ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:朴槿恵大統領

    1: 蚯蚓φ ★ 2017/03/01(水) 01:17:57.60 ID:CAP_USER
     狂気の時代だ。朴槿恵(パク・クネ)大統領弾劾審理をする憲法裁判官を○害するという言葉が公然と出回っている。朴槿恵-チェ・スンシル国政壟断を暴いているパク・ヨンス特別検察官を「○してしまえ」という声まで聞こえる。常識と理性が失踪し、野蛮と狂気が大手を振るう世の中になった。

     昨年1000万本のろうそくが平和に燃え上がった時、韓国社会の積弊をきれいに清算する機会が訪れるという期待が膨らんだ。だが、最近になってそれは希望混じりの楽観であったことが露わになった。大統領弾劾に反対するいわゆる「太極旗集会」は勢力を伸ばし、ますます過激化している。白色テロが乱舞した解放政局に戻るのではないかという不安まで抱くほどだ。弾劾政局が終われば消える一時的な現象ではなさそうだ。

     経済的に世界10位圏に達した大韓民国が、政治的にはなぜこれほどの後進性を抜け出せずにいるのだろうか。誰が“広場の狂気”を焚きつけて、私たちの社会を退行させているのか。

     まず、公的概念が不在な政治家が挙げられる。政治家の資格要件のうち最も重要なのは公人意識を持つことだ。公とは「私的なことに背を向ける」という意味だ。だが、一部の政治家は権力を握ればこれを私的に利用して、自身と徒党の利益を得る手段として使ってきた。朴槿恵-チェ・スンシル国政壟断事件は、公的概念のない政治家が国をどこまで亡ぼすことができるかを示す代表的事例だ。

     私益の追求に没頭する政治家は、彼らの利益だけのために国民を自分の側と反対側に分ける。国民統合は口先だけで、自身の権力維持のために絶えず国民を分断し叩いて葛藤を助長する。ろうそく集会に対抗して太極旗集会がますます勢力を伸ばし過激になった裏には、大統領府に最後まで居座っている朴大統領とこれに同調する一部の親朴政治家たちがいる。彼らは自分たちの権力維持のために、ろうそく市民と太極旗集会参加者の流血衝突をも辞さないだろう。むしろそれを焚きつけているのかも知れない。

     こうした政治家を支えているのは、一部の所信のない官僚たちだ。公務員は国民の税金で生活している。公務員が自身を食べさせてくれる国民のために奉仕しなければならないのはあまりにも当然の義務だ。だが、私益を追求する政治家に媚びて不当な利益を得ようとする官僚が少なくない。特に国家情報院や検察警察など権力機関の官僚が最も激しい。国家を法律に則り運用し、国民の生命と財産を保護せよとして与えられた強大な権限を、自身の出世と私益のために誤用する。

     自身の人事権を握っている権力者に消極的に服従する官僚もいるだろう。問題は、自分たちがさらに積極的に出て政治家たちに忠誠を尽くし、その見返りを得ようとする官僚たちだ。特検の延長を拒否し、朴大統領守護に没頭している黄教安(ファン・ギョアン)首相が代表的だ。彼は“厚黒総理”(面の皮が厚く心が黒いこと)らしく、自身の権力意志を巧妙に偽装して朴大統領と親朴勢力の利益のために奉仕して、さらに大きな見返りを得ようとしている。 彼の目には、国民は必要な時に自身の人気集めに動員する演劇舞台の小道具に過ぎない。
    >>2-5のあたりに続く

    チョン・ソック編集人
    no title


    韓国語原文入力:2017-02-27 19:06
    http://www.hani.co.kr/arti/opinion/column/784418.html 訳J.S(2117字)

    ソース:ハンギョレ新聞日本語版[コラム] 誰が“広場の狂気”を焚きつけるのか
    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/26646.html

    引用元: 【韓国】 誰が「広場の狂気」を焚きつけるのか~公的概念のない政治家、官僚、曲学阿世の学者、真実を糊塗するジャーナリスト[02/28]

    続きを読む

    no title1: ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2016/11/28(月) 05:44:47.39 ID:CAP_USER
    ◆朴槿恵大統領 亡命の可能性を示す 亡命するとしたら日本?

    国民の党前代表であるチョン・ジョンベが朴槿恵大統領の亡命の可能性を主張した。
    チョン・ジョンベ元代表は「私は電話をして、翌月の日中韓首脳会談に朴槿恵大統領が行ったらいけないと言った。
    今国外を出れば国の恥さらしだ」と明かした。

    彼は「朴槿恵大統領は辞任したとたんに拘束されるので、合理的に考えても自主的に辞任はないだろう。
    朴槿恵大統領本人としては亡命するべきではないかと思う」と説明した。

    (中略)

    では亡命するとしたらどこになるのだろうか? 
    北朝鮮はまずあり得ない。
    そして中国も受け入れてくれそうにない。

    日本は朴槿恵大統領の反日政権で嫌っている人が多いが、他国よりまだマシと言ったところか。
    反韓感情が高まってきてるが、面と向かって言えない日本人の気質が利用されそうである。

    これに対して韓国のネットユーザーは「いくらなんでも亡命なんて……」「苦労とか知らずに育った女性だが刑務所に行くと考えるだけで恐ろしい」などの意見が書かれている。

    (▼記事を一部引用しました。全文は以下のURLでご覧ください)

    ゴゴ通信 2016/11/27 16:43:04
    http://gogotsu.com/archives/23947

    引用元: 【韓国】朴槿恵大統領 亡命の可能性を示す 亡命するとしたら日本か?[11/28] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    no title1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/23(水) 22:05:17.72 ID:CAP_USER
    親友・崔順実氏の機密漏洩問題で韓国国民の怒りが頂点に達し、いよいよ追い詰められた朴槿恵大統領。実は韓国では、これまでも多くの歴代大統領が悲惨な末路を迎えています。

    メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では、なぜこのような事態が繰り返されるのかを分析するとともに、「経済も政治も絶望的な韓国の悲劇的状況は止まりそうにない」と厳しい見方を示しています。

    なぜ韓国・歴代大統領の半数が「非業の死」を遂げているのか?

    急落する朴槿恵政権の支持率

    ● 朴大統領親友を拘束=国政介入疑惑、重大局面─証拠隠滅の恐れ・韓国 ? 時事通信 2016年11月1日

    朴槿恵大統領が親友の民間人女性である崔順実氏に極秘文書を見せてアドバイスを貰っていたという疑惑で、韓国は大揺れとなっています。さらには大統領府から多額の資金が彼女の財団に流れており、その資金を私的流用していた疑いも浮上しています。

    10月31日、崔順実氏が逮捕されましたが、朴槿恵大統領の支持率は15.5%台まで急落しています(※編注:本稿執筆時点。11/18現在の支持率はさらに低下し5%となっている)。直接選挙で選ばれた大統領の支持率がここまで低下するのは極めて異常です。

    もっとも、台湾の馬英九前総統はかつて支持率が10%以下になり、「9%総統」と呼ばれていましたから、朴槿恵大統領もまだいいほうでしょう。もっとも、馬英九政権の不人気ぶりから今年の国政選挙では国民党は大敗、70年にわたる国民党による華僑王国体制が総崩れとなりましたが。

    大統領府の近くで行われたデモでは、ギロチンの模型が登場したそうです。要するに、「大統領の首を切れ」ということなのでしょう。ネットでは朴大統領を「マリー・パクトワネット」などと呼ぶ人もいるそうで、不満が爆発寸前のようです。

    暗○、処刑、自○…歴代大統領の「尋常ではない」末路

    これに対して朴槿恵大統領は主席秘書官を刷新し、内閣改造で乗り切ろうと目論んでいるようですが、それで人気が回復するとは思えません。朴槿恵大統領の任期はあと1年半ほどです。

    朴槿恵大統領は、大統領の任期を2期10年に延ばす構想を持っているといわれていますが、それも水泡に帰したとでしょう。このままでいけば、大統領退任後に逮捕されるのは確実でしょう。

    韓国の歴代大統領のほとんどは、暗○されるか逮捕されるかといった悲惨な末路が待ち受けています。言うまでもなく朴槿恵大統領の父親である朴正煕も暗○されました。

    韓国には朴槿恵大統領を含めて、11人の大統領が誕生していますが、その半数近くが「尋常ではない」辞め方や死に方をしています。

    ・李承晩:不正選挙に反発した民衆のデモにより失脚、アメリカに亡命
    ・朴正熙:在任中に暗○
    ・崔圭夏:全斗煥の粛軍クーデターにより辞任
    ・全斗煥:退任後に粛軍クーデターや光州事件で死刑判決
    ・盧泰愚:退任後に粛軍クーデター、光州事件、不正蓄財で死刑判決
    ・盧武鉉:在任中の収賄疑惑が持ち上がり、退任後に自○

    あまりに多くの大統領経験者が、次の政権によって裁かれたり、悲劇的な終末を迎えるため、新大統領の誕生は「5年に1度の易姓革命」とも呼ばれるほどです。

    朴槿恵大統領は母も父も凶弾に倒れましたが、娘までが退任する1年半後に逮捕されるとなれば、これは彼女自身の問題のみならず、韓国人のさだめとしかいいようがありません。

    なぜ韓国の大統領は悲劇的な末路しかないのか。ひとつには朝鮮半島の特色でもある「朋党の争い」(党派同士の暗○や虐○)の伝統がいまだに残っていることが挙げられます。

    朝鮮半島では必ずといっていいほど、仲間割れや派閥争いが起こり、それが亡国の原因となってきました。

    統一新羅と高麗朝では、歴代国王のほぼ2人に1人が○されるか非業の死を遂げています。李氏朝鮮が滅亡したのも、もともとは高宗の父親である興宣大院君と、高宗の嫁である閔妃との衝突が原因でした。

    そのためにそれぞれが外国勢を味方に引き入れるといったことを繰り返したため、朝鮮半島が戦乱の地となってしまったのです。日清戦争にしても、この李氏朝鮮内での派閥闘争が遠因となって起こったことです。

    http://www.mag2.com/p/money/27120

    >>2以降に続く)

    引用元: 【黄文雄】処刑か?暗殺か?韓国・朴槿恵大統領の「悲劇的最期」が近づいている[11/23] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/07(水) 22:03:46.31 ID:CAP_USER
     【ビエンチャン=小島優】安倍晋三首相は7日午後(日本時間同日夜)、訪問先のラオス・ビエンチャンで韓国の朴(パク)槿恵(クネ)大統領と会談した。
    慰安婦問題に関する昨年末の日韓合意の誠実な履行を確認、両首脳は北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて緊密に連携することで一致した。

     慰安婦問題に関する日韓合意について、安倍首相は「昨年末の合意の着実な実施が重要だ。日本は合意に基づく(慰安婦財団に)10億円の支出を行うことを決め、既に支出を確認した。
    韓国政府も慰安婦像の問題を含め、引き続き合意の着実な実施に向けた努力をお願いしたい」と求めた。これに対し朴氏は「着実な実施が重要」と述べた。

     会談で両首脳は、北朝鮮が主要20カ国・地域(G20)首脳会議開催中の5日に、日本の排他的経済水域(EEZ)内に弾道ミサイルを発射したことを厳しく非難。
    国連安全保障理事会決議の厳格な履行や新たな決議の採択を通じて国際社会の圧力を強化するために、日韓のほか、米国を含む3カ国での連携を強化していくことでも一致した。

     両首脳は弾道ミサイル発射直後にも、立ち話し、連携を確認していた。

     安全保障分野の情報共有に向けた軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の早期締結なども協議。両氏の会談は、今年3月のワシントン以来。日本政府は日中韓首脳会談の年内開催を目指しており、安倍首相はこれに合わせた朴氏の訪日も要請した。

    http://www.sankei.com/politics/news/160907/plt1609070037-n1.html

    no title

    会談する安倍首相と韓国の朴槿恵大統領=7日、ラオス・ビエンチャン(代表撮影・共同)

    引用元: 【日韓首脳会談】安倍晋三首相が朴槿恵大統領に慰安婦像の撤去求める 「着実な実施に努力を」[9/07]©2ch.net

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/20(土) 05:16:00.22 ID:CAP_USER
    no title

    朴槿恵大統領(AP)

     韓国の朴槿恵大統領が、11月に日本を訪問する方向で検討に入ったことが19日、分かった。日韓外交筋が明らかにした。朴氏の訪日が実現すれば2013年2月の大統領就任後、初となる。

     朴氏は日中韓3カ国の首脳会談に合わせて訪日する。安倍晋三首相との会談も設定される見通しで、北朝鮮の核・ミサイル問題への対処や経済分野での協力関係などを確認するとみられる。
    ただ、中国公船の尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺への領海侵入などで日中韓首脳会談の前提となる3カ国の外相会談の最終調整も難航している。中国の動向次第では、首脳会談の開催や朴氏の訪日にも影響が出る可能性もある。

     昨年末の慰安婦問題をめぐる日韓合意以降、日韓関係は「改善の傾向」(外務省幹部)にある。日韓両政府は朴氏の訪日を機に両国関係を強化したい考えだ。

     朴氏は政権発足後、慰安婦問題の解決に向けて日本側が譲歩することを日韓首脳会談をはじめ両国関係改善の前提条件に掲げてきた。しかし、早期改善を求める国内世論にも押される形で昨年11月、ソウルで安倍首相と初会談。
    韓国側が設立した「和解・癒やし財団」に対し、日本側が今月12日、ソウルの日本大使館前の慰安婦像の撤去問題とは関係なく10億円を拠出する方針を表明し、両国関係はさらに前進した。

     また、米軍の最新鋭迎撃システム、高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に中国が猛反発し、朴政権が進めてきた中国重視外交が挫折。北朝鮮による弾道ミサイル発射も相次ぎ、日本との協力体制強化の必要性もある。

     こうした中、朴氏は15日、日本統治からの解放を祝う「光復節」記念式典での演説で、過去のように慰安婦問題に言及することなく、日韓関係について「歴史を直視し未来志向的な関係をつくっていかねばならない」と強調、注目されていた。

    http://www.sankei.com/politics/news/160820/plt1608200006-n1.html
    http://www.sankei.com/politics/news/160820/plt1608200006-n2.html

    引用元: 【政治】朴槿恵大統領、11月初来日へ 日中韓の首脳会談に合わせ[8/20]©2ch.net

    続きを読む

    このページのトップヘ