ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:民主党

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: TwilightSparkle ★@転載は禁止 2014/12/06(土) 07:20:13.73 ID:???0
    2014.12.05

     衆院選は本格的な選挙戦に突入した。野党に先んじて「アベノミクス」を争点にした安倍晋三首相に対
    して野党がどこまで巻き返すか。

     筆者は興味津々で1日に東京・内幸町の日本記者クラブで開かれた8党首の討論会を傍聴したが、拍
    子抜けした。野党側はアベノミクスに代わる日本再生案を示せなかったからだ。

     野党第1党民主党の致命的な欠陥は、公約など選挙準備不足によるのではない。政権の座にある当
    時、財務官僚の言うがままになって、デフレ不況を深刻化させたことへの無反省だ。

     安倍首相はアベノミクスによって、企業収益増、賃上げ、消費増の好循環を実現すると強調した。201
    7年4月という期限を設けて、経済を安定成長軌道に乗せ、税の自然増収を実現し、消費増税なしで財
    政再建を目指すのを「国家の意思だ」と言い切った。

     民主党の海江田万里代表の論点は「アベノミクスの失敗」である。2度にわたる異次元金融緩和がも
    たらす円安は物価の上昇を招き、所得格差を生み、生活者や中小企業を苦しめていると批判した。

     確かに、アベノミクスがまんべんなく国内にその恩恵が行き渡っているわけではない。だが、民主党政
    権は超円高・デフレを放置して企業の国際競争力を失わせ、雇用機会を喪失し、家計消費を萎縮させ、
    税収を減らしてきた。海江田氏は異次元緩和に代わる「柔軟な金融政策」を提起したが、その言葉の響
    きは白川方明(まさあき)総裁当時の日銀の小出し緩和によるデフレ容認策そのものである。

    (記事の続きや関連情報はリンク先で)
    引用元:ZAKZAK http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20141205/ecn1412050830003-n1.htm

    引用元: 【民主党】民主党には不況を深刻化させた反省もアベノミクスへの対案もない [zakzak] [転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2014/12/03(水) 02:13:54.11 ID:???.net
    (写真)
    no title

    ▲ 笑顔でハイタッチする安倍首相に有権者の手が伸びる
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    自民党の安倍晋三首相(60)が30日、神奈川県内5か所の遊説を行い、“ハイタッチ作戦”で
    余裕を見せた。

    テレビ番組の党首討論を終えた安倍首相は同日午前、東急電鉄たまプラーザ駅前で1回目の
    演説を行った。

    「アベノミクスで企業の生産性を高め、収益を上げることで雇用が改善され、賃金が上がる。
    賃金が上がれば、たまプラーザでみなさんが買い物をする。そんな好循環が生まれている」

    20分ほど話した安倍首相は街宣車から降りると、有権者に近寄り握手…と思いきや、
    ハイタッチを始めた。次の会場である小田急線本厚木駅前でも同様にハイタッチ。演説会の
    司会者は「安倍首相と握手をしてぬくもりを感じてください」とマイクを通じてアピールしたが、
    安倍首相は流れるようにハイタッチをして車へ。その後の演説会場でも同じだった。

    普通は握手をするものだがどうしたのか。自民党関係者は「ハイタッチの方が同じ時間でより
    多くの人と触れ合えるということだと思います」と解説。通常、ハイタッチは良いことがあったとき
    にするので、すでに選挙に勝利したかのようだ。

    そんな余裕シャクシャクの安倍自民党の一方で、民主党は不思議な選挙戦をしていた。
    解散直後はホームページで幹部の遊説日程を公開していたが、数日前から公開をやめて
    いた。30日夜になってようやく12月2、3日の遊説日程を出したが、少しでも多くの有権者に
    訴えたいはずなのに、どうして隠していたのか。

    永田町関係者は「2012年の衆院選でもそうでしたが、民主党幹部の演説はひどい状態に
    なっています。演説内容ではありません。演説会場に韓国の国旗を持った集団や、『民主党
    が地上から無くなりますように』と書いたプラカードを持った人が集まっている。ネガティブ
    キャンペーンにさらされているのです」と明かす。

    韓国国旗を持った集団が民主党を応援していれば、一般の人は「どうして?」と民主党に
    疑念を持つ。それが目的の嫌がらせだ。早い話がネット右翼“ネトウヨ”が民主党の演説に
    押し寄せてしまっているわけだ。

    ソース:東スポweb
    http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/shugiin/340109/

    引用元: 【選挙】「民主党ネトウヨの襲撃にビクビク」~演説会場に韓国の国旗を持った集団[12/03]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20141119_1951001: ちゃとら ★@\(^o^)/ 2014/11/19(水) 14:28:48.71 ID:???0.net
     メディアや野党から、衆院解散の大義がないという批判が上がっている。
    そうした批判は、総選挙を止めてくれと懇願しているわけで、あたふたしている証なのだが、実際野党は方針大転換などで大混乱だ。

    マスコミから解散に大義がないという批判が出てくるとは、これからのマスコミは民意を聞かないという暴論であり、マスコミの存在こそ大義がなくなってしまうのではないかと心配である。

    左派系の朝日、毎日、東京が解散に大義なしと言うのは、安倍嫌いの「お約束」だろう。
    安倍政権打破のチャンスなのにもったいないことだ。

    左派系新聞の場合、自分たちのための軽減税率をすっ飛ばす、消費再増税に反対の上に、安倍政権のやることが気にならないというダブルパンチというわけだ。
    まあ、軽減税率はよっぽどタブーなのだろう。
    マスコミは、自分たちの利益になる軽減税率のアメを財務省からのまされて消費再増税に賛成してきたわけだが、その経緯にはまったくダンマリで、解散を大義なしと言う資格があるのだろうか。

    マスコミ、民主党、増税派エコノミストの節操なさ

    そもそも、解散しないなら消費増税になる。
    前の総選挙で消費増税10%まで国民から信任されたと思っている国会議員が過半以上であり、彼らは消費増税を止める法案に賛成しない。
    しかし、安倍首相はそれを国民の民意でないと思っている。
    そこで、解散して衆院議員をすべて解職すれば、新たに当選した議員は民意を反映するはずだ。
    解散に大義がないというマスコミは、こうした民意をくみ取ろうとすることを否定することになる。

    民意を問わないという考え方はかなり危険だ。
    直接民意を聞かずとも、間接的に今の国会議員に聞けばいいのか、それも違う。
    これまでの消費増税の経緯をみてもわかるが、民主党へ政権交代のとき、公約に消費増税はなかった。
    しかし、財務省は不慣れな民主党議員を巧みに籠絡して、消費増税法を成立させた。
    財務省は間接民主主義のもろさを知悉し、それをうまく利用したのだ。

    はっきりいえば。解散するなといえば消費増税で決まりだが、解散は消費増税の是非を国民に委ねている。
    どっちがフェアかといえば、後者である。解散しても増税先送りが決まりというわけではない。増税したい人は、正々堂々と増税を訴えればいい。

    民主党からは、消費増税延期なのだから、解散しなくてもいいというちょっと間抜けな意見も出てきた。
    維新の党、みんなの党、生活の党はすでに消費増税凍結法案を提出しているから一応筋が通っているからいいとして、民主党はそうした法案を出していない。

    つまり、国会での意見は、増税堅持だったのに、総選挙という流れになって、急に翻意したのだ。
    そんな態度をコロコロと変える政党に不信感を持つ人もいるだろうか。
    総選挙は、そうした国民の民意を反映させる場でもある。
    増税を主張していた野田佳彦・前首相は、解散を究極のポピュリズムといったそうだが、それはそのまま民主党の翻意にはね返る強烈なブーメランになる。

    民主党のコロコロと態度が変わる様は、ちょっとお笑いだ。
    ただ、マスコミも〝小鳥脳〟で、前のことはさっぱり忘れるから、ここでメモをしておくのもいいだろう。

    菅義偉官房長官は11月14日夕方の定例会見で、民主党の方針転換について、
    「驚きましたですよね。予算委員会の色々な議論を見た上で、『えーっ!』って感じ。これに尽きます」と苦笑している。

    海江田万里代表は9月24日、記者会見で臨時国会に臨むに際し、「アベノミクスの曲がり角に来ている」と指摘した上で、
    消費税については「安倍総理は予定通り上げられるような環境作りをしてほしい」とした。
    枝野幸男幹事長は10月28日、10%への消費増税の判断に関して、引き上げを延期するのであれば、アベノミクスの失敗を宣言するのと同じことになるとの見方を示した。
    要するに、先月までは、民主党は「増税しろ」だった。

    その後、解散風を感じ取り、海江田代表は今月11日、党代議士会であいさつし、「安倍首相、解散をやれるものならやってみなさい。我々は受けて立つ」とした。

    そして、14日、消費税率10%への引き上げは見送るべきだと、大方針転換したようだ。180度の真逆な方針変更が党幹部のみの会合で決められたようだ。

    こうした節操のないマスコミ、政党、そしてこれまで本コラムで言及してきた予測を間違えた増税派のエコノミスト・学者らが、白日の下に晒されるだけでも、解散のインパクトは大きかったといえる。
    つづく

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41107

    引用元: 【解散総選挙】「大義なし、大義なし」と批判する資格がマスコミや民主党にあるのか 主張をコロコロ変える民主党 政権時代の黒歴史

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Anubis ★@\(^o^)/ 2014/10/30(木) 16:50:56.76 ID:???0.net
    SMバー問題で批判を浴びていた民主党の菊田議員にブーメランと話題になっています。

    宮沢経済産業大臣のSMバー問題を「口にするのも汚らわしい」などと発言して逆に批判を浴びていた民主党の菊田真紀子衆議院議員に
    ブーメランが突き刺さったとネットで話題になっています。

    今回、話題になっているのは菊田議員が新潟県の「ほだれ祭」に参加していた際の動画や写真が見つかったというもので、Wikipediaにはこの祭りについてこう説明されています。

    ほだれ祭(ほだれまつり)は、新潟県長岡市来伝(栃尾地域下来伝地区)にある「ほだれ神社」で行われる祭。

    毎年3月第2日曜日に開催。新婚1年未満の女性が、高さ2.2メートル、重さ約600キログラムと
    日本一巨大な男根形の道祖神である神体に跨り、これを神輿として担ぎ地区内を練り歩く。「越後の奇祭」との別名を持つ。

    2010年のほだれ祭で楽しそうに跨いでいる菊田議員の動画。
    http://www.youtube.com/watch?v=7qDF1J9I7j8



    こちらのブログには菊田議員が跨いでいたことが記録されています。
    http://blogs.yahoo.co.jp/ride_on_go/24675860.html
    ついでに民主党衆議院議員の菊田真紀子もほだれ様を跨いでました。
    ほだれ様の先っちょを撫でながらご満悦のようです。

    ネットでは
    ・SMバーを「汚らわしい」と評した民主の菊田真紀子先生、地元の祭で巨大ち●ぽに跨り大はしゃぎ
    ・SMバーを「汚らわしい」と評した民主の菊田真紀子先生に特大ブーメランwwwww
    などと揶揄されており、どんな釈明をするのか楽しみにしているようです。
    http://www.buzznews.jp/?p=255250

    【政治】民主・菊田真紀子議員「口にするのも汚らわしいところ」 SMバー問題の宮沢経産相を厳しく批判★4
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1414508535/

    ★1 2014/10/30(木) 13:01:42.87
    daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1414641702/

    引用元: 【政治】宮沢大臣のSMバーを 「口にするのも汚らわしい」発言の民主党・菊田真紀子議員にブーメラン「御神体に跨ってご満悦」★2

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: すらいむ ★@\(^o^)/ 2014/09/21(日) 16:04:56.45 ID:???0.net
    政権めざす構造まではつくる 枝野幹事長が決意

     民主党の枝野幸男幹事長は党の組織体制について党の規模に相応して「全体の人数が少ないので
    組織自体をシンプルにした」と語り、狙いについて「できるだけ兼務を避け、それぞれの担当を
    しっかりと担っていただとこと」と語った。

     そのうえで、枝野幹事長は「各委員会についても、代理は1名、副委員長についてもできるだけ
    絞り込んだ形で回していただきたいと各委員会にお願いしようと思っている」と述べた。

     また、男女共同参画委員会について「代表直下の本部に格上げし、本部長に副代表の神本
    美恵子参院議員を任命した」旨語った。

     枝野幹事長は記者団の質問に「現在の民主党に繋がる最初の4党合併のときの各党政策
    すりあわせの際の3党の責任者が川端達夫国対委員長、岡田克也代表代行と私だった。
    この3人が執行部で一緒に仕事をさせていただくのは結党の思いに立ち返ることではないかと
    思っている。野党にとって次の選挙だけで政権を取り戻すのは簡単ではないが、少しでも
    多く仲間を国会に戻し、政権を目指す構造まではつくっていかなければならない」と決意を示した。

     また支持率アップには「地元をたくさん回ることだ」とし「国会議員、候補予定者、地方議員、
    地方議員候補予定者ひとりひとりが小さな集会などを回ることで地道に理解をいただいていく、
    そのことが王道だと思っている。それをしやすくするのが党本部の役割で、そのサポートに
    力を注ぐ」と述べた。(編集担当:森高龍二)

    エコノミックニュース 2014年9月21日 10時18分 (2014年9月21日 15時41分 更新)
    http://www.excite.co.jp/News/politics_g/20140921/Economic_40430.html

    引用元: 【政治】政権めざす構造まではつくる 民主党、枝野幹事長が決意[09/21]

    続きを読む

    このページのトップヘ