ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:立憲民主党

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: (^ェ^) ★ 2017/10/26(木) 21:17:20.55 ID:CAP_USER9
    https://www.nikkansports.com/general/news/201710260000792.html

     立憲民主党は26日の執行役員会で、青山雅幸衆院議員(比例東海)の法律事務所の秘書が今週発売の「週刊文春」でセクハラを告発したことに関連し、青山氏を無期限の党員資格停止処分と特別国会で会派入りを認めない方針を固めた。弁解を聞いた上で、31日の役員会で正式処分を決める。福山哲郎幹事長が、国会内で記者団に明らかにした。

     福山氏は「性暴力の根絶を求めているわが党で、セクハラで女性を傷つけるような状況が発生していることは、甚だ遺憾だ」と語った。

     青山氏は「私の認識とは異なる部分もあるが、傷つけたとすれば、本当に申し訳なかった。おわび申し上げたい」とのコメントを出した。(共同)

    引用元: 立憲民主党・青山雅幸を無期限の党員資格停止処分へ 福山哲郎「甚だ遺憾だ」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: かぜのこ ★ 2017/10/17(火) 15:59:14.05 ID:CAP_USER9
    「民進党時代は、こんなに人が集まることはなかった」と関係者も驚くほどの熱気だ。
    立憲民主党が急速に支持を広げている。

    ツイッターの立憲民主党公式アカウントのフォロワー数も、あっという間に17万人に増え、自民党を抜いてトップに。
    選挙戦でも各地で善戦。終盤にかけて自民党候補を猛追し、30選挙区で勝てる可能性が出てきた。

    共産党との野党共闘が成功している北海道では、多くの立憲民主候補が優位に選挙戦を進めている。

    首都圏では、小池知事のお膝元である東京で希望の党が総崩れ。代わりに立憲民主が政権批判票の受け皿として支持を伸ばしている。
    東京1区の海江田氏は民主党代表時代に落選したほど選挙に弱いのに、今回は久々に選挙区の勝利があり得る情勢だ。

    「2区の松尾氏、8区の吉田氏、10区の鈴木氏は新人ですが、希望の候補をリードしている。
    5区の手塚氏、6区の落合氏、16区の初鹿氏も自民といい勝負に持ち込めそうです」(旧民進党関係者)

    新潟1区の西村氏は立憲民主入りで自民を逆転。早くから野党共闘が進んでいたため、
    2~6区は無所属で出馬した野党系候補すべてが自民と互角の戦いを繰り広げている。

    西日本でも、大阪10区の辻元氏が奮闘。6区の村上氏と16区の森山氏は公明候補を猛追中だ。

    「多くの有権者が政権に対する不満を強め、受け皿を探しているのに、野党の乱立が自公政権を助けている。
     すべての選挙区で野党が候補者を一本化できていたら、
     自公で300議席などという予測結果はあり得ませんでした」(政治ジャーナリスト・山田厚俊氏)

    今からでも遅くはない。希望の党は、立憲民主と競合する選挙区の候補者を取り下げたらどうか。

     (※詳細・全文は引用元へ→ ゲンダイ 17年10月17日)
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/215636/1

    引用元: 【立憲民主党】各地で善戦 北海道など30選挙区で自民に勝利か 大阪でも辻元氏が奮闘 希望の党の代わりに安倍政権批判票の受け皿に

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20171004_2109001: (^ェ^) ★ 2017/10/09(月) 15:02:12.17 ID:CAP_USER9
    http://nakatsuma.jp/2017/10/08/3516/

    立憲民主党の一次公認候補リストが発表になりました。

    第48回衆院選 立憲民主党候補者一覧

    この厳しい中立ち上がった予定候補者の皆様には、心からの敬意を表します。

    ただ、この立憲民主党に寄せられている懸念もあります。

    敢えて侮蔑的な表現を使いますが、「パヨク」扱いされてしまう懸念が存在します。

    先日の記事「「立憲民主主義」の反対語は?」でも述べた通り、立憲民主主義を奉じるのは近代国家であれば当然であり、保守・リベラル、右翼・左翼といった主義主張とは関係ありません。

    また現在の論調の中では、保守・リベラル、右翼・左翼の本来的意味はだいぶあやふやになっており、単なるラベリングとしてしか機能していないとも感じられます。

    なので、敢えて「パヨク」と言ったほうが誤解がないように思います。

    この呼び方をされる際の、一定のイメージというものがあるわけです。

    なんでも反対、足を引っ張るばかりで生産性がない、与党としての実行力や責任感がない、追及するときは声高なのにすぐ「ブーメラン」で返ってきて、自分のこととなるとてんで甘い。。。

    せっかくの新党です。

    立憲民主党をゆくゆくは政権交代を狙える政党に成長させようとするなら、今から「原則」を定めてそれを守り、広範な国民からの信頼を積み重ねていけるようにするべきだと思います。

    大変僭越ながら、私としては以下の「5原則」を提案します。

    1.「Politics is polite!」

    中略

    2. ダブルスタンダードを認めてはならない

    中略

    3. 直接の成果を出す、そのために地方を重視する

    中略

    4. 人材育成を常時行い、自前の人材でチームを作る

    中略

    5. 失敗対応をマニュアル化し、周知徹底する

    中略

    *

    分をわきまえず大上段なことを申し上げましたが、これは本当に、組織の風土が形作られようとしている今だからこそ、しっかりと認識しなければならないことです。

    枝野代表以下執行部の皆様に、ぜひご検討いただきたいと思います。

    引用元: 【中妻じょうた】「ブーメランパヨク」と言われないために、立憲民主党が今から取り組むべき5原則

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (^ェ^) ★ 2017/10/09(月) 21:13:57.05 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00023766-nksports-soci

    no title

    角谷氏の議席予想

    <衆院選あす公示 角谷浩一氏が各党議席予想>

     安倍晋三首相への事実上の信任投票となる第48回衆院選は明日10日、公示される。全選挙区の最新情勢を、政治ジャーナリストの角谷浩一氏(56)が分析した。首相が勝敗ラインに掲げ、甘いとの指摘もある「自公で過半数の233議席」はクリアしても、自民単独で過半数に達しないケースも想定されるという。小池百合子都知事率いる「希望の党」は躍進とはいかず、立憲民主党は健闘がみられる。今後情勢は変わる可能性もあるが、有権者の1票が今後の政治を決める。

     国民の関心は、直前に起きた民進党解体と寄せ集め右派政党・希望の党の結党で翻弄(ほんろう)されたが、本来は安倍首相の森友・加計疑惑隠しともいわれた解散だった。ところが、追及の急先鋒(せんぽう)だった民進党が崩壊。親自民党政党・希望の党に変質したため、本来の野党は立憲民主党、社民党、共産党になり、自民党、公明党、希望の党、日本のこころ、日本維新の会との対立が鮮明化した。だがそれは政界の都合でしかなく、有権者は混乱している。

     投票率にもよるが、54~56%程度が見込めると、国民はどんな反応を示すか。結党当時は政権奪取の勢いだった希望の党は失速感が強く、公認辞退も相次いでいる。また、当初は2大保守を目指すとしていたのに、途中から自民党との連立を示唆し始め有権者をしらけさせた。「どこに投票していいのか分からない」という“投票難民”が増え、投票先が不明瞭になる。

     首都圏や、愛知など民進党が強かったエリアでは強さを発揮するが、都市部以外では小池代表の威力は効果を発揮できない。そうなると、自民党が底力を発揮する。希望の党と接戦の選挙区も多いが、結果的には競り勝つ可能性が高い。

     ただ、それが政権への白紙委任状ではないことは肝に銘じるべきだ。比例代表では自民党と書く有権者の数が減るのではないか。

     当初の野党共闘は、選挙区によっては立憲民主党や無所属議員が引き継いでいるが、民進党が割れ野党共闘が崩れたところは、乱立して効果は半減だ。その分自民党が漁夫の利を得たといえる。一方、立憲民主党は選挙戦が進むにつれ、勢いが増す傾向。この流れは全国で見られる。今の数字よりも、躍進する可能性が高い。

     公明党も堅調な票固め。共産党は野党共闘が壊れた後も不断の努力が功を奏し、比例での躍進が望まれる。最後に後継指名せずに引退を表明した広島6区の大物・亀井静香だが、亀井票は希望の元職に流れるようだ。選挙後の枠組みは興味深いが、こんな形での選挙戦になると有権者は想像していなかったはずだ。(政治ジャーナリスト)

     ◆角谷浩一(かくたに・こういち)1961年(昭36)4月3日、神奈川県生まれ。日大卒。テレビ朝日報道局などを経て現職。永田町や霞が関に幅広い人脈を持つ。現在、テレビ朝日系「ワイド!スクランブル」、TBS系「ゴゴスマ」などでコメンテーターを務める。映画評論家の顔も持ち、年間250本の映画を見る。

     ※各選挙区の詳細予想は9日付の日刊スポーツ社会面に掲載しています。

    引用元: 角谷浩一「立憲民主党は選挙戦が進むにつれ、勢いが増す傾向。この流れは全国で見られる。今の数字よりも、躍進する可能性が高い」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 和三盆 ★ 2017/10/07(土) 02:45:22.95 ID:CAP_USER9
    立憲民主のTwitterのトップに固定されたツイート、1,1万人がリツイートし1.6万人がいいね
    no title


    リツイートしたアカウントの内訳をみると10913人が非公開アカウント
    no title

    引用元: 【Twitter】立憲民主党のツイートをRTした約11000人のうち10913人が「非公開」という不思議な現象

    続きを読む

    このページのトップヘ