ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:安倍首相

    20180115_1915001: 動物園φ ★ 2018/01/15(月) 15:45:46.57 ID:CAP_USER
    2018年01月15日15時06分
    [? 中央日報日本語版]

    慰安婦少女像と安倍首相(中央フォト)

    安倍首相が在リトアニア日本総領事記念館を訪ねて故杉原千畝元在リトアニア日本総領事を「日本人として誇り」と話したことを受け、韓国メディアが批判の声を出している。

    韓国日刊紙「アジア経済」は15日、リトアニアを訪問している安倍首相が14日(現地時間)、「日本人シンドラーリスト」と呼ばれる故杉原千畝元在リトアニア日本総領事記念館を訪ねたとし、「戦犯国家の過去史にも直視できない安倍首相がドイツ政権のユダヤ人虐○に対抗した日本人を賛えるのは二重的という指摘も出ている」と報じた。

    第2次世界大戦当時、ドイツ・ナチの迫害によって数多くのユダヤ人がポーランドからリトアニアに避難した。日本政府は十分な経済力を持っており、日本を経由地として第3国に離れる人々に限ってビザを発給することを指示した。だが、命が危うかったユダヤ人から目をそらせなかった杉原元総領事は当時、日本外務省の指示に従わず、1940年6月から8月の間にドイツ・ナチが占領したポーランドから脱出したユダヤ人6000人に日本行きのビザを提供した。

    韓国通信社「ニュース1」は安倍首相が「全世界で杉原氏の勇気ある人道的な行動は高く評価されている。同じ日本人として誇りに思う」と述べたことに対して、「杉原リストは国連教育科学文化機関(ユネスコ)に申請された一方、慰安婦関連資料のユネスコ登録は極度に警戒する姿の日本」としながら日本政府の二重的態度を批判した。

    日本は数千人のユダヤ人の命を救った外交官杉原千畝氏の関連資料を世界記録遺産の登録に申請したが、南京大虐○、慰安婦資料などは世界記録遺産の登録に反対している。

    http://japanese.joins.com/article/527/237527.html?servcode=A00&sectcode=A10

    引用元: 【話題】安倍首相、杉原千畝記念館を訪ねて「誇りに思う」 → 韓国メディアが批判

    続きを読む

    20171230_112600
    1: 荒波φ ★ 2017/12/30(土) 10:16:23.60 ID:CAP_USER
    日本の安倍晋三首相は韓国政府の慰安婦合意破棄の動きに対して「合意は1ミリも動かない」と言った。再交渉には一切応じないという意味だ。日本政府や自民党幹部らは「関係破たん」「韓国は相手にしない方がいい」「信じられない国」などと発言している。在韓日本大使の召還話も出ているという。

    日本側が再交渉に応じないのは彼らが決めることで、誰も強制することはできない。それにしても、安倍首相と日本政府の反応は、ほかに意図があるのではないかと疑いたくなるほど行き過ぎている。

    安倍首相は2012年12月に首相に再就任して以降、日本国内の極右感情に便乗して政治的基盤を広げるために慰安婦問題を利用してきた。14年には、慰安婦動員の強制性を認めた河野談話(1993年)について「政治交渉の産物に過ぎない」として談話の内容を否定した。

    2年前の慰安婦合意時の当事者・岸田文雄外相は記者会見直後、「日本が失ったのは10億円だけだ」と言った。10億円という金額が重要なのでないことは彼もよく分かっているだろう。それが日本政府の予算から拠出されるということで、日本政府の謝罪の意が込められているから重要なのだ。

    それにもかかわらず、「10億円だけ」という発言で、日本国内の反韓感情に便乗しようとした。韓国で逆風が吹かないわけがない。

    「韓国政府が慰安婦を象徴する少女像移転に同意した」など事実とは異なる話を流し、大きな混乱を招いた。そのすべてが自民党の日本国内政治向けだったのだ。こうした言動で韓国国内の感情は極度に悪化し、結局は文在寅(ムン・ジェイン)現大統領を含む当時の大統領選挙候補たちが慰安婦合意再交渉を公約に掲げることになった。今回の過剰な反応も国内政治用という印象が強い。

    今回の件で、日本政府からは「安倍首相の来年2月の平昌冬季五輪訪問が難しくなった」という声も上がっているという。中国の習近平国家主席と日本の安倍首相の平昌訪問は、2018年平昌冬季・20年東京夏季・22年北京冬季という3つの五輪を1つにまとめて成功させ、北東アジアの平和ムードを作ろうという観点から出た話だ。

    これが慰安婦問題と何の関係があるというのか。平昌に来る来ないは日本の選択に懸かっているが、外交問題を国内政治に利用すれば災いを招くという法則は、日本も避けて通れないだろう。


    2017/12/30 09:34
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/30/2017123000482.html

    引用元: 【朝鮮日報/社説】安倍首相は韓日関係を国内政治に利用するな[12/30]

    続きを読む

    20171228_064900
    1: ひろし ★ 2017/12/27(水) 23:51:49.33 ID:CAP_USER
    日韓合意、首相「1ミリも動かず」
    2017/12/27 23:37

     日本政府は慰安婦問題に関する2015年の日韓合意について、韓国側に着実な履行を要求する考えを重ねて示している。今回の検証結果に関し表向きは静観するが、韓国政府への不信は広がる。安倍晋三首相は周囲に「合意は1ミリも動かない」と指摘しており、日本側は韓国政府が追加的な措置などの要求を持ち出しても一切応じない方針だ。

     菅義偉官房長官は27日、韓国側の発表に先立つ記者会見で「粘り強くありとあらゆる機会に合意の着実な実施を強く求めていく」と強調した。

     日本政府は今年1月、韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦を象徴する少女像が設置されたことに反発し、長嶺安政駐韓大使を約3カ月間、一時帰国させる強硬対応を取った。一方、5月に文在寅政権が発足して以降は「慰安婦の日」の制定など合意に逆行する動きはあったものの、首脳間の対話の維持を優先して抑制的な対応をとってきた。

     今回も検証結果そのものへの表だった反発は避けた。しかし、首相官邸や外務省は韓国側に対する不信感を募らせている。外務省幹部は「国家間の合意をあまりに軽く見過ぎている」と憤る。

     日本政府は今後、韓国政府が追加的な措置などを新たに求めてきたとしても一切応じない構え。打開策のボールは韓国側にあるとの姿勢だが、革新系を支持基盤とする文政権への過度な期待もないのが実情だ。安倍首相が平昌冬季五輪への招請に返答を控えているのも、日韓関係の展望が見通せないからだ。

    全文はソースで
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25163390X21C17A2EA2000/

    引用元: 【日韓合意】安倍首相「合意は1ミリも動かない」 韓国政府が追加的な措置などの要求を持ち出しても一切応じない方針 [12/27]

    続きを読む

    20171223_081500
    1: 名無し1号 ★ 2017/12/22(金) 23:42:11.90 ID:CAP_USER9
    ソース元タイトル 『首相の靖国参拝「違憲」訴訟、市民側の敗訴確定』

    読売新聞(YOMIURI ONLINE)
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20171222-OYT1T50098.html
    配信2017年12月22日20時15分

     安倍首相の靖国神社参拝は政教分離を定めた憲法に反するなどとして、
    市民277人が安倍首相と靖国神社、国に1人1万円の損害賠償などを求めた訴訟の上告審で、
    最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は20日付の決定で、原告側の上告を棄却した。

    請求を棄却した1審・大阪地裁と2審・大阪高裁の判決が確定した。

     1、2審判決によると、安倍首相は2013年12月26日、靖国神社を参拝。
    公用車で訪れ、「内閣総理大臣 安倍晋三」と記帳し、私費で献花料を納めた。

     最高裁は06年、小泉元首相の参拝に対する訴訟で、憲法判断を示さずに原告側の訴えを退けており
    、今回の1、2審判決もこの判断を踏襲。合憲か違憲かの判断は示さず、「首相の参拝が原告らの信仰を
    妨げたり干渉したりするものではなく、損害賠償の対象とはならない」などと指摘した。

    引用元: 【最高裁】安倍首相の靖国参拝「違憲」訴訟、市民側の敗訴が確定

    続きを読む

    20171220_063400
    1: ひろし ★ 2017/12/19(火) 23:13:21.58 ID:CAP_USER
    12/19(火) 22:36配信

     安倍晋三首相は19日、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と首相官邸で会談した。首相は慰安婦問題に関する2015年の日韓合意について、着実な履行を強く要求。これに対し、康氏は合意の協議過程などを検証する韓国外務省のタスクフォース(作業部会)の進展状況を説明。韓国外務省は同日、作業部会の検証結果を27日に公表すると明らかにした。

     首相は会談冒頭、「韓国とはさまざまな課題もあるが、両国がしっかりとコントロールしながら未来を切りひらいていきたい」と述べた。康氏は「北朝鮮の核問題は韓日米、韓日の緊密な協力が重要だ。国連安全保障理事会を中心とする制裁、圧迫で力を合わせることができる」と応じた。首相は、北朝鮮に対し、圧力を最大限に高めることが重要との認識を伝えた。

     また、康氏は首相に来年2月の平昌冬季五輪に合わせた訪韓を要請。韓国側の説明によると、首相は回答を留保した。

     康氏はこれに先立ち、河野太郎外相と昼食をまじえて約3時間にわたって会談した。両外相は日中韓首脳会談の早期の東京での開催を目指す考えで一致した。【加藤明子、大貫智子】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00000120-mai-int

    引用元: 【慰安婦問題】安倍首相、韓国外相に日韓合意の履行要求 [12/19]

    続きを読む

    このページのトップヘ