ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:朴正煕

    no title1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/09(水) 00:06:35.44 ID:CAP_USER
     韓国で朴槿恵(パク・クネ)大統領の亡き父、朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の銅像を建立する計画が進んでいる。機密文書漏洩騒動で朴槿恵大統領の支持率が歴代最低の5%になった今、このニュースは韓国人たちの怒りを煽りに煽っているようだ。

     朴正煕といえば、韓国で唯一の“独裁者”として知られる人物。日本軍の将校として「高木正雄」と名乗っていたこともあり、韓国では“親日”の象徴として有名だ。そして、親子で韓国の大統領に就任した唯一のケースでもある。

     来年11月に迎える朴正煕の誕生100周年を記念し、「朴正煕大統領記念財団」は11月2日、「朴正煕誕生100周年記念事業推進委員会」を発足。その発足式で鄭ホン原(チョン・ホンウォン)委員長は「光化門に彼の銅像を建立する。国内外の政治的状況が厳しい今だからこそ、朴正煕大統領の慧眼と情熱、清貧の精神が必要だ」と発言した。

     ちなみに光化門には、ハングルを発明した朝鮮王朝の第4代国王・世宗(セジョン)と、韓国の歴史的英雄である李舜臣(イ・シュンシン)将軍の銅像が存在する。韓国人なら誰もが尊敬する2人と、朴正煕を並ばせようとする大胆な試みについて、「朴正煕は、その2人を足したぐらいの偉人だから」と、朴正煕記念財団はコメントした。

     韓国のニュースチャンネル『TV朝鮮』の報道によると、前出の委員会は、すでに京畿道の某鋳物製作所に銅像の制作を依頼したという。銅像の高さは約4メートル。完成した暁にはソウル市に寄付され、光化門に立てられる予定だという。

     このような計画に対し、多くの政治家や市民たちはあきれ果てた様子だ。

     政治家からは「光化門の地下100メートルにその銅像を埋めるなら、賛成してもいい」という皮肉や、「正気ではない」「イカれている」などの発言が相次いでいる。

     また、ネット上でも「ここは北朝鮮ですか?」「立ててみろよ。何度でも重機で突っ込んでやるから」「無駄な努力はやめろ。どうせ1分もたたずに壊される」「朴正煕の銅像が立てられたら、この国を脱出する」といった声が、次から次へと寄せられた。

     実は、韓国国内に、朴正煕の銅像がないわけではない。彼の出身地である慶尚北道・亀尾市には、高さ5メートルの銅像がすでに存在。これは、北朝鮮の元指導者である金日成(キム・イルソン)の銅像よりも大きいというが、最近、スプレーを使った「独裁者」などの落書きが相次いでいるとのことだ。

     朴槿恵大統領の支持率や、怒りがまん延する韓国社会を見る限り、火に油を注ぐとしか思えない朴正煕銅像建立計画。この先、一体どうなることやら……。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12256363/

    引用元: 【韓国】タイミング悪すぎ!朴槿恵の父・朴正煕の銅像建立計画に「何度でも重機で突っ込んでやる」[11/09] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 05:00:05.53 ID:CAP_USER.net
    no title

    朴正煕大統領
    no title

    西岡力氏

     朴槿恵政権下で反日外交が展開される中、日本人の嫌韓感情はかつてなく高まっている。
    韓国研究者としてかの国と40年近く付き合ってきた私はこの間「現在の韓国人の反日感情の原因は日本統治時代の記憶ではない。なぜなら、反日感情は統治時代を経験していない若い世代ほど高いからだ。」と繰り返し述べてきた。(iRONNA)

     朴槿恵大統領も日本の統治時代を知らない世代だ。そしてその父、朴正煕大統領は日本統治時代を経験した世代だ。日本では父は「親日」で娘は「反日」だという誤解が広がっているが、朴正煕大統領も自分も「反日」だと明言している。
    朴正煕時代には日本で嫌韓感情は生まれなかったが、朝日新聞など左派メディアからは独裁者だとして激しい非難が加えられていた。

     朴正煕大統領の「反日」は朴槿恵大統領のそれとは質的に異なっていた。だから、侮蔑意識が含まれる嫌韓感情を生むことはなく、むしろ、心ある日本人の尊敬を集めた。

     一言でその違いをいうなら、甘えがなく自己の欠点を直視する勇気を備えている「反日」だった。朴正煕大統領は1965年、国内の激しい反対運動を戒厳令と衛戍令をひいて抑え付けて日韓国交正常化を断行した。
    そのとき、以下のような談話を発表している(1965年6月23日、韓日条約に関する韓国国民への特別談話)。

     去る数十年間、いや数百年間われわれは日本と深い怨恨のなかに生きてきました。彼等はわれわれの独立を抹○しましたし、彼等はわれわれの父母兄弟を○傷しました。そして彼等はわれわれの財産を搾取しました。
    過去だけに思いをいたらすならば彼等に対するわれわれの骨にしみた感情はどの面より見ても不倶戴天といわねばなりません。
    しかし、国民の皆さん! それだからといってわれわれはこの酷薄な国際社会の競争の中で過去の感情にのみ執着していることは出来ません。
    昨日の怨敵とはいえどもわれわれの今日と明日のために必要とあれば彼等ともてをとらねばならないことが国利民福を図る賢明な処置ではないでしょうか。(略)

     諸問題がわれわれの希望と主張の通り解決されたものではありません。
    しかし、私が自信を持っていえますことはわれわれが処しているところの諸般与件と先進諸国の外交慣例から照らしてわれわれの国家利益を確保することにおいて最善を尽くしたという事実であります。
    外交とは相手のあることであり、また一方的強要を意味することではありません。それは道理と条理を図り相互間に納得がいってはじめて妥結に至るのであります。(略)

     天は自ら助ける者を助けるのであります。応当な努力を払わずにただで何かが出来るだろうとか、または何かが生まれるであろうとかという考えは自信力を完全に喪失した卑屈な思考方式であります。

     今一部国民の中に韓日国交正常化が実現すればわれわれはまたもや日本の侵略を受けると主張する人々がありますが、
    このような劣等意識こそ捨てねばならないと同時にこれと反対に国交正常化が行われればすぐわれわれが大きな得をするという浅薄な考えはわれわれに絶対禁物であります。
    従って一言でいって韓日国交正常化がこれからわれわれによい結果をもたらすか、または不幸な結果をもたらすかということの鍵はわれわれの主体意識がどの程度に正しいか、われわれの覚悟がどの程度固いかということにかかっているのであります。

     韓国の「反日」がおかしくなるのは1982年、全斗煥政権が日本の左派メディアと中国共産党と野合して、歴史認識問題を外交に持ち出すという禁じ手を使ってからだ。第1次歴史教科書事件で、朝日などが文部省の検定の結果、
    「侵略が進出に書き換えさせられた」という大誤報をして日本政府を非難したことに、まず中国政府が公式抗議し、それに全斗煥政権が乗っかって、他国の歴史教科書の記述の修正を外交交渉の議題にするという前代未聞の「内政干渉」を行った。

    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n1.html
    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n2.html
    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n3.html
    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n4.html
    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n5.html
    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n6.html

    >>2以降に続く)

    引用元: 【韓国】朴正煕と朴槿恵の「反日」を比較 父にあった健全で尊敬できる反日に彼女が戻れば、日本人の多くの嫌韓感情は解消する[11/30]

    続きを読む

    no title1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/10/16(木) 01:33:15.65 ID:???.net
     朴槿恵(パク・クネ)政権時代を‘新維新’と規定し、朴正煕政権の‘維新’と比較・分析する時局討論会が開かれた。

     民青学連継承事業会は、天主教正義具現司祭団、東亜自由言論守護闘争委員会、4・9統一平和財団などと共に15日午後、ソウル
    鍾路区(テョンノグ)の世宗(セジョン)文化会館で‘朴正煕の維新、朴槿恵の新維新’討論会を開いた。 緊急措置40年、維新宣言42周年
    を迎えて民主政治の退行が露骨化しているという判断に基づき用意した席だ。

     この日‘隔世遺伝的 朴正煕-朴槿恵 統治パラダイムの特徴と限界’を発表したテョン・ヘグ聖公会大社会科学部(政治学)教授は、
    両政権の統治パラダイムを検討し「父親の朴正煕が‘オリジナル権威主義体制’だとすれば、朴槿恵政権は‘コピー権威主義政権’」
    と定義した。 朴槿恵政権は父親とは違い選挙で権力を掌握したが、変らず抑圧的な統治パラダイムを持っているということだ。

     両政権の共通点に関しては△経済成長一辺倒の政策△検察・国家情報院など抑圧的国家機構の動員と活用△世論統制を含む
    権威主義的統治選好などを挙げた。 特に「国民の意思を反映する‘政治’の代わりに、国会を無視する‘統治’を強化し、葛藤が尖鋭に
    なっている」と分析した。

     セウォル号惨事処理でも朴槿恵政権の権威主義的統治の姿が赤裸々に現れていると指摘した。 「圧縮的経済成長政策、果てしない
    私的利益追求、国家の規制緩和、政経癒着と腐敗がもたらした結果として惨事が起こったが、真相究明さえ拒否し、巧妙な歪曲と抑圧
    を繰り返している」ということだ。

     ハン・ホング聖公会大教養学部(韓国現代史)教授は、朴槿恵大統領が「父親のモデル」を参照しているとし「それも18年の統治期間の
    中で‘最も悪い朴正煕’であった執権後半期‘権力の動脈硬化症’に罹った姿を見習った」と指摘した。 現政権の‘手続き的正統性’を
    脅かす深刻な問題としては、国家機関による‘コメント工作’を挙げた。 ハン教授は「中央情報部など公安統治機関が体制を支えなかった
    ならば維新体制が存続できなかったように、‘新維新体制’もまた、中央情報部の後身である国家情報院が朴槿恵政権の創出に一定の
    役割を担当したことは否めないだろう」と解説した。

     ハン教授は両政権の著しい差異を‘人事問題’だとして、「朴正煕政権の場合、当代筆頭の該当分野専門家を登用した反面、朴槿恵
    政権はユン・チャンジュン、ムン・チャングクなどの‘人事惨事’論議に巻き込まれた」と話した。 また、No.2を置かなかった‘父親’に
    較べて‘ドアノブ権力(大統領を直接補佐する側近の権力を言う)’等が問題になる点にも差異があると指摘した。

     後続の指定討論ではソ・ジュンソク成均館大名誉教授は「朴正煕1人維新体制は、一個人が国家を私物化したも同然だった」として
    「軍国主義ファシズムを連想させる退行は二度と繰り返してはならない歴史」と指摘した。

     ‘スパイでっち上げ事件’等、過去の維新時期の悪夢が変わっていないという指摘も出た。 ‘NPO法人 日韓国人良心囚の再審無罪と
    原状回復を 勝ち取る会’の金整司理事長は、1970~90年の在日韓国人スパイでっち上げ事件の再審裁判に関連して「朴槿恵政権以後、
    検察の態度が大きく変わった。 捜査官をはじめとする証人を申請したが裁判が遅れていて被害者の苦痛が大きくなっている。 賠償額も
    減少している」と話した。

     ソウル市公務員スパイでっち上げ事件の弁論を引き受けたチャン・ギョンウク弁護士は「朴槿恵政権は古い公安統治手法で、再び
    維新時期のスパイでっち上げと似た事例を作っている。 社会的に脆弱な人の人権を踏みにじれないよう、社会的連帯と支持が必要だ」
    と訴えた。 イ・チョル民青学連継承事業会長は「国家情報院の捜査権を直ちになくし、情報専門機関として出直すようにしなければ
    ならない。 反民主行為者人名辞典を作り、歴史を正す根拠を作ろう」と提案した。

    ソース(ハンギョレ) http://japan.hani.co.kr/arti/politics/18528.html
    写真 no title

    引用元: 【韓国】朴槿恵政権は経済一辺倒、抑圧的統治は父・朴正煕と類似…朴槿恵政権は父親のコピー、人事術は父親より無能[10/16]

    続きを読む

    no title1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/09/07(日) 08:59:08.86 ID:???.net
    ソース(Yahoo・朝鮮日報) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140906-00000952-chosun-kr

     「朴正煕(パク・テョンヒ)元大統領は、韓国の近代国家としての基盤を固めた政治家だ。現在の韓国人は、望むと望まざるとに
    かかわらず、朴元大統領が残した政治的遺産の光と影の中で生きている」

     政治学者の姜正仁(カン・ジョンイン)西江大学教授(60)が、朴正煕・元大統領の政治思想を分析した『韓国現代政治思想と朴正煕』
    (アカネット社)を出版した。同書では、『韓民族の進むべき道』などの著書、5・16(1961年5月16日。朴正熙陸軍少将〈当時〉らによる
    軍事クーデター)後の演説文などを1次資料として用い、朴元大統領の政治思想を分析した。今月27日に姜教授の研究室を訪れたとき、
    机の上には朴元大統領の演説文集(全7巻)が積まれていた。大学院の教え子と共に演説文の主な内容を要約してコンピューターに
    入力したものは、A4用紙1000ページ分にもなった。

     「朴元大統領自身が『自分は政治家ではなく行政家』と語り、研究者の多くも、朴元大統領を『実用的かつ行政的な人物』と見ている
    ため、何か政治思想的に研究すべきものがあるのかといわれる。しかし朴元大統領は、イデオロギー面で韓国現代政治の主要な軸と
    なっている自由主義、保守主義、民族主義、急進主義について明確な立場を持っていた。朴元大統領の立場は、韓国の保守・進歩
    両陣営に、依然として影響を及ぼしている」

     姜教授が把握した韓国政治の理念的特徴は「非同時性の同時性」と「民族主義の神聖化」だ。「非同時性の同時性」とは、ブルジョア層
    がきちんと形成されていない状態で自由主義が入り込み、確固たるプロレタリア層がない中で社会主義が入り込み、両者が共存するなど、
    非西欧社会の理念的特徴を帯びていることを指す。姜教授は「朴元大統領の場合、権威主義的統治を行う一方で、自由民主主義そのもの
    を否定はせず、両者共存という特徴を示している」と語った。また民族主義は、植民地と分断の経験から神聖化されてきたが、朴元大統領は、
    反共と近代化を掲げる中、民族主義に訴えることで大衆を動員し、統治の正当性を導き出す道具として活用した-と姜教授は説明した。

     「面白いのは、1970年代末まで、民族主義は朴元大統領をはじめとする右派の論ずるところだったという点。ところが80年代以降、
    左派陣営が民族主義を掲げ、持っていってしまった」

     「朴正煕大統領」は、依然としてホットな話題だ。韓国では長らく「朴元大統領をどう見るか」が、その人物の政治的傾向を測る「リトマス
    試験紙」になってきた。姜教授は「朴元大統領は、韓国の経済発展を引っ張った指導者であると同時に、独裁や人権弾圧、不正・腐敗の
    責任者」と述べながらも「朴元大統領が産業化や近代化を引っ張った功績を、左派陣営がきちんと認めないのは問題だと思う。だから、
    近代化に参加していた方々がさらに反発するのだ」と指摘した。

     経済史学界には「高度成長の過程に不正・腐敗や貧富の格差は必然的に伴う」と語る人が大勢いる。姜教授も率直に認めた。

     「実際その通りだ。英国や米国も、19世紀の資本蓄積の過程で、韓国よりずっとひどい搾取や腐敗を経験した。それに比べると、
    韓国はむしろ穏やかな方だったと解釈できる」

    >>2以降に続く)

    引用元: 【韓国】「現在の韓国人は、望むと望まざるとにかかわらず、朴正煕元大統領が残した政治的遺産の光と影の中で生きている」[09/07]

    続きを読む

    1: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/04/08(火)11:33:38 ID:BhbjHYeQO
    韓国の慰安婦問題は根深く、「米軍慰安婦」の前には「韓国軍慰安婦」の存在があった。02年、韓国の金貴20140408_08玉〈キム・キオック〉
    慶南大客員教授が初めて「韓国軍慰安婦」の存在を明かし、韓国陸軍本部が56年に編纂した公文書「後方戦史(人事篇)」の
    中に、“特殊慰安隊”と呼ばれた軍慰安所の記述を見つけた。金教授は韓国軍慰安婦の女性に聞き取り調査を行い、「軍隊と
    性暴力」の中でこう論じたのだ。

    〈韓国軍「慰安婦」制度は軍による性奴隷制度であり、女性自身は性奴隷であったといえる〉

    女性は韓国軍情報機関員に拉致され、慰安婦として働かされたという。日本の強制連行をでっち上げた韓国だが、自国女性を
    拉致、性奴隷として働かせていた、と指摘されたのだ。国際政治学者の藤井厳喜氏が解説する。

    「韓国は国家政策として直接政府が慰安所を運営していました。その事実が日本に知られるとまずいので、『後方戦史』は閲覧
    不可能にしました。朝鮮戦争でもベトナム戦争でも、自国の女性にひどい扱いをしていたのは韓国のほうです」

    53年に朝鮮戦争が休戦になると、翌年、慰安所は閉鎖される。代わって駐留米軍の基地周辺には「基地村」が作られ、政府公認
    の売春婦が集められた。米軍慰安婦として25年間を過ごした金蓮子〈キム・ヨンジャ〉氏は「基地村の女たち」(御茶の水書房)と
    いう手記で、性奴隷たちの悲惨な実態を明かしたのだった。

    〈ホールで働く女たちは、みな政府が発行する検診証がないと営業できなかった。毎週1回ずつ、性病検査を依託された産婦人科
    に行って検診を受けた〉

    彼女は、当時韓国で「淪落(売春)行為」が法律で禁止されていることを、知らなかったという。

    〈数年後にその事実を知ってとても驚いたものだ。政府が禁止しておきながら、女たちに性病検診を受けさせ、性病のある女は
    “淪落”できないようにするというのは矛盾している〉

    朴大統領の父親が“性のビジネス”を主導していた事実も裏付けられた。

    〈朴正煕大統領が基地村浄化政策を発表したのが1971年12月22日、外貨獲得のために基地村を育成し、基地村女性たちを
    徹底して管理し始めた頃だった。クラブは観光協会に登録し、協会は店と女たちを管理した。(中略)韓国は基地村をもっと拡張し、
    女たちをより清潔に管理することで、観光産業の発展を図ろうという、とんでもない政策を推進していた〉

    当時の韓国は貧しくて外貨が不足。韓国当局者は慰安婦たちに、

    「もっと体を売りなさい。あなた方はドルを得る愛国者だ」

    と称賛し、米軍に女性を献上していたのだ。
    http://www.asagei.com/21862

    引用元: 【アサ芸】 韓国・朴大統領がひた隠す実父の“慰安所管理人”過去(2)韓国当局「もっと体を売りなさい。あなた方はドルを得る愛国者だ」 [04/08]

    続きを読む

    このページのトップヘ