ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:安倍首相

    20171122_062700
    1: マスター・ネシトル・カ ★ 2017/11/21(火) 19:50:06.24 ID:CAP_USER9
    2017年11月21日 日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/218050

     安倍首相が10月の衆院選直前に、いきなりブチ上げた「幼児教育の無償化」が早くも頓挫しつつある。

     自民党は衆院選の公約に〈2020年度までに、3歳から5歳までのすべての子供たちの保育園・幼稚園の費用を無償化します〉と盛り込み、選挙中に安倍首相は「保育園や幼稚園の費用はタダ」など聞こえのいい演説を繰り返した。

     ところが、選挙が終わって1カ月も経たないうちに、政府内で無償化の対象から「認可外」の保育施設を外す方針が浮上した。それが報道されると、「そもそも認可保育園に入れなくて通っている人が多いのに」「さらに認可園を優遇してどうする」とツイッターなどで子を持つ親たちの怒りが噴出。批判の高まりに慌てた自民党内の議論で、原則全ての認可外施設も対象とする方針に軌道修正したが、無償化のために支給する助成金に上限を設けるという新たな「足かせ」を保護者にはめようとしている。

    ■票を釣り上げるための“疑似餌”

     検討中の上限は月額2万5700円。認可外の保育料は施設ごとに異なり、世帯所得に関係なく月額3万~5万円という施設もザラにある。このままだと、無償化の恩恵にあずかれない世帯が続出しかねない。

     つまり安倍首相が選挙で訴えた「3~5歳児全員の教育無償化」なんて真っ赤なウソ。20日の衆院代表質問で、立憲民主党の枝野代表は教育無償化について、「親の年収や施設の種類で限定や差異をつけるべきではない」と指摘。安倍首相に無償化に例外がないことなどの確認を求めたが、安倍首相は「具体的な検討を進めている」と答えるのみ。「全員無償化」への言及を避けた。

    「安倍首相が何ら具体策を詰めず財源の検討もせず、『無償化を打ち出せば勝てる』と選挙前の思い付きで公約に掲げたことがよく分かります。“疑似餌”で票を釣り上げれば、あとは言いっ放し。かすかな望みを託した有権者がバカを見るのは許せません。バラマキの財源があるなら、保育施設の増設や保育士の待遇改善にも力を入れるべきです」(政治学者・五十嵐仁氏)

     イカサマ首相が有権者をペテンにかけるのは、これで何度目だろうか……。

    引用元: 【国難/イカサマ首相】もはや詐欺…安倍首相「幼児教育無償化」の真っ赤なウソ[11/21]

    続きを読む

    20171121_215900
    1: Boo ★ 2017/11/21(火) 21:02:35.48 ID:CAP_USER
     米サンフランシスコ市議会が旧日本軍の従軍慰安婦像の寄贈を受ける議案を可決した問題が、21日の衆院本会議の代表質問で取り上げられた。安倍晋三首相は「我が国政府の立場と相いれず極めて遺憾」と述べ、エドウィン・リー市長に対し、像の受け入れを拒否するよう政府として申し入れたことを明らかにした。日本維新の会の馬場伸幸幹事長に対する答弁。

    https://mainichi.jp/articles/20171122/k00/00m/010/045000c

    引用元: 【慰安婦像】安倍首相「受け入れ拒否を申し入れた」サンフランシスコ市長に[11/21]

    続きを読む

    no title
    1: らむちゃん ★ 2017/11/03(金) 14:30:26.31 ID:CAP_USER
    レコードチャイナ 2017年11月3日 10時50分 (2017年11月3日 11時03分 更新)
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171103/Recordchina_20171103020.html

    2017年11月2日、安倍晋三首相が5日来日する米国のトランプ大統領を和牛ステーキなどの鉄板料理でもてなす予定であることが韓国でも報じられ、話題を集めている。

    日本の報道によると、トランプ氏は5日午前に米軍横田基地(東京)に到着、プロゴルファーの松山英樹選手を交え安倍首相とゴルフを楽しんだ後、都内の鉄板焼き店で首相らとの少人数の夕食会に臨む予定。同店は和牛やアワビの鉄板焼きが有名な高級店といい、日本政府関係者は「ステーキ好きのトランプ氏のために選んだ」と説明している。

    これについて日本の報道を基に伝えた韓国メディアは、2014年、当時の米オバマ大統領が来日した際に、安倍首相がオバマ氏の好物を考慮し銀座のすし店で大統領をもてなしたことにも触れた。

    「オバマ氏とはすし店、トランプ氏とは鉄板焼き店で夕食」との見出しでこれを伝えた聯合ニュースの記事には、韓国のネットユーザーから「日本に学ぶべきところは学ぼう」「こうして親しくなって実利を得る。日本は韓国より上だ」「2人は親友みたいだね」「やっぱり日本は外交がうまい」など、安倍首相のもてなし術に感心したといったコメントが多く寄せられている。

    また、日本に続いてトランプ氏が訪問する韓国でのもてなしを提案するコメントも目立ち、「トランプさんを連れてカラオケにでも行く?」「僕らにだってキムチがある!ビビンパがある!」「文在寅(ムン・ジェイン)大統領はソウルのユッケジャン(牛肉と野菜を煮込んだ辛味スープ)で夕食かな?」などの声が。

    (全文は配信先で読んでください)
    1がたった日時:2017/11/03(金) 11:13:18.41
    前スレ:【韓国ネッ】安倍首相の和牛ステーキもてなしに対抗!韓国ネットが「トランプ氏に食べてもらいたい」と挙げた味とは?
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1509675198/

    引用元: 【韓国ネッ】安倍首相の和牛ステーキもてなしに対抗!韓国ネットが「トランプ氏に食べてもらいたい」と挙げた味とは?★2

    続きを読む

    no title
    1: コモドドラゴン ★ 2017/10/23(月) 04:14:41.53 ID:CAP_USER9
    まず、司会のジャーナリスト・池上彰氏が「今回の選挙戦での結果を、どのように評価していますか?」と質問すると、
    安倍首相はその質問には答えず、「まず質問にお答えする前に申し上げたいのですが」と切り出し、約1分間にわたり、
    日本に上陸中の台風に対する警戒を国民に呼びかけ、続けて、多くの選挙区で自民党候補者が接戦を繰り広げていることについて、
    「私たちに厳しい視線が注がれているということを、肝に命じていかないといけないと思っている」と自ら反省の弁を述べた。

     そして、話題が今回衆院解散を決断した理由におよび、池上氏が「北朝鮮情勢に関してはですね」と切り出した途端、
    中継先である自民党本部の会場内に大音量で「続きましては、高村副総裁によるバラ付けを行います」というマイク音が響き渡り、
    約1分間にわたり当選者名の読み上げやバラ付けが安倍首相の背後で行われ、池上氏と安倍首相のやりとりが聞き取りにくい状態が続いた。
    そして「高村総裁、ありがとうございました」というアナウンスが入ったかと思うと、今度は同じく大音量で「続きまして、
    竹下総務会長によるバラ付けを行います」というマイク音が流れてバラ付けが行われ、2分近く中継が聞き取りにくい状態となった。
    これには、池上氏もやや戸惑う表情を見せた。

    最後は池上氏が質問している途中で強制的に中継が終了されて“時間切れ”となったが、約6分間の中継時間の内の半分が、
    安倍首相による一方的な発言や“大音量のバラ付け”に占められ、質疑応答が十分に行われなかった。

    ちなみに同番組内では、その後、池上氏は自民党の岸田文雄政調会長との中継の際に、「中継の際は読み上げなどは行わないルールのはず」 「こちらと安倍さんとのやりとりがうまくいかなかったことについて、きわめて異例のことだったと一言申し上げておきます」
    と抗議しているだけに、今後問題化される可能性もありそうだ。

    http://biz-journal.jp/i/2017/10/post_21053_entry.html

    引用元: 自民党、安倍首相と池上彰の中継で大音量「妨害」に批判殺到…「姑息」「わざと音」

    続きを読む

    朝日新聞社旗
    1: ろこもこ ★ 2017/09/23(土) 09:20:37.65 ID:CAP_USER
    http://www.asahi.com/articles/DA3S13146830.html

     圧力の連呼で解決できるほど朝鮮半島問題は単純ではない。危機をあおることなく、事態を改善する外交力こそ問われているのに、日米首脳の言動は冷静さを欠いている。

     ニューヨークの国連総会での一般討論演説である。各国が北朝鮮を批判し、国際社会として懸念を共有したのは前進だ。

     しかし、当事者であるトランプ米大統領と安倍首相の強硬ぶりは突出し、平和的な解決をめざすべき国連外交の場に異様な空気をもたらした。

     「米国と同盟国を守らなければならない時、北朝鮮を完全に破壊するほか選択肢はない」(トランプ氏)。「対話による問題解決の試みは、無に帰した」「必要なのは対話ではない。圧力だ」(安倍氏)。

     安倍首相は、続く日米韓の首脳会談後も、「最大限の圧力」を記者団に強調した。

     確かに今は、北朝鮮への国連制裁を各国が一致して履行すべき時である。核・ミサイルの開発を断じて許容しない警告は、発信し続ける必要がある。

     しかし、圧力はあくまで対話に導き出すための手段にすぎない。日本を含む周辺国に甚大な影響をもたらす武力行使の選択肢はありえず、どうやって交渉での沈静化に落着させるかの道筋を練ることが必要だ。

     ところが安倍首相からは、そのための重層的な政策がうかがえない。軍事力を誇示するトランプ氏に寄り添い、対話の扉を閉ざすような発言に終始するのは思慮に欠ける。衆院選をにらんで脅威を強調する思惑を詮索(せんさく)されても仕方あるまい。

     そもそも北朝鮮問題の流れを顧みれば、事態の悪化の原因を「対話の試み」だけに求めるのは誤りだ。日米韓の対応として圧力一辺倒だったり、あるいは無視を続けたりした時期もあったが、事態は改善しなかった。

     圧力と対話の双方を駆使する方策を紡ぎだし、北朝鮮政権と交渉を重ねるしか道はない。

     マクロン仏大統領は「売り言葉に買い言葉で圧力を増すのではなく、緊張を緩め、人びとを守らねばならない」と米メディアに語り、交渉を導く努力を呼びかけた。国際社会が求めるのは忍耐を伴う外交努力なのだ。

     安倍首相が今すべきは、荒い言動を続ける米大統領と、同胞との対話を求める韓国大統領との橋渡し役を務め、日米韓の結束の強化を図ることだろう。

     乱雑な舌戦や一方的な対話拒否を続けるだけでは、打開の糸口はつかめない。国連決議の実行を果たしつつ、交渉の接点を探る知恵が求められている。

    引用元: 【朝日新聞】トランプ大統領と安倍首相の強硬ぶりは突出、平和的な解決をめざすべき国連外交の場に異様な空気をもたらした[09/23]

    続きを読む

    このページのトップヘ