no title1: ロンメル銭湯兵 ★@無断転載は禁止 2017/01/16(月) 21:18:37.53 ID:CAP_USER
 韓国の慰安婦像新設が、韓国自身の首を絞めている。次期大統領候補が次々と、慰安婦問題をめぐる日韓合意の見直しを唱え、
対日、対米関係の悪化が進んでいるのだ。中国は、米軍の迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備をめぐって“制裁”に
踏み切り、韓国の国際的孤立は深刻だ。今後は「従北派」大統領が誕生する可能性が高く、北朝鮮主導の統一国家誕生も考えられる。
朝鮮半島は現在、「赤化統一」の危機にある。

 「中国・北朝鮮を相手にするため韓米日安保協力の回復を切実に望んでいる米国は、韓日の歴史問題における確執を遺憾に思っている。
やっと一息ついたところなのに、これを再び破ると言えば、米国も失望するだろう」

 朝鮮日報(電子版)は10日、韓国の危機的現状を懸念する、青瓦台(大統領府)元関係者の声をこう伝えた。同紙は13日にも
「慰安婦合意の再交渉主張、韓国の国際的信用落とす」との寄稿を掲載している。

 同紙の指摘以上に、対日、対米関係の悪化は深刻なのだが、大統領候補らの危機感は低い。

 国際情勢に通じているはずの前国連事務総長、潘基文(パン・ギムン)氏までが、日韓合意に基づいて日本政府が韓国の財団に
拠出した10億円について、「(ソウルの日本大使館前の)少女像撤去と関係があるものなら間違っている」といい、返還に言及しているのだ。

 一昨年12月の日韓合意は、米国による事実上の仲裁を受けて、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的に解決」を確認し、日本政府は
韓国政府が設立する財団に10億円を拠出するというものだ。世界各国もこれを支持した。

 官邸周辺は「実は、日本政府は合意時に『新たな慰安婦像設置は合意違反だ』と通告し、韓国側も理解した。韓国政府は
ソウルの日本大使館前の少女像をめぐる問題の解決に努力するはずだった」と明かす。

 ところが、韓国政府は、釜山の日本総領事館前への慰安婦像設置を黙認し、大半の大統領候補が「10億円を返還する」と言い出した。
日韓合意やウィーン条約に違反するだけでなく、「10億円返還」は合意破棄の決定的証拠になる。韓国の国際的信用は失墜し、
日米はじめ世界各国が「韓国は、その程度の国だ」と見放すしかなくなる。

 韓国はTHAAD配備決定をめぐり、中国との関係も冷え切っている。

 中国は実質的な報復措置として、韓流スターや韓国製品を中国から締め出す「禁韓令」を出した。中国軍機が9日、韓国・済州
(チェジュ)島南方の防空識別圏に複数回侵入したが、中韓国防相間のホットラインが途切れているとも伝えられている。

 韓国の孤立化が進むなか、次期大統領選では「親北左翼」の候補が当選する可能性が高い。

 世論調査機関「リアルメーター」が12日に発表した調査結果によると、1位は最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表で、
2位の潘氏に7・6ポイントの差をつけている。

>>2以降に続く)

Yahoo!ニュース 夕刊フジ 1/16(月) 16:56配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000006-ykf-int

引用元: 【夕刊フジ】「10億円返還」韓国、左翼化の愚策 朝鮮半島“赤化統一”危機…「反日」捨てなければ生き残る道なし[1/16] [無断転載禁止]©2ch.net

続きを読む