ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:民族抹殺

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2016/08/11(木) 22:30:43.89 ID:CAP_USER
    no title

    ▲大邱市(テグシ)教育庁が公開した日帝の皇国臣民化資料5点を公開。大邱市教育庁提供

    日帝が朝鮮語抹○と皇国臣民化政策のために一線の学校で使った教育資料5点が発見された。大邱市(テグシ)教育庁は11日「大邱教育博物館建設のために資料を収集する過程で日帝がち密で計画的に私たち民族を抹○して皇国臣民化しようとする過程を見せる資料5点を発見した」と明らかにした。

    この資料は「皇国臣民の誓詞」と「我等の誓」、「国語環境調査」、「本校の修練」、「国語常用に関する規定」など5点だ。1930年から1943年までの間、淑明女子高校、同徳女子高など各級学校で実際に使ったものでここで'国語'は日本語を意味する。

    「皇国臣民の誓詞」は朝鮮総督府学務局が教学振興と国民の精神状態育成を企てるという名目で1937年に作成し朝鮮人に覚えさせた誓いだ。「私たちは大日本帝国国民です」から始まり「私たちは心を合わせて天皇陛下に忠義をつくします」等の文章を書いていつも持参できるように小さい手帳大で製作した。

    「国語環境調査」は日本語を徹底的に普及するためのもので各家庭で日本語を常用する程度、日本語を理解できない人の現況と指導方法などを調査項目に設定していた。また「国語常用に関する規定」はすべての教職員と学生が学校の内外で日本語を常用するように規定するだけでなく、韓国語で話しかければ答えないようにしたり成績に反映するように強制した。

    「本校の修練」は靖国神社神壇礼拝を施行すること、定時修練で軍奉仕に努めることなど皇国臣民化を行うための修練・指導方針を具体的に入れた。

    日帝強制支配期研究者のパク・ファン水原(スウォン)大史学科教授は「日帝が学生と家族にどれほど徹底的に日本語使用を強制して民族精神を抹○しようとしたかを見せる実証資料だ。漠然とした政策指針だけでなく具体的な事例という点で注目する価値がある。」と話した。

    チェ・ジイェ大邱市教育庁学芸研究家は「皇国臣民の誓詞と「我等の誓」は小さい手帳にして学生たちがいつも持ち歩き、残り3点はノートのように作られてカバンに入れて運んだと見られる」と話した。

    日帝の皇国臣民化資料5点は慶北星州出身であり大邱市長と慶北知事、内務部長官などを経たイ・サンヒ(84)氏が大邱市教育庁に寄贈した。大邱市教育庁は2018年大邱教育博物館をたてるために教育資料を広範囲に収集している。これまで集まった資料は教科書、学習道具、制服、バッジ、教務手帳、成績表など合計6千点余り。

    ク・テソン記者

    ソース:ハンギョレ新聞(韓国語) 日帝‘民族精神抹○’教育資料5点発見
    http://www.hani.co.kr/arti/society/area/756226.html

    引用元: 【韓国】 日帝は緻密かつ計画的に我が民族を抹殺しようとした~大邱で日帝「民族精神抹殺」教育資料5点発見[08/11] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    no title1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2016/03/22(火) 23:26:30.16 ID:CAP_USER.net
    (前略:日本総督府の破壊など)
    3.日帝が打ち込んだという鉄杭の真実

    金泳三(キム・ヨンサム)政権の内務部(現・安全行政府)が推進した鉄杭除去事業は1995年2月
    15日の閣議決定を経て光復50周年記念力点推進事業に採択された。主務部署長のパク・スンジュ
    課長(内務部地方企画課)は全国で鉄杭実態調査が真っ最中だった去る4月、記者とのインタビュー
    で政策推進背景をこのように説明した。

    「今も一部国民は日帝が国土の血脈遮断のために明堂の穴に鉄を溶かして注いだといううわさを
    信じている。それは一種の精神的被害意識だ。光復50周年の年に政権が鉄杭除去した理由は国
    民の漠然とした対日被害意識を払拭させるためだった。」記者がパク課長に全国の名山に打ち込
    まれているという鉄杭が日帝の風水侵略を立証するほどの資料や証拠が確保されているかを訊ね
    るとすぐにパク課長は「客観的な証拠は把握できない分野」と答えられなかった。

    風水家、チェ・オジュン氏は白雲台鉄杭は、白頭山から北岳に入る気の脈を切る目的であり、漢江
    (ハンガン)の力を○そうとした。また蔵風の効能をなくそうとするなどソウルの風水を微塵に破ろうと
    する風水的呪術と定義した。しかし、鉄杭除去を推進してきたチェ・オジュン、ソ・キルス教授、ク・ユ
    ンソ会長など、誰も日帝が風水侵略の目的で打ち込んだことを合理的・客観的・科学的に立証でき
    る根拠を提示できなかった。うわさと口伝が確実だから‘日帝の仕業’というレベルだ。独立記念館
    も白雲台鉄杭を、ただ寄贈者の話だけ信じて展示した。(中略)

    国立民俗博物館に展示された六つの鉄杭のそばには次のような説明文がついていた。「民族抹○
    政策の一環で日本人たちは私たち民族の精気と脈を抹○しようと全国名山に鉄杭を打ち込んだり、
    とけた鉄を溶かして注いだり炭や壷を埋めた…。すなわち風水地理的に有名な名山に鉄杭を打ち
    込んで人材輩出と精気を抑えようとしたのだ。」

    当時鉄杭除去の専門家だったク・ユンソ会長、ソ・キルス教授も日帝の風水侵略用鉄杭には根拠
    がないという事実を率直に認めた。ク会長やソ教授は地方自治体の‘鉄杭’捜索要請を受けていく
    つかの地域で調査作業に参加した。その結果、軍部隊が打ち込んだものや木材電柱支持用、鉱
    山や山坂での物運搬用と判明した。それにもかかわらず、役人たちは「日帝の鉄杭にしてくれ」と
    哀願する場合が大部分だったという。(中略)

    鉄杭の情報がある地域を調べた結果、興味深い事実が発見された。測量基点に活用される大三
    角点、小三角点と住民たちが鉄杭情報を提供した地域が相当部分一致していたのだ。この事実を
    立証した人物を江原道華川で捜し出した。イ・ボンドク氏(78)は二十一才の時、1938年頃、山林保
    護局臨時職員として華川・楊口一帯を回って測量業務を助けた。(中略)

    イ氏の説明では「大三角点が日帝が私たちの国土の血脈を切るために打った鉄杭だと噂になって、
    村人がそのまま放置できず、全部掘りおこして槌で壊してばらまいた。測量技師は‘振り向いたら掘
    りおこしてるよ’と舌打ちした。」

    「私は日帝の鉄杭を信じない。村の前の山にも鉄杭を打ち込んだといううわさが立ったが、それも大
    三角点があった所だ。倭人が鉄杭を打ち込んだ大三角点を見て誤解したのだ。」ク・ユンソ会長も
    「鉄杭が打ち込まれたと情報提供された地域に行ってみれば測量用三角点が打ち込まれている場
    所が多かった」と認めた。

    私たちは日本をこのような事実ではない主張を持って侮辱し非難し攻撃しても大丈夫なのか?

    /キム・ヨンサム未来韓国編集長

    ソース:メディアペン(韓国語) 歴史正すことと反日扇動テモッがなった鉄杭真実は?(部分訳)
    http://www.mediapen.com/news/view/129370

    引用元: 【韓国】 民族抹殺のため日帝が打ち込んだという呪いの鉄杭の真実~測量用三角点である可能性が高い[03/22]

    続きを読む

    このページのトップヘ