ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:北朝鮮

    no title
    1: ねこ名無し ★ 2017/09/01(金) 00:21:17.25 ID:CAP_USER
    29日早朝、北朝鮮が平壌近郊の順安(スナン)空港(=平壌国際空港)から「火星(ファソン)12」とされる弾道ミサイルを発射した。ミサイルは北海道上空を通過した後、北海道襟裳岬の東方約1180キロの太平洋上に落下。事前通告はなかった。

    北朝鮮のミサイルが日本の上空を通過した事例は、今回で5度目、2016年2月以来となる。日本のマスメディアは、北朝鮮の挑発行為を強く批判している。しかし、今回の問題の本質は、そこではない。

    米国と北朝鮮の事情に詳しい外交官筋から、こんな話を聞いた。韓国の文在寅大統領は、トランプ大統領との会談以降、何度も「我々は何としてでも、北朝鮮のミサイル発射や核実験をやめさせる。その代わり、米韓合同軍事演習を中止させてほしい。我々は、米国と北朝鮮の対話に向けて仲立ちをしたいと考えている」と懸命に訴えたという。

    ところが、米国政府はそれを拒否し、米韓合同軍事演習を継続した。北朝鮮も、それに反発してミサイルの発射実験を繰り返した。米朝間は一層緊張感を増し、衝突の危険性が高まっていった。

    なぜ、米国はこれほどまでに強硬な態度を取っているのか。

    5カ国を騙した北朝鮮

    2003年、日本、米国、中国、ロシア、韓国、そして北朝鮮の外交当局の局長級担当者が一堂に会する6カ国協議が開かれた。これは、北朝鮮に核開発を放棄させることを前提に、緊迫していた米朝関係を緩和するために開催されたものだった。第6回(2007年3月)までいずれも中国・北京で会合が行なわれた。

    日本を含め、各国の関係者は、6カ国協議実現のために相当に努力した。ところが、北朝鮮は5カ国を完全に裏切って、2006年に第1回目の核実験に踏み切ったのである。これによって6カ国協議は2008年12月の代表会合を最後に中断された。

    さらに北朝鮮は、2009年にも第2回目の核実験を試みた。言ってみれば、日本をはじめとする5カ国は、北朝鮮に騙されたわけだ。

    中でも特に腹を立てたのは米国だ。その時点で、米国は北朝鮮を一切信用しなくなったのである。

    米国が文在寅大統領の訴えに頑なに応じなかったのは、こういった経緯があるからだ。ちなみに、ここでいう「米国」とは、「トランプ大統領」ではない。米国政府全体としての意思だ。だからこそ、問題はより深刻なのである。

    2014、15、16年に行われた米韓合同軍事演習の際にも、北朝鮮はミサイルを打ち上げている。米国の「対話を拒否する」という姿勢に反発しているからだ。

    北朝鮮としては、ワシントンまで届くICBM(大陸間弾道ミサイル)を完成させれば、いくら強硬的な米国も対話に応じてくれるだろうと考えている。

    ところが、実際は逆だ。本当に完成段階に入れば、その時点で米国は何らかの手を打つ。もちろん、それは対話ではない。武力行使という選択肢もあるだろう。

    確かに北朝鮮の行動は子どもっぽいものだが、このまま挑発合戦がエスカレートすれば、米朝衝突という最悪の事態を招きかねない。そういった意味で、北朝鮮だけを批判するのはいかがなものかと思う。

    金正恩から折れることはない

    北朝鮮側から、米国に対話の姿勢を示すことはあり得ない。僕は過去二度、金正日政権の時代に北朝鮮を訪れたことがある。当時と比較すると、息子の金正恩は今ひとつ自信がないように見える。

    金正日は北朝鮮を完全に統括できていたので、硬軟両方の対応ができた。6カ国協議が実現できたのも、金正日に柔軟性があったからだろう。一方、金正恩は統括しきれてはいないので、側近を300人以上も粛清している。金正恩は強硬的な手段をとることはできても、柔軟性のある対応はできないのだ。

    もし、金正恩が他国と柔軟に対応しようとすれば、軍の反乱が起きる恐れがある。軍はミサイル発射に積極的だ。金正恩も、もはや「やめよう」とは言えないだろう。

    あくまでも鍵を握るのは米国

    しかし、米国が対話しようという話を持ちかければ、北朝鮮は受け入れると思う。だからこそ、米国の姿勢が重要なのだ。このままでは、北朝鮮はミサイル発射の頻度を増し、核実験も継続する。すると、さらに世界中の非難が北朝鮮に集中していく。

    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/122000032/083100035/

    (続く)

    引用元: 【田原総一朗】一方的に北朝鮮を非難しても問題は解決しない[9/01]

    続きを読む

    no title
    1: ゆず湯 ★ 2017/05/13(土) 16:25:25.44 ID:CAP_USER9
    北朝鮮西部、平安北道亀城(ピョンアンブクトクソン)市付近の飛行場で13日未明、弾道ミサイルの発射に向けた動きがあったと軍事関係筋が明らかにした。
    実際に発射されたかどうかは確認されていない。
    韓国で南北対話を重視する文在寅(ムンジェイン)政権が誕生したが、北朝鮮は軍事挑発を続ける方針とみられる。

    同筋によれば、飛行場に移動発射台が展開。
    13日未明までに、ミサイルを起立させる作業が行われたという。

    北朝鮮は従来、実際の軍事作戦も想定し、夜明けと同時に発射するケースが多い。
    米韓両軍は13日昼の時点で、ミサイル発射の事実を確認していない。

    写真:北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐる動き
    http://i.imgur.com/dY6v8wl.jpg

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170513-00000052-asahi-int

    引用元: 【朝日新聞】北朝鮮、弾道ミサイル発射の兆候 韓国新政権でも挑発か

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/04/22(土) 23:57:03.29 ID:CAP_USER
     先日まで、学校法人「森友学園」の話題ばかり取り上げていた日本メディアが、やっと北朝鮮の核実験やミサイル開発問題を報じるようになった。だが、どこか傍観者的な印象を受ける。

     北朝鮮は弾道ミサイルの攻撃目標に、在日米軍基地や日本の都市が含まれると公言している。同国が事実上の核兵器保有国であり、猛毒のサリンや神経剤VXなど、生物化学兵器を大量保有することも周知の事実だ。安倍晋三首相は13日の参院外交防衛委員会で、北朝鮮がサリンを弾頭につけて着弾させる技術を保有している可能性を指摘した。

     朝日新聞は翌14日の「素粒子」欄で、こう書いた。

     《シリアと同じだと言いたいか。北朝鮮がミサイルにサリンを載せられると首相。だから何が欲しい、何がしたい》

     私には「北朝鮮の悪い印象を払拭したり、日本人の『平和ボケ』を維持しようと努力しているのに、首相は余計なことを言うな」と言いたいように読めた。朝日こそ「何がしたい」と聞きたい。

     日本共産党の志位和夫委員長も2015年11月、テレビ番組に出演し、「北朝鮮、中国にリアルの危険があるのではなく、実際の危険は中東・アフリカにまで自衛隊が出て行き一緒に戦争をやることだ」と述べた、と産経新聞(電子版)が報じている。

     志位氏は12日、ツイッターに《トランプ大統領が、米国単独で北朝鮮への軍事力行使に踏み切る可能性を示唆。破滅をもたらす軍事力行使に強く反対する。経済制裁の強化と一体に、外交交渉のなかで、北朝鮮の核・ミサイル開発の手を縛り、放棄させることが何よりも大切だ》と書いた。

     正論のつもりかもしれないが、自分にできもしないことを他人にやれと言うのは無責任だ。まずは、ご自身の持つ交渉力で、有権者を説得して政権交代を果たし、外交交渉の当事者になったらどうか。

     作家の百田尚樹氏は、志位氏のツイートに対して、《北朝鮮に核を放棄させることが何より大切なら、お前がやってみろよ! 誰も出来なかったから、アメリカが軍事力で止めようとしてるんじゃないか! 黙ってろ、北朝鮮の手先が!》と反撃した。

     表現は少し過激だが、気持ちは分かる。

     そもそも、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、何をやるのか予測困難だ。人間は成長とともに、感情より理性に基づいて合理的かつ冷静に行動しようと心掛けるようになる。しかし、彼はその成長過程を経ることなく、独裁者の地位に就き、感情の赴くままに部下を○し、日米韓を理不尽に恫喝(どうかつ)している。

     中二病の独裁者の運命は、果たしていかに。

     ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。著書に『儒教に支配された中国人・韓国人の悲劇』(講談社+α新書)、『トランプ大統領が嗤う日本人の傾向と対策』(産経新聞出版)、『日本覚醒』(宝島社)など。

    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170422/dms1704221000001-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170422/dms1704221000001-n2.htm

    no title

    朝日新聞東京本社
    no title

    共産党の志位委員長

    引用元: 【ケント・ギルバート】日本共産党の志位委員長「北朝鮮にリアルな危険ない」今でも言えるか “中二病の独裁者”の運命はいかに[4/22]

    続きを読む

    no title
    1: 動物園φ ★ 2017/04/12(水) 01:07:42.54 ID:CAP_USER
    民進 山井国対委員長 シリアや北朝鮮情勢で集中審議を

    民進党の山井国会対策委員長は記者会見で、シリアや北朝鮮をめぐる情勢が緊迫していて、日本の外交や安全保障に関わる重大な事態になっているとして、速やかに衆議院予算委員会で集中審議を行うよう与党側に求めていく考えを示しました。

    この中で山井国会対策委員長は「シリアや北朝鮮をめぐる情勢が緊迫化し、日本の外交や安全保障に大きく関わる重大な事態だ。安倍総理大臣も出席して集中審議を早急に開くべきだ」と述べ、速やかに衆議院予算委員会で集中審議を行うよう与党側に求めていく考えを示しました。

    そのうえで、山井氏は「安倍総理大臣がアメリカの決意を支持した根拠や、シリアでの化学兵器の使用に関する見解、それにアメリカの軍事行動が中国、ロシア、北朝鮮との関係にどのような影響を及ぼすと考えているのか、まだまだ政府からの説明が十分ではないので審議したい」と述べました。

    また、山井氏は共謀罪の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案が今週14日に衆議院法務委員会で審議入りすることについて、「国民の中に大きな不安と疑問のある法案であり、強引な委員会運営や採決ありきで進めることは許されない」と述べ、徹底審議を求めていく考えを強調しました。

    ソース:NHK 4月11日 12時29分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170411/k10010944381000.html

    ★1
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1491918930/

    引用元: 【社会】民進党・山井国対委員長「北朝鮮情勢が緊迫、外交や安全保障に関わる重大な事態だ。集中審議を早急に開くべき」[04/11]★2

    続きを読む

    no title
    1: 荒波φ ★ 2017/04/10(月) 18:10:24.91 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】

    在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)機関紙の朝鮮新報が10日、北朝鮮の新型高出力ロケット(ミサイル)エンジン地上燃焼実験を取り上げ、
    大陸間弾道ミサイル(ICBM)の完成と静止衛星の発射が迫っていると主張した。

    北朝鮮の立場を代弁する朝鮮新報は、ホームページに掲載した「強盛国家の戦勝序曲」と題した文章で、
    「今回の実験は大陸間弾道弾の完成と静止衛星発射の日がぐっと近づいたことを予感させてくれる」と論じた。
     
    また「ロケット工業が突破した開発創造型の最先端技術は、新しい(核・経済)並進路線の旗印の下、
    核武力建設にも民需産業にも波及することになる」と主張した。
     
    北朝鮮が開発した新型高出力ロケットエンジンがICBMと人工衛星用ロケットの両方に使用できると朝鮮新報が言及したことは、
    これまで進めてきた「衛星」の発射が、事実上長距離弾道ミサイル技術の蓄積に使われていることを遠回しに認めたとみることもできる。
     
    北朝鮮は衛星の発射を純粋な宇宙開発目的だと主張しており、「数年の間に」静止衛星保有国になるとの計画を明らかにしてきた。
     
    北朝鮮は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が見守る中、先月18日に北西部東倉里のミサイル基地「西海衛星発射場」で
    新型高出力ロケットエンジンの地上燃焼実験を行った。
     
    金委員長は、実験が成功したことに対して「『3.18革命』と称することもできる歴史的な日」と称賛した。
     
    一方で北朝鮮のインターネットメディア「メアリ」は、金日成総合大学先端科学研究院の科学者らがこのほど
    「コンピューター数値制御(CNC)プラズマ切断機」など一部の先端技術製品を開発したと紹介した。
     
    同メディアによると、CNCプラズマ切断機はコンピューターを精密に制御して複雑な形態の大型鉄板も均一に切断する先端設備だ。
     
    国連安全保障理事会はプラズマ切断機やコンピューター数値制御装置などが核・ミサイル開発のために使用される可能性があるとして、
    昨年4月の北朝鮮制裁決議で輸出禁止品目に指定した。


    2017/04/10 17:31
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2017/04/10/0300000000AJP20170410004400882.HTML

    引用元: 【聯合ニュース】北朝鮮 ICBM・静止衛星の発射間近=朝鮮総連機関紙[04/10]

    続きを読む

    このページのトップヘ