ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:日帝

    no title1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2014/06/19(木) 22:01:51.22 ID:???.net

    19日ソウル江南区(カンナムグ)三成洞(サムソンドン)コエックスで開かれた「2014K-Festival韓
    国祭り博覧会」で群山(クンサン)時間旅行祭りブースを訪れた観覧客らが日帝強制占領時代の服
    装を体験している。

    国内外80カ余りの祭りの全てをひと目で見ることができる'2014K-Festival韓国祭り博覧会'は19
    日から22日までソウル、コエックスDホールで開かれる。

    ソース:ニュース1 (韓国語) '日帝強制占領期間で時間旅行'
    http://news1.kr/photos/904495

    続きを読む

    no title1: LingLing ★@\(^o^)/ 2014/05/29(木) 22:25:59.70 ID:???.net
    ■「石窟庵(ソクラム)仏像、日帝に略奪されていなかった」
    石窟庵(ソクラム)本室の本尊仏の前から石窟の入口側を眺めた様子。入口の両側の二本の柱の脇に
    それぞれ空いている龕室が見える。国内学界はこの龕室にそれぞれ仏像があったが、日本人たちが
    盗み出したものとこの間推定してきた。

    慶州(キョンジュ)石窟庵(ソクラム・国宝24号)は韓国美術史の宝だ。 だが失なわれた宝物もかなりになる。
    本室内の五重の塔と、本室周壁の浮彫像の上の龕室仏像が代表的だ。 本室の本尊仏とその後方の十一面
    観音菩薩浮彫像の間にあったと言われる五重の塔は、現在国立慶州博物館が所蔵中の千佛千塔(1913年の
    1次保守工事中に発見)と一対の石窟庵内部の塔だ。

    1909年に曾禰荒助(そね・あらすけ)朝鮮統監が訪問した後に無くなったと伝えられている。 菩薩像などが
    入っていた龕室は全部で10個だが、その内、本室入口の左右にある龕室2ヶ所が空いていて、その中に
    元々は2体の仏像があったいうのが通説だ。

    文化財学界はこの遺物を日本人たちが盗み出したと見て、最も至急に還収しなければならない文化財だと
    力説してきた。

    石窟庵(ソクラム)の元来部材と過去の写真を比較しながら、石窟の円形を研究してきたハン・ジョンホ東国
    (トングク)大考古美術史学科教授が、最近破格的な主張を提示した。

    二つの龕室には当初から仏像がなく、実際には本室の床にあったと考えられてきた五重の塔と千佛千塔が
    安置されていたということがその骨格だ。 龕室仏像盗難説は後代に作り出した話だということだ。彼は24日に
    開かれた韓国古代史探求学会の発表会でこのような内容を盛り込んだ‘石窟庵千仏小塔の性格と奉安処再考’
    という論稿を公開して論争に油を注いだ。

    ハン教授は消えた仏像の容貌や搬出経緯などに関する情報がないということに注目した。五重の塔は1913年
    の補修後に刊行された日本人たちの記録に様式と位置が説明されており、日本人の自宅に運ばれたとか、
    統監の訪問直後に無くなったなどの搬出経緯が言及されている。

    しかし、仏像は柳 宗悦が1919年に書いた石仏寺関連文と同じ年に刊行された<新羅旧都慶州誌>等に、紛失、
    搬出されたという言及があるだけだ。 総督府が1938年に出した<仏国寺(プルグクサ)と石窟庵(ソクラム)>には
    「龕室に創建当時何が安置されていたのか、いつなくなったのかも分からない。大正2年(1913)石窟内で2体の
    石像が発見され、どこかに無くなったという巷間の説には信憑性がない」という記録まで窺える。

    等身大で2トン近い龕室仏像は搬出が容易でない。ハン教授は「龕室が床から4m上にあり、1次補修前に
    アーチ型天井が崩壊の危険に直面していた状況であったことを勘案すれば、仏像を持ち出したということには
    納得し難い」と述べた。

    本室の床に二つの塔を奉安する空間がふさわしくないということもその通りだ。石窟庵内に安置された二つの
    塔の元位置は、十一面観音像の前と本尊像の前にそれぞれ配置されていたと推定されてきた。しかし十一面
    観音像と本尊仏との距離は1mに過ぎず、かつて美術史学者コ・ユソプも「あまりに狭くて窮屈な感が拭えない」
    という見解を出したことがある。

    >>2以降につづく

    http://japan.hani.co.kr/arti/culture/17464.html

    続きを読む

    no title1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2014/05/18(日) 00:17:52.65 ID:???.net
    ▲キム・ジョンフン全南(チョンナム)科学大日本文学科教授が最近公開された日本外務省の‘七
    ツ館事件’文書について説明している。

    苦痛と無気力そして怒り。4月16日以後、セウォル号事件に対して大韓民国の人々なら誰でも
    感じた感情だ。ついに死体で戻った子供たちの携帯電話に映った動画はその感情を極大化する。
    まだ帰ってこられない子供たち。今から70年前にもそのようなことがあった。ほとんど知られて
    いないが遠く日本で、まっ暗な炭鉱で生き埋めになった朝鮮人徴用労働者らの話だ。

    「もちろん時代的背景や環境は違うが、結局、人よりお金を重視し、また、事件が発生した時、隠
    すことばかりに汲々とした政治権力の無能という点で共通点があると考えます。70年前に発生し
    た事件も、結局、戦争遂行のために人間性を抹殺されたし、事件の収拾過程でも人間の命を毛頭
    貴重と考えなかったことを見せるのではありませんか。」

    キム・ジョンフン全南(チョンナム)科学大、日本文学科教授の言葉だ。
    2014年、韓国で発生したセウォル号事件とキム教授が深く掘り下げてきた‘七ツ館事件’の共通
    点は何かと訊ねた質問に対する答えだ。

    七ツ館事件が発生したのは1944年5月29日。場所は日本東北地方の秋田県大館市の花岡鉱
    山だ。インターネットで探しても七ツ館事件の記録はほとんど出てこない。代わりに花岡事件に関
    する記録はかなり多い。花岡事件は七ツ館事件が起きた2カ月後の8月、鉱山に連れてこられた
    中国人捕虜が暴動を起こし中国人捕虜の半分が虐殺された事件だ。キム教授は話す。「花岡事
    件については中国側から真相究明の努力も多く、研究者もかなり多いほうです。中国の方には遺
    族会もあって…。」

    七ツ館事件の概要はこうだ.。七ツ館は亜鉛・銅・鉄などを生産した花岡鉱山の坑道の名前だ。戦
    争末期、帝国主義日本は戦争に必要な物資を調達するため徴用労働者らを坑道に押し込んだ。
    5月29日、坑道が崩壊し朝鮮人徴用労働者12人と日本人労働者11人が生き埋めになった事件
    だ。埋まった労働者らは生きていた。持っていたシャベルやノミでレールをたたいて自分たちが
    生きていると知らせてきた。生き残った労働者と家族が必死に掘りおこしたが、生きて返ってきた
    のは朝鮮人労働者1人に過ぎなかった。現場を管理した鉱山側はこれ以上作業を遅滞できないと
    判断、坑道を埋めた。22人の命がそのように犠牲になったのだ。
    (中略:花岡事件、民族芸術研究所・元所長の茶谷十六氏の調査など)

    キム教授がこの事件の真実究明に熱心な理由は何だろうか。「日本政府は機会あるたびに韓・日
    関係の新しい出発を強調するが、過去がない現在はありえないと考えます。靖国や子供・女性を
    引っ張っていった勤労挺身隊の謝罪と補償問題の解決と一緒に真相究明なしに‘善隣友好’はな
    いという考えです。過去70年間、隠蔽されてきたこの問題について新たに明らかになったことがあ
    るなら犠牲者の遺骨を探すなどの問題に誠意を見せなければならないのではないですか。」

    不幸な過去の歴史を隠すのではなく明らかにすることが真の友好と和解の土台という指摘だ。

    チョン・ヨンイン記者

    ソース:京郷新聞(韓国語) セウォル号の野蛮に似た‘七ツ館事件’
    http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201405171625521&code=940100

    関連スレ:【国内】 日本市民団体、安倍総理に「関東大震災朝鮮人虐殺の究明」を請願★2[05/16]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1400322255/

    前スレ:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1400322385/
    ★1の立った時間:2014/05/17(土) 19:26:25.64

    続きを読む

    20140313_03


    1: 名無しさん 2014/03/13(木)00:56:47 ID:A9WWvj3vV
    <アンカーコメント>日本の歴史歪曲に対する国際社会の怒りが大きくなっている中、韓半島のあち
    こちに神社をたて私たちの民族精神まで侵奪しようとした日帝の蛮行を示す写真展示会が開かれ
    ています。イ・スジン記者が取材しました。

    <リポート>日帝強制支配期、米収奪基地であった全北(チョンブク)群山(クンサン)、
    ----------
    都心がひと目で見下ろせる月明山裾にあった日本神社です。
    ----------
    侵略戦争に幼い学生たちを導くため神社は学校の中にまで入りました。
    ----------
    日帝時代、韓半島に設置された日本神社跡を写した写真資料百点余りが公開されました。

    <インタビュー>ジョンゴル僧侶/東国寺住持「その当時の惨状、侵奪資料を公開して見せることに
    よって歴史認識を新たにする契機にしようと」

    写真展を見た市民たちは同じ言葉で日本政府の反省を促しました。

    <インタビュー>チェ・ジョンウン/光州広域市光山区:「この様な写真がみんな残っていて映像で残っ
    ているのに、これを知らんぷりしているのは日本政府が無視しているようで」

    日帝強制支配期に我が国に建てられた神社は千カ所余り。大部分撤去されたり仏像がなくなって
    今は全南小鹿島(ソロクド)1カ所だけ残っています。歳月の中に跡は全て消えましたが、この場所
    には愛国の志士の功績を賛える銅像が立てられています。

    いわゆる内鮮一体と皇民化を強要するために韓半島のあちこちの明堂に作られた日本神社。日
    帝侵奪の歴史をそっくり見せています。

    KBSニュース、イ・スジンでした。

    ソース:KBSニュース(韓国語) [ニュース9]日帝'神社'..民族の精気抹殺
    http://jeonju.kbs.co.kr/news/news_01_01_view.html?no=3261338&find_date=20140311

    引用元: 日帝は韓半島のあちこちに神社建て民族精気の抹殺図った 惨状伝える写真展

    続きを読む

    20140305_05

    1: FinalFinanceφ ★ 2014/03/05(水) 13:23:08.74 0
    日帝強制徴用被害者の障害を証明する客観的資料がなくても
    慰労金を支給できるという判決
    が下されてきた。

    裁判所が関連法律の立法趣旨を考慮して厳格な定規を突きつけるより
    被害者方に立って下ろした結論だ。
    続きを読む

    このページのトップヘ