ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:倭寇

    no title1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/04/24(日) 05:35:08.90 ID:CAP_USER.net
    朝鮮新報

    高句麗壁画を端緒とする朝鮮絵画は、新羅、百済の三国時代を経て、西暦918年に建国された高麗王朝で特に仏教画として昇華した。

    この時代は絵画面ばかりでなく、科学と文化で世界に誇る発明と発見が続々となされた時代だった。金属活字の最初の発明家と言われたグーテンベルクより2世紀も先立って金属活字を発明したのは高麗人である。また今も陶磁器の至宝とされる神秘的な翡翠色に輝く高麗青磁を創造し、火薬を使った先進兵器を発明したのもこの時代である。その他にも16年の歳月をかけて木版に刻んだ仏教経典の「八万大蔵経」などを刊行もした。

    文化が百花繚乱と花開いたこの時代にあって国家の手厚い保護を受けた仏教文化は数々の仏教芸術品を生んだ。その中でも高麗仏画は精密でかつ繊細な筆致と金泥をふんだんに使った鮮やかな色彩と美しい文様表現で、仏教美術の精華を示す絵画と評価されている。

    ■日本人の責任から目逸らす

    しかし朝鮮民族の貴重な文化的遺産というべき高麗仏画は、朝鮮にほとんど残されていない。

    ちなみに新羅、百済の絵画もまったくないと言ってよい。

    現在、百済の絵画として残されているのは、忠清南道の宋山里第6号古墳に描かれた四神図と扶余郡陵山里古墳の壁画のみである。新羅も同じく、慶尚北道慶州郡より出土した瓦当に刻まれた狩猟図と宝相華文と皇龍寺の壁に率居という画家が描いた「老松図」だけである。

    新羅、百済の両国も仏教を国教とし、仏教文化が隆盛を極めた。国都を中心にして壮大な大伽藍が建てられ、寺の白壁には「菩薩像」や「観音像」が色彩豊かに描かれていたに違いない。

    日本人学者は、それらが失われた原因について百済は滅亡時に唐・新羅の連合軍によって徹底的な破壊にあったためとしている。新羅については政権移譲の革命(高麗)と戦火によるとしている。

    朝鮮絵画が喪失した理由を一方的に朝鮮にその原因があったと強調しながら次のようにも言っている。

    鮎貝房之進は朝鮮絵画が「惜しいかな朝鮮にありては、当代の絵画伝来の正しきものはひとつとして存在していない」(「朝鮮」第40号)藤田亮策も「遺憾ながら今日、(絵画が)朝鮮に極めて稀にして、見ること困難である」(「青丘学叢」第1巻3号)

    朝鮮絵画の研究者と称する日本人は異口同音で高麗仏画などが遺存していないことを嘆いているが、問題はその原因について日本人の責任をそらしていることである。

    http://chosonsinbo.com/jp/2016/04/0411sk/

    引用元: 【話題】失われた朝鮮の文化財はどこへ?倭寇と秀吉軍と日帝が略奪、破壊した

    続きを読む

    20140526_0558001: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/05/26(月) 00:30:53.75 ID:???.net
     高校時代に世界史を学んだ人ならば中国は多民族国家であり、その中でも「漢・満・蒙・蔵・回」の五つの民族が独自性=民族的
    アイデンティテイを保持しながら協同して国家を形成しており、そのことは近代中国の建国の父である孫文が「五族協和」を提唱し、
    中国革命を成し遂げた毛沢東などにより「民族自決権」として承認されたものだと教わったはずである。しかし現在の中国ではこうした
    考えはロマンチックなものであり、現実の政治世界では実現不可能な状況にまで追いやられていると言えよう。漢、すなわち漢民族が
    政治的にも経済的にも圧倒的な力を有し、他の少数民族である満=満州民族、蒙=モンゴル民族、蔵=チベット民族、そして、
    回=ウイグル民族などトルコ系民族(回と称するのはこれらの民族の多くが回教=イスラム教徒であることによる)を様々な分野で
    圧倒的な力で抑圧しているからだ。

     チベット民族がいかに過酷な弾圧を蒙(こうむ)ってきたかは、彼らの精神的指導者でもあるダライ・ラマの活動で、ある程度
    知られているが、近年の中国国内における民族問題としては、中国政府によるウイグル民族への抑圧と、それに対するウイグル民族
    の激しい、時には暴力を伴う反発があろう。

     ウイグル民族は世界各地に居住しているが、中でも中国の新疆ウイグル自治区には約1千万人以上が居住し、独自の文化と歴史を
    発展させてきた。しかし中国政府の「漢化政策」、漢民族が自治区の政治的、経済的要職を独占するとともに、漢民族を移住させ、
    ウイグル民族が有していた権利や権限を次第に奪い去っていくとともに、文化や宗教の面でも弾圧を強めてきた。

     最近この地区には原油、天然ガス、シェールガスが豊富に埋蔵していることが分かり、エネルギー資源の確保に躍起になっている
    中国には欠くべからざる地区となっている。それ故中国政府は政府への反発は決して認めず、締め付けを強化することとなり、
    ウイグル民族の反発を一層激しいものとしていくことになる。昨年10月に北京天安門で起こった自動車爆破テロ、3月の昆明駅の
    無差別殺傷事件、そして4月、習近平国家主席が同地区を視察した直後に起きたウルムチ駅の爆破事件などがそうである。こうした
    無差別テロは決して許されることでないのは明らかである。しかし、そこには、民族的誇りとアイデンティテイが踏みにじられていると
    いう事実があるのだ。

     なお、この視察の際、習主席はウイグル民族のテロを「倭寇」に例え、反日感情を露骨にしたとされるが、お門違いだ。さらに言えば、
    倭寇の8割以上は窮乏化した漢民族や朝鮮人というのが定説であり、中国の政治問題の一面でもあったのが歴史の常識である。

    ソース(陸奥新報・青森地域社会研究所特別顧問・末永洋一氏)
    http://www.mutusinpou.co.jp/%E6%A5%E6%9B%9C%E9%9A%8F%E6%B3/2014/05/31503.html

    続きを読む

    このページのトップヘ