ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:憲法9条

    朝日新聞社旗
    1: 鴉 ★ 2017/05/04(木) 12:46:04.83 ID:CAP_USER
    (社説)憲法70年 9条の理想を使いこなす

    戦後70年余、平和国家として歩んできた日本が、大きな岐路に立たされている。

     台頭する隣国・中国と、内向きになる同盟国・米国。

    北朝鮮の核・ミサイルによる軍事的挑発はやまない。

     日本は自らをどう守り、アジア太平洋地域の平和と安定のために役割を果たしていくか。

     答えに迷うことはない。

     憲法9条を堅持し、先の大戦の反省を踏まえた戦後の平和国家の歩みを不変の土台として、国際協調の担い手として生きていくべきだ。

    http://www.asahi.com/articles/DA3S12922579.html
    2017年5月4日5時0分

    引用元: 【朝日新聞】北朝鮮の核ミサイルによる軍事的挑発はやまないが、迷うことはない。日本は憲法9条を使いこなして生きていくべきだ

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 c2ch.net 2016/07/07(木) 17:35:55.09 ID:CAP_USER
    no title

    ケント・ギルバート氏

     私は米国籍なので、参院選(10日投開票)の投票権はない。だが、日本の国と自治体に、35年余りも毎年納税してきたから、日本の有権者に希望をいう権利くらいはあるだろう。

     日本は自由主義国家なので、政治家やその候補者、あるいは政党にも表現の自由が認められる。だから選挙の際にさまざまな主張が出るのは当然だ。

     しかし、国会議員は、立法や予算審議などを通じて、国民生活や国家の命運を左右する要職である。永遠の野党であっても無責任なウソは困る。政治的主張は、必ず理由と根拠を明確にして行うべきだ。

     相変わらず、「日本が戦後70年間も平和なのは、憲法第9条のおかげだ」と主張する政党や候補者がいる。「9条を守れば戦争は起きない」「集団的自衛権を認めると戦争に巻き込まれる」「○し○される国になってはならない」などと叫んでいる。

     加えて、安全保障関連法制の審議中から、「徴兵制になる」と、若い母親たちの恐怖心を煽り始めた。これらの主張は理由も根拠も何もない、無責任なウソの代表例だ。

     赤ん坊が生まれる仕組みを幼い子供に聞かれて、「コウノトリが運んでくる」「キャベツ畑で収穫される」などのファンタジーを教える親がいる。
    「憲法9条のおかげで日本は平和だ」という話も似たようなものなのだが、子供時代に刷り込まれるせいか、成人後もこのウソを信じたままの大人が多い。

     「平和のために憲法9条を守ろう!」という主張は、「少子化対策のためにコウノトリを繁殖させ、キャベツ畑の作付面積を増やそう!」と言っているようなものだ。前提が間違っているから、それを根拠にした主張は荒唐無稽な笑い話になる。

     論理的な思考を養うディベートの訓練を受けず、性善説で平和に暮らせる日本人は、全般にウソを見抜くレベルが低い。恐らく振り込め詐欺の被害が続く原因の1つだろう。

     振り込め詐欺と大差ない、幼稚な「投票詐欺」に引っ掛かって、ウソつきに1票を投じる日本の有権者には文句を言いたい。ダマされる人が増えると、多くのウソつきが国会議員になり、私の収めた税金が、彼らの歳費や政党助成金に使われる。
    この現実には非常に怒りを感じる。

     コウノトリは赤ん坊を運んでこないし、キャベツ畑で赤ん坊は収穫できない。同様に、憲法9条で日本の平和は守れない。すべては子供時代に卒業すべきファンタジーだ。

     逆に、9条は日本に危機を招いてきた。島根県・竹島は韓国に不法占拠され、北朝鮮は数多の日本人拉致を繰り返し、中華人民共和国(PRC)は沖縄県・尖閣諸島を虎視眈々と狙っている。

     ぜひ、日本の現実に即した1票を投じてほしい。

     ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。83年、テレビ番組「世界まるごとHOWマッチ」にレギュラー出演し、一躍人気タレントとなる。現在は講演活動や企業経営を行う。
    自著・共著に『素晴らしい国・日本に告ぐ』(青林堂)、『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』(PHP研究所)など。

    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160707/plt1607071140002-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160707/plt1607071140002-n2.htm

    引用元: 【ケント・ギルバート】日本に危機を招く憲法9条 竹島は韓国に不法占拠、北朝鮮は数多の日本人を拉致、中国は尖閣諸島を狙っているc2ch.net

    続きを読む

    no title1: ◆sRJYpneS5Y 2015/02/11(水)21:33:59 ID:???
    神本美恵子認証済みアカウント
    ?@MiekoKamimoto
    私も空爆後のアフガニスタンに行って、中村哲さんがおっしゃっていることがよくわかりました。
    実際に現地アフガニスタンの人々が、ヒロシマもナガサキもよく知っていて、それでも報復しなかった
    のは日本の憲法9条があるからだと彼らから聞かされ... http://fb.me/1u3tIAeSg

    https://twitter.com/MiekoKamimoto/status/565161886061453313

    http://fb.me/1u3tIAeSg
    君たち、安倍首相、自民党議員、よく聞きなさい!現代の偉人=中村医師の言葉を!!
    http://blog.goo.ne.jp/shirakabatakesen/e/9a0d1eca3a70233abc1b18dd2fa581fb

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 12◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1422855104/473

    引用元: 【政治】民主党副代表・神本氏「アフガニスタンの人々は、ヒロシマ・ナガサキ原爆で日本が報復しなかったのは憲法9条があるからという事をよく知っている」 [H27/2/11]

    続きを読む

    no title1: かじりむし ★@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 23:53:29.68 ID:???0.net
    「日本は大丈夫かという海外の目ある」民主・有田議員
    http://www.asahi.com/articles/ASGBQ6K7MGBQUTFK01M.html
    朝日新聞  2014年10月22日23時02分


    ■民主党・有田芳生参院議員

     (憲法9条がノーベル平和賞の受賞候補に挙がった件について)安倍首相が
    記者から問われ「政治的ですね」と発言をされた。ネット上で批判する人もい
    たが、私はそう思わない。ノーベル平和賞はある意味政治的だ。オバマ米大統
    領や、沖縄の核(密約)疑惑のもと、佐藤栄作元首相もノーベル平和賞を受賞
    した。ではなぜいま9条が受賞候補になったか。海外からは、特定秘密保護法
    が成立したり、集団的自衛権(の解釈改憲)を閣議決定したり、日本はこのま
    まで大丈夫かという厳しい目がある。そうしたことを背景にノーベル平和賞の
    9条問題を考えないといけない。(22日、参院憲法審査会で)


    関連スレ:
    【ノーベル賞】憲法9条、ノーベル委員会から来年もエントリーするとのメール届く 市民団体「思う心は広がった」 [10/10] ★3
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1413001633/

    引用元: 【政治/ノーベル賞】憲法9条が平和賞候補、「日本は大丈夫かという海外の厳しい目がある」民主党・有田議員 [10/22]

    続きを読む

    20140507_011: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/05/06(火)23:09:10 ID:n87k01Jl1
    憲法9条のノーベル平和賞候補ノミネートのきっかけをつくった座間市の主婦鷹巣直美さん(37)。
    受賞者を「日本国民」とした思い、そして受賞の願いに込めた9条への信託とは。

    子育てをしていて思いました。子どもって本当にかわいい。
    よその家の子も、どこの国の子どもも。子どもを泣かすのは嫌だし、
    相手の国の子どもだって泣かすのは嫌だと思いました。
    この国は「もう戦争はしないよ」という憲法をみんなで一生懸命、掲げてきました。

    脅されたりばかにされたりするのは、誰でも怖いし嫌です。
    でも戦力武装するのはもっと恐ろしいことだし、ほかの国の人たちを怖がらせる。

    9条を大事にし、「私たちは戦争はしたくないんだよ」と相手の国々に本気で伝え続ければ、
    「ああ、僕たちもそうだよ」と好意を持たれ、手をつないでくれるようになるんじゃないか。
    それが世界中が仲良くやっていく力になるんじゃないか。
    単純ですが、相手の国のお父さんやお母さんたちを信じたい。
    どこの国の子どもであろうと、戦争なんかで泣かしたくないですよね、と。

    そうして9条こそが世界中で仲良く暮らすための約束であり、広めたいと考えるようになりました。
    そんな時、目にしたのがノーベル平和賞の授賞式を伝えるテレビのニュースでした。
    (中略)
    9条に平和賞を贈ってほしいと昨年1月から1人で
    ぽつん、ぽつんとメールをノーベル委員会に送り続けました。反応はありませんでした。

    友人に教えられたインターネット上の署名サイトで賛同を呼び掛けてみたら、5日間で1341人分が集まりました。
    それがきっかけでノーベル委員会から返事が届き、大学教授や国会議員などの推薦人が必要なこと、
    賞は個人・団体に送られるので条文である9条は受賞対象にならないことが分かりました。

    ここから先は1人ではちょっと難しいなと思い、近所の人たちに相談したところ、
    「手伝ってあげるよ」と何人も名乗り出てくれて昨年8月に実行委員会が立ち上がりました。
    手分けをして手紙を書き、推薦人になってもらえるよう協力を求め、
    13人1団体の推薦文を得ることができ、4月9日にノミネートの報告が届きました。

    その後は国内だけでなく、韓国や中国、香港、ノルウェー、スペインなど各国のメディアからも
    実行委員会に取材があり、世界中で話題にしてもらえた。韓国、中国の人たちもノミネートを喜んでくれているそうで、
    うれしかった。「戦争はしたくないよ」という思いは一緒なんだとあらためて感じました。

    たかす・なおみ 20代で留学したオーストラリアで内戦や紛争で祖国を追われた難民に出会い、戦争の現実に触れた。
    帰国後、難民や途上国の子どもたちを資金援助する活動に加わるなど、子どもたちの支援を続ける。1男1女の母親。

    全文は
    http://www.kanaloco.jp/article/70767/cms_id/78890

    続きを読む

    このページのトップヘ