ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:桜井誠

    no title1: シャチ ★ 2017/02/26(日) 18:44:55.19 ID:CAP_USER
    産経新聞 2/26(日) 18:39配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00000520-san-pol
     市民団体「行動する保守運動」代表、桜井誠氏(44)が党首を務める政治団体「日本第一党」が26日、
    東京都内のホテルで結党大会を開いた。

     同党によると、出席者は約270人。26日現在の党員数は全国で約1600人だという。

     桜井氏は就任あいさつで「政権をとったら韓国と断交する」と断言した。

     桜井氏は「外国人参政権をよこせというデモが数寄屋橋であったとき、反対するために集まった人数はたったの20人くらい。
    今は300人くらい集まるようになった」と述べ、「世の中を変えるのは、ここにいる皆さんだ。外国人が生活保護を受け、
    日本人が餓死するような社会ではいけない」などと述べた。

     「腹違いの兄貴を平気で○す。人を○すことに金正恩(朝鮮労働党委員長)は良心の呵責を感じない」と述べた上で、
    桜井氏の活動を「ヘイトスピーチ」と批判している神奈川新聞の石橋学記者に向かって「これに抗議しても差別なんでしょ」と挑発した。

     「世界はグローバリズムから自国第一主義に向かっている。
    4年後は東京ドームを満員にするほど党勢をを拡大させたい」などと語った。

     都議選で数人を出馬させる意向を示していたが、これまでのところ、立候補予定者は1人で
    「我こそと思う人は立候補してほしい」と呼びかける一幕もあった。(WEB編集チーム 三枝玄太郎)

    引用元: 【政治】桜井誠氏、日本第一党を結党「政権を取ったら韓国と断交する」[02/26]

    続きを読む

    no title1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2016/12/27(火) 20:10:09.48 ID:CAP_USER
    桜井誠 @Doronpa01 12月27日
    民団から申し立てられていた人権侵害の件で法務局から連絡がありました。「人権侵害の事実無し」とのこと。民団団長呉公太の申し立ては却下されました。この件でヘイトスピーチだ何だと騒いでいた朝日新聞は直ちに桜井に対して謝罪記事を出すべきです。朝日新聞の人権侵害を許さないぞ!くたばれパヨク
    https://twitter.com/Doronpa01/status/813654249234010112

    引用元: 【在日】民団が桜井誠氏の都知事選の演説を「ヘイトスピーチ」と主張、法務省に救済訴え → 法務省「人権侵害の事実無し」@rkayama [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    変態新聞1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2016/09/19(月) 08:53:39.07 ID:CAP_USER
    ヘイトスピーチ
    選挙演説の内容 どう対処すべきか

    毎日新聞2016年9月19日 東京朝刊

     外国人差別への対応を行政に促すヘイトスピーチ対策法施行後に実施された7月の東京都知事選で、在日外国人の排斥を主張する候補者が現れた。選挙の公平性を担保する観点から、候補者の言論内容に立ち入って規制するのは難しい。外国人排斥の言論が選挙中に起きた場合にどう対処したらいいのか。有識者に聞いた。【林田七恵、後藤由耶】

    都知事選中に「出て行け」

     都知事選告示翌日の7月15日、港区の在日本大韓民国民団(民団)中央本部の正面に、1台の選挙カーが横付けされ、選挙演説用の旗が掲げられた。選挙権のない在日韓国人の拠点に向けて、選挙運動が行われるのは異例のことだった。水色のたすきをかけた桜井誠氏(44)が選挙カーの上から叫んだ。「さっさと日本から出て行け」「あなたたちは日本に必要とされていません」。人通りは少なく、民団の職員と桜井氏の支持者とみられる10人ほどが見ていた。

     桜井氏は「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の元会長。ヘイトスピーチ対策法施行から1カ月近くたった6月下旬に記者会見し、都知事選への立候補を表明した。東京都小平市の朝鮮大学校前で脅迫的な言動を繰り返し、2015年12月に東京法務局から是正勧告を受けた。この点について記者会見で問われたが「これまでヘイトスピーチに当たる活動はなかった」と主張した。

     街頭演説で抗議を受ける可能性については、公職選挙法が選挙の自由の妨害を罰則付きで禁じていることを念頭に「選挙の時は、当然(相手が)選挙妨害で逮捕されるでしょうね」と説明した。選挙戦は繁華街の駅前などで活動したが、終盤に在日コリアンの街として知られる新宿区のJR新大久保駅近くを訪れた。千代田区の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部前でも演説し、朝鮮大学校前にも陣営関係者が選挙カーで乗り付けた。

     民団中央本部の権清志(クォンチョンジ)企画調整室長(58)は「選挙中だからとヘイトスピーチが言いたい放題になった。ネットなどを通じて憎悪をかき立てる種子をばらまかれた」と話した。

     桜井氏の選挙活動中の言動には日本に住む韓国・朝鮮人、中国人の排斥を呼びかける内容があったが、桜井氏は演説で「民団の人間はさっさと日本から出て行けと言っている。この訴えのいったいどこがヘイトスピーチなのか」と述べた。

     一方、テレビの政見放送では明確に外国人排斥を求める発言は抑えた。公選法は政見放送で、他人の名誉を傷つけるなど品位を損なう言動をしてはならないと定めている。

    http://mainichi.jp/articles/20160919/ddm/004/040/005000c

    引用元: 【毎日新聞】桜井誠氏「民団は日本から出ていけ。日本に必要ない」 選挙運動でのヘイトスピーチ、どう対処すべきか [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    no title1: シャチ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/03(土) 22:13:03.49 ID:CAP_USER
    毎日新聞 9月3日(土)21時59分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160903-00000098-mai-soci
     在日コリアンなどへの差別や排除をあおるヘイトスピーチの対策法が施行されて、3日で3カ月が経過した。
    同法に罰則はないが、行政や司法に従来より踏み込んだ対応を促す効果を上げている。その一方で、
    選挙の立候補者が演説で差別的言動を繰り返すなど想定外の事態も生じ、
    「政治活動や選挙運動の自由」との線引きという難題が浮かんでいる。

     自治体や警察はこれまで、表現の自由との兼ね合いからヘイトスピーチの規制に消極的だった。
    その流れを対策法が変えた。

     ヘイトデモが予定されていた川崎市では、対策法の施行を見越して市が5月30日、
    公園の使用を許可しないことを決めた。施行前日の6月2日には、横浜地裁川崎支部が在日コリアンの
    多いエリアでのデモを禁じる仮処分を決定した。7月には福岡地検が、在日コリアンを中傷するビラを
    商業施設のトイレに張っていた男を建造物侵入罪で起訴。「対策法の趣旨に照らした」と立件の意図を説明した。

     ところが、7月の東京都知事選では、ヘイトスピーチを繰り返してきた「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の元会長、
    桜井誠氏(44)が立候補。在日コリアンの多い新宿区の新大久保や港区の在日本大韓民国民団(民団)中央本部前で
    「犯罪韓国人たちを日本からたたき出せ」などと訴えた。

     ヘイトスピーチを繰り返す集会やデモには近年、「カウンター」と呼ばれる市民たちの反対運動が活発化している。
    だが、憲法は政治活動の自由を保障し、公職選挙法は候補への暴行や演説の妨害など選挙の自由の侵害を禁じ、
    4年以下の懲役・禁錮か100万円以下の罰金を科す。

     桜井氏はこれを念頭に、街頭で「(選挙期間中は)無敵だ」と宣言していた。その言葉通り、
    在日コリアンを侮蔑する“選挙演説”に、取材した限りで目立った抗議の声は上がらなかった。

     「選挙運動」というヘイトスピーチ規制の抜け穴を、どうすべきか--。
    専門家たちの見方は一様ではなく、悩ましげだ。

     在特会問題に詳しいジャーナリストの安田浩一さんは「選挙演説にもヘイトスピーチ対策法の
    理念を積極的に適用すべきだ。選挙活動に限ってヘイトスピーチが許されていい、
    ということなどあってはならない」と指摘。「選挙運動に名を借りたヘイトスピーチは今後も起こりうる。
    早急に総務省や法務省はこの問題に取り組むべきだ」と訴える。

     一方、西土(にしど)彰一郎・成城大教授(憲法)は「有権者に判断材料となるあらゆる情報を提供するため、
    選挙運動の自由が公選法で保障されている。基本的には候補の表現内容に規制を加えるべきではない」
    と慎重な立場だ。とはいえ、選挙運動だとしても外国人の人権を侵害するような言動は許されないとして
    「法務省が勧告を出したり、政府から独立した人権擁護機関を作ったりして問題に対処すべきだ。
    マスコミも堂々と批判を展開すべきだ」と指摘する。【伊藤直孝、小林洋子】

     【ことば】ヘイトスピーチ対策法
     正式名称「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」
    で今年6月3日に施行。ヘイトスピーチを「差別的意識を助長・誘発する目的で、生命、身体、自由、
    名誉、財産に危害を加えると告げることや、著しく侮蔑するなどして、地域社会からの排除をあおる
    差別的言動」と定義。差別解消のための教育や相談体制の整備などを国の責務とし、
    自治体にも解消に向けて努力義務を課す。

    引用元: 【都知事選】桜井誠氏は選挙演説で在日コリアンを侮蔑 ヘイトスピーチと選挙活動の線引きが課題だ-毎日新聞[09/03]©2ch.net

    続きを読む

    no title1: れいおφ ★@無断転載は禁止 2016/08/16(火) 16:56:20.98 ID:CAP_USER
    昨日8月15日は桜井にとって忘れられない日になりました。
    もちろん反天連への迎撃など日本人が自らの意志で立ち上がって
    反日勢力、外国勢力に対し断固抗議の声を上げた心に留めおくべき日であることは間違いないのですが、
    もう一つ、皆さまの前で新党設立を宣言した日になったのです。

    自称保守政党の自民党総裁は靖国に参拝しない、しないどころか英霊を冒涜する日韓合意で、韓国の虚構に頭を下げて10億円を支払う有様。
    その韓国では8月15日に韓国盗賊議員団が我が国固有の領土竹島に不法上陸し日本側を挑発。

    さらに自称保守政治家の稲田朋美防衛相はバカンス気分で8月14日にから急にジブチに出向、
    それまでの8月15日に参拝していた姿は所詮はファッションだったことが明らかになりました。

    尖閣諸島を責められても何もできず、竹島への不法上陸に対しても効き目ゼロの遺憾砲、
    もはや我が国の中道左派(自民党)では国際外交を乗り切ることが出来ないと白日の下にさらけ出されたのです。

    行動しない保守、綺麗事保守、居酒屋保守でこの難局を乗り切るのは無理であることが明らかになりました。
    ですから、行動する保守運動の原点回帰ではありませんが、
    十年前彼らとの戦いを決意して立ち上がった「行動する保守運動」は再度、政治的挑戦状を彼らに叩きつけるべく動きたいと思います。

    昨日の新党設立宣言は、何もその場限りの思いつきや口が滑ってという類のものではなく、
    世に改めて「本当にこのままの日本でいいのか?」「保守とは何なのか?」を問いかけるべく、
    新たな「夢を紡ぐ戦い」を宣言したものでした。

    これまでツイッターや生放送などで告知してきたとおり、
    都政を国民の手に取り戻す会を発展させる形で新党へつなげたいと考えています。

    前途多難ではありますが、公に宣言した限りにおいて責任が発生するものであり、
    何としても皆さまの期待に応えられる政党づくりを始めたいと思います。

    新党名、党人事、政策要領など、まだまだ決めなければならないことが多々ありますが、
    少しでも前に、一歩でも前に進めるよう努めたいと考えています。皆様には今後も何卒変わらぬご支持ご支援を宜しくお願いします。

    http://ameblo.jp/doronpa01/entry-12190755184.html

    新党設立宣言 4:26~
    https://youtu.be/8ry06WsCPck?t=266


    引用元: 【政治】桜井誠氏、新党結成を宣言 都知事選で11万票獲得した「在日特権を許さない市民の会」前会長[08/16] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    このページのトップヘ