ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:爆発

    no title1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/21(月) 00:05:19.59 ID:CAP_USER
    2016年11月20日、中国・山西省大同市で先日、火を付けたたばこが突然爆発し、男性が病院で治療を受けるトラブルが起きた。山西晩報が伝えた。

    今月4日、雀荘でマージャンを打っていた男性は、店の店主にたのみ近くの売店からたばこを購入した。男性がたばこに火を付け吸い始めて間もなく、手に持っていたたばこが突然爆発。その後男性は聴力が明らかに低下し、耳鳴りが続いた。

    10日に病院へ行くと、右耳の神経に損傷があるとの診断を受けたという。15日になっても症状は改善せず、男性は治療を続けた。

    男性によると、爆発したたばこのかけらは爆竹のような形状で、たばこを販売した売店は商品を製造していないため賠償を拒否している。

    これについて同市の関連部門は19日、「通報を受け売店に職員を派遣した。売店はたばこの販売許可を持っていなかった」と説明し、「問題解決には警察の調査が必要」と男性に警察への相談を提案している。(翻訳・編集/内山)

    http://www.recordchina.co.jp/a155562.html

    引用元: 【中国】たばこを吸っていたら突然爆発 中国の男性、耳の神経が損傷―山西省[11/21] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    no title1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/25(日) 16:19:40.87 ID:CAP_USER
    2016年9月24日、韓国・聯合ニュースによると、同日午前10時40分頃、東京都千代田区の日比谷公園に設けられた
    第8回「日韓交流おまつり」の韓国料理販売コーナーで爆発事故が発生し韓国人3人が負傷した。

    事故は食品販売コーナーが一般に開放される前に発生しており、負傷者3人は販売準備をしていた担当者だった。

    駐日韓国大使館と事故が起きた販売コーナーの関係者は
    「ガス調理器が置かれていたテーブルが倒れてガスホースが抜け、漏れたガスに引火したものと見られる」と説明した。

    また、駐日韓国大使館は「事故現場のテーブルやガス調理器具などは
    『日韓交流おまつり』の準備を担当する日本企業が設置したものだった」と明らかにした。

    この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。


    「常に火には注意せねばならない。多くのけが人が出なかったことが幸いだ」

    「事故原因は徹底的に調査しなければならない」

    「本当に事故だったのか?」

    「テロじゃないだろうな」

    「今日、会場に行こうと思ったけど大丈夫かな?」

    「日本でも安全管理が不十分な事もあるんだね」

    「どこの国も安全不感症になっている」

    「そんなに簡単に抜けてしまうガスホースなんて使っちゃダメでしょうに」

    「よりによって日韓友好のための良いイベント中に事故とは…」


    2016年9月25日(日) 16時10分
    http://www.recordchina.co.jp/a151225.html

    引用元: 【日韓】日韓交流おまつり会場の韓国料理販売コーナーで爆発、3人負傷=「事故原因の徹底究明を」―韓国ネット[09/25]©2ch.net

    続きを読む

    no title1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2016/09/12(月) 15:54:21.91 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子がバッテリーに欠陥が見つかった大画面スマートフォン(スマホ)の新製品「ギャラクシーノート7」の大規模なリコール(無料の回収・修理)を始めたが、海外の消費者の信頼は大きく低下していないことが12日、分かった。

     アンドロイド端末専門メディアの米アンドロイドポリスが発表した一般インターネットユーザー1万1621人を対象にしたアンケートの結果によると、ギャラクシーノート7のリコールに絡み、「サムスンブランドに対する認識に影響を及ぼしていない」との回答が39%を占めた。

     「サムスンの迅速で効果的な対応に、信頼がさらに高まった」も37%に達した。好意的な反応が全体の76%を占めたことになる。

     その一方で、サムスンのスマホに対する信頼が「多少低下した」は13%、「大きく低下した」は11%にとどまった。

     別の海外メディア、GSMアリーナはギャラクシーノート7を交換して使い続けるか、別のスマホに変えるかを尋ねるオンライン投票を実施した。12日までに発表された結果では、7465人のネットユーザーのうち63%がギャラクシーノート7の交換を待つとした。37%は別の製品を選ぶと回答した。

     電子業界の関係者は「サムスン電子ブランドに対する顧客の忠誠心が予想より高いことが分かる」と話した。

     韓国の購入者も返品より交換希望者のほうが多いと見込まれている。

    聯合ニュース

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/12/2016091201374.html

    引用元: 【スマホ爆発】韓国紙「海外で大幅イメージダウンない 『信頼更に高まった』が37%など、好意的な反応が多数だ」 [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    no title1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/03(土) 08:46:56.59 ID:CAP_USER
    「爆発はバッテリー自体の問題」2週間にわたり全世界で販売中止

     充電中に爆発したとの通報が相次いでいたサムスン電子の新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」について同社は販売を約2週間中断し、全世界10カ国に供給した製品すべてを新製品に交換するリコール(無料回収・修理・交換)を行うことになった。
    サムスンがスマートフォンで大規模なリコールに踏み切ったのは今回が初めてだ。19日に発売されたギャラクシーノート7はこれまで合計250万台が全世界で流通しており、このうち150万台が実際に消費者に販売された。
    販売を中止して流通している全製品を回収、新製品と交換することから、販売損失を考慮したリコール費用総額は最大2兆ウォン(約1860億円)前後に達すると予想される。

     サムスン電子のスマートフォン事業を総括する高東真(コ・ドンジン)無線事業部長(社長)は2日、ソウル市中区太平路のサムスン本館で記者会見を開き、
    「使用中にご不便をおかけしたお客様や弊社製品をご愛用くださるすべての皆様にご心配をおかけして大変申し訳ない」と謝罪、「購入時期に関係なく『ギャラクシーノート7』を新製品に交換し、消費者がご希望なら返金に応じる方針だ」と語った。

     「ギャラクシーノート7」の爆発原因については、「9月1日現在、国内外で計35件の被害例がサービスセンターに届けられた。弊社の分析の結果、バッテリーの絶縁機能に問題があった」と説明した。
    協力会社のバッテリー製造工程で微細な誤差が発生し、陰極と陽極が触れて発火したとのことだ。

     これにより、韓国国内のユーザーは今月19日からサムスンのサービスセンターで「ギャラクシーノート7」を新品と交換できるようになる。19日より前でも無償修理を受けることは可能で、消費者が希望すれば別製品の貸与を一時的に受けることもできる。
    サムスン電子がリコール計画を発表したのは、先月24日に初めて製品爆発の通報があってから9日目のことだ。

    パク・スチャン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/03/2016090300355.html

    引用元: 【韓国】サムスン「ギャラクシーノート7」250万台全量交換、リコール費用最大1860億円か[9/03]©2ch.net

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 c2ch.net 2016/09/01(木) 01:36:15.69 ID:CAP_USER
    相次ぐ情報提供に供給中断し品質点検に
    サムスン電子「結果が出次第、迅速に公表」

    no title

    今月24日、携帯電話ユーザーコミュニティ「ポムプ」に、ギャラクシーノート7が充電中に爆発したと主張する文と共に上げられた写真//ハンギョレ新聞社

     発売から未だ10日余りのスマートフォン「ギャラクシーノート7」が、充電中にバッテリーが爆発したという主張が相次ぎ、サムスン電子が供給を一時中断し調査を始めた。
    サムスン電子は今週初めから韓国国内の移動通信3社に対するギャラクシーノート7の供給を中止していたことが分かった。

     サムスン電子はギャラクシーノート7の相次ぐ「バッテリー爆発」情報提供(ハンギョレ8月31日付19面)と関連して、31日「ギャラクシーノート7の品質点検のための追加検査を実施中のために出荷が遅れている」と明らかにした。
    相次ぐ情報提供の内容については「調査を進行中であり、結果が出れば迅速に知らせる」と明らかにした。

     今週初めから入庫が中断されていたが、移動通信3社は供給中断と関連してサムスン電子側から明確な話は伝えられていないという。
    SKテレコム関係者は「物量供給を中断するという話は聞いていない、ただし最近代理店側への入庫が遅れているという話は聞いた」と話した。
    LG U+の関係者は「供給を中断するという通知は受けていない」として「毎日入庫するわけでないうえに、サムスン電子側の明確な答も聞けず供給中断だったのかはっきりしない」と答えた。

     ギャラクシーノート7に対する情報提供は、今月24日に携帯電話ユーザーコミュニティの「ポムプ」に、ボーイフレンドのギャラクシーノート7が夜明け、充電中に爆発したと主張する文と写真が上がったのを始め、一週間に5件の情報提供が上げられた。
    ツイッターなどソーシャルメディアを通じて関連する写真と事情が急速に拡散した。
    自身のブログに弟妹の焼けたギャラクシーノート7の写真を上げたあるネチズンは「現在、サムスン電子サービスが回収および補償について弟妹と話し合っている状態」という文を載せもした。
    ユーチューブには海外のユーザーが、同様な経験をしたという内容を、焼けた製品の写真と共に上げた。一部の専門家は充電中に爆発したのが事実ならば、過電流防止装置に問題がある可能性を提起した。

     予約販売まで行われ大人気を呼んだ新製品が、供給を中断したため販売に支障が避けられない展望だ。
    ある移動通信社の関係者は「ただでさえギャラクシーノート7は物量が足りなくて、代理店で予約販売者にも提供できなくなっていたのに、完全に入らなくなり販売が不可能な状況」と話した。

    イム・ジソン、イ・チュンシン記者

    http://japan.hani.co.kr/arti/economy/25056.html

    引用元: 【韓国】“爆発”主張相次ぐギャラクシーノート7、供給一時中断へ サムスン電子「結果が出次第、迅速に公表」[9/01]c2ch.net

    続きを読む

    このページのトップヘ