ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:日刊ゲンダイ

    1: 影のたけし軍団 ★ 2017/10/28(土) 09:41:49.74 ID:CAP_USER9
    巨大与党でヒトラー化する安倍首相
    ナチスとヒトラーはこうして独裁体制を築いた


    「ナチスの手口に学んだらどうかね」――。麻生副総理が4年前に発した妄言だが、
    安倍独裁の完成が近づく今こそ、国民は「ナチスの手口」を学ぶ必要がある。

    権力掌握のためにナチスとヒトラーが用いた手口が、ドイツ国民は内外の敵に脅かされているというプロパガンダだ。
    その敵とは「第1次世界大戦の戦勝国に押しつけられたドイツ制裁のベルサイユ体制」であり、
    「戦争の惨劇を利用して富を貯め込むユダヤ人」であり、「台頭する共産主義勢力」である。

    ヒトラーは演説で敵の脅威を散々あおり、民衆の理性より感情に訴えかけた。
    危機に怯える国民の感情を治安立法や軍備強化に悪用し、着々と独裁体制を築いていったのだ。

    典型的な「ショックドクトリン」であるが、ヒトラーがあおった敵をそれぞれ「押しつけ憲法」
    「中国人と朝鮮民族」「反安倍のリベラル派」に置き換えれば、今の日本の政治状況はナチ前夜とそっくりである。

    そして安倍は今回の選挙演説で、ヒトラーが独裁のために乱用したワイマール憲法の「大統領緊急措置権」に相当する
    「緊急事態対応」には一切触れず、北の脅威だけを連呼して突破した。まさにナチスの手口である。

    前出の石川裕一郎氏はこう言った。「危惧されるのは、世相までナチ前夜に酷似してきたことです。
    ユダヤ迫害を連想させるヘイトスピーチがネット上にあふれ、『憲法を変えないと戦争できないから北朝鮮になめられる』という、
    理性よりもシンプルな感情が先に出てしまう空気がはびこる。安倍首相の選挙演説では、日の丸旗を振る支持者と持たない反安倍派がいがみ合う。

    『日の丸』は国民統合の象徴のはずなのに、まるでナチス旗を持つか、持たないかのように国民を分断する道具になっている。
    これらの不穏な空気とナチス独裁を許した当時のドイツの世相はどこかリンクしているように思えてなりません」

    理性が感情にかき消される社会の行き着く先は独裁しか待っていない。
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/216186/5
    no title



    【自民】麻生氏「左翼が全議席の2割を切った。北朝鮮のおかげも」 自民大勝の衆院選結果で★3
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509066235/

    また本音】麻生副総理「左翼が3割切った歴史ない。北朝鮮のお陰」 ★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509023447/

    引用元: 【日刊ゲンダイ】 ヒトラー化する安倍首相 ナチスとヒトラーはこうして独裁体制を築いた

    続きを読む

    no title1: ねこ名無し ★ 2017/10/13(金) 04:49:42.23 ID:CAP_USER
    カズオ・イシグロさん(62)がノーベル文学賞を受賞したことで、国籍の問題が改めてクローズアップされている。

    イシグロさんは両親がともに日本人で、生まれたのは長崎市。5歳のときに父親の仕事の関係で英国に渡り、1982年に英国の国籍を取得したという。

    本人は受賞後のインタビューで、「川端康成、大江健三郎に続いて3人目の受賞」と喜んでいたが、国籍上は日本人ではない。日本の国籍法は、11条で「日本国民は、自己の志望によつて外国の国籍を取得したときは、日本の国籍を失う」と定めている。イシグロさんは、英国の国籍を取得した時点で石黒さんではなくなったのだ。

    もしも日本が二重国籍を認めていれば、イシグロさんは石黒さんでもあった。だれにはばかることなく“日本人として3人目の快挙”となったし、今以上に盛り上がったのではないか。

    いったい、なぜ、日本は二重国籍を認めないのだろうか。国籍法に詳しい名城大教授の近藤敦氏(憲法)は、「政府が反対する理由は3つあります。忠誠の衝突と外交上の保護権の衝突、それと重婚など身分関係の混乱です。ただし、世界は二重国籍を認める流れになっています」と言う。

    確かに、戦争を前提にすれば、国籍で敵か味方か分からないと困るだろう。海外でトラブルに巻き込まれた際に、どこの国が保護するのかも明確になっていた方がいいかもしれない。

    もっとも、それよりも大きいと考えられているのが、「日本は単一民族の国家でありたい」と願う保守系政治家の影響力。国籍に高いハードルを設けて、日本に住む外国人や海外に移住する日本人に制約を加えている。

    近藤教授は「日本の保守政党の外国人政策や移民政策の立場は、ヨーロッパの極右政党と同じです。グローバル化の進展やダイバーシティー社会の実現を考えれば、二重国籍を認めるプラス面は大きい。海外で活躍する日本人にとっても、国籍を放棄せずに現地の国籍も取得できるようになれば、国籍の違いによる制限を受けることがなくなります。活躍の幅も広がるでしょう。実際に韓国は二重国籍を認めるよう法律を見直しました」と指摘する。

    少し前、蓮舫・前民進党代表は日本と台湾の二重国籍問題で批判された。いくら本人が「日本人だ」と言っても叩かれ続けたものだが、一方でイシグロさんが「私の一部は日本人」と話すのを、保守系メディアはうれしそうに報じている。

    どうも、すっきりしない。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/215336/

    no title

    カズオ・イシグロ氏は日系イギリス人(C)AP

    関連記事
    ICANのノーベル平和賞受賞に日本政府が沈黙する理由
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/215120

    引用元: 【日刊ゲンダイ】二重国籍問題の矛盾、カズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞受賞で浮き彫り 蓮舫・前民進党代表は批判された[10/13]

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/09/11(月) 01:13:03.45 ID:CAP_USER
    貧すれば鈍すか――。

    英国の研究チームが経済的に不安定な人を分析した論文を発表した。昨年の米大統領選で米国人750人をアンケート調査したところ、トランプをクリントンより「独裁的」とみる人が多く、貧困率や失業率が高い地域の人ほどトランプに投票すると回答した。

    同チームは世界69カ国、13万8000人も調べ、その結果、失業率が高い地域の人ほど「議会や選挙を気にしなくてもいい強い指導者」を好んだという。貧困層ほど独裁者を求めているのだ。

    この結果は日本にも通じるものがある。ある調査によると、貧困で売春をしている女性の100%が自民党を支持しているとか。独裁色が強い安倍政権を支持する人やネット右翼には派遣社員、アルバイターが多いといわれる。なぜなのか。

    ■独裁者を求める深層心理

    「民主主義への意識が激変したからです」とは明大講師の関修氏(心理学)だ。

    「たとえば学生運動。昔の若者は民主主義の下で世の中を変革しようとしましたが、今の若者は民主主義のせいで所得や身分の格差が増大したと考えています。その結果、強大な権力で自分を救ってくれる独裁者にすがろうという意識が強まったのです。

    この心理はトランプ支持の米国民も安倍政権支持の日本人も同じ。日本の派遣社員などは北朝鮮が挑発し、中国、韓国が敵対の姿勢を示すのを見て、自分たちの暮らしが改善しないのは北や中韓のせいだと憎悪を募らせる。ドイツでヒトラーが台頭したときと同じです」

    正社員は職場で政治の話になり意見が対立したとき、「そういう考えもあるね」と柔軟な発想ができる。しかし派遣やアルバイターは話し合う相手がいないため、中韓などと対立する指導者に心酔してしまうのだ。

    「そういう人は帰宅後ずっとパソコンに向かい、自分に心地よい思想の人だけとコミュニケーションを取ります。社会から孤立してネトウヨ化が強まり、独裁者は彼らの1票が欲しくてさらに独裁化。悪循環が続くのです」(関修氏)

    貧困層がいるかぎり、仮に安倍晋三首相が退陣しても次のヒトラーが出てくる。石破氏か、それとも百合子氏か……。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/212919

    no title

    日本人も他人事じゃない(C)日刊ゲンダイ

    関連記事
    「Aアラート」の声も…安倍首相の動静にネット上で熱視線
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/212971

    引用元: 【日刊ゲンダイ】独裁色が強い安倍政権を支持する人やネット右翼には派遣社員、アルバイターが多いといわれる なぜなのか[9/11]

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/08/02(水) 00:52:51.57 ID:CAP_USER
     北朝鮮の高笑いが目に浮かぶ。来週の内閣改造直前に稲田防衛相が辞任した28日午後11時42分、北朝鮮は大陸間弾道ミサイル(ICBM)とみられるミサイルを発射した。約45分間、約1000キロ飛行し、日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられる。

     発射場所は慈江道の舞坪里。落下地点は北海道の積丹半島西約200キロ、奥尻島北西約150キロの日本のEEZ内の日本海上とみられる。通常より高い高度で打ち上げるロフテッド軌道だったもようで、韓国軍はこれまでの高度を900キロ更新する過去最高高度の約3700キロに達したことを明らかにした。

     岸田外相兼防衛相は、「最大射程は少なくとも5500キロを超えるとみられる」との認識を示したが、米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所はより低い角度で打ち上げた場合、9000~1万キロ飛行していた可能性があると分析。北朝鮮から米本土に到達する距離だ。

     夜間の発射は異例。深夜でも発射が可能で、奇襲攻撃能力を誇示する狙いとみられる。

     北朝鮮では、今月21日に北西部・亀城市でミサイル発射用機材を搬送している車両が確認され、朝鮮戦争の休戦協定が締結された27日の祖国解放戦争勝利記念日にミサイルを発射するのではないかと警戒されていた。

     発射が翌日になったのは、27日は悪天候に見舞われ、発射を断念したとの見方があるが、自衛隊幹部は「あえてこの日を狙った可能性はある」と話した。

     稲田防衛相のドタバタ辞任に合わせたあいさつ代わりの発射だった可能性もある。いやはや、完全になめられてる。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/210485/

    no title

    あえてこの日を狙った可能性も(C)日刊ゲンダイ

    引用元: 【日刊ゲンダイ】深夜ICBM発射、稲田氏辞任でドタバタ日本を北朝鮮が高笑い あいさつ代わりの発射だった可能性も

    続きを読む

    日刊ゲンダイ
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2017/07/06(木) 20:09:51.88 ID:CAP_USER
    偶然なのか 内閣支持率と北ミサイル発射に“あうんの呼吸”


    実は裏でつながっているのではないか――。
    4日午前10時ごろ、北朝鮮から弾道ミサイルが発射され、日本海の排他的経済水域に落下した。
    それから約5時間後、北朝鮮は「特別重大報道」としてICBMの発射実験に成功した、と発表した。

    が、これは偶然なのか。過去、北朝鮮がミサイルをブッ放すタイミングを時系列で追ってみると不思議なことが見えてくる。
    安倍政権に不都合が生じると、それを揉み消すように北朝鮮がミサイルを撃ってくれるのだ。

    2017年1月から今日に至るまで北朝鮮は計10回13発の弾道ミサイルを発射しているわけだが、
    どれも安倍内閣の支持率が低下した月にブッ放している。唯一6月は例外だが、ICBM開発が最終段階を迎えていたからか。

    もはや安倍首相と金正恩の間に“ホットライン”があるのでは? と勘繰りたくなる。
    悪い冗談であって欲しいが……果たして。
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/208885

    引用元: 【日刊ゲンダイ】 安倍首相と金正恩は裏でつながっているのではないか

    続きを読む

    このページのトップヘ