no title1: 鴉 ★ 2017/02/22(水) 23:35:49.22 ID:CAP_USER
教育勅語を「けしからん!」と言う人は、一度でもちゃんと読んだことがあるのだろうか?【千葉麗子】

東日本大震災での原発事故をきっかけに反原発運動に参加するもその運動に疑問を持ち、運動から離れた。そのときの体験をもとに、活動や情報発信を行っている千葉麗子。

日本のために何が出来るのか模索した結果、現在辿りついた“愛国”とは何なのか? 子供のために、将来のために日本に今必要な事を訴える! 『ママは愛国』集中連載シリーズ“教育勅語”! 

教育勅語、原文、現代語訳!! 

 二〇〇六年十二月、第一次安倍内閣の時に教育基本法が改正されました。
教育の目標に「愛国心」や「公共の精神」という規範意識を盛り込んだことで、教育勅語に注目が集まりました。
 当時の記事をネットで検索してみると「愛国心や規範意識は国が強制するものではない」とか「戦前のそういう洗脳で特攻が行われたのだ」という、怖いことだと言っている意見が目につきます。挙句の果てには、安倍さんをヒトラーのようにコラージュした画像も出てきました。
 では、その教育勅語を見てみましょう。

朕惟(ちんおも)フニ我(わ)カ皇祖皇宗(こうそこうそう)國ヲ肇(はじ)ムルコト宏遠(こうえん)ニ德ヲ樹(た)ツルコト深厚(しんこう)ナリ
我カ臣民克(みんよ)ク忠ニ克ク孝ニ億兆(おくちょう)心ヲ一(いつ)ニシテ世々厥(よよそ)ノ美(び)ヲ濟(な)セルハ此(こ)レ我カ國體(こくたい)ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦實(えんげんまたじつ)ニ此(ここ)ニ存ス

爾(なんじ)臣民父母(ふぼ)ニ孝ニ兄弟(けいてい)ニ友(ゆう)ニ夫婦相和(あいわ)シ朋友相信(ほうゆうあいしん)シ恭儉己(きょうけんおの)レヲ持(じ)シ博愛衆ニ及ホシ學ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發(けいはつ)シ德器(とっき)ヲ成就(じょうじゅ)シ進テ公益ヲ廣(ひろ)メ世務(せいむ)ヲ開キ常ニ國憲(こくけん)ヲ重シ國法ニ遵(したが)ヒ一旦緩急(いったんかんきゅう)アレハ義勇公(ぎゆうこう)ニ奉(ほう)シ以テ天壤無窮(てんじょうむきゅう)ノ皇運(こううん)ヲ扶翼(ふよく)スヘシ 
是(か)くノ如キハ獨(ひとリ)朕カ忠良(ちゅうりょう)ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風(いふう)ヲ顯彰(けんしょう)スルニ足(た)ラン
斯(そ)ノ道ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓(いくん)ニシテ子孫臣民ノ倶(とも)ニ遵守(じゅんしゅ)スヘキ所  
之(これ)ヲ古今(ここん)ニ通シテ謬(あやま)ラス之ヲ中外(ちゅうがい)ニ施(ほどこ)シテ悖(もと)ラス朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺(けんけんふくよう)シテ咸(みな)其(その)德ヲ一(いつ)ニセンコトヲ庶(こい)幾(ねが)フ
         明治二十三年十月三十日

御名御璽(ぎょめいぎょじ)

 ちょっとこれだと大変ですよね。実は、私もいつもは現代語訳のほうを読んでいます。
 現代語訳で、内容を確かめてみましょう。

 私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。
 そして、国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。 
 国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸きょう襟きんを開いて信じ合い、そして自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また、法律や、秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。 

 そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるばかりでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。
 このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、この教えは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道でありますから、私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。

~国民道徳協会訳文による~


つづく
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170221-00004689-besttimes-soci

引用元: 【話題】パヨク「天皇が命令しているからけしからん」…教育勅語をけしからんと言う人は、ちゃんと読んだことがあるの? 千葉麗子氏

続きを読む