ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:朴槿恵

    no title1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/12/08(木) 19:52:24.31 ID:CAP_USER
     7日付の韓国紙朝刊は、大半が1面に同じ場面の写真を掲載した。朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件をめぐる国会の6日の聴聞会に証人として出席した財閥のトップたちが、手をさっと挙げている姿だ。「全経連(経済団体の全国経済人連合会)の解散に反対する人は手を挙げてください」という議員の求めに応じたのだ。

     手を挙げたトップのうち、最年長者は79歳、その次は71歳。質問した議員の父親ほどの年齢だ。法の下では平等だというが、こんな風にしかできなかったのかと思う。「はい、いいえで答えてください」と叱りつける議員の姿に、見るに忍びないとの声もあった。

     サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長は「恐縮だ」「申し訳ない」を連発し、重要な答弁を避けた。これには批判もあったが、同情も寄せられた。議員たちにさんざんなことを言われたためだ。「知恵をめぐらせるな」「(サムスンの)社員に弾劾されるだろう」「サムスンの入社試験に落ちそうだ」…。

     権力がCJグループのオーナー経営者を強制的に引きずり下ろしたことに憤慨していた議員たちが、「経営権を譲ってはどうか」とさえ言ったのだ。

     7日の聴聞会では、とても口にできないような発言も飛び出した。2014年の旅客船「セウォル号」沈没事故当時に大統領秘書室長だった金淇春(キム・ギチュン)氏が、遺体の引き揚げに反対したとの疑惑を野党議員が提起したときだった。議員の発言をそのまま書くとこうだ。「金淇春証人、あなたは死んでから天国に行くのは簡単ではないようです。たくさん反省してください!」

     金淇春氏にも相当な責任があるのかもしれない。それゆえ世論の批判を受けているのも事実だが、「地獄に落ちろ」と言わんばかりの呪いを浴びせるのはやりすぎだ。国会議員を含めた国民ができる限界は、法的な審判だ。

     聴聞会で、証人たちは「侮辱的な発言で国会の権威をおとしめれば告発されることもある」という警告を受ける。だが、実際に侮辱的な発言で国会の権威をおとしめているのはほとんどが国会議員だ。疑惑を持たれている財閥や権力者を面と向かって侮辱し、ののしれば、喜ぶ支持者もいるかもしれない。だが多くの人は、議員が巧みな質問で証人の秘密と真実を明らかにした時に一層の痛快さを覚える。

     1954年、マッカーシー議員が主導した米議会上院の陸軍聴聞会は、世間で最も有名な聴聞会に挙げられる。聴聞会を通じ、米陸軍内部で暗躍していた共産主義者をえぐり出したためではない。反対に、人身攻撃や暴言、怒号で米国社会を脅してきた当代の権力者、マッカーシー議員が陸軍側弁護士の一言で政治的致命傷を負ったためだ。

     「もう少し礼儀をわきまえるときではないですか? あなたには人格もないのですか」。力を手にしているとき、品位を保ってこそ美しい。

    鮮于鉦(ソンウ・ジョン)論説委員

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/08/2016120801109.html

    引用元: 【朝鮮日報】「あなたは死んでから天国に行くのは簡単ではないようです。たくさん反省してください!」 聴聞会の品位[12/08] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/25(金) 02:46:49.67 ID:CAP_USER
    全農中心の「全ボン準闘争団」15日から海南・晋州からソウル向けてトラクターで疾走 
    イ・ヒョシン副議長「朴槿恵とその残党を捕まえるためにオート麦の田植えを中断して出てきた」

    no title

    今月23日「全ボン準闘争団」西軍を率いる「大将トラクター」に乗り込んだイ・ヒョシン全国農民会総連盟副議長の姿//ハンギョレ新聞社

     トラクターは秋の収穫が終わってからも休む暇がなかった。慣れ親しんだ泥道から離れて、不慣れなアスファルトの上をガタガタ音を立てながら、北東に向けて直走っていた。田畑を後にして道路に乗り出したトラクターの計器盤からは、さびた鉄のにおいが漂っていた。

     「現代の趙秉甲(<チョ・ビョンガプ>甲午農民戦争の導火線となったとされる朝鮮後期の腐敗した郡守)である朴槿恵(パク・クネ)とその残党を捕まえるために、オート麦の田植えを中断して出てきました」。

     今月23日午前9時30分に忠清南道洪城(チュンホンソン)警察署の前。畑仕事を中断してトラクターに乗り込み、10日間かけてソウルを目指すイ・ヒョシン全国農民会総連盟(全農)副議長(53)は、赤い鉢巻きをしめてトラクターのハンドルを握ったまま、このように語った。

     彼は、東軍と西軍に分かれてソウルに進撃する「全ボン準(<チョン・ボンジュン>甲午農民戦争を率いた人物)闘争団」の西軍大将を務めている。イ副議長が率いる西軍は同日、洪城を出発し、礼山(イェサン)、唐津(タンジン)を経て、牙山(アサン)まで8時間を休まず走った。記者も助手席に座ってその時間を共にした。

    no title

    全ボン準闘争団西軍の移動経路//ハンギョレ新聞社

     トラクターの乗り心地は乗用車に比べ者にならなかった。平均時速15~20キロで走っているのに、終始ガタガタ揺れて頭を支えるのがやっとだった。ハンプを超えるときは、必ずといっていいほど座席に腰を打ち付けられた。

     「キーキー、ブーンブーン」。ガラスから入り込む大型タイヤの轟音が、絶え間なく耳にズキンズキンと響いた。乗り込んでから10分足らずで、吐き気とめまいが押し寄せた。

     「一日中運転していると、両肩がとても痛いです。トラクターは乗用車とは違って、衝撃が吸収されません。トラクターは農機だから普段はこんなに早く走ることはありません。トラクターでこんなに長い距離を走行するのは、おそらく空前絶後でしょう」

     全農は今月15日、朴槿恵大統領の退陣に向けた農家の心をトラクターに乗せて「全ボン準闘争団」を出撃させた。イ副議長が運転する西軍の「大将トラクター」は初日、全羅南道海南(ヘナム)から出発して、全羅北道を経て、忠清南道まで休まず走り続けてきた。全ボン準闘争団の道のりを最初から最後まで走破した唯一のトラクターだ。

     残りのトラクターは各市・郡を通るたびに合流して抜けるリレー方式で参加する。16日、慶尚南道晉州(チンジュ)で出発した東軍はチェ・サンウン全農副議長が率いている。

     東軍と西軍は24日、京畿道安城市(アンソンシ)に到着した。彼らは25日には全国から集まった約2000台のトラクターと合流し、午後5時、政府ソウル庁舎の前で「コメ価の大暴落、農民○害、国政壟断、朴槿恵退陣農民大会」を開く計画だが、警察は集会の禁止を通告した。

     彼らは26日、光化門(クァンファムン)で開かれるキャンドル集会にも参加する予定だ。トラクター軍団の最終目的地は大統領府だ。

    http://img.hani.co.kr/imgdb/japan/news/resize/2016/1125/148000672783_20161125.jpg
    全ボン準闘争団の西軍大将であるイ・ヒョシン全農副議長が今月23日午前、隊列の先鋒でトラクターを運転しながら忠清南道の国道を走っている。計器盤が時速15キロを指している//ハンギョレ新聞社
    http://img.hani.co.kr/imgdb/japan/news/resize/2016/1125/148000679502_20161125.jpg
    トラクターに乗って、忠南唐津市に到着した全ボン準闘争団西軍が、今月23日午後2時30分頃に昼食を終えた後、記念撮影を行っている//ハンギョレ新聞社

    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25762.html

    >>2以降に続く)

    引用元: 【韓国】進撃のトラクター「これから朴槿恵掘り返しに行く」[11/25] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    no title1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/05/26(木) 13:46:58.21 ID:CAP_USER
    朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は25日、アフリカ3カ国歴訪とフランス訪問のため12日間の外遊に出発した。朴大統領は就任後、アフリカを訪れるのは今回が初めてだ。

    韓国政府はアフリカ歴訪の意義について「グローバル外交に向けたネットワーク構築の最終作業」と位置づけている。

    しかし朴大統領は今回の外遊で、26日と27日に日本で開催される先進7カ国(G7)首脳会議にオブザーバーとして参加するチャンスを逃した。

    国際社会は今も協力して北朝鮮に対する制裁を実行に移しているが、そのような中、今回のG7は今年前半に東アジアで開催される最も重要な国際会議であることは間違いなく、会議後には北朝鮮による核兵器と長距離ミサイル開発を非常に強く批判する声明も採択される予定だ。

    開城工業団地の閉鎖など、北朝鮮に対する制裁に中心的な役割を果たしてきた朴大統領がこの重要な会議に出席していれば、単なるオブザーバー以上の注目を集めていたはずだ。

    ところが今回韓国政府がアフリカ訪問の日程を調整せず、朴大統領のG7出席を見合わせたのは、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相を中心とする外交政策担当者らの重大な判断ミスだ。

    日本はG7首脳会議を準備するに当たり、今年の初めに朴大統領の招待を検討したと伝えられている。ところが水面下の接触で、朴大統領はアフリカを訪問するためG7への参加は難しいとする韓国側の回答を確認し、日本は公式の招待を見合わせたという。

    G7首脳会議が開催される27日、朴大統領はアフリカ54カ国の政府が参加するアフリカ連合(AU)において、韓国の大統領として初めて演説を行う予定がすでに入っていた。

    アフリカは今後2030年までに中産階層の規模が5億人に達するものと予想されており、しかも膨大な地下資源が埋蔵されている未来の市場だ。

    これらを念頭に置いた「セールス外交」ももちろん重要だが、それ以上に喫緊の課題は「安全保障外交」だ。アフリカ訪問の日程を少し調整していれば、G7への参加とアフリカ訪問のいずれも可能だったはずだ。

    昨年も朴大統領の中南米歴訪中にインドネシアでバンドン会議(アジア・アフリカ会議)が開かれ、これには朴大統領ではなく教育部(省に相当)長官が代わりに出席した。

    同じように今回アフリカ訪問の日程を調整しなかったことについては、外交政策担当者の判断力が完全にずれていると言わざるを得ない。

    朝鮮日報 記事入力 : 2016/05/26
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/05/26/2016052600945.html

    引用元: 【韓国】G7サミット参加を見送ってアフリカ歴訪を選んだ朴槿恵外交[5/26] [無断転載禁止]c2ch.net

    続きを読む

    no title1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/12/14(月) 01:06:05.46 ID:CAP_USER.net
     朴槿恵(パク・クネ)大統領が内閣改造をめぐり苦心している。労働改革の5つの法案、サービス産業発展基本法など
    経済活性化に向けた主要法案が今回の通常国会で処理されず遅れているが人事聴聞会などの日程を考慮すれば
    内閣改造は今週発表される可能性が大きい。

     核心は韓国経済を率いる最高指令塔である副首相兼企画財政部長官の交替だ。現職の崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)
    副首相は来年の総選挙出馬のため退く予定だ。彼は10日「満期転役日が過ぎたが転役証が出てこない。除隊は
    させてくれるようだが」と話して退任を既定事実化した。

     新しい経済副首相は朴槿恵政権最後の2年の経済成績表の責任を負うことになる。その前に置かれた課題は重大だ。
    内外の要件は暗雲だらけだ。米国の基準金利引き上げが目前に近づいた。米国が7年間のゼロ金利をやめ量的緩和を
    やめれば世界経済は揺れ動くだろう。ユーロ圏は沈滞の泥沼から抜け出せず量的緩和をさらに拡大しなければならない境遇だ。
    成長の勢いが折れた中国も浮揚策が避けられない状況だ。世界経済は米国と欧州、中国がそれぞれ別の道を行く「大分岐」
    (great divergence)の時代に入り込んでいる。この流れが韓国経済に及ぼす影響を緻密に分析し対策を用意するのが
    経済リーダーの仕事だ。

     内部要件も悪化の一途だ。崔副首相の主張のように韓国経済が未曾有の危機という話はやや誇張と言える。だが危機の
    兆候は随所でくっきりとみられる。昨年の韓国企業の総売り上げは8年ぶりに減少した。今年9.7%減ることが予想される
    商品輸出は来年も2.3%減少する見通しだ。国策研究機関である韓国開発研究院(KDI)は今年の成長見通しを
    2.6%までさらに引き下げた。来年も3%に満たないという見通しが主流だ。年末の企業の構造調整の嵐は苛酷だ。
    その渦中に崔副首相在職1年6カ月の間に家計負債は1035兆ウォンから1200兆ウォンに増えいつ爆発するかもわからない
    時限爆弾になった。

     崔副首相は昨年7月に就任し、「地図にない道を行く」とした。それから不動産規制緩和、追加補正予算編成、
    消費税一時引き下げのような容易な政策を出した。一時は大統領選挙出馬も議論された親朴派の実力者としての
    推進力を生かし骨を削る構造改革と経済体質改善のような根本処方をしなければならなかったが不十分だった。
    地図にないくぼみにはまった局面だ。結果論的だが次の選挙を意識するほかはない政治家のため長期改革よりは
    短期成果に注力したためではないかと疑懼の念を覚える。

     いま韓国経済は没落か再跳躍かの岐路に立っている。こんな時に経済首長は政治的成功を夢見る人物になっては困る。
    グローバル経済の流れの中で韓国経済の座標を正確に読み取る分析力、根本的な回復案を出す専門性、非難を受けてでも
    果敢に改革を推進するリーダーシップ、経済主導者の協力を引き出す説得力など、総合的な能力を備えた人物でなければならない。
    在職中の実績を基に次の進路をむさぼる政治的性向の人物は避けなければならない。政治家だけはだめという意味ではない。
    どんな職業と経歴を持っていようが個人政治に気を遣う人は避けようという話だ。経済は厳しいのに選挙シーズンが近づくと
    心ここにあらずとなっていてはどのように正しい政策を出せるのか。ひたすら経済回復に邁進する経済副首相を期待する。

    (中央SUNDAY第457号)

    中央SUNDAY/中央日報日本語版 2015年12月13日13時12分
    http://japanese.joins.com/article/618/209618.html

    関連スレ
    【韓国】「1997年のアジア通貨危機のレベルに迫っている」 韓国の家計と企業の負債、IMFも警告★4[12/12] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1450022518/

    引用元: 【中央SUNDAY/社説】心ここにあらずの経済リーダー、これ以上はいらない=韓国[12/13]

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 05:00:05.53 ID:CAP_USER.net
    no title

    朴正煕大統領
    no title

    西岡力氏

     朴槿恵政権下で反日外交が展開される中、日本人の嫌韓感情はかつてなく高まっている。
    韓国研究者としてかの国と40年近く付き合ってきた私はこの間「現在の韓国人の反日感情の原因は日本統治時代の記憶ではない。なぜなら、反日感情は統治時代を経験していない若い世代ほど高いからだ。」と繰り返し述べてきた。(iRONNA)

     朴槿恵大統領も日本の統治時代を知らない世代だ。そしてその父、朴正煕大統領は日本統治時代を経験した世代だ。日本では父は「親日」で娘は「反日」だという誤解が広がっているが、朴正煕大統領も自分も「反日」だと明言している。
    朴正煕時代には日本で嫌韓感情は生まれなかったが、朝日新聞など左派メディアからは独裁者だとして激しい非難が加えられていた。

     朴正煕大統領の「反日」は朴槿恵大統領のそれとは質的に異なっていた。だから、侮蔑意識が含まれる嫌韓感情を生むことはなく、むしろ、心ある日本人の尊敬を集めた。

     一言でその違いをいうなら、甘えがなく自己の欠点を直視する勇気を備えている「反日」だった。朴正煕大統領は1965年、国内の激しい反対運動を戒厳令と衛戍令をひいて抑え付けて日韓国交正常化を断行した。
    そのとき、以下のような談話を発表している(1965年6月23日、韓日条約に関する韓国国民への特別談話)。

     去る数十年間、いや数百年間われわれは日本と深い怨恨のなかに生きてきました。彼等はわれわれの独立を抹○しましたし、彼等はわれわれの父母兄弟を○傷しました。そして彼等はわれわれの財産を搾取しました。
    過去だけに思いをいたらすならば彼等に対するわれわれの骨にしみた感情はどの面より見ても不倶戴天といわねばなりません。
    しかし、国民の皆さん! それだからといってわれわれはこの酷薄な国際社会の競争の中で過去の感情にのみ執着していることは出来ません。
    昨日の怨敵とはいえどもわれわれの今日と明日のために必要とあれば彼等ともてをとらねばならないことが国利民福を図る賢明な処置ではないでしょうか。(略)

     諸問題がわれわれの希望と主張の通り解決されたものではありません。
    しかし、私が自信を持っていえますことはわれわれが処しているところの諸般与件と先進諸国の外交慣例から照らしてわれわれの国家利益を確保することにおいて最善を尽くしたという事実であります。
    外交とは相手のあることであり、また一方的強要を意味することではありません。それは道理と条理を図り相互間に納得がいってはじめて妥結に至るのであります。(略)

     天は自ら助ける者を助けるのであります。応当な努力を払わずにただで何かが出来るだろうとか、または何かが生まれるであろうとかという考えは自信力を完全に喪失した卑屈な思考方式であります。

     今一部国民の中に韓日国交正常化が実現すればわれわれはまたもや日本の侵略を受けると主張する人々がありますが、
    このような劣等意識こそ捨てねばならないと同時にこれと反対に国交正常化が行われればすぐわれわれが大きな得をするという浅薄な考えはわれわれに絶対禁物であります。
    従って一言でいって韓日国交正常化がこれからわれわれによい結果をもたらすか、または不幸な結果をもたらすかということの鍵はわれわれの主体意識がどの程度に正しいか、われわれの覚悟がどの程度固いかということにかかっているのであります。

     韓国の「反日」がおかしくなるのは1982年、全斗煥政権が日本の左派メディアと中国共産党と野合して、歴史認識問題を外交に持ち出すという禁じ手を使ってからだ。第1次歴史教科書事件で、朝日などが文部省の検定の結果、
    「侵略が進出に書き換えさせられた」という大誤報をして日本政府を非難したことに、まず中国政府が公式抗議し、それに全斗煥政権が乗っかって、他国の歴史教科書の記述の修正を外交交渉の議題にするという前代未聞の「内政干渉」を行った。

    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n1.html
    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n2.html
    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n3.html
    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n4.html
    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n5.html
    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n6.html

    >>2以降に続く)

    引用元: 【韓国】朴正煕と朴槿恵の「反日」を比較 父にあった健全で尊敬できる反日に彼女が戻れば、日本人の多くの嫌韓感情は解消する[11/30]

    続きを読む

    このページのトップヘ