ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:毎日新聞

    変態新聞
    1: ろこもこ ★ 2017/06/02(金) 20:18:44.52 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-00000082-mai-soci

     ◇対策法施行から1年 言動過激化の経緯証言

     6月3日、ヘイトスピーチ対策法が施行されて1年となる。在日コリアンらを標的に、差別をあおるヘイトスピーチデモに参加し、「突撃隊長」と呼ばれた男性会社員(38)が毎日新聞のインタビューに応じた。ネット上に掲載されたデマを真実と思い込んでデモに参加し続け、言動が過激化していった経緯を証言した。「いま振り返ると間違っていた」。そう、深い後悔の念を示す。【後藤由耶/写真映像報道センター】

     ◇参加のきっかけは東日本大震災

     ヘイトスピーチデモに参加したきっかけは、2011年3月11日の東日本大震災だった。東京電力福島第1原発事故に伴う計画停電の影響で、勤務先の業務に支障が生じ、3日間も帰宅できなかった。そんな中、ネットで「反原発は、左翼勢力と在日コリアンの勢力が結託して日本経済を破壊するために行っている」といった趣旨の書き込みをいくつも目にした。そのうちそれを信じ込み、反原発運動や原発の停止に不満を募らせていった。

     翌4月、原発再稼働を訴えるデモをネットで知って参加した。帰宅してネットにアップされたデモの動画に寄せられたコメントなどを読むと、思いは共有されていると感じた。このデモにはこれまでヘイトスピーチを繰り返してきた団体が参加していた。団体の活動をネットで調べると、共感することも多かった。声を上げなくてはいけないという「正義感」から、繰り返しデモに足を運ぶことになった。

     高校卒業後、男性は運送関係に勤めたが、倒産や事業の縮小で会社を転々とした。20代前半、ネットで見つけたサバイバルゲームのチームに入り、週末に関東の山中に集まっては戦うのが趣味になったという。

     偶然見つけたチーム。ただ、メンバー同士の会話は、ネット掲示板「2ちゃんねる」の書き込みそのものだったと振り返る。何か失敗すると「お前は在日か」と責められ、語尾に「~ニダ」を付けて話すことがはやっていた。ゲームの合間、仲間から教えてもらった人物のブログを読むのが日課になった。「中国のスパイが日本にいる」「長野五輪の応援で来た中国人に人民解放軍の関係者が紛れていた」などと書き連ねるその内容に、マスコミが報じない真実が書かれていると感じたのだ。

     2002年9月、日朝首脳会談で北朝鮮の金正日総書記は日本人拉致事件を認め、「これからは絶対にない」と謝罪した。それまで無関心だったが、男性は「北朝鮮憎し」の感情がわき出てきたという。サバイバルゲームでも、金総書記のお面をかぶせたマネキンをエアガンの的にし、バットで殴ったり、首にロープを掛けて引きずり回したりした。ゲーム仲間との会話は、およそ10年後に出会うヘイトデモのメンバーと交わす会話と変わらなかった。

    中略

     ◇傷ついたマイノリティーを忘れずに

     <ヘイトスピーチ問題に詳しいジャーナリスト、安田浩一さんの話>自分自身を批判的に語り、ヘイトスピーチをしてきたことを反省する人を彼以外にほとんど知らない。彼の反省の言葉を信じたい。

     彼のようにネットで何かを感じ取って、ついデモに参加し人間関係ができて、気づいたらヘイトデモの隊列のど真ん中にいたという人は少なくない。実社会とヘイトデモの隊列にはそんなに大きな段差はないということだと思う。ネット言論に端を発したメディアや政治家などが作り出す空気で、差別を一つ一つ学んでいく人が多い。それらが、彼のような人を生み出してしまっているのではないか。

     社会をかき乱し、亀裂と分裂を与え、人のことを傷つけても、やめれば本人は何事もなかったかのように日常を送ることも可能だろう。しかし、傷つき絶望を感じ、被害を忘れたくても忘れることのできない多くのマイノリティーがいることを忘れてはいけない。ヘイトスピーチとはマイノリティーの尊厳を奪う暴力であり、制度的にも被害救済が確立されておらず、かき乱された心の傷は容易にはいやされることはないからだ。

    引用元: 【毎日新聞】ヘイトスピーチ 「ネット上のデマを真実と思い込んでデモに参加した」「失うものばかり」 後悔の元「突撃隊長」[06/02]

    続きを読む

    侮日新聞
    1: (^ェ^) ★ 2017/05/21(日) 14:51:15.60 ID:CAP_USER9
    https://mainichi.jp/articles/20170520/ddm/005/070/005000c?ck=1

     (さいたま市北区)

     わたしは、夜ねるとせんそうのこわいゆめをよく見ます。

     なぜなら、れきしの本を読んだり、せかいのニュースをみたりするからです。そういう時は朝、「こわい!」と思っておきます。目がさめて、いつものへ屋を見ると「ああ、よかった」と思います。

     わたしは、せんそうがおきてほしくありません。…

    引用元: 【毎日新聞】小学生「せんそうはすごくこわい」「おきてほしくありません」

    続きを読む

    変態新聞
    1: (^ェ^) ★ 2017/05/20(土) 08:13:53.10 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000119-mai-soci

     最後は「数の力」で押し切った。「共謀罪」の成立要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を審議した19日の衆院法務委員会。自民、公明両党と日本維新の会は審議時間が「目安」の30時間に達すると、大勢の野党議員からのヤジと怒号にひるむことなく、淡々と採決し、可決した。深まりや歩み寄りのない議事に、国会の内外では嘆きや憤りの声が相次いだ。

     採決強行は、用意周到な「共謀」を基に進められた。

     午後1時過ぎ。日本維新の会の丸山穂高氏は、いずれも自民党の土屋正忠氏と鈴木淳司委員長に呼びかける形で「質疑終了後、直ちに採決に入るようお願いして終わる」と述べた。すると土屋氏は、鈴木委員長の指名を受け、すぐさま質疑終局と討論省略の動議を読み上げ始めた。

     「何を言っているんだ」「おかしいだろ」。議員席を取り囲むようにして詰めかけた大勢の野党議員から怒号が飛ぶ。野党議員たちは土屋氏、鈴木委員長の順で詰め寄ったが、2人とも動じるそぶりはない。

     2人の発言はヤジでかき消され、何を言っているのかは判然としない。それでも、鈴木委員長の近くに立つ与党議員が身ぶりで起立を促すと、自民、公明、維新の議員が一斉に立ち上がった。

     衆院事務局によると、起立採決は、公明党の国重徹氏による付帯決議読み上げとそれを受けた金田勝年法相の発言を挟んで計5回。この間約5分だった。いずれも自民、公明、維新の賛成多数で可決され、散会となった。

     終了後、鈴木委員長はさばさばとした表情で報道陣の前へ。「残念ながらこういう形になった」と述べて立ち去った。

     民進党の逢坂誠二氏(野党筆頭理事)は怒りをあらわにした。「だまし討ちだ。こんなの民主主義のプロセスでも何でもない。『法の支配』だとか、よく言えたものだ」。山尾志桜里氏(民進)も「全くもって信じられない、政権与党のやり方だ」と顔を真っ赤にした。

     この日、最後まで報道陣の囲み取材に応じた金田法相はこう述べた。「党派を超えて理解していただくことが大切で、努力は重ねたつもりだ」【遠藤拓、島田信幸、巽賢司】

     ◇各地で抗議

     ◇東 京

     採決が強行された直後の19日午後、超党派議員連盟「立憲フォーラム」と市民団体「戦争をさせない1000人委員会」は参議院議員会館で集会を開き、参加者が「政府に盾突く声を上げさせないための法案だ」と口々に非難した。参加した埼玉県三郷市の元中学校教員、菊地一成さん(62)は「(成立すれば)盗聴など捜査手法も変わるはずで、不安を感じている。数の力で押し切られ、あそこまでひどい採決になるとは」と批判した。

     同日夜には、国会前で複数の市民団体が反対集会を実施。参加者が「共謀罪、NO!」と書かれた黄色のプラカードを手に「強行採決、断固糾弾」などと声を張り上げた。

     千葉県松戸市の会社員、赤坂汐里さん(27)は「法解釈次第で、集会に行くだけで捜査対象になるのではないかと感じている。政府は参院ではしっかり説明してほしい」と訴えた。【巽賢司】

     ◇沖 縄

     「沖縄の基地反対運動の抑圧につながるとんでもない法律。廃案にするしかない」。政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を名護市辺野古に移設する計画に反対して抗議活動を続ける「ヘリ基地反対協議会」の安次富(あしとみ)浩共同代表(70)は強い口調で話した。

     政府は4月25日に辺野古の海の埋め立て作業に着手。安次富さんたちは連日、米軍キャンプ・シュワブ前に座り込んだりして移設反対を訴えている。

     抗議活動を巡っては沖縄平和運動センターの山城博治議長(64)が威力業務妨害容疑などで逮捕され、約5カ月にわたって勾留されるなどした。安次富さんは「権力側がどんな形で『共謀罪』を適用してくるのか想像もつかない」と不安げに語った。【樋口岳大】

    以下ソース

    引用元: 【毎日新聞】共謀罪 「採決強行は、用意周到な「共謀」を基に進められた」「最後は数の力で押し切った」 国会内外、嘆き憤り

    続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2017/05/18(木) 18:05:11.45 ID:CAP_USER9
    https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20170517k0000m040160000c.html

    no title


     「共謀罪」の成立要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の国会審議が進む中、自らの体験をもとに廃案を訴える男性がいる。戦後最大の人権侵害とされる「レッドパージ」をめぐる全国唯一の国家賠償請求訴訟(2013年上告棄却)の原告の一人、大橋豊さん(87)=神戸市西区=で、近く最高裁に第4次再審請求を申し立てる。大橋さんは暗い時代を振り返り、「レッドパージも共謀罪も捜査対象を決めるのは国家権力だ。国は同じ過ちを繰り返すことになる」と危機感を募らせている。

     ◇67年前解雇の男性「家族も影響」危機感

     大橋さんは1950年8月、共産党員であることを理由に、当時の中央省庁の一つだった電気通信省神戸中央電報局を解雇された。当時、党員として職場環境の改善を求めて組合活動をしていた。上司からは「党員をやめたら首にせず、姫路への異動にとどめる」と迫られ、母からも泣いて「仕事をやめないでくれ」と頼まれた。しかし、大橋さんは納得できず断った。

     稼ぎ頭を失った母と3人の妹弟は家や畑を売り払って離散。母は絶望して尼寺に入り、中学を卒業したばかりの妹はバス会社の就職内定を取り消された。後日、妹から送られてきたはがきには「兄ちゃんは好きなことをしているけど、家族はたいへんな思いをしてるよ」と書いてあった。「つらかったね。この気持ちは経験した人間でないと分からない。共謀罪も同じ。捕まれば家族が巻き込まれる」

     当時は「戦後の国鉄三大ミステリー」とされる下山、三鷹、松川事件の直後だった。いずれも労働組合の関与が取りざたされ、世間では急激に「組合活動の中心を担う危険な共産党員は解雇されても当然」との空気が強まったという。「私たちはテロリストにされた。共謀罪で政府は『一般人は捜査対象外』と言うが、警察の判断一つで、いとも簡単にテロリストにされてしまう」と危惧する。

     解雇から約60年後の2009年3月、大橋さんは「レッドパージは憲法が定める基本的人権を侵害した」として、神戸市内の男性2人とともに全国初の国賠訴訟を神戸地裁に起こした。しかし、神戸地裁判決(11年)、大阪高裁判決(12年)、最高裁第1小法廷決定(13年)と敗訴。その後も最高裁に再審を申し立て続けたが、昨年6月には3回目の請求が棄却された。いずれも「国はGHQ(連合国軍総司令部)によるレッドパージ指令に従う義務があり、解雇は有効」との過去の最高裁判決を踏襲した判断だった。

     レッドパージから70年近くが経過し、被害者の高齢化が進む。昨年11月には原告の一人、安原清次郎さんが95歳で死去した。だが、昨年末に100歳になった川崎義啓さんは大橋さんと共に第4次再審請求に参加する。

     全国組織「レッドパージ反対全国連絡センター」の代表も務める大橋さんは「再審の見通しは明るくないが、人権が認められる社会になるまでは死ねない。そのためには共謀罪などいらない。まだまだ闘い続ける」と力強く宣言した。【望月靖祥】

     【ことば】レッドパージ

     米国占領下にあった1949〜51年、日本共産党員やその支持者とみなされた人たちが、公職や企業から追放された一連の事象。被害者は1万人とも4万人とも言われる。第二次大戦後の東西冷戦の激化を背景にGHQが指令を出し、当時の吉田茂内閣が閣議決定や政令を通じて実行したとされる。

    引用元: 【毎日新聞/共謀罪】赤狩りと同じ 「テロリスト」国家の胸一つ

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/04/13(木) 00:21:25.55 ID:CAP_USER
    [韓国風おつまみ]揚げずに簡単「コリアンナゲット」がビールにぴったり!
    2017年4月7日 18時00分(最終更新 4月6日 04時31分)

    情報提供:クックパッド
    no title


    ビールが進むおつまみをご紹介!

    日増しに暖かくなり、日が暮れても過ごしやすい季節になったこの頃。
    このくらいの気温になるとビールが美味しくなりますよね!
    そこで必要なのは、やっぱりビールに合うおつまみ。
    今回はとっておきのおつまみをご紹介します。

    豚こまとキムチで☆コリアンナゲット by naomita

    大人の味の少しピリ辛な韓国風?ナゲット。ご飯のおかずにもおつまみにもぴったり♪

    豚こま肉とキムチでできたこのコリアンナゲット。もっとも注目すべきなのは、
    細かく刻んだ材料を混ぜてフライパンで焼くだけという簡単さ!
    こんなに簡単に作れるのに、豚こま肉とキムチの力でビールと抜群に合うんです♪

    以下ソース
    https://mainichi.jp/articles/20170407/ckp/00m/100/007000c

    引用元: 【毎日新聞】韓国風おつまみ 揚げずに簡単「コリアンナゲット」 豚こま肉とキムチの力でビールと抜群に合うんです

    続きを読む

    このページのトップヘ