ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:抹殺

    1: 蚯蚓φ ★ 2017/10/14(土) 15:34:56.26 ID:CAP_USER
    1910年から1945年まで続いた日帝強制占領期間は韓国の歴史上最もぞっとする時代に数えられる。これは人だけでなくこの土地に住んでいた動物も同じだった。当時、日帝は朝鮮を物的に収奪するのはもちろん民族精神さえも奪おうとした。日帝はこのために口のきけない獣まで無作為に虐○した。そのため、私たちの山と海、野原を駆けた多くの動物は絶滅したり絶滅危機に貧することになった。私たちのご先祖と一緒に暮らした動物のうち日帝の犠牲になった動物を確認してみよう。

    1.虎
    no title


    18世紀に入り、韓半島に棲息した虎の個体数はどんどん減り始めた。牛に発病する流行病の牛疫は牛だけでなく虎などの野生動物にも広がり、焼き畑開発が増えて虎の棲息地も減った。特に1915年、朝鮮総督府が猛獣から人を保護するという名分の下に実施した「害獣駆除事業」で多くの虎が屠○された。そのため白頭山脈に号令した虎は1921年を最後に痕跡をなくした。

    2.熊
    no title


    日帝の害獣駆除事業で最も大きな被害を受けた野生動物は熊だ。朝鮮総督府統計によれば1919年から1942年まで害獣駆除事業で屠○された熊は何と1,369匹だ。そのためにツキノワグマ、ヒグマなど韓半島に棲息した多くの熊は絶滅危機に瀕した。しかし、幸いツキノワグマは、学界、政府、市民社会などの努力で智異山(チリサン)に復元され、ヒグマは、北朝鮮、蓋馬(ケマ)高原一帯に一部残っていることが分かった。

    3.ドクトアシカ
    no title


    アシカ科アシカ属の海棲哺乳類のドクトアシカは独島(ドクト、日本名:竹島)近隣など東海岸に主に棲息した。最大数万匹まで棲息していたことが知られるドクトアシカは1904年以後、皮と油を得ようとする日本人たちによって乱獲された。日本人たちが1904年から8年間捕獲したアシカは何と1万4千匹以上だと知らされた。アシカ革はカバンなど衣類に作られ、子アシカはサーカス団に売った。結局、ドクトアシカは1974年、独島近海で発見された記録を最後に完全に痕跡をなくした。

    4.トンギョンイ(東京犬)
    no title


    「尻尾のない犬」で知られたトンギョンイは新羅時代から慶尚道(キョンサンド)地方の人々に育まれた慶州犬だ。しかし1930年代、日帝は尻尾がないという理由でトンギョンイを手当たり次第に虐○し始めた。日本人たちが神聖と考える彫像「コマイヌ」がトンギョンイと同じように尻尾がなく、神聖な「コマイヌ」に似た犬が植民地でありふれている事実が日帝の自尊心に触れたのだ。また、日帝は戦争に必要な犬皮を収集するためにトンギョンイを大量虐○した。しかし、幸い2006年から始まった学界と地方自治体の復元事業のおかげで個体数がある程度復元された。

    5.サプサル犬(むく毛犬)
    no title


    ふくよかな毛が魅力的なサプサル犬やはり日帝強制占領期間当時、トンギョンイのように戦争物資に利用するため手当たり次第に虐○した。特に日帝はサプサル犬の毛で軍用防寒服を製作したが、このためにサプサル犬50万匹が虐○されたという話がある。絶滅直前だったサプサル犬は1985年、本格的な育種研究が始まり幸い個体数が増え始めた。

    6.大陸鹿
    no title


    別名「花鹿」と呼ばれる大陸鹿は朝鮮時代まで王室が管理するほど大事にされた。しかし、大陸鹿は日帝強制占領期間に入り、「害獣駆除事業」のまた他の犠牲になった。また、日本人たちは鹿の血や鹿茸を得るために大陸鹿を手当たり次第に捕獲した。その結果、大陸鹿は1940年代を最後に韓半島から完全に跡を絶った。

    ソース:インサイト(韓国語) 日帝が抹○して「絶滅・絶滅危機「に処した我が国動物6種
    http://www.insight.co.kr/news/122916

    関連スレ:【韓国】 「尻尾がないところが狛犬に似ている」という理由で日帝に虐○された慶州犬「トンギョンイ」の復活[10/11]
    http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1507725709/

    引用元: 【韓国】 日帝が抹殺して「絶滅又は絶滅危機」に瀕した我が国の動物6種[10/14]

    続きを読む

    20140313_03


    1: 名無しさん 2014/03/13(木)00:56:47 ID:A9WWvj3vV
    <アンカーコメント>日本の歴史歪曲に対する国際社会の怒りが大きくなっている中、韓半島のあち
    こちに神社をたて私たちの民族精神まで侵奪しようとした日帝の蛮行を示す写真展示会が開かれ
    ています。イ・スジン記者が取材しました。

    <リポート>日帝強制支配期、米収奪基地であった全北(チョンブク)群山(クンサン)、
    ----------
    都心がひと目で見下ろせる月明山裾にあった日本神社です。
    ----------
    侵略戦争に幼い学生たちを導くため神社は学校の中にまで入りました。
    ----------
    日帝時代、韓半島に設置された日本神社跡を写した写真資料百点余りが公開されました。

    <インタビュー>ジョンゴル僧侶/東国寺住持「その当時の惨状、侵奪資料を公開して見せることに
    よって歴史認識を新たにする契機にしようと」

    写真展を見た市民たちは同じ言葉で日本政府の反省を促しました。

    <インタビュー>チェ・ジョンウン/光州広域市光山区:「この様な写真がみんな残っていて映像で残っ
    ているのに、これを知らんぷりしているのは日本政府が無視しているようで」

    日帝強制支配期に我が国に建てられた神社は千カ所余り。大部分撤去されたり仏像がなくなって
    今は全南小鹿島(ソロクド)1カ所だけ残っています。歳月の中に跡は全て消えましたが、この場所
    には愛国の志士の功績を賛える銅像が立てられています。

    いわゆる内鮮一体と皇民化を強要するために韓半島のあちこちの明堂に作られた日本神社。日
    帝侵奪の歴史をそっくり見せています。

    KBSニュース、イ・スジンでした。

    ソース:KBSニュース(韓国語) [ニュース9]日帝'神社'..民族の精気抹殺
    http://jeonju.kbs.co.kr/news/news_01_01_view.html?no=3261338&find_date=20140311

    引用元: 日帝は韓半島のあちこちに神社建て民族精気の抹殺図った 惨状伝える写真展

    続きを読む

    このページのトップヘ