1: ねこ名無し ★ 2017/03/18(土) 00:22:56.74 ID:CAP_USER
 安全保障関連法への抗議活動を展開していた学生グループ「SEALDs(シールズ)」の元メンバーらが17日夜、新たな団体を立ち上げ、東京・永田町の国会議事堂前でデモを行った。新団体名は「未来のための公共」で、今後も「安倍晋三政権をめぐる問題」について定期的に国会前デモを続けるという。

 デモには野党の3議員も参加し、学校法人「森友学園」(大阪市)問題で安倍晋三首相を批判した。

 民進党の小西洋之参院議員はデモで演説し、森友学園が運営する幼稚園が園児に教育勅語を暗唱させていたことを批判。「首相や稲田朋美防衛相に代表される『国家や社会のために国民が働き、死んでいくのが当たり前で美しい国だ』という価値観を持つ政治家がいることが、今の政治の問題を生んでいる」と独自の見解を披露した。

 共産党の小池晃書記局長は「森友学園の幼稚園で行われている(教育の)中身にこれからの日本の危険性が表れている。あれが(首相が目指す)美しい国、戦争する国だ」と主張。「戦後最悪の暴走独裁政権を必ず打倒しよう」と参加者に呼びかけ、拍手を浴びた。

 社民党の福島瑞穂副党首も、森友学園問題と首相を絡めて「政治を私物化する首相には即刻退陣してもらおう」と訴えた。

 このほか、大学生、高校生、保育士、大学教授ら9人が登壇。「(学園の)籠池(泰典氏)も安倍も同じだ。この日本を私物化している」(佐藤学・学習院大教授)などと述べた。

 デモ参加者は主催者発表で2500人。中高年が多く、最後に「森友学園どうなってるの」「民主主義って何だ」などとシュプレヒコールを上げた。

http://www.sankei.com/politics/news/170317/plt1703170049-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/170317/plt1703170049-n2.html

no title

SEALDsの元メンバーらが結成した新団体「未来のための公共」の初集会=17日夜、国会前

引用元: 【国内】「森友学園どうなってるの」「民主主義って何だ」 SEALDs元メンバーらの新団体が国会前でデモ[3/18]

続きを読む