ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:毎日新聞

    1: 動物園φ ★ 2017/08/18(金) 06:54:08.65 ID:CAP_USER
    「じゃがいも」で夏の食卓に合う一品を!

    no title


    季節問わず楽しめる、人気の便利野菜「じゃがいも」。
    必ずおうちに何個かストックしているという人も多いのでは?
    そんな「じゃがいも」に今回は「キムチ」を合わせた食欲そそる一品をご紹介!

    ただ辛いだけじゃない!「じゃがいもキムチ」

    暑い夏はピリ辛料理がとっても人気!
    じゃがいもと合わせることでボリュームもアップし、夕ご飯のメインおかずにもなりますよ。
    しかも、ただ辛いだけじゃなく、キムチの味を生かした4種の味付けをピックアップしてみました。

    マヨ入りでまろやかに!

    以下略

    https://mainichi.jp/articles/20170801/ckp/00m/100/007000c

    引用元: 【毎日新聞】ピリ辛旨い「じゃがいもキムチ」で暑い夏を乗り切ろう!夕ご飯のメインおかずにもなりますよ

    続きを読む

    変態新聞1: ねこ名無し ★ 2017/08/13(日) 17:46:26.56 ID:CAP_USER
     東南アジア諸国連合(ASEAN)が今月で設立50年となった。

     いまや地域の平和と安定を図るために欠かせない存在だ。6億4000万人の巨大市場で、経済力は10年以内に日本と肩を並べるという予測もある。

     東西冷戦を背景にしたベトナム戦争が激化していた時代に、インドネシアやタイ、マレーシアなど5カ国が反共・親西側路線でまとまった。

     冷戦終結後に共産主義のベトナムなどが加わって現在の10カ国体制になった。反共イデオロギーから脱し、多様な政治体制の存在を認めて地域全体の協力を追求する組織への転換だった。

     そして、アジア太平洋地域の安全保障を協議するASEAN地域フォーラム(ARF)など多国間対話の場を次々と作ってきた。

     特定の価値観を押し付けず、対立の回避を図ることを旨とする。その柔軟な姿勢が、日米や中露といった利害の異なる多くの主要国を巻き込む流れを作ったのだろう。

     日本はこの間の発展に大きく寄与してきた。第二次大戦時の日本軍による侵略の記憶が戦後も残って反日感情が強かったことを受け、軍事大国にならないと約束し、経済協力を進めた。

     数十年に及ぶ努力がこの地域での日本の存在感を高め、現在の良好な関係を築いてきた。

     一方で半世紀を経た「結束」はいま、新たな試練に直面している。

     存在感を急速に強める中国への向き合い方という問題が大きい。

     中国と領有権紛争を抱える国と中国の経済支援に依存する国の間には深い溝がある。5年前の外相会議では南シナ海問題で各国の意見がまとまらず、共同声明の発表を見送るという初の事態に発展した。

     日本と中国で影響力の大きさを争うかのような場面も見られる。

     ただ、世界第2位の経済大国となった中国との協力強化は必然である。一方で日本の存在感も依然として大きい。ASEANにとっては結局、日中両国と適切な間合いを取っていくことが必要なのだ。

     そもそも緩やかな結束を通じて全体の利益を追求するのが身上の組織だ。その強みを生かし、したたかに発展を続けてほしい。

    https://mainichi.jp/articles/20170813/ddm/005/070/055000c

    引用元: 【毎日新聞】日本軍による侵略の記憶が戦後も残って反日感情が強かったASEAN 日本は軍事大国にならないと約束し、経済協力を進めてきた

    続きを読む

    侮日新聞
    1: ねこ名無し ★ 2017/08/12(土) 23:06:10.23 ID:CAP_USER
     冷戦後の国際秩序を支えた米国の指導力が低下する一方、軍事力と経済力を背景に台頭する中国が影響力を強めている。

     2012年末の就任から安倍晋三首相の海外出張は歴代最多の55回を数える。同盟強化を図る米国への訪問は10回に上る。

     しかし、中国を訪れたのは国際会議の2回だけだ。沖縄・尖閣諸島国有化を機に関係が冷え込んだ。過去5回の首脳会談には笑顔もない。

     対北朝鮮政策で中国と協調した対応を取れずにいたのも、日中関係悪化が影を落としている。

     安倍外交のウイークポイントである対中政策をどう立て直すかが、最大の外交課題である。

     日中は今秋に国交正常化45年、来年には平和友好条約締結40年を迎える。5年前の節目は尖閣国有化をめぐる対立で祝賀行事が中止された。

     日中ともに今回は成功させたいという思いを共有している。中国も今秋の共産党大会を乗り切れば対日改善に動くとの観測がある。

     7月にドイツで行われた日中首脳会談では首脳間の対話強化を確認した。早期の日中韓首脳会談でも合意し、改善ムードは高まっている。

     この機運を高め、対立から対話への転換を加速させる必要がある。

     改造内閣に「サプライズ人事」で入った河野太郎外相は就任5日目に早速、中国の王毅外相と会談した。

     南シナ海をめぐる批判に「失望した」と言う王氏に、「中国には大国としての振る舞い方を身につけてもらう必要がある」と切り返した。

     表向き厳しいやりとりに映るが、王氏は「あなたの父河野洋平氏は日中友好に心血を注いできた」と親しみのあることばをかけた。

     衆院議長を務めた洋平氏は現役を退いた今も王氏や中国外交トップの楊潔〓(ようけつち)国務委員らと個別に会談するなど太い対中人脈を持つ。

     河野外相ももともとアジア重視の姿勢だが、王氏は「親子2代」で日中関係改善を推し進めてほしいという思いがあるのではないか。

     岸田文雄前外相は官邸外交の陰に隠れがちだったが、河野氏は首相とのしがらみがない。外交のウイングが広がる転機になるかもしれない。

     この「時の利」と「人の利」を安倍政権は最大限に活用すべきだ。

    https://mainichi.jp/articles/20170812/ddm/005/070/075000c

    引用元: 【毎日新聞】安倍外交のウイークポイントは対中政策 アジア重視の河野氏、外交のウイングが広がる転機になるかもしれない[8/12]

    続きを読む

    変態新聞1: ばーど ★ 2017/07/24(月) 18:06:50.92 ID:CAP_USER9
    毎日新聞は22、23両日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は26%で、6月の前回調査から10ポイント減。不支持率は12ポイント増の56%だった。
    支持率が20%台になったのは2012年12月の第2次安倍内閣発足後、初めて。

    安倍晋三首相の自民党総裁任期が来年9月に終わることを踏まえ、「代わった方がよい」との回答は62%(3月調査は41%)で、3期目も「総裁を続けた方がよい」の23%(同45%)を大きく上回った。
    首相の政権運営は厳しさを増している。

    (省略)

    調査では「安倍1強」の政治状況についても聞いた。「自民党から安倍首相に代わる人が出てきてほしい」が31%で最も多く、「野党から首相に対抗できる人が出てきてほしい」は25%、
    「新しい政党や政治団体から首相に対抗できる人が出てきてほしい」は23%。「安倍首相が強いままでよい」は7%にとどまった。

    自民支持層では「安倍首相に代わる人」が51%を占め、「ポスト安倍」への期待をうかがわせた。

    配信 7/23(日) 16:31配信
    毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170723-00000025-mai-pol

    関連スレ
    【毎日新聞】内閣支持率26% 危険水域 改憲日程に影響も
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1500856447/
    【毎日新聞世論調査】<内閣支持率>続落26% 不支持56% ★11
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1500836875/

    ※より多くの政治記事をお探しの方は「2ch政治ニュース+」板へどうぞ
    http://fate.2ch.net/seijinewsplus/

    引用元: 毎日新聞世論調査】安倍総裁3期目 「代わった方がよい」62%(+21) 「総裁を続けた方がよい」23%(-22)

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/07/24(月) 01:20:12.34 ID:CAP_USER
    [卵でまろやか仕上げ★]もやしたっぷり「かさまし豚キムチ」が節約したい日に◎
    2017年7月17日 21時00分(最終更新 7月5日 15時32分)

    節約の味方!もやし&卵でボリュームアップの豚キムチ

    no title


    節約したい時に使える食材と言えば、もやしや卵ですよね。この2つの食材を入れて「豚キムチ」を
    作ることで、ボリュームアップもできるんです!ごはんがどんどん進みそうですね。

    卵を入れればマイルドな味わいに

    卵を加えることで、かさ増しをしつつ辛さがまろやかになるので、
    辛いものが得意でない方やお子様でも食べやすい味になりますよ♪

    以下略

    https://mainichi.jp/articles/20170717/ckp/00m/100/010000c

    引用元: 【毎日新聞】節約したいときはもやしたっぷり豚キムチ ごはんがどんどん進みそうですね

    続きを読む

    このページのトップヘ