ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:安重根

    1: ダース・シコリアン卿 ★ 2017/05/03(水) 12:11:33.49 ID:CAP_USER
    中国・ハルビンにある安重根記念館の展示
    no title


    2017年5月1日、韓国名門大学の一つである延世(ヨンセ)大学の学生らが、朝鮮の独立運動家・安重根(アン・ジュングン)の遺族を助けるための募金活動に乗り出した。韓国・毎日経済新聞などが伝えた。

    1909年、前韓国統監であった伊藤博文を暗○したことで知られる安重根は、韓国では国のために闘った独立運動家であり英雄とされている。そのため、名前の後ろに「義士(節義を固く守る人物)」を付けて呼ばれることが多い。

    延世大学によると、同大の行政大学院生らが先月7日、在学生と卒業生を対象に、安重根の遺族の医療費と生計費を支援する募金活動を始めた。

    安重根のおいやめいの娘2人など一部の遺族は30年以上にわたってソウル郊外の賃貸アパートに暮らしており、80歳を超える高齢で、歯もなく食べ物をろくに食べられないほど困窮していたり、脊椎手術を受け半年間病院に入院していたりしているという。

    「安重根義士の遺族支援推進委員会」を立ち上げ委員長を務めるイ・ジョンシンさんは、「国のために身をささげた人の遺族が貧しい暮らしをしていることに胸が痛む。遺族が少なくとも入れ歯を作れるよう助けたいという思いを行動に移した」と話している。

    学生らは、募金を呼び掛けるポスターを作成し大学院の建物に掲示したり、SNSでも同活動を広めたりするなど、行政大学院の同窓生や一般の人々からの支援も募っている。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは

    「安重根義士の遺族があんな苦労をされてるなんて、胸が痛む」
    「独立遺功者の家族の扱いがひど過ぎる」
    「わが民族は義士の遺族に計り知れない借金をしている」

    と遺族に同情するコメントや、

    「悪魔が金と権力をつかんだ世の中」
    「親日派はいい暮らしをしてるのに、独立運動家たちは貧しく暮らしてる。この国は独立以降何か間違ってしまった」
    「これが韓国の現在の政治構造。大統領選を機に一気に直すべき」

    と親日派を批判する声が続々と上がっている。

    一方で、子孫らに対して

    「独立運動をすると三代が滅びるってさ。子どもたちよ、しっかり肝に銘じておきなさい」

    と伝えるユーザーや、

    「国を売り払った人の方が豊かに暮らせるこの国で、今戦争が起こったら誰が国を守るかな?」

    と疑問を投じるコメントも寄せられた。

    Record china 配信日時:2017年5月3日(翻訳・編集/松村)
    http://www.recordchina.co.jp/b176915-s0-c10.html

    引用元: 【安重根】韓国に身をささげた“英雄”の遺族が困窮状態、大学生が募金呼び掛け=韓国ネット「この国は何か間違ってしまった」[5/3]

    続きを読む

    no title1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2016/08/20(土) 22:08:51.87 ID:CAP_USER
    【ソウル=ニューシス】キム・ジョンファン記者=昨年1270万人を動員した映画「暗○」。10日封切られて10日間で444万人以上を集めた「徳恵(トクヘ)翁主」等、日帝強制支配期を背景にしたこの頃の映画は例外なしに独立活動家が日本帝国主義要人や親日派を相手に武装闘争する話が描かれる。映画を通じて烈士らの抗日独立武装闘争に接した観客のうち、ごく少数は次の様な'疑問'を持つ。

    1909年、満州ハルビン駅で伊藤博文を撃○した安重根(アン・ジュングン)義士、1932年、中国上海虹口公園で開かれた日王誕生祝い兼戦勝祝賀式に爆弾を投擲して日本軍・白川司令官などを爆死させた尹奉吉(ユン・ボンギル)義士など日帝強制支配期の独立活動家の'偉業'とイスラム極端主義武装団体IS(イスラム国)、アルカイダなどが犯す各種の'テロ'はどこが違うのかだ。

    結論から言えば180度違う。

    その時代、日帝や親日派の視点から見れば祖国と民族のための義に徹した行動も社会秩序に正面から挑戦する一部の「不逞鮮人」が犯すテロに過ぎないだろう。しかし、百歩譲っても、烈士らの抗日闘争は最近の国際テロ組織が世界のあちこちで行っているテロとは明確に違う。最も大きな差は非武装民間人を○傷対象をするかしないかだ。

    ISやアルカイダなどテロ集団は敵対国の政府機関や公的機関、すなわち'ハードターゲット'だけでなく非武装民間人、すなわち'ソフトターゲット'にもはばからずにテロを加える。いや、むしろ民間人が多く集まりながらも即防御と反撃は事実上相対的に不可能なところをわざわざ選んで大規模人命○傷行為を行う。彼らはこれを通じて直接的な人的・物的損失を誘発するのはもちろん、恐怖心の助長・景気萎縮など間接的な被害まで負わせる戦略を使う。

    アルカイダが2001年、米国ニューヨークで起こした9・11テロ、ISが昨年11月13日(現地時間)に犯したフランス、パリテロのようにテロ集団は高層ビル、旅客機、劇場、カフェ、空港、地下鉄の駅、クラブ、休養地、祭り現場など場所を選ばず攻撃する。というより、わざわざそういう場所を候補地にする。

    独立活動家らは朝鮮総督府、警察署、東洋拓殖会社など日帝統治機関とその従事者、親日派に一撃を加えて私たち民族の独立意志を世界万国に誇示し、墜落した民族自尊心を再び建てようとした。そのような渦中でも、独立活動家が日本の民間人に直接危害を加えたことはなかったし、被害を受けた日本民間人も殆どいなかったと当時の資料は伝える。これは独立活動家らがそのすべての作戦で日本人でも民間人ならターゲットに定めなかったので可能だった。

    当時の独立運動団体のうち最初から'暴力闘争'を標ぼうしたことで良く知られた'義烈団'さえも'○すべき七人の対象'を意味する'七可○'から日本民間人を除き、攻撃候補地に選んだ'五破壊'にも民間機関をあげなかったほどだ。映画'暗○'の中で義烈団団長「金元鳳(キム・ウォンボン)が死地に旅立つ暗○団に「日本人でも民間人を害してはいけない。すべての民間人には罪がない。弾丸にも目があると考えよう」と頼んだ場面を思い出させば良い。

    万一、独立活動家らがハードターゲット、ソフトターゲットを分けず、むちゃくちゃに日本人を攻撃したなら、安重根、尹奉吉義士を尊敬する日本人がどうして生まれただろうか。1910年、庚戌国辱後から1945年8・15光復まで数十年間、独立闘争をそのように粘り強く展開しながらも、すべきこととすべきでないことを徹底的に分けたのは人類史でも類例がないことであろう。(中略)

    来る9月3日、日帝下抗日武装闘争を素材にしたもう一編の映画が封切られる。キム・ジウン監督の'密偵'だ。この映画で武装独立闘争がどのように描かれるのか気になる。しかし、たとえ日本人でも民間人ならば危害を加えない姿は前の二つの作品と当然同じだろう。それが'真実'だからだ。

    心の片隅に「ひょっとして?」という気まずさがあったとすれば全部脱いでしまい、もう世界の誰にでも堂々と話そう。「日帝強制占領期間、我が民族の武装抗日闘争は独立を渇望する苦闘であって絶対にテロではなかった。」

    ソース:ニューシス(韓国語) [キム・ジョンファンのスクリーニング]アン・ジュングン、ユン・ボンギルをテロリストとあえて思わない本当の理由
    http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20160817_0014329488&cID=10601&pID=10600

    引用元: 【韓国】 安重根、尹奉吉義士はテロリストではないと言える本当の理由~日本の民間人には手を出さなかった[08/20] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/05(日) 01:40:55.20 ID:CAP_USER
    no title

    新曲の発売イベントにゲスト出演した西川貴教さん(中央)とAOAメンバー。左がソリョンさん、西川さんの右隣がリーダーのジミンさん=4月21日、東京

     韓国の音楽チャートでトップを走る女性グループ「AOA」のメンバーが涙ながらの謝罪に追い込まれた。
    テレビ番組のクイズで、伊藤博文を暗○し、韓国で「義士」とたたえられる安重根について出題された際、よりによって「侵略者」と憎まれる歴史上のあの人物の名前を口走るなどし、非難が○到したからだ。
    ミュージックビデオに映り込んだだけで、トヨタやホンダの車まで標的となった。日本に絡んだ歴史問題となれば、目くじらを立てずにはいられない韓国社会の本音と建前をのぞいてみた。

    赤いタイトスカート、黒のストッキングでスターダムに

     女性7人のグループのAOAは、2012年にデビューし、14年に韓国の音楽番組で1位に輝くと、一気にスターダムに駆け上がった。

     AOAのオフィシャルサイトによると、「赤いタイトスカートに白のブラウスという秘書スタイルや、スリットスカートに黒のストッキングとハイヒール」という「幻想をかき立てる大人の女性」のイメージが持ち味という。

     14年10月には、日本デビューを果たし、サード・シングル「胸キュン」でオリコンデイチャート2位に、ファーストアルバムがウイークリーチャート2位になるなど、日本でも人気だ。最近のシングルでは、T・M・Revolutionの西川貴教さんとコラボし、話題となった。

     5月16日にソウル市内で行われたイベントは、11カ月ぶりとなるミニアルバムの発売を大々的にPRするはずの場が一転、重苦しい空気に包まれた。

     リーダーのジミンさん(25)は「よくないことで多くの方を失望させて申し訳ありませんでした」と頭を下げ、「これからは最善を尽くして一生懸命、頑張る姿を見せていきます」と語ると、涙を見せた。

     メンバーのソリョンさん(21)も言葉をつまらせながら、「これからはもう少し慎重になりたい」と謝罪すると、他のメンバーたちが抱負を語っている間も終始、涙を流し続けた。

     うら若きアイドルをここまで追い込んだ「よくないこと」とはどんなことか。

    キン・トカンって誰?「無知こそ最大の過ち」

     5月3日に韓国のケーブルテレビで放映された番組「チャンネルAOA」でのことだ。

     韓国メディアによると、有名人の写真を見て名前を言い当てるクイズコーナーで、ジミンさんとソリョンさんは、サッカーの朴智星(パク・チソン)選手や米俳優のブラッド・ピットさんの名前は書けたが、歴史上の人物でつまずいた。

     安重根の写真について、なかなか解答できず、番組スタッフが「伊藤博文」とヒントを出すと、ジミンさんは「キン・トカン?」と聞き返し、「こういうの、よく知らない」とケロリと言ってのけた。

     スマートフォンを使ってインターネット検索をしたソリョンさんは、よりによって「豊臣秀吉」と口走る。1590年代に2度にわたって朝鮮半島に出兵した秀吉は、初代韓国統監を務めた伊藤と並び、韓国で歴史上最大の悪役とされる人物だ。

    http://www.sankei.com/premium/news/160605/prm1606050008-n1.html

    >>2以降に続く)

    引用元: 【韓国】韓流美女Gメンバーがクイズで「あの人」の名を挙げたばかりにフルボッコ→涙の謝罪 矛先はトヨタにも[6/05]©2ch.net

    続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2016/03/10(木) 21:58:45.52 ID:CAP_USER.net
    no title

    no title

    ▲安重根義士(上)と白凡・金九先生(下)を描いた仮想紙幣

    米国の100ドルや日本の1万円に該当する私たちの「10万ウォン」紙幣が作らたら、どんな人物が
    描かれなければならないだろうか?最近、オンライン・コミュニティでは様々な意見の中で好き嫌い
    が分かれなかった2人の人物を刻んだ10万ウォンの仮想紙幣写真がアップされた。

    最初の一人は「トマ安重根(アン・ジュングン)」義士だった。伊藤博文暗○前、左手四番目の指を
    切った後に取った拇印が顔と一緒に紙幣の前面に描かれている。裏面には多少刺激的だという意
    見もあるが、中国ハルビン駅で行われた博文暗○現場が生々しく表現されている。

    次は「白凡金九(キム・グ)」先生だった。紙幣の前面には慈しみ深いことこの上ないながらも謹厳な
    表情が筆記とともに描かれている。紙幣の裏面は太極旗とともに私たちが守護しなければならない
    領土「独島(ドクト、日本名:竹島)」が描かれている。

    これを見たネチズンらはまだ10万ウォン紙幣は時期尚早と言いながらも「アン・ジュングンとキム・グ
    はその名前だけでも胸が熱くなる」という反応を見せている。一方、該当紙幣は歴史に関心が高い
    ネチズンが自主的にデザインしたもので韓国銀行とは関係ないことが分かった。

    チョン・ジュンガン記者

    ソース:インサイト(韓国語) '十万ウォン'紙幣が出てくるならば必ず入らなければならない人物2人
    http://www.insight.co.kr/newsRead.php?ArtNo=53676

    引用元: 【韓国】 もし「十万ウォン」紙幣ができたら、必ず入れるべき2人の人物~紙幣表に安重根と金九、裏に博文暗殺現場と独島(画像)[03/10]

    続きを読む

    20151201_0609001: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/12/01(火) 00:57:09.99 ID:CAP_USER.net
     「勝てば官軍」という言葉は日韓共通のようだ。新設された野球の国際大会「プレミア
    12」で、初代王者に輝いた韓国のメディアが異常なほど“はしゃぎ”まくっている。準
    決勝で日本に逆転勝ちするまでは、日程の不公平や大会の意義そのものなどについて不満
    たらたらで、1次ラウンド初戦で大谷(日本ハム)にひねられた韓国代表チームに対して
    も、「(韓国の)打者は打つ手なし」(中央日報)▽「韓国ネットユーザー『がっかり』野球
    で日本との差を痛感」(朝鮮日報)などと辛口の記事が目立っていたが、過剰に敵視してい
    る日本を破って優勝してからは手のひらを返したように自国のチームを称賛した。

    「ヒューマンボール」に「ビビンバ野球」…その実態は

     中央日報(電子版)は「侍マネーより強かった、金寅植(キム・インシク)監督の『ヒ
    ューマンボール』」と題した特集を掲載。その中で、金寅植監督の野球を「長打中心のロン
    グボールでも、作戦中心のスモールボールでもない。各自の心を動かして最大限の力を作
    り出す、温かくて強いヒューマンボールだ」と持ち上げた。朝鮮日報(同)も「日米の欠
    点を最小限化した韓国野球」との記事で、「米国のパワーと日本の綿密さを兼ね備えた韓国
    野球は今、さまざまな具を合わせて複雑な味わいを出すビビンバのように独自の『韓流ス
    タイル』を作りつつある」とたたえた。

     「勝てば官軍…」の流れで言えば、日本は負けてしまったのだから、何も言えないが、
    その狂喜ぶりには「おいおい」と思わざるを得ないものもある。

    「痛快」「こらしめ」…過剰な表現目立ち「テロリスト」まで

     上記の中央日報の記事では、「多くのファンがマウンドに太極旗(韓国の国旗)を立てる
    パフォーマンスを期待したが、韓国代表は過度なアクションを自制した」と、まるで節度
    を重んじているように記しながらも、その前段で「日本の欲のため競技日程が変更される
    など大会の運営に問題が多かった。しかし韓国は日本を破り、彼らが準備していたシルク
    ロードを踏んで優勝した。韓日戦の勝利はそれだけに痛快だった」と感情をむきだしにし
    た。韓国代表チームは自制したのかもしれないが、韓国メディアにはその気持ちはかけら
    もないようだ。

     さらに、朝鮮日報は「日本にギャフンと言わせた鄭根宇は『安重根宇』」との記事を掲載。
    主将の鄭根宇(チョン・グンウ)が、初代韓国統監だった伊藤博文を暗○したテロリスト
    として知られる安重根を模してネット上で「安重根宇」と称賛されていることを紹介し、
    その理由として「準決勝で大谷から初安打を奪い、9回には二塁打を放って(安重根と同
    じように)日本をこらしめた」と記している。

     サッカーの日韓戦でも「安重根」の肖像画を掲げるなどして日本をむやみに挑発する韓
    国。節操がないというか、なんというか…。ここまでくると、まさに噴飯ものだ。

     「勝てば官軍、負ければ賊軍」の類語を辞書で調べると、「無理が通れば道理が引っ込む」
    が該当する。韓国の異常なはしゃぎぶりには、こちらの言葉の方が適切かもしれない。と
    もあれ、敗者をむち打つ非礼には、しかるべき舞台できっちりと“返礼”しなければなら
    ない。

    ソース:産経ニュース【スポーツなんでやねん】 テロリスト「安重根」を持ち出し狂喜す
    る韓国…節度ない非礼にはきっちり“返礼”を
    http://www.sankei.com/west/news/151130/wst1511300007-n1.html

    引用元: 【スポーツなんでやねん】 テロリスト「安重根」を持ち出し狂喜する韓国…節度ない非礼にはきっちり“返礼”を[11/30]

    続きを読む

    このページのトップヘ