ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:安倍首相

    20140514_021: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/05/13(火) 19:12:54.71 ID:???.net
    安倍首相 韓日関係は「ウィンウィン」=韓国財界人らが表敬
    2014/05/13 18:42

    【東京聯合ニュース】安倍晋三首相は13日、首相官邸で韓国の韓日経済協会一行の
    表敬訪問を受け、両国の経済関係は「ウィンウィン(相互利益)」の関係にあると強調した。

     安倍首相は、韓国の成長が日本のプラスとなり、日本の成長が韓国のプラスになる
    関係が築かれてきたと評価。両国間には難しい問題があるが、経済や文化、国会議員
    交流などの面で多様な交流が緊密に進むよう期待を示した。

     14~15日に東京都内のホテルで開かれる韓日経済人会議に出席するため訪日した
    同協会の金ユン会長は、「アベノミクス」による日本の景気回復を高く評価した上で、
    同会議で多様な協力策を協議すると説明した。

     安倍首相は冒頭、「アンニョンハシムニカ(韓国語でこんにちはの意)」とあいさつ。
    また、韓国南西部で起きた旅客船「セウォル号」沈没事故について哀悼の意を表した。

     安倍首相は先月28日、都内の在日本大韓民国民団(民団)中央本部に設置された
    沈没事故犠牲者の合同焼香所に献花している。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2014/05/13/0400000000AJP20140513003100882.HTML

    続きを読む

    20140513_051: ぱぐたMK-Ⅲφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/05/12(月)22:33:25 ID:A5dgkacap
    ★安倍首相:オセアニア、中南米訪問へ 近隣外交は停滞
    2014年5月12日(月)21:40

     安倍晋三首相は7月上旬にオーストラリア、ニュージーランド、パプアニューギニアのオセアニア3カ国、同月下旬にメキシコ、ブラジルなど中南米諸国をそれぞれ訪問する方針を固めた。首相は「地球儀を俯瞰(ふかん)する外交」を掲げて毎月のように海外に出かけており、7月の出張が実現すれば、第2次内閣発足後、5大陸をすべて訪れることになる。一方で中国、韓国訪問のめどは立たず、首相が精力的に世界を回るほど、結果として近隣外交の停滞が際立っている。

     オーストラリアでは先月来日したアボット首相と再び会談し、アジア太平洋地域の安定に向けた緊密な連携をアピール。両国間の経済連携協定(EPA)で正式合意する。政府内には「首相にとって、アボット氏はロシアのプーチン大統領、トルコのエルドアン首相と並ぶ親密なパートナーだ」という評価もあり、同じ首脳と会談を重ねる安倍外交の特徴が表れている。

     中南米訪問は、昨年9月のアルゼンチン以来。このときは2020年夏季五輪の開催地を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会への出席が目的で、首脳会談は行われなかった。今回は初の本格訪問となる。経済成長著しい中南米では中国も貿易を拡大しており、首相はトップセールスで投資やインフラ輸出の拡大につなげ、対抗する構えだ。

    〈続く〉

    ソース
    http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/politics/20140513k0000m010106000c.html

    続きを読む

    20140511_151: かじりむし ★@\(^o^)/ 2014/05/11(日) 20:19:13.57 ID:???0.net
    首相、国会会期中に異例の2日連続ゴルフ
    http://www.news24.jp/articles/2014/05/11/04250918.html
    日本テレビ 2014年5月11日 20:01


     安倍首相はこの週末、山梨県で2日続けてのゴルフを楽しんだ。つかの間の
    休息を取った安倍首相だが、週明けからは大きな課題が待ち構えている。

     安倍首相はこの週末、国会会期中としては異例とも言える2日続けてのゴル
    フを楽しんだ。10日間に及ぶヨーロッパ訪問を終えた直後でもあり、首相周
    辺は「安倍首相は疲れ知らずでスーパーマンだ」と苦笑いしている。

     プレー中は笑顔もこぼれた安倍首相だが、週明けからはいよいよ集団的自衛
    権の行使容認をめぐる協議が本格化する。今週中に政府の有識者懇談会が報告
    書を提出するのを受け、安倍首相は記者会見を行い、自らの考えを説明する。
    しかし、公明党は依然、行使容認に慎重な姿勢で、与党の協議は難航しそうだ。

    続きを読む

    20140507_021: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/05/07(水)00:06:35 ID:n4ToHjsmi
    中日友好、前提抜きではありえない

    環球時報はこのほど、凌星光氏の「中日友好、タブー視されるべきではない」
    と題する記事を掲載した。同記事は、中日友好はタブー視されるべきではなく、
    中国は自国の改革開放に日本が力を貸したことを忘れるべきではないと主張した。

    筆者は、中国人は日本軍国主義の侵略と危害を受けたが、中日友好関係を常に重視し、
    この友好の発展に向け積極的に努力してきた。
    しかしながら安倍政権は、両国の基本的・正常な関係を脅かし、釣魚島(日本名・尖閣諸島)の国有化後、
    さらに靖国参拝を敢行した。これらの後の結果を顧みない挑発が、
    中日関係の今日の膠着状態をもたらした。

    安倍政権は中日両国の現状を引き起こした張本人であり、
    中国人が中日友好の将来を悲観する「悪縁」でもある。中国人は中日友好をタブー視しておらず、
    中日友好の促進に期待を寄せている。

    しかし友好は一方的な「片思い」によって決まるわけではない。友好は基盤と前提が必要であり、
    双方による保護、交流、認知なくしてはありえない。これは「両好合一好」という中国のことわざにある通りだ。

    今日の膠着状態、特に安倍政権および安倍首相を代表とする右傾勢力が
    日本国内である程度の地位を占めている現実に対して、中日の友好と平和に期待する正義の人は立ち上がるべきだ。
    自らの理念と行動により、周囲のすべての人に宣伝し影響を与え、
    安部首相の右傾化した極端な行為の危害を指摘し、社会の共通認識を凝縮し、安倍政権に圧力をかけることで、
    中日の膠着状態の緩和に向け条件を創造するべきだ。

    筆者の知る限り、中日友好は中国でまだタブーになっていない。政府と民間は、これに対して理性を保っている。
    安倍政権の度重なる挑発に対して、中国政府と国民は最大の自制と冷静を維持した。
    (中略)
    現在の中日の膠着状態に、中国政府の社会の感情に対する理性的な指導がなければ、
    中国の社会は遮ることのできない国民的な反日デモを起こしているだろう。
    (中略)
    中日友好の原点に戻り、「尊重」を再確認することが、中日の友好的な交流の基盤と前提である。
    膠着状態を打破する「ボール」は中国側になく、安倍政権の手中に握られている。

    安倍政権が中国に対する全面的な挑発を停止し、釣魚島の係争の現実を認め、
    任期内に靖国参拝を停止すると公の場で約束し、かつこれまでの参拝行為を深く反省し、
    中国に対する政策と態度を全面的に調整し、中国人の感情および世界の公理を尊重する誠意を見せなければ、
    中国は「ボール」を受け取る条件を手にし、現在の膠着状態に転機をもたらすことはできない。(筆者:陳福玉 瀋陽軍区大校、学者)

    http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-05/05/content_32289454.htm
    http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-05/05/content_32289454_2.htm

    続きを読む

    no title1: 幽斎 ★@転載禁止 2014/05/01(木) 11:35:47.90 ID:???0
    安倍首相に脱原発訴え=首脳会談場前でデモ-ベルリン
    http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014043001050

    【ベルリン時事】安倍晋三首相とドイツのメルケル首相の首脳会談が行われた
    ベルリンの首相府前で30日、会談時間に合わせ、
    市民や在留邦人ら約50人が安倍首相に脱原発を訴えるデモを行った。
     デモ隊は「安倍首相に抗議します」との横断幕を掲げ、
    「再稼働反対」「さよなら原発」とシュプレヒコールを上げた。
     参加した主婦ヘートウィヒ・ツォーベルさん(63)は
    「東京電力福島第1原発の事故が起きた日本で原発が再稼働されたら最悪」。
    タクシー運転手ベルント・フリーベーゼさん(54)は
    「安倍首相に国民と子供を守れと言いたい」と話した。(2014/04/30-23:44)

    30日、ドイツ・ベルリンの首相府前で安倍晋三首相に脱原発を訴えるデモ隊

    続きを読む

    このページのトップヘ