ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:平昌五輪

    20170623_0614001: ねこ名無し ★ 2017/06/28(水) 20:25:56.72 ID:CAP_USER
     韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権がぶち上げた2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪の南北共催について、人命にかかわる危険性が指摘されている。北朝鮮での候補地として挙げられた馬息嶺(マシクリョン)スキー場付近では、14年に30人が死亡する事故が起きたという情報があるのだ。

     当の北朝鮮側にまで「少し遅い」と批判されるなどハシゴを外された文政権だが、それでも無謀な共催へ突き進むのか。

     馬息嶺スキー場で事故があったとの情報を明らかにしたのは、北朝鮮の不正行為の告発を続けている「アジア調査機構」の加藤健代表だ。

     加藤氏によると、事故が起きたのは14年1月19日。スキー場に招待された平壌(ピョンヤン)の青年労働者を乗せたバスが途中で事故に遭い、救援を受けられないまま30人が死亡したという。

     このスキー場は工事中にも事故があったと報じられた。13年に北朝鮮を襲った豪雨で工事現場が破壊され、多数の死傷者が出たとされる。

     馬息嶺スキー場は、北朝鮮の最高権力者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の肝いりで建設が進められた。

     朝鮮労働党の機関紙、労働新聞は「銃弾、砲弾を作って前線に送る心情で鋼材やセメントなどの資材生産を進め、馬息嶺地区に優先的に送るべきだ」との社説を掲載したほどだ。完成後には正恩氏が視察に訪れたと朝鮮中央通信が報じている。

     正恩氏の強い意向が働いているだけに、建設にはかなり無理をしたようだ。スキー場には、国連安全保障理事会の制裁決議で北朝鮮への輸出が禁じられたぜいたく品が使用されている疑いも持たれている。

     韓国メディアでは14年、馬息嶺スキー場で、欧州製の高価な雪上車や噴射式除雪車が目撃されたと報じられた。

     さらに、国連安保理・北朝鮮制裁委員会の専門家パネルが今年まとめた報告書には、スキー場で使われているスキー用具の供給について調査を進め、写真に写っていた設備を製造したオーストリアの企業に問い合わせをしたことが記されている。

     閉鎖国家の北朝鮮では現在のスキー場周辺の安全性は確認できない。また、建設された経緯からみても馬息嶺スキー場で五輪が行われることは信じがたい。

     それでも文政権は南北共催に向け、北朝鮮に秋波を送っている。

     聯合ニュースによると、文大統領は24日、「初めて南北単一(合同)チームを結成し、最高の成績を上げた1991年の世界卓球選手権大会と世界青少年サッカー大会の栄光を平昌冬季五輪でもう一度見たい」と述べ、南北合同チーム結成に意欲を示した。

     これに対し、北朝鮮の張雄(チャン・ウン)国際オリンピック委員会(IOC)委員は、文氏が提案した直後に「スポーツの上に政治がある」とし、提案実現には「政治的環境が解決されねばならない」と述べ、韓国による経済制裁解除を求める姿勢を示した。

     北朝鮮による核やミサイルの開発に日米など国際社会が懸念を強めるなか、南北対話にこだわる文氏だが、北朝鮮からは制裁解除が「条件」として突き返された形だ。

     馬息嶺スキー場についても張氏は、今から準備を始めても「少し遅い」と否定的な考えを示した。

     文氏はハシゴを外された形だが、今後の韓国と北朝鮮の駆け引きの末に両国の思惑が一致すれば、南北共催が実現しないとも限らない。

     前出の加藤氏は「このまま馬息嶺スキー場で実施されたら、選手や観客らがスキー場に向かう途中で事故に遭って亡くなる可能性が高い。北朝鮮に外貨が渡り、核・ミサイル開発の資金になる恐れもある。許されないことだ」と話し、文政権を次のように批判した。

     「人命や国連の制裁を全く考えないで、政治的な思惑だけで南北共催について発言している。文政権の正恩氏への追従のために人命が失われてはならない」

     加藤氏はメールとファクスなどで、IOCのバッハ会長と国際スキー連盟(FIS)のカスパー会長に対し、南北による五輪共催の問題点をまとめた書簡を送った。

     国際社会を挙げて、無謀な五輪共催を阻止しなければならない。

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170628/soc1706280003-n1.html

    引用元: 【平昌五輪】韓国赤っ恥!五輪共催に北朝鮮「少し遅い」「スポーツの上に政治がある」と拒否 候補地スキー場では死亡事故も[6/28]

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/06/26(月) 20:55:36.70 ID:CAP_USER
     韓国を訪問している北朝鮮の国際オリンピック委員会(IOC)委員、張雄(チャン・ウン)氏が、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が提案した2018年平昌冬季五輪での南北合同チームの結成と南北合同入場行進に難色を示していたことが26日、明らかになった。

     国際世論を無視して親北路線を鮮明にしている文在寅政権だが、その北朝鮮側からはしごを外された格好だ。

     文氏は24日、中部の茂朱(ムジュ)で開幕した世界テコンドー選手権大会の開会式で行った演説で、「平昌五輪に北朝鮮選手団が参加すれば、人類の和合と世界平和推進という五輪の価値の実現に大きく寄与する」と述べ、南北合同チームと開会式での合同行進の実現を訴えた。

     20日には都鍾煥(ト・ジョンファン)文化体育観光相が、一部競技の北朝鮮での分散開催などを検討していることを表明。IOCは「五輪ムーブメントは常に橋を懸けるためにあり、壁を築くものではない」などとコメントしていた。

     IOCの前向きな態度を受けて、文氏は張氏と握手をかわし、直接、北朝鮮側にも協力を求めた。

     ところが、韓国紙、東亜日報(日本語電子版)によると、張氏はそれからわずか2時間後に、南北合同チームや南北合同行進について懐疑的な見方を示したというのだ。

     張氏は開会式後に開かれた晩さん会の前に、東亜日報が運営するケーブル&衛星チャンネル「チャンネルA」のインタビューに応じた際、「スポーツの上に政治がある。政治的環境が解決されなければならない」と主張した。

     その上で、文在寅政権が南北のスポーツ交流を望むならばまず、2010年3月に発生した北朝鮮による海軍哨戒艦「天安」撃沈事件を受けて、韓国が取っている独自の対北制裁措置「5・24措置」などを解除しなければならない、と強調したという。

     文氏は演説で、「敵対国だった米国と中国が『ピンポン外交』で平和を成し遂げた。茂朱で新羅と百済が一つになったように、今日ここで南北が一つになり、世界が一つになることを願う」とも述べた。

     これについても張氏は、「ピンポン外交が中米関係を改善したというが、政治的地盤が固まったため。政治に五輪のようなものを引っ張り出してはならない」とバッサリ。スポーツの政治利用をいとわない北朝鮮から、逆にいさめられるという想定外の展開になってしまった。

     張氏は23日に韓国入りした際、記者団に対し、「私は(南北合同チームなどの)可否を議論する立場にない」と語った。

     しかし張氏は、2015年に独誌シュピーゲルで「多才な外交官」「西側諸国で話すことができる唯一の公式な北朝鮮人」などと報じられた人物。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長とも非常に親しいとされている。

     そうした張氏の態度は、少なくとも現時点で、金正恩氏が南北合同チーム結成に同意していないことをうかがわせる。もしくは、北朝鮮側が、平昌五輪を「5・24措置」などの解除を引き出すための“道具”に利用しようとしている可能性も否定できない。(WEB編集チーム)

    http://www.sankei.com/world/news/170626/wor1706260021-n1.html
    http://www.sankei.com/world/news/170626/wor1706260021-n2.html
    http://www.sankei.com/world/news/170626/wor1706260021-n3.html

    no title

    韓国の文在寅大統領(共同)

    引用元: 【2018平昌五輪】文在寅大統領、“はしご”外された 南北合同に北朝鮮側が難色 経済制裁解除が条件[6/26]

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/06/22(木) 00:58:51.62 ID:CAP_USER
     韓国の文在寅政権が、2018年平昌五輪の「南北共催」案を唐突に示した。過去の五輪では夏に2度、冬に1度、開会式での南北合同行進が行われている。

     今回示された聖火リレーの共催も含め、セレモニーの枠内といえるが、競技の「共催」となれば選手に多大な支障が出かねない。会場設備の安全が不安視されるのに加え、北の体制下で行われる大会は心理面にも負担を与えるからだ。

     スキー競技の一部を北朝鮮の馬息嶺スキー場で行う構想に、日本のスキー関係者からは懐疑的な声が聞こえてくる。平昌では、すでに全種目で本番会場を使ったテスト大会が行われ、各国の選手やスタッフがコースの起伏や傾斜、雪質などをチェックした。

     大会まで1年を切った段階で会場が変われば、これまでの情報収集や用具開発といった水面下の戦いが無意味になる。各国の混乱と反発は避けられない。

     同スキー場にはワールドカップ(W杯)をはじめとする国際大会の運営実績がほとんどない。仮に韓国側の支援があるとしても、降雪や風など予測困難な自然が相手のスキー競技では高いリスクをはらむ。

     日本のスキー関係者は「世界中から集まる選手の宿泊施設があるかなど競技以外の問題も絡む。実績がない中での運営は難しいのでは」と述べ、選手や観客の安全確保を疑問視する。

     近年は巨額の開催経費が立候補都市の「五輪離れ」を招いている。国際オリンピック委員会(IOC)は20年東京五輪での分散開催や追加種目実施を認めるなど、開催都市の利益を優先する動きが目立つ。

     今回も国際情勢に沿った正常な判断を放棄し、韓国側に配慮する恐れが十分にある。

    http://www.sankei.com/sports/news/170622/spo1706220004-n1.html
    http://www.sankei.com/sports/news/170622/spo1706220004-n2.html

    no title

    2013年12月31日、朝鮮中央通信が北朝鮮の東部江原道に完工したと報じた馬息嶺スキー場(朝鮮中央通信=共同)
    no title

    北朝鮮の東部江原道の馬息嶺スキー場。撮影日は不明(朝鮮中央通信=共同)
    no title

    オープンした北朝鮮東部江原道の馬息嶺スキー場=2013年12月31日(共同)
    no title

    北朝鮮の東部江原道の馬息嶺スキー場=2014年2月(共同)

    引用元: 【平昌五輪】日本のスキー関係者は懐疑的 セレモニーの枠超えた「南北共催」 各国の混乱と反発は避けられず[6/22]

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/06/21(水) 20:37:44.22 ID:CAP_USER
     菅義偉官房長官は21日の記者会見で、韓国の都鍾煥(トジョンファン)文化体育観光相が、2018年平昌冬季五輪の南北共同開催を目指す方針を示したことについて「報道は承知しているが、韓国政府が正式に共同開催を表明したものとは承知していない。仮定のことには控えたい」と述べた。

     日本政府が北朝鮮への渡航自粛を求めている中、南北共催が実現した場合、日本選手の五輪への参加の可否が問題となるが、菅氏は「仮定のことについて答えるべきではない」と述べるにとどめた。

    http://www.sankei.com/world/news/170621/wor1706210039-n1.html

    no title

    2018年平昌冬季五輪の開会式会場で説明を聞く韓国の都鍾煥・文化体育観光相(右端)=20日(聯合=共同)

    引用元: 【平昌五輪】“南北共催”に菅義偉官房長官「仮定のことは発言控える」[6/21]

    続きを読む

    no title
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/06/21(水) 18:00:25.37 ID:CAP_USER
    韓国で2018年平昌冬季五輪を担当する都鍾煥文化体育観光相が20日、北朝鮮東部の馬息嶺スキー場での一部競技開催を検討すると表明し、南北共同開催を目指す方針を示した。韓国メディアが21日伝えた。

     南北対話再開を模索する韓国の文在寅政権は、金正恩朝鮮労働党委員長が例外的に対外交流を積極的に進めるスポーツ分野を入り口に、北朝鮮政権との接触を図りたい考えとみられる。

     都氏は、アイスホッケー女子の南北合同チーム結成の実現に努力すると述べたほか、北朝鮮の平壌や開城での聖火リレー開催も考えていると表明、北朝鮮の大会参加の実現に強い意欲を示した。

     文氏は選挙中、北朝鮮内のウインタースポーツ施設活用や北朝鮮選手団の参加努力など、平昌大会を「平和五輪」とするための「五大構想」を表明していた。(共同)


    http://www.sanspo.com/sports/news/20170621/oly17062112370001-n1.html
    2017.6.21 12:37

    ※前スレ
    【平昌五輪】北朝鮮との共同開催を韓国の担当大臣が表明[6/21] ★3
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1498030196/

    引用元: 【平昌五輪】北朝鮮との共同開催を韓国の担当大臣が表明[6/21] ★4

    続きを読む

    このページのトップヘ