ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:平昌冬季五輪

    no title1: ろこもこ ★ 2017/02/19(日) 09:42:33.47 ID:CAP_USER
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/17/2017021701668.html

    数年前の夏、大阪に行った。日本への旅行は初めてだった。一行はみんなベッドがあるホテルではなく、日本の昔ながらの宿泊施設である「旅館」に泊まろうと言った。畳敷きの部屋に布団を敷いて寝たが、思った以上にふかふかだった。

     数日前、江原道地域の公務員と1年後に迫った平昌冬季五輪の話をした時、畳の話題になった。彼は「日本は畳の部屋を観光の売りにしているのに、韓国ではオンドル(床暖房)部屋にベッドがないと『外国人客を迎える準備ができていない』と批判される」とため息をついた。

     この冬、平昌と江陵の五輪競技場では、世界各国のトップ選手たちが出場する「テスト大会」が相次いで開かれている。江原道と五輪組織委員会が企画した文化イベントも多種多様だ。ところが、「国政介入問題」の張本人・崔順実(チェ・スンシル)被告らが冬季スポーツにまで魔の手を伸ばし、私利を得ようとしていたことが明らかになってからは、平昌冬季五輪に対する韓国国民の関心はかなり冷めてしまっているようだ。「国がこんな状況なのに、五輪ムードどころではない」という声をよく耳にする。

     江原道には来年の今ごろ、外国人数十万人が集まっているはずだが、国際化が進んでいないという指摘も事実だ。ベッドのある部屋の数が足りず、飲食店はテーブル席ではなく座卓が多いことや和式トイレ、英文表記のないメニューは改善する必要がある。江原道もこうした問題をどう解決すべきか頭を抱えている。

     だが、見方を少し変えてみてはどうだろうか。メニュー表記もそうだ。日本の「すし」を英語で「Sushi」と書くように、キンパプ(韓国のり巻き)はひとまず韓国語の発音通り「gimbap」と書いてこそ、韓国料理の名前が世界に正しく伝わるだろう。これに食材や調理法を英語で説明したり、写真を添えたりするのに越したことはないが、現実的に見てすべての飲食店に適用するのは容易でない。

    韓国料理や文化を各国の言語で伝えるモバイル・アプリケーションを作るほうが効果的かもしれない。江原道は「ツアー江原」というアプリを作り、4カ国語で観光情報を今年から提供している。五輪期間中は各競技場はもちろんのこと、観光名所周辺の無料公共Wi-Fi(近距離無線LAN接続サービス)がつながるようになる。世界的に優れた情報技術(IT)環境は韓国の誇りだ。

     韓国に関する情報を見てやって来る外国人客の中には、体がしんから温まるオンドルや、あぐらをかいて食事ができる座卓に興味を持ち、それを経験したいという人も多いだろう。彼らが自分の国に戻って韓国料理店を見かけた時、「ショート・リブ・スープ(Short Rib Soup)」でなく「カルビタン(Galbitang)」と韓国語の料理名で注文できたらどんなにいいことか。

     国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は先日、平昌に「皆さんは来年、五輪で新たな地平を開くのです」というメッセージを送った。五輪期間中に韓国人が世界を魅了できる最高の「ソフトウェア」は、温かくお客様を迎える韓国人ならではの「情」ではないだろうか。外国人客が「韓国にまた来たい」と思えるような思い出を作ってこそ、五輪が成功したことになる。

    引用元: 【朝鮮日報コラム】平昌冬季五輪、温かくお客様を迎える韓国人ならではの「情」でおもてなしを[02/19]

    続きを読む

    1: ひろし ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/11/17(木) 23:51:35.91 ID:CAP_USER
     韓国JTBCテレビは17日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が朴槿恵大統領と親友の崔順実容疑者を巡る疑惑で韓国の混乱が拡大していることについて、2018年平昌冬季五輪の開催に影響しないか憂慮を表明したと報じた。

     カタールの首都ドーハで最近バッハ氏に会った李起興・大韓体育会会長の話としている。バッハ氏は「朴氏は大統領を続けるのか」とも尋ねたという。

     崔容疑者を巡っては、17日に逮捕状が請求された文化体育観光省の金鍾前第2次官らと五輪に絡む利権を狙い、大会組織委員会の運営に介入しようとした疑惑も出ている。

     平昌五輪は18年2月に行われ、朴氏が大統領任期を全うできれば、任期切れ直前に開幕する。(共同)

    http://www.sankei.com/sports/news/161117/spo1611170041-n1.html

    引用元: 【五輪】IOC会長、平昌冬季五輪への影響を憂慮 朴氏と崔順実容疑者を巡る疑惑で [11/17]©2ch.net

    続きを読む

    no title1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/10/12(水) 14:35:11.83 ID:CAP_USER
    http://roboteer-tokyo.com/wp-content/uploads/2016/10/eaa15ba85dcad6f61b06f57cf05223f9.jpg
    photo by 韓国産業通商資源部

     韓国では今後5年の間に、ロボット産業に対し、官民共同で3500億ウォン(約350億円)が集中的に投資される見通しだ。ロボット産業の競争力を強化し、未来産業として育成するためだ。

     韓国・産業通商資源部は11日、韓国機械研究院でロボット産業懇談会を開き、そのような内容を議論した。韓国政府は、スマート工場化を進める国内企業のうち、ロボット工程を適用できる企業を発掘。最先端の製造ロボットを投入するモデルケースプロジェクトを、2018年までに20個にわたり進める計画だ。

     また2019年からは、効果が検証された業種を中心に、産業用ロボットを導入した工場を増やす。加えてサービスロボット市場を育てるために、無人移動、医療・リハビリ、会話および共感、社会安全分野などのロボット需要を発掘する方針を固めた。2018年に開催される平昌冬季五輪の時には、移送ロボットと案内ロボットを競技場や空港に投入する予定も示した。

     さらに、ロボット企業群の研究所を「先端ロボット実用化研究センター」に指定。4年間にわたり、官民共同で1000億ウォン(100億円)以上を投資する。2020年までに、革新的なロボット関連の新製品を、20個以上開発、また発売できるよう支援する方針だ。

     一方、ヒューマノイドロボットを開発する「ヒューマノイドロボット研究センター」を、国内の大学や研究機関に設置する。そこでは、ヒューマノイドロボットの核心技術開発と研究人材を養成するため、5年間で150億ウォン(15億円)が投入される。また、政府が学生の企業インターンシップを有効活用できるように支援するなど、2020年までに優秀な研究人材300人、現場の専門人材1000人以上を養成することを目標に掲げた。

     産業通商資源部のチュ・ヒョンファン長官は、懇談会で「ロボットは、企業の生産工場が海外から国内に戻ってくる“リショアリング”を触発し、製造業の新たな飛躍と雇用創出に重要な役割を果たすだろう(中略)新しい輸出産業に成長するように支援する」とコメントした。

    https://roboteer-tokyo.com/archives/6153

    引用元: 【韓国】韓国政府「平昌冬季五輪時に移動・案内ロボットを導入する」[10/12] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 c2ch.net 2016/05/21(土) 06:49:50.08 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】2018年平昌冬季五輪・パラリンピック組織委員会の委員長に新たに就任した李熙範(イ・ヒボム)元産業資源部(現産業通商資源部)長官が20日、
    ソウル・韓国プレスセンターで記者懇談会を開き、「平昌五輪が歴史に長く残る大会になるよう全力を尽くす」と述べた。

    no title

    記者らに抱負を語る李熙範氏=20日、ソウル(聯合ニュース)

     李氏は五輪開幕まで630日になったことについて、「残された時間は多くないが、遅すぎることもない」とした上で、「五輪を成功させるため残りの期間で最善を尽くす」と強調した。
    また「可能な範囲内で予算を削減して経済的な五輪にするよう努力する」との意向を示した。

     懇談会には国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会のリンドベリ委員長も出席し、李氏の就任を祝った。
    平昌五輪の準備については、趙亮鎬(チョ・ヤンホ)前委員長の時から多くの成果があり、進展していると評価。李氏については、2日間にわたり対話し、良いリーダーになるという確信を持ったと伝えた。

     組織委のトップが交代したことに対し懸念の声が上がっていることに関して、
    李氏は「就任してすぐ、16日から17日にかけて平昌、江陵、旌善を訪問し、競技場の建設状況を視察した」とした上で、「施設の建設には支障がない。メディアなどでどのようなことが懸念されているのかよく分かっている。そういう部分はうまく補完する」と述べた。

     スポンサー企業のさらなる獲得については、「率直に言えば現金だけでなく人材も不足している」とした上で、予算が足りないのは事実だが国内の現実も考慮しなければならないため、財政計画を立てていると説明した。
    また年末までにスポンサーの確保を目標の90%程度まで進めるとの意向を示した。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/05/20/0200000000AJP20160520003000882.HTML


    「日本と緊密に協力」=平昌五輪組織委会長

    【ソウル時事】2018年平昌冬季五輪・パラリンピック組織委員会の会長に就任した李熙範氏は20日、記者団に対し、「(平昌五輪は)韓日関係に肯定的な影響を与えると考えている。ちょうど2020年東京五輪があるので、日本と緊密に協議していく」と語った。

     元産業資源相の李氏は「私は韓日財界会議や韓中日財界会議のメンバーとして活動してきた」と自らの経歴を紹介し、「韓日間の協力の必要性を強調してきた」と述べた。

     李氏はこれに先立った就任記者会見では、「(18年2月の五輪まで)1年9カ月を残す時点で、時間的にも財政的にも制約があることはよく分かっているが、成功させることができると信じている」と強調した。

     趙亮鎬前会長は今月3日、自らが率いる財閥・韓進グループの経営に専念するため辞任した。 (2016/05/20-15:39)

    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016052000615&g=spo

    引用元: 【韓国】平昌冬季五輪の新組織委員長「歴史に残る大会にする」「日本と緊密に協力」[5/21]c2ch.net

    続きを読む

    no title1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 22:57:10.14 ID:CAP_USER.net
     2018年2月に韓国・平昌で開催される冬季五輪を巡る不祥事がやまない。2月に実施予定の最初のテスト大会の開催が不透明だが、
    それを統括する要職の競技部長がテスト大会1カ月前に電撃解任され、波紋が広がっていると、韓国・SBSが15年12月24日付で報じた。
    この部長がいわくつきだった。公募で一度は落選したが、5カ月後に就任。ところが、五輪組織委員会は8カ月後に職務怠慢を理由で
    解任したというのだ。あまりにも杜撰な運営にSBSも呆れつつも、テスト大会の開催が危ぶまれる中での緊急事態に危機感を募らせるばかりだ。

     SBSの報道によると、この競技部長をめぐっては不可解な部分が垣間見える。先代部長は、五輪組織委の幹部の人脈に関わる人物だったようで
    「業務能力が不足している」とか「天下りではないか」などの批判にさらされ続けたという。結局解任され、新たな部長を公募することになった。

     14年11月の公募に4人が応募した。しかし、適格者がいないという理由で全員が除外された。国家的イベントである五輪を直轄する
    競技部長の空席は由々しき事態であり、国会でも問題視された。このため、今回解任された部長が15年4月に新任部長として選任された。
    五輪組織委の説明では再公募した際に再び応募し、受験者の中で最も良いと判断して選抜したという。

     後任人選が難航したからといって、一度不採用にした人物を採用するのは不可解。SBSも「五輪組織委が適格者ではないという理由で
    脱落させた人物を数カ月後に部長に就任させた」と釈然としない事態であることをにじませていた。

     その懸念がすぐに現実となってしまう。紆余曲折の末に採用した部長が、会議のために海外出張したにもかかわらず、その重要な会議に
    出席していなかったうえ、国際オリンピック委員会(IOC)との関係にも支障を来す事態などに至り、様々な状況を勘案して15年12月に
    解任したと、SBSは五輪組織委関係者の話として伝えた。

     ただ、解任された部長はこれを否定。ほぼすべての会議に出席し、平昌五輪の準備の進捗状況を関係機関に報告したと反論した。
    そして、関係の良くなかったIOCの関係者が会議に出席していないというメールを平昌五輪組織委に送り、懸案に対して多くの反対意見を
    表明したことが上司に疎んじられたとみている。SBSは、五輪組織委の関係者の話として、直属の上司が年下で、関係も良くなかったという
    証言を紹介している。

     平昌五輪初のテスト大会として16年2月に予定されるスキー・ワールドカップの開催が、施設建設の遅延が原因で開催を危ぶまれている。
    韓国内ではテスト大会の中止は国際的に信頼を失墜させるだけでなく、五輪そのものの開催を危うくさせると危機感が高まっている。

     その最中での解任劇。SBSは解任された部長と五輪組織委の意見の相違に関しては明確に判断する材料を持ち合わせていないと
    是非についての言及を避ける。ただ、「一つ明らかなこと」として、一度は不適格者として除外した人物を起用しておきながら、開催の岐路に立つ
    テスト大会の1カ月前に突如解任したことだと指摘する。

     IOCなど国際競技団体と調整して競技を円滑に開催する要職幹部が不在という事態を招く五輪組織委が統括する五輪の将来は
    暗いとしか言いようがない。

    産経ニュース 2016.1.12 10:00
    http://www.sankei.com/premium/news/160112/prm1601120003-n1.html

    引用元: 【平昌冬季五輪】迷走の五輪組織委 要職・競技部長がまたも電撃解任され、ますます不透明に[1/12]

    続きを読む

    このページのトップヘ