決姿勢を示した。

     ただ同党では、都議選の公認予定者の離党が相次ぎ、当初予定の36人のうち、14人が離党届を出す異常事態。蓮舫氏に先立って演説した公認予定者は「たとえ議会の中で(民進党が)少数派になろうとも、きちんと筋を通したい」と、複雑な思いを訴えた。

    http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1819682.html

    引用元: 【民進】蓮舫「我々は反対だけという対応はしない」

    続きを読む

    no title1: 動物園φ ★ 2017/04/16(日) 12:58:18.75 ID:CAP_USER9
    産経新聞 4/16(日) 10:23配信

    長島昭久氏ら保守系が見限った蓮舫・民進党 政権交代どころか党存続も危険水域に

    参院本会議に臨む民進党の蓮舫代表=4月14日、国会(斎藤良雄撮影)(写真:産経新聞)

    【高橋昌之のとっておき】

     長島昭久衆院議員(55)が4月10日、民進党に離党届を提出し、同党が除籍(除名)処分の方針を決めたことは、同党内に大きな衝撃を与えています。続くように細野豪志代表代行(45)も13日、代表代行職の辞任届を提出しました。長島、細野両氏は同党の保守系議員の筆頭格だけに、この一連の動きは同党の左傾化が抜き差しならない状況にまで進んでしまっていることを物語っています。

     蓮舫代表(49)は次期衆院選での政権交代を大目標に掲げていますが、2人からはもはやその資格も能力もないと見限られたと言っていいでしょう。党の存在意義さえ問われかねない事態です。同党の抱える問題は何か。長島氏が10日、離党届を提出した後に行った記者会見の内容をもとに考えたいと思います。

     長島氏は記者会見で、離党の最大の理由に「共産党との選挙共闘」を挙げ、「保守政治家として譲れない一線」「私にとって受け入れがたいものだ」と述べました。そのうえで、「共闘路線はまともな党内論議もないまま共産党主導で進められ、最近では民進党の基本政策にまで共産党が影響を及ぼす場面が目立つようになった」と指摘しました。

     私はこのコラムで、民進党が次期衆院選で共産党と選挙協力を行うべきではないと主張してきました。それは民進党が野党第1党である以上、政権の選択肢となることが最大の役割だからです。

     共産党は綱領に社会主義、共産主義の実現を掲げ、安全保障では自衛隊の解消と日米安保条約の廃棄などをうたっています。目指す社会像や基本政策が全く異なる政党と選挙協力を行うことは「野合」にほかならず、有権者にとって政権の選択肢にはなりえません。そして、共産党の協力を得ようと思えば、政策面で同党の主張に引きずられていくのは必然です。

     長島氏の問題意識もそこにあります。同氏は記者会見で「今般のアメリカによるシリア空爆、暴発寸前の朝鮮半島情勢を目の当たりにし、わが国の安全保障のためにアメリカとの同盟関係を強固にし、わが国独自の国防努力を行っていくのはまさに焦眉の急だ。そのような私の問題意識と共産党に引っ張られる党の政策との間には、覆い隠しようもない断絶がある」と強調しました。

     1つの選挙区から1人しか当選しない小選挙区制がとられている衆院で、離党するということは国会議員であり続けられるかどうかに関わる極めて大きな決断です。政党に所属していなければ比例代表で復活当選することもできません。しかし、それ以上に共産党との選挙協力に傾き、政策面で引きずられている現在の党執行部の方針は、長島氏にとって受け入れがたいものだったわけです。

     長島氏が記者会見でもうひとつ指摘した点は「真の保守を確立する」ということでした。同氏は平成27年の安全保障関連法成立の場面を例に挙げ、「国家の基本に関わるような問題で、左右の衝突が繰り返され、過激な極論や暴論のぶつかり合いが続くようでは、日本社会の保守とリベラルの分断、亀裂は抜き差しならないところまで行くのではないかという深刻な危機感を抱いた」と述べました。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-00000506-san-pol

    引用元: 【政治】長島昭久氏ら保守系が見限った蓮舫・民進党 政権交代どころか党存続も危険水域に

    続きを読む

    no title1: 鴉 ★ 2017/04/01(土) 02:24:08.69 ID:CAP_USER9
    蓮舫代表 辻元氏の森友問題報道にガセネタ反論も党勢回復せず
    2017年03月31日


    首相と産経新聞を批判した蓮舫代表だが…
     民進党の蓮舫代表(49)は30日、学校法人「森友学園」(大阪市)を巡る問題で、産経新聞が同党の辻元清美衆院議員(56)に関し「新たな3つの疑惑」(28日付)と伝えた報道を「ガセネタだ!」と痛烈反論した。

     辻元氏は、自民党が公表した籠池泰典理事長(64)の妻、諄子氏と安倍晋三首相(62)の昭恵夫人(54)とのメールのやりとりに何度も名前が登場。同紙の報道を受け、塚本幼稚園に侵入したとする記述や自身が送り込んだという作業員などについて「一切ない」(辻元氏)と全面否定した。

     この件では安倍首相は参院決算委員会(28日)で「辻元さんは真っ向から(メールの中身を)否定した。だったら、これを証明しなくてはならない」と、辻元氏に説明責任を求めた。

     会見した蓮舫氏は「疑惑と報道した新聞社に対しては抗議文と法的措置も含めて今、対応を考えています。この記事のみにおいて国会で答弁される首相の器に私は極めて疑問を感じざるを得ません」と、安倍首相を非難した。

     民進党は、後半国会に入っても「森友学園」への国有地売却問題の追及を続けている。だが、マスコミ各社の世論調査では同党の支持率は微減、逆に安倍内閣の支持率が上昇という皮肉な結果を叩きつけられている。

     蓮舫氏は「総じて大きかったのは、森友に関する政府の説明が十分ではないという声が高かったように思う。(世論調査の)数字はマスコミの仕事なので解説したくない」と話した。

     民進党は、今月末に行われる民間企業のイベントに、蓮舫氏の国会追及をバーチャルリアリティー(VR)で疑似体験できる「VR蓮舫」の出展を決め、党勢回復につなげたい意向だ。

     同党参院議員は「蓮舫氏は代表就任から半年がたつ。提唱した提案型路線は成果が上がらない。森友学園の追及はわが党の調査力が乏しいことを露呈した。VRは捨て身の戦略で、効果があるのか…また裏目に出るのでは」と不安を明かした。
    http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/669519/


    【辻元問題/野田中央公園】大阪国有地が14億円→2000万円の怪しい取引 維新・足立議員「この辺りは、辻元議員の庭みたいなところ」
    http://karma.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1490950651/

    引用元: 【民進党】蓮舫代表、辻元清美氏の森友問題報道に「ガセネタだ!」と反論も・・・党勢回復せず

    続きを読む

    このページのトップヘ