ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:慰安婦

    1: 蚯蚓φ ★ 2017/02/02(木) 01:28:06.24 ID:CAP_USER
    no title

    ▲チェ・ヘリョン大学生共同行動代表

    「400日…。事実、この日々は大きな意味はないです。これまで苦労したが、韓日慰安婦合意がまだ廃棄されてもいないではないですか。ただし、400日を契機に若い大学生たちがもう一度決意を固めることになったようです。今後も揺れずに黙黙と(平和の少女像を)守るべきだという意志が強くなりましたよ。」

    20代の青春の慰安婦少女像守護野宿座り込みが1日‘特別な日’を迎えた。‘大学生少女像守り’が去る2015年12月30日、‘第1211次日本軍慰安婦問題解決のための定期水曜デモ(水曜集会)’の時、ソウル鍾路区(チョンノグ)旧駐韓日本大使館前少女像近隣にビニールテントを設置してからこの日で400日になった。

    野宿座り込みを率いる‘日本軍慰安婦謝罪賠償と売国的韓日合意廃棄のための大学生共同行動(大学生共同行動)’のチェ・ヘリョン代表(22)はこの日、ニュース1のインタビューで「再びこの冬をむかえることになったのは残念」として少し短い感想を明らかにした。

    大学生共同行動は希望の蝶々などが主軸の全国大学生聨合団体だ。2015年12月28日、韓日合意以後、SNS等を通して‘少女像を守ろう’というスローガンが拡散すると、それに共感した青年たちが一人二人集まって構成された。現在は二十人余りの大学生が‘少女像守り’を自任している。

    四季、長い時間を耐えた彼らの‘生存武器’は二つだけだ。激しい風をやっと防ぐ5平方メートル(約1.5坪)のビニールテント、そしてハルモニたちに対する考えだ。チェ代表は「寒さは(野宿座り込みをするのに)大きな問題にならない。そしてハルモニたちのことを考えれば十分に持ちこたえることができる」とした。

    少女像と同苦同楽した400日、迂余曲折は当然多かった。まずどきっとしたこと。「昨年6月、およそ30代の女性が少女像の頭の部分を槌で叩く事件がありました。その時、女子学生一人だけ守っていたが…。危うく大変なことになるところだったんですよ。」

    意味深い記憶もある。チェ代表は「野宿座り込み1年後、慰安婦被害者ハルモニ後援施設の‘ナヌムの家’を初めて訪問したが、その時間を強く持ちこたえた私たちの真正性をハルモニたちが認めて下さってありがとうございました」と話した。

    彼女たちが慰安婦被害者ハルモニ問題に‘自分の仕事’のようにこだわる理由は何か。「私がもしその時代に生まれていれば、私も性奴隷になったでしょう。被害者ハルモニたちの立場で考えると、自分の事の様に思われたんです。そしてこの問題はまさに歴史です。我が国の歴史でしょう。私たちみんなの歴史です。しかし、日本政府は韓日合意という名前で他国の歴史を、韓国政府は私たちの歴史を自ら消そうとしています。それが分かるのだから、とうてい手を離してはならないんです。」

    チェ代表は「多くの人が関心を持っているけれど、行動に移すことができない人々がまだ多い」として「行動することがすなわち世の中を変える一歩だと考えて、この慰安婦問題解決のために多くの人が声を一緒に出してくれれば良い」とお願いした。

    彼女は「400日は‘また新たな始まり’の他の言葉」といった。「今日を基点に決意を新たにして2015年12月28日に結んだ韓日合意廃棄と日本政府の公式謝罪と法的賠償、そして平和の少女像を存続するという確答を受け取る時まで少女像を守るでしょう。」

    ソース:ニュース1(韓国語) 400日目'慰安婦少女像'守った心…"私も性的奴隷だったこと"
    http://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2017020117438249130

    引用元: 【慰安婦問題】 日本大使館前に野宿座り込み400日、「慰安婦少女像」守った女子大生「私も性奴隷だっただろう」[02/01]

    続きを読む

    no title1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 02:07:10.90 ID:CAP_USER
    いずれも韓米同盟の「日米同盟への従属」を加速化
    主務省庁ではなく朴大統領の"鶴の一声"で決まる
    朴大統領独断的態度の背景めぐり様々な憶測も

     弾劾の危機に追い込まれた朴槿恵(パク・クネ)大統領が23日、国民の過半数と野党3党が激しく反対しているにもかかわらず、ついに韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の締結を強行した。

     国防部が10月27日にGSOMIAの再推進の方針を明らかにしてから1カ月も経たないうちに行われた、外交安保省庁の関係者さえも首をかしげるほどの"進撃戦"である。

     対外政策の面で韓日GSOMIAの締結は、昨年末の日本軍「慰安婦」被害者問題に関連した韓日合意(12・28合意)と、7月8日のTHAAD(高高度防衛ミサ理宇)の在韓米軍への配備決定と共に検討してこそ、その意味と文脈がより鮮明になる。

     12・28合意→THAAD配備の決定→韓日GSOMIAの締結には共通点がある。第一に、韓米同盟が日米同盟の「従属同盟」化する傾向の加速化するものだ。第二に、北東アジアで韓国の立地に重大な影響を及ぼす三つの事案が朴大統領の"独断"によって決定されたという点だ。

     とくに、三つの事案はいずれも推進の速度と時期を主務省庁ではない朴大統領の"鶴の一声"で決定しており、その背景をめぐり様々な憶測が流れている。

     まず、12・28の合意は、韓米日の3角安全保障協力の強化における"障害"を取り除くためのものであり、米国の"圧力"が作用した。

     例えば、北朝鮮の4回目の核実験の翌日である1月7日、バラク・オバマ米大統領が朴大統領と電話会談で12・28合意を「正義の結果」と褒め称えながら、「北朝鮮の核実験という共同の挑戦に対する韓日米間の対応能力を強化するもの」と述べたのが代表的だ。

     実際「慰安婦」被害者問題は未来志向的韓日関係の側面でも「合意」が必要な事案であるため、韓日政府も2014年4月から局長級協議チャンネルを稼動してきた。しかし、2015年12月28日の合意妥結は全面的に朴大統領の独断的決定によるものだった。

     主務長官であるユン・ビョンセ外交部長官が「3カ月だけ時間の余裕をもらえれば、改善された合意を導いてみせる」と要請したにもかかわらず、聞き入れてもらえなかった。(「ハンギョレ」22日「付朴大統領、外交長官の『3カ月追加交渉』意見黙○し『12・28慰安婦合意』強行」を参照)

     「THAAD配備」の決定は、米国のグローバルミサイル防衛(MD)網に韓国を引き入れるための先陣を切ったものと言える。

     中国とロシア首脳が共同声明で「域内国家の戦略安全利益を大きく損なうものであり、反対する」(6月25日)と述べたことからわかるように、北東アジア戦略の均衡を揺るがす重大な事案だ。しかし、この決定もまた、少なくとも時期(7月8日)に関する限り、朴大統領の"鶴の一声"なしには完全に説明がつかない。

     主務長官であるハン・ミング国防長官はTHAAD配備の方針の発表(7月8日)の数日前までも、「まだ決まったことはない」(7月5日、国会対政府質問での答弁)や「今年中には結論が出るだろう」(6月28日、国会法制司法委員会)とし、「協議には時間を必要である」との趣旨で答弁した。

     韓日GSOMIAは、韓米日3角安保協力の"つまった血管"である韓日軍事協力を本格化する法的基盤を整備したという意味がある。「朴槿恵・チェ・スンシルゲート」の中で行われた韓日GSOMIAの再推進の"速度戦"も、朴大統領の"鶴の一声"を除いては説明が不可能だ。

     「朴大統領の指示によるもの」という証言が相次いでいるだけでなく、外交部はGSOMIAの締結過程で関与の最小化に努めるなど、事実上足を抜いている。

     外交安保分野の元高官は「外交安保的な面だけを見ると、ドナルド・トランプ氏の米国大統領の当選で状況が流動的になったため、THAAD配備とGSOMIAを進めるスピードをむしろ下げなければならない状況」だとし、「朴大統領が外交安保問題でわざと対立を引き起こしているようだ」と指摘した。

    イ・ジェフン記者

    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25750.html

    引用元: 【韓国】慰安婦・THAAD・韓日軍事情報協定の速度戦、すべて「朴大統領の独断」[11/24] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/09/26(月) 21:28:48.82 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国外交部に対する国会の国政監査が26日ソウル外交部庁舎で行われ、旧日本軍の慰安婦問題をめぐる昨年末の韓日合意に基づき日本政府が拠出した10億円の性格に関しての説明が政府に求められた。

    no title

    質問に答える尹長官=26日、ソウル(聯合ニュース)

     最大野党「共に民主党」の姜昌一(カン・チャンイル)議員が10億円について、賠償金なのか謝罪金なのか答えるよう求めると、同部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は「日本政府の予算から10億円を受け取ったことは、過去のどの政権もなし得なかった成果」と答えた。

     それに対し、姜議員は賠償金として受け止めているとの意味かと質問。尹長官は具体的な回答をせず、「政府予算から拠出されたことは過去に行われたアジア女性基金などによるものとは性格が異なる部分がある」と述べた。

     アジア女性基金は1990年代に日本政府が慰安婦問題解決のために民間募金の形式で推進した。

     姜議員と尹長官によるやり取りはしばらく続いたが、尹長官は「(日本が)政府として責任を痛感して、内閣総理大臣として安倍首相が謝罪および反省のもと、それを履行するために政府予算から10億円を拠出したものであり、三つを合わせれば国際社会はどのような含意があるのか誰でも分かる」と説明するにとどめ、明確な回答を避けた。

     韓日の合意に基づき韓国政府が設立した「和解・癒やし財団」の金兌玄(キム・テヒョン)理事長と、当時、外交部東北アジア局長として実務交渉を担当した李相徳(イ・サンドク)駐シンガポール大使にも同様の質問がされた。

     金理事長は10億円が賠償金であるか治癒金であるかについて、「賠償金的な性格を帯びた治癒金」と答えたが、質問をした第2野党、「国民の党」の李泰珪(イ・テギュ)議員は、賠償金と治癒金は相反する概念として反論した。

     金理事長の発言に対し、李大使は「日本政府の責任認定、謝罪と反省にともなう履行措置という観点で理解をしてほしい」との立場を繰り返した。金理事長は財団設立準備委員長を努めていた当時の5月、10億円について、「被害者を治癒するための資金であり、賠償金ではないと考える」と説明していた。

     合意をめぐっては、韓国政府が慰安婦被害者を支援するため同財団を設立し、財団が日本政府からの10億円を使って慰安婦被害者のうち生存者に1億ウォン(約910万円)、死亡者にはその遺族に対し2000万ウォン程度の現金を支給する方針を決定。財団側は現金支給を被害者の名誉と尊厳を回復し心の傷を癒やすためのものと説明している。

     一方、日本政府は「国際機関などへの拠出金」という名目で予算から10億円を支払った。

     日本が拠出した10億円を被害者に支払った後の活動について、金理事長は「追悼などの行事により、未来の世代に教訓を残し、より大きい計画を立てて、それを政府が受け継いでいかなければならない」と話した。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/09/26/0200000000AJP20160926005500882.HTML

    引用元: 【韓国/慰安婦】財団理事長 日本拠出の10億円は「賠償金性格の治癒金」[9/26] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/05(月) 01:56:05.34 ID:CAP_USER
     ユネスコの「世界の記憶」遺産に旧日本軍「慰安婦」関連資料の登録を申請した共同申請書の抜粋が8月2日(パリ現地時間)の夕刻、「世界の記憶」事務局のウェブサイトで掲載公開された。

     申請主体になったのは8つの国と地域の14の市民団体で構成される国際連帯委員会と、英国の帝国戦争博物館(連帯申請者であるが、委員会には参加していない)である。

     申請された資料は2744件で、その半分以上(1449件)は、慰安婦の証言、慰安婦の絵画、治療記録などである。
    次に多いのが、市民運動などの活動資料(732件)で、2000年に東京で行われた「女性国際戦犯法廷」などの「訴訟文書」や、1992年にソウルで日本大使館に抗議する目的で始まった水曜デモ、学生による陳情ハガキ等の活動記録が含まれている。

     さらに、日本軍「慰安婦」関連の公文書(560件)と私文書(3件)も申請されているが、最も注目されるのは、中国政府が様々な批判を考慮して、前回申請した「慰安婦」関連文書の大幅な削減を余儀なくされたことである。

     昨年登録された「南京虐○」資料、並びに同資料が登録されたにもかかわらず、未だに目録しか公開されていないことや蘇智良上海師範大学教授を中心とする「中国人慰安婦」研究に対する強い批判を日本が展開してきたことが影響していると思われる。

     昨年末の日韓合意によって、これまで共同申請を主導してきた韓国も政府主導ではなく韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)を核とする民間団体主導に方針転換した。

     このため、中韓両国政府に代わって、日本の「女たちの戦争と平和資料館」と「日本の戦争責任資料センタ-」が大きな役割を果たし、日本の資料が申請の中心になっていることが明らかになった。

    根本認識から問題ある申請内容

     申請史料の基本的問題点は以下の通りである。

     第一に「女性国際戦犯法廷」や日本の下級裁判所の訴訟文書が申請されていることだ。「女性国際戦犯法廷」とは、日本の慰安婦問題に対する責任追及のために、法廷を模した民間団体の抗議活動である。
    「裁判」「法廷」「判決」などと称してはいるが、一般の裁判とは異なる名ばかりのイベントであり、弁護人不在のまま「天皇裕仁及び日本国を、強姦及び性奴隷制度について、人道に対する罪で有罪」という「判決」が出された。
    この「法廷」を取材したNHK教育テレビ「ETV2001 問われる戦時性暴力」が2001年1月の放送前になって大きく内容が変更され裁判沙汰となったことでも注目を集めた。

     「女性国際戦犯法廷」の検事役を務めた北朝鮮の代表者は日本政府から北朝鮮の工作員と認定され入国ビザの発行を止められた人物とされ、「法廷」自体が「北朝鮮による工作活動」-とも批判された。

     また、そもそも昭和天皇をレ○プと性奴隷制度の「中核の戦争犯罪人」に仕立て上げる、という内容に対して「常軌を逸した極左的プロパガンダ」などと批判を浴びたいわくつきのイベントで「世界の記憶」遺産にふさわしいとは到底言えないものである。

     第二に、あらゆる角度から客観的に検証されていない元慰安婦の口述記録や、現在も継続中で評価が定まっていない活動の資料が多く申請されている。これらも「世界の記憶」遺産にはふさわしくない。

    http://www.sankei.com/premium/news/160905/prm1609050003-n1.html

    >>2以降に続く)

    no title

    姜徳景『責任者を処罰せよ』(1995年/韓国・ナヌムの家「慰安婦」歴史館所蔵)「女たちの戦争と平和資料館」(東京)の入り口横に掲げられた慰安婦の絵画で絵画中央の木に縛り付けられた人物は昭和天皇とされる。
    昭和天皇をレ○プ犯とした「女性国際戦犯法廷」の原点となった絵画だとされる(提供画像)
    no title

    共同申請の代表作品「連行」を描いた慰安婦の証言は矛盾だらけだ(提供画像)

    引用元: 【世界の記憶】「昭和天皇=レイプ犯」などというデタラメが世界記憶遺産となる悪夢が動いている 明星大特別教授 高橋史朗[9/05]©2ch.net

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2016/09/01(木) 02:27:16.50 ID:CAP_USER
    2016年8月31日17時11分 記者 : 行本尚史

    ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦少女像。正面の建物が日本大使館=2012年1月(写真:Sakatori)
    no title


    日本キリスト教協議会(NCC)は31日、小橋孝一議長の名で、慰安婦問題について「『少女』の人生の傷はこれでは癒されない」と題する談話を発表した。

    小橋議長はこの談話で、1992年1月8日にソウル日本大使館前で始まった、日本軍『慰安婦』問題解決のための水曜デモが2011年12月14日に千回を迎えるに当たって「平和の碑」(少女像)が建立されたことに触れ、「今も毎週、『慰安婦』被害女性たちを囲んで、若い女性や市民が集まり、被害女性たちが受けた人生の傷が癒され、問題が真実に解決されることを求めて、心からの叫びをあげ続けている」と述べた。

    また、「2015年10月14日、韓国教会協議会の計らいで、私も矢萩新一副議長と共にこの集いに参加し、発言の機会を得たが、集う人々の真実の叫びに心を打たれた」と回想。その一方で、「日本大使館は門を固く閉ざし、全く応えようとしない。それはこの問題に対する日本政府の態度をそのまま表していた」と記した。

    「そして今、日韓両政府の合意によって進められようとしている『和解・癒し財団』に10億円支出することによって、この『少女像』の移転・撤去を迫っている」とし、「しかもこの10億円は、被害女性一人ひとりの『要望』を調査して支給するのだという。そして『もうこれでこの問題は打ち切りにする』と言うのだ」と付け加えた。

    その上で小橋議長は、「しかしこれで生涯苦しみ続けている被害女性たちの人生の傷が本当に癒されるだろうか。そして両国民の真実の和解が成るだろうか」と疑問を呈した。さらに、「『合意』に反対する韓国の被害者、更にフィリピン、台湾、中国、インドネシア、東ティモール、朝鮮民主主義人民共和国、オランダなどの被害者の意志は全く無視されたままである」と指摘し、「現政府の『札束で相手の頬を打つ』手法がここにも表れている。『少女像』に込められた被害女性たちの人生の傷がこんな方法で癒されるはずがない。それどころか益々傷を深めることになるであろう」と強調した。

    最後に小橋議長は、「『和解・癒し』を実現し、未来を志向したいのであれば、まず我国が犯した罪を認め、被害者に謝罪し、神と世界の前で悔い改めて、出直すことが必要である」と、キリスト教の観点から訴えた。

    http://www.christiantoday.co.jp/articles/21900/20160831/ncc-moderator-remark-comfort-women-wounds-not-healed.htm

    引用元: 【慰安婦】「10億円では被害女性の人生の傷は癒されない。罪を認め神と世界の前で悔い改めよ」 日本キリスト教協議会 [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    このページのトップヘ