ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:康京和

    20171221_2121001: ろこもこ ★ 2017/12/21(木) 20:23:49.93 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171221-00000009-ykf-int

     国家間の約束を果たさない韓国に、日本が毅然(きぜん)とした対応を貫いた。平昌(ピョンチャン)冬季五輪に合わせた安倍晋三首相の訪韓を求めた韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相に対し、安倍首相や河野太郎外相は言質を与えなかったのだ。慰安婦問題をめぐる日韓合意の完全履行を無視する国家には、当たり前の対応といえる。

     「五輪の成功をお祈りしている」

     安倍首相は19日午後、官邸で康氏と面会し、訪韓要請にこう応じた。

     これに先立って行われた日韓外相会談で、河野氏は、米政権が事実上仲介し、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した一昨年12月の日韓合意について「着実に実施されることが重要だ」と繰り返し述べ、完全な履行を強く求めた。

     これに対し、康氏は自身の下に設置した作業部会で進んでいる「合意成立経緯の検証」について説明したが、それだけで「最終的かつ不可逆的」から逸脱している。

     韓国メディアによると、27日に発表予定という作業部会の検証結果は、日韓合意への過程にいくつかの「問題」を指摘する見通しとされる。

     康氏は外相会談で、政府と作業部会の立場は異なるとの認識を示したが、責任回避か、「反日」政権の嫌がらせとしか思えない。

     河野氏は、煮え切らない態度を取る康氏に攻勢に出た。

     徴用工の問題を取り上げて、「解決済み」とする日本政府の立場を説明したのだ。歴史問題の蒸し返しを図る文在寅(ムン・ジェイン)政権を牽制(けんせい)する意図がうかがえる。

     今回が初来日の康氏を、日本政府は表向き歓迎した。19日昼には都内の飯倉公館で、これまでレックス・ティラーソン米国務長官と、ラブロフ露外相にしか振る舞っていない天ぷらが出された。

     だが、同日夜は河野氏主催の夕食会は開かれなかった。27日発表の検証結果を見極めるつもりのようだ。自国の都合しか考えない韓国に対し、当然といえる「塩対応」だった。

    引用元: 【日韓】韓国外相に河野氏「塩対応」 夕食会なし、安倍首相訪韓要請も言質与えず 国家間の約束を果たさない韓国に、毅然と対応[12/21]

    続きを読む

    20171220_063400
    1: ひろし ★ 2017/12/19(火) 23:13:21.58 ID:CAP_USER
    12/19(火) 22:36配信

     安倍晋三首相は19日、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と首相官邸で会談した。首相は慰安婦問題に関する2015年の日韓合意について、着実な履行を強く要求。これに対し、康氏は合意の協議過程などを検証する韓国外務省のタスクフォース(作業部会)の進展状況を説明。韓国外務省は同日、作業部会の検証結果を27日に公表すると明らかにした。

     首相は会談冒頭、「韓国とはさまざまな課題もあるが、両国がしっかりとコントロールしながら未来を切りひらいていきたい」と述べた。康氏は「北朝鮮の核問題は韓日米、韓日の緊密な協力が重要だ。国連安全保障理事会を中心とする制裁、圧迫で力を合わせることができる」と応じた。首相は、北朝鮮に対し、圧力を最大限に高めることが重要との認識を伝えた。

     また、康氏は首相に来年2月の平昌冬季五輪に合わせた訪韓を要請。韓国側の説明によると、首相は回答を留保した。

     康氏はこれに先立ち、河野太郎外相と昼食をまじえて約3時間にわたって会談した。両外相は日中韓首脳会談の早期の東京での開催を目指す考えで一致した。【加藤明子、大貫智子】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00000120-mai-int

    引用元: 【慰安婦問題】安倍首相、韓国外相に日韓合意の履行要求 [12/19]

    続きを読む

    20171207_062800
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/12/06(水) 19:20:17.14 ID:CAP_USER
    韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相が、今月19日にも初来日する方向で調整されていることが、複数の日韓関係筋の話でわかりました。

     河野外務大臣との会談では、北朝鮮情勢や来年に持ち越しとなる日中韓サミットの早期開催について話し合うものとみられます。

     また、最終的かつ不可逆的な解決を確認した従軍慰安婦問題をめぐる「日韓合意」に関して近く韓国側がまとめる検証結果についても説明がある見通しです。


    2017年12月6日(水) TBSnews
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3232258.html

    引用元: 【韓国外相】康京和(カン・ギョンファ)19日にも初来日で調整[12/6]

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2017/11/27(月) 01:28:14.38 ID:CAP_USER
    no title

    ▲康京和長官「北朝鮮の五輪参加を希望」。

    外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官が「北朝鮮の平昌(ピョンチャン)冬季五輪参加は南北和解ムードを増進する特別な機会になるだろう」との考えを明らかにした。

    康長官は25日午後、駐韓外交団とともに平昌冬季五輪・パラリンピック関連施設を訪問した後の昼食の席でこのように話した。

    康長官は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は韓国だけでなく世界を回って今回の五輪が平和五輪になるよう努力している。今回の五輪は韓半島(朝鮮半島)だけでなく世界平和に寄与するだろう」と強調した。

    続けて「平和でより良い世界を作ることが五輪精神の核心。平昌が平和と繁栄を意味するだけに平昌が今回の五輪で中心となるのはあるいは運命だ」と声を高めた。

    その上で「平昌は韓半島を分ける軍事境界線のすぐ南側にある。私は北朝鮮が今回の五輪に参加することを願う」と付け加えた。

    これに先立ち康長官はこの日午前、駐韓外交団、在韓米軍関係者200人とともに平昌冬季五輪の会場を訪れた。

    康長官は「30年前に韓国はソウル五輪を冷戦時代を破るひとつの平和の契機にした。30年後に平昌も平和に寄与する大きな契機になるよう準備している」と明らかにした。

    ただ康長官は「まだ具体的に北朝鮮が(平昌冬季五輪に)参加するという措置を取っていない。国際オリンピック委員会、国際パラリンピック委員会と継続して協議し、北朝鮮が来られるよう(努力)している」と伝えた。

    ソース:中央日報/中央日報日本語版<康京和長官「北朝鮮の五輪参加を希望、世界平和に寄与」>
    http://japanese.joins.com/article/831/235831.html

    引用元: 【平昌五輪】 康京和、外交部長官「北朝鮮の五輪参加を希望、南北和解ムードを増進し世界平和に寄与する」[11/26]

    続きを読む

    no title
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/10/31(火) 23:13:36.96 ID:CAP_USER
    高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題で悪化した韓中関係が、早ければ今週にも分岐点を迎える。 

      韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は30日、国会外交統一委員会の国政監査で「アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議(11月10-11日)を契機に韓中首脳会談が開かれるよう推進している」と述べた。韓中関係が復元の動きを見せているという報道については「両国関係の未来志向的な発展のために近いうちに関連の便りを発表できるのではないかと予想する」と話した。康長官は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪中計画に関する質問には「年内に可能になるよう努力している」と答えた。 

      また康長官は▼韓国は米国のミサイル防衛(MD)システムに参加しない▼THAAD追加配備を検討しない▼韓日米安保協力は軍事同盟に発展しない--という3つの立場を明らかにした。韓国政府が中国政府との関係を意識して維持してきた立場だったが、これまで表明することはなかった。特に外交部長官が韓日米軍事同盟に言及したのは異例だった。韓中関係の正常化を狙った発言という解釈が出ている。 

      康長官の午前の発言の後、中国は午後に公式的な反応を見せた。中国外務省の華春瑩報道官は康長官の発言に関連し、「我々は韓国側のこうした3つの立場を重視する」とし「韓国側がこれを実際に行動に移すことを願う」と述べた。中国国営メディア関係者の質問に答える論評形式で立場が伝えられた。 

      康長官の立場発表後に中国外務省が論評を出した点は、THAAD問題を終えて両国関係の改善に向けた協議に弾みがついているという分析だ。実際、華報道官は「私たちは米軍の韓国THAAD配備に一貫して反対している」という従来の立場を再確認しながらも「関連問題を適切に処理し、韓中関係を早期に安定的な発展軌道に戻すことを望む」と明らかにした。 

      中国の態度が実際に変化の兆候を見せている。李度勲(イ・ドフン)韓半島平和交渉本部長も31日に中国北京を訪問し、孔鉉佑外務次官補兼韓半島(朝鮮半島)事務特別代表と韓中6カ国協議首席代表協議を行う予定だ。両国間の6カ国協議首席代表協議は文在寅政権に入って初めてとなる。 

      政府はアジア太平洋経済協力会議(APEC)での首脳会談実現を念頭に置いて今週中にTHAAD問題を決着させるため、実務調整に拍車を加えている。青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は「韓中首脳が会って未来について話せるようTHAADは実務ラインで完全に解決する方法と、実務調整を終えておいて両首脳が最後のパズルを入れる案などについて議論している」と伝えた。


    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2017年10月31日 08時02分
    http://s.japanese.joins.com/article/929/234929.html?servcode=A00&sectcode=A30

    引用元: 【中央日報】韓国外交長官「韓日米軍事同盟はない…来月の韓中首脳会談を推進」[10/31]

    続きを読む

    このページのトップヘ