ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:平和の少女像

    1: LingLing ★ 2017/05/15(月) 00:17:50.08 ID:CAP_USER
    ■安東「平和の少女像」の建立推進 2017-05-14 13:48

    写真は2014年1月、慶尚南道(キョンサンナムド)巨済(コジェ)市巨済文化芸術会館の小公園に建てられた「平和の少女像」。
    no title

    2017.05.14(写真=安東平和の少女像建設推進委員会提供)

    【安東(アンドン)=ニューシース】キム・ジンホ記者=慶尚北道(キョンサンプクト)安東市にも来る8月に「平和の少女像」が建立される。

    計画どおり平和の少女像が安東に建設されれば、慶尚北道では浦項(ポハン)、尚州(サンジュ)に次いで三番目だ。

    14日、(仮称)安東平和の少女像建設推進委員会(委員長ペ・ヨンハン安東市民連帯 常任共同代表)は16日、慶尚北道文化コンテンツ振興院で創立総会を開き、本格的な平和の少女像建設に乗り出すと明らかにした。

    建設推進委によると、平和の少女像は市民の意見を集めて72周年光復節の8月15日、安東地域某所に設置する予定だ。

    予想される建設費6000万ウォンは、創立総会の後に街頭広報およびSNSなどを通じた民間募金から充当する方針だ。

    安東地域での平和の少女像建設計画は3年前、安東市民連帯で提起された。しかし、本格的な推進は2月から始まったという。

    江西区安東YMCA事務総長(準備委員長)は「安東は独立運動の聖地として数多くの独立運動家を輩出した地域」とし、「戦争の痛い歴史を記憶し正義と平和を祈願するため、安東市民みんなの願いを込めて平和の少女像建設を推進した」と話した。

    「平和碑」(Peace Statue)とも呼ばれる「平和の少女像」は、日本軍慰安婦問題の解決を通じ被害者の名誉と人権回復、戦争終結、平和の実現などを目的として、2007年、慶尚南道 河東(ハドン)郡平沙里(ピョンサリ)に初めて立てられた。

    以降、ソウルの日本大使館前(2011)、水原(スウォン)オリンピック公園(2014)、大田(テジョン)のボラメ公園(2015)、光州(クァンジュ)市庁前広場(2016)など、韓国内66つの地域に平和の少女像が建設された。

    慶尚北道は、浦項環湖公園(2015)、尚州市王山公園(2016)など2つの地域に平和の少女像が建った。

    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=003&aid=0007953110

    引用元: 【韓国】 安東市にも「平和の少女像」 72周年光復節の8月15日に設置予定[05/15]

    続きを読む

    no title1: 蚯蚓φ ★ 2017/03/08(水) 23:55:29.76 ID:CAP_USER
    ヨーロッパ初、ドイツに「平和の少女像」(以下少女像)がたった。ドイツ少女像建設推進委員会、水原(スウォン)市民代表団、水原市代表団など韓独両国関係者100人余りは8日午後(現地時間)、「ドイツ平和の少女像水原市民建設推進委員会」主催の下、南部バイエルン州レーゲンスブルク近隣のヴィーゼントのある公園で少女像除幕式を開いた。

    少女像が立てられたのは世界水財団のヘリベルト・ビルト理事長が代表を努めるネパール-ヒマラヤ・パビリオン公園だ。公園は仏教を崇めるビルト代表が去る2000年、ハノーバー博覧会で公開したネパール館を当時500万ユーロを出して購入後、自分の土地2万4千坪に移して作った場所でヒマラヤ産の花や木5千種を有する世界最大のヒマラヤ植物庭園だ。

    参席者が世界女性の日109周年に合わせて除幕式を開いたのは、日本軍慰安婦被害者を賛えてそのような歴史を繰り返すのは止めようという意味があるだけでなく、全世界の女性性暴行被害者と人権侵害に反対する反戦と平和のメッセージも含んでいると強調した。

    特にこの日の行事には14才で日本軍慰安婦に引きずられて行ってあらゆる苦難に会った、今年90才のアン・チョムスン慰安婦ハルモニも参加して関心を集めた。少女像は当初、水原市ヨム・テヨン市長主導で南部バーデン=ヴュルテンベルク州フライブルクでの建設が推進された。しかし、日本側の反対の中、フライブルク市が難しいという立場を伝えてきて計画は失敗に終わった。

    引き続きドイツ内の他の様々な都市でも候補地が物色されたが、結局、ヴィーゼントで最終決定され、昨年11月、ドイツに渡って以来、倉庫に保管されてきた少女像はついに日の目を見ることになった。

    今回の少女像建設は何より、既存の海外少女像事例のように外国の一部機関または、地域韓人会でなく、在独海外同胞と韓国人参加現地市民団体、ドイツ韓人教会協議会、ドイツ人牧師など多数のドイツ人が共にする建設委員会が主導した点で意味深いと参席者らは伝えた。

    昨年9月女性、市民社会、宗教団体、光復会などを網羅した常任共同代表団を設けてスタートした少女像建設委員会は水原市の協力の下、平和コンサートとバザーまで開いて募金活動を広げるなど幅広い市民参加を誘導した。

    そうして集めた寄付は夫婦作家キム・ソギョン、キム・ウンソン氏が引き受けた少女像製作に3千300万ウォンが使われて多様な対市民広報活動にも使われた。海外少女像は米国、カナダ、オーストラリア、中国など北米とアジア太平洋圏にはすでに建っているが、ヨーロッパの土地には今回初めて建った。
    (聯合ニュース)

    ソース:SBSニュース(韓国語) ヨーロッパ最初「平和の少女像」ドイツピジェントゥ公園に立つ
    http://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1004083058

    関連スレ:【慰安婦問題】独フライブルク市への慰安婦像設置断念 韓国水原市が発表 日本側が「圧力」と批判[9/21]
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1474456990/

    引用元: 【慰安婦問題】 ヨーロッパ初の「平和の少女像」建つ~ドイツ・ヴィーゼントのネパール-ヒマラヤ・パビリオン公園で除幕式[03/08]

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2017/01/24(火) 22:52:39.09 ID:CAP_USER
    平和の少女像。過去の日本軍の蛮行を告発する意味とともに今後の人類史で慰安婦問題のような悲劇が再発してはいけないという意味を含んでいる。この少女像が韓国はもちろん、米国・オーストラリアなど海外あちこちで盛んに生じている。最近では釜山(プサン)日本総領事館前にも設置された。一部の地方議員らは独島(ドクト、日本名:竹島)にも少女像をたてる動きを見せている。

    しかし、日本では少女像をこしらえることはできない。いや正確に言えば、日本にも少女像がぴったり一つだけある。彫刻家キム・ソギョン、キム・ウンソン夫妻が平和の少女像を作る時、一番最初製作した少女像が現在の東京にある。キム氏夫婦が‘少女像の原形’と名付けたこの少女像はしかし、いつどこで加えられるかも知れないテロを憂慮して明かりも見られないまま誰かの家の書斎などに隠されている。

    少女像が持つ意味を考えれば、日本こそ少女像建設が必ず必要な場所だ。日本が慰安婦問題を起こした当事国だからだ。しかし、日本のどこにも慰安婦問題に対する反省の意味を込めたメモリアル(記念物)を作る動きは現れていない。ドイツがベルリンの都心にホロコースト記念館を建設して自分たちが過去、ユダヤ人に犯した誤りをずっと忘れない姿勢を見せていることと対照的だ。

    安倍晋三政権は慰安婦関連メモリアルを設置するどころか被害国家の韓国などに設置された少女像の撤去に過度に執着する姿を見せている。安倍政権は最近、釜山日本総領事館に少女像が設置されて駐韓日本大使などを一時帰国させる強攻を継続している。

    安倍政権は2015年12月韓日合意のとおり10億円(約103億ウォン)を出資した以外に過去の誤りに対する‘謝罪の意’を込めた総理名義の手紙発送など慰安婦被害者らの‘心の傷’を治癒するための努力をせずにいる。安倍内閣閣僚らは靖国神社参拝を継続するなど被害者の傷をほじくる行為をはばからない。

    日本の相当数の知識人さえ慰安婦問題の加害国・日本が正しくなされた真相究明をしたり、再発防止措置を取らない状態で少女像撤去を要求するのは前後が違う話だと言う。彼らはまた、安倍政権のそのような態度が‘新しい少女像’を呼んでいると見ている。

    安倍政権が少女像に過度に敏感な反応を見せているが、これは結局、少女像こそ日本が隠そうとする過去の誤りを再び掘り起こして反省を促すのに最も有効な手段になっていることを見せるものだ。慰安婦問題の非人道性など歴史が含む真実を安倍政権に再び刻印するのに少女像ほどのものはないという事だ。

    他国に設置された少女像の撤去に没頭している安倍政権が自国に慰安婦関連メモリアルをたてる可能性は事実上殆どない。しかし、過去の誤りに対する真の反省がない状態で少女像撤去だけむやみに要求する安倍政権の「ヤリカタ」(仕事の処理方式)では市民によって自生的に生じる少女像をなくすことができない、ということだけは明らかに見える。

    地球上に平和の少女像が増えることを防ぐ方法は何だろうか。日本が先に立ち上がって反省の意を込めたメモリアルを自国のどこかに設置することが一つの方法になりうる。日本のある市民運動家は適した設置場所として上野公園・東京駅前・国会議事堂前などを指名した。安倍総理など日本指導者がそのメモリアルの前で過去の誤りを反省する姿を見せるならば、韓国や米国など各国で起きている少女像建設ブームは自然にやわらぐだろう。

    そして日本大使館や総領事館前の少女像もより安全な場所に移されて‘平和のメッセンジャー’の役割に忠実になることだろう。

    ユン・ヒイル記者
    no title


    ソース:京郷新聞(韓国語) [特派員コラム]安倍が少女像をたてるならば
    http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201701241431001&code=970203

    引用元: 【慰安婦問題】 世界で増え続ける平和の少女像を止めるには~安倍が東京に少女像をたててその前で反省する姿勢を見せること[01/24]

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/01/12(木) 01:16:01.95 ID:CAP_USER
    釜山(プサン)の一部市民がお金を集めて日本軍慰安婦少女像を作って日本領事館前にたて、韓日関係が悪化している。THAAD韓国配置決定のために韓国に対する中国の報復行為が続いている今、韓日両国間協力はいつもより必要だ。ところが突然出てきた釜山少女像が私たちの国益を害している。

    少女像を作ることを愛国的行為とだけ考える純真な人々がいる。最近、米国ワシントンにも少女像一つが韓国から到着したが、その銅像をたてる場所を提供するという提案がどこからもこない。慰安婦少女像をたてることが愛国的と考える人々は少女像を作ってたてることが我が国と我が民族を世界的に恥ずかしめている事実が分からない。

    80年前、日本帝国が東南アジアで米国、英国などと戦争している時、日本軍は韓半島など植民地から10代、20代の女性たちを「慰安婦」というもっともらしい名称を付けて金が儲かるとだまして日本軍の性奴隷に引っ張っていったのは事実だ。どこの国でも軍隊はたいてい20代の青年で性欲が旺盛な時だ。彼らの性的欲求をある程度充足させる必要があった。

    それで日本軍は民間人仲介会社などを通じて朝鮮、台湾、中国、インドネシア、タイ、ベトナム、ビルマ(ミャンマー)等、当時日本軍占領地で主に貧しい家庭の娘たちを慰安婦として募集し海外駐留日本軍の性奴隷としてこき使った。植民地や占領地の女性たちだけでは不足で日本の貧しい家の娘たちもやはり慰安婦募集して連れて行った。

    一時、日本でベストセラーになった「サンダカン8番娼館」という本と映画を見れば日本人性奴隷のみじめな姿を想像できる。特にこの映画の最後の場面は観客の涙を絞り出す。インドネシアで日本軍を相手に売春した日本女性たちが病気にかかって死ぬと埋める共同墓地があったが、木で作った墓碑が全部日本に背を向けた南側に向けられている。自らの娘たちを軍隊慰安婦に連れてきてこき使って故郷に帰れば売春婦と軽べつする祖国が嫌いで自分たちの墓碑を全部日本に背を向けるようにたててくれと遺言したためとのことだ。

    戦争中の軍隊に慰安婦は必要悪だった。慰安婦は朝鮮戦争の時もあった。大韓民国を金日成(キム・イルソン)の侵略軍から助けるために韓国に来た米軍など国連軍兵士たちも慰安婦が必要だった。貧しくて金を儲けようと自発的に慰安婦になった韓国女性たちを私たちは「ヤンガルボ」や「ヤンコンジュ(洋公主)」と軽蔑的に呼んだ。しかし、彼女たちが参戦外国軍の性欲を満足させたおかげで一般女性たちが強姦されなかったのだ。また、彼らが稼ぐ外貨が貧しい国の経済に助けになったことも否めない事実だ。しかし洋公主らを賛える「少女像」はない。

    韓国人慰安婦らを賛える「平和の少女像」をたてることに私は反対する。慰安婦は80年前の話で現在の日本人はその事実をよく知らない。それでも彼らの祖父世代が犯したことをめぐり今日の日本人たちにずっと謝って賠償しろというのは明らかに問題がある。日本の政治家たちが何度も謝罪したし、また、現安倍政権は被害者賠償金に10億円を出した。それでもその程度ではだめだとし、引き続き日本を非難して日本の学校教科書にも慰安婦の話を詳しく書き込めと要求する。さらに米国教科書にも韓国人慰安婦の話を入れるようと努める人々がいるという。

    あきれる。なぜ何も知らない日本とアメリカの青少年らに慰安婦の話を知らせて彼らが私たち韓国人を見下すようにさせようとするのか私には理解できない。米国のある町内にAという韓国系家庭とBという日系家庭があると仮定しよう。A家庭の人々が米国人町内の人々を集めて「80年前にB君のおじいさんがうちのおばあちゃんを強姦した。ところがB君の家族は私たちに謝罪もせず、賠償金も充分に出さず悪質だ!」と騒ぎまくれば、私たちの恥部を米国人らに広告する愚行になるだけだ。

    米国で生まれ米国の学校に通う韓国系の子供が日系の子供を見て「君たちのおじいさんらがうちのおばあちゃんらを性奴隷にこき使った。君は僕に謝って慰労金も出せ!」と叫ぶことを願うのか?
    >>2-5のあたりに続く

    ワシントンにてチョ・ファユ/英語教材著述家、作家、ジャーナリスト
    no title


    ソース:ニューデイリー(韓国語) 恥ずかしい私たちの過去の歴史をなぜ世界に広告を出すのか?
    http://www.newdaily.co.kr/news/article.html?no=332776

    引用元: 【慰安婦問題】 なぜ自分たちの恥ずかしい歴史を全世界に広告するのか?~「平和の少女像」をたてるのはもうやめよう[01/11] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2016/10/17(月) 01:27:06.26 ID:CAP_USER
    no title

    no title

    no title

    ▲仁川(インチョン)に建設される平和の少女像

    (仁川=聯合ニュース)チェ・ウンジ記者=あどけない顔の短い髪の少女は両方のこぶしを堅く握って遠方を凝視した。目つきがしっかりしていた。

    16日午前に会った彫刻家キム・チャンギ(52)氏は仁川市(インチョンシ)中区(チュング)、新興洞(シヌンドン)の作業室で石膏で彫刻した'平和の少女像'のそばに同じ姿で立った。

    「堂々としていて主体的で進取的な姿、自分の声をしっかり出そうとする感じが表現された少女像を作りたかったのです」

    彼は7月の初夏から仁川に建設される平和の少女像を作り始めた。134の市民・社会団体が集まった'仁川平和の少女像推進委員会'が候補3人の中から仁川で20年以上暮らすキム氏を銅像製作者に選定した。

    キム氏は「芸術は不条理を正すことができる媒介体を視覚的なイメージで作り出すこと」とし、「私が作った少女像が誤った歴史を正すのにとても小さいくても参加できるならばと考えて製作に臨んだ」と話した。

    少女像のデザインを定めるのも容易ではなかった。公園にたつだけに市民が負担なしで身近に受け入れることができる銅像を作りたかったという。全国に建設された少女像のイメージを300を超えて収集し南京大虐○やホロコーストなど悲劇的な戦争を勉強した。映画'鬼郷'を見て作業する時の感情を維持した。

    当時、日本軍に強制的に引きずられて行った慰安婦少女らの年齢は13~18才。キム氏の小学校6年の娘がモデルになった。彼は「モデルになってくれるという娘が'パパ、私はそんな辛い経験をしなかったけど…'といったので心が熱くなった。'自分の子供'と思いながら作った」と言う。

    キム氏は「もうこれ以上の謝罪はないという日本政府と慰安婦合意を見ながら、屈せず優雅な姿の少女像を作ってあげようと思った。真正性の謝罪と再びこうしたことが起きないという確固たる認識だけが私たちが望むものと違うのか」と問い直した。

    引き続き「お金をいくら与えるから処理しろというような態度を取るなと叫びたい」とし、「何の身振りもなしでこぶしを握って立つばかりの少女像の姿だが、それ自体だけでも多くの話ができる」と話した。

    彼は少女像が完成すればすぐそばに自然石一つを置く計画だ。誰でも少女のそばに座って辛い過去を連想して今後の方向について共に悩めるようにするためだ。

    仁川平和の少女像は29日、富平区(プピョング)冨平公園で除幕する予定だ。平和の少女像推進委は6月初めから最近まで少女像製作・設置費用1億ウォンを募金した。本来、日帝強制占領期間被害者らの痛みを慰める意味で光復節に除幕する予定だったが、募金額が不足して遅れ10月になった。

    ソース:聯合ニュース(韓国語) "あどけないがしっかりと立ち上がった平和の少女像作りましたよ"
    http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2016/10/14/0200000000AKR20161014119300065.HTML

    引用元: 【慰安婦問題】 「あどけないがしっかりと立ち上がった平和の少女像を作りました」~仁川「平和の少女像」29日に除幕(写真)[10/16] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    このページのトップヘ