ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:二重国籍問題

    no title1: ねこ名無し ★ 2017/10/13(金) 04:49:42.23 ID:CAP_USER
    カズオ・イシグロさん(62)がノーベル文学賞を受賞したことで、国籍の問題が改めてクローズアップされている。

    イシグロさんは両親がともに日本人で、生まれたのは長崎市。5歳のときに父親の仕事の関係で英国に渡り、1982年に英国の国籍を取得したという。

    本人は受賞後のインタビューで、「川端康成、大江健三郎に続いて3人目の受賞」と喜んでいたが、国籍上は日本人ではない。日本の国籍法は、11条で「日本国民は、自己の志望によつて外国の国籍を取得したときは、日本の国籍を失う」と定めている。イシグロさんは、英国の国籍を取得した時点で石黒さんではなくなったのだ。

    もしも日本が二重国籍を認めていれば、イシグロさんは石黒さんでもあった。だれにはばかることなく“日本人として3人目の快挙”となったし、今以上に盛り上がったのではないか。

    いったい、なぜ、日本は二重国籍を認めないのだろうか。国籍法に詳しい名城大教授の近藤敦氏(憲法)は、「政府が反対する理由は3つあります。忠誠の衝突と外交上の保護権の衝突、それと重婚など身分関係の混乱です。ただし、世界は二重国籍を認める流れになっています」と言う。

    確かに、戦争を前提にすれば、国籍で敵か味方か分からないと困るだろう。海外でトラブルに巻き込まれた際に、どこの国が保護するのかも明確になっていた方がいいかもしれない。

    もっとも、それよりも大きいと考えられているのが、「日本は単一民族の国家でありたい」と願う保守系政治家の影響力。国籍に高いハードルを設けて、日本に住む外国人や海外に移住する日本人に制約を加えている。

    近藤教授は「日本の保守政党の外国人政策や移民政策の立場は、ヨーロッパの極右政党と同じです。グローバル化の進展やダイバーシティー社会の実現を考えれば、二重国籍を認めるプラス面は大きい。海外で活躍する日本人にとっても、国籍を放棄せずに現地の国籍も取得できるようになれば、国籍の違いによる制限を受けることがなくなります。活躍の幅も広がるでしょう。実際に韓国は二重国籍を認めるよう法律を見直しました」と指摘する。

    少し前、蓮舫・前民進党代表は日本と台湾の二重国籍問題で批判された。いくら本人が「日本人だ」と言っても叩かれ続けたものだが、一方でイシグロさんが「私の一部は日本人」と話すのを、保守系メディアはうれしそうに報じている。

    どうも、すっきりしない。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/215336/

    no title

    カズオ・イシグロ氏は日系イギリス人(C)AP

    関連記事
    ICANのノーベル平和賞受賞に日本政府が沈黙する理由
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/215120

    引用元: 【日刊ゲンダイ】二重国籍問題の矛盾、カズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞受賞で浮き彫り 蓮舫・前民進党代表は批判された[10/13]

    続きを読む

    20170720_0630001: ねこ名無し ★ 2017/07/20(木) 02:05:25.25 ID:CAP_USER
    "二重国籍"問題で蓮舫代表が戸籍を公開することに懸念を表明してきた山口二郎・法政大学教授。18日の会見を受けAbemaTV『AbemaPrime』の取材に応じ、改めて危機感を露わにした。

    「そもそも二重国籍というのは不当な言いがかりだ。そんなことでおたおたして、自分が正しい日本人だなんていうことを殊更に説明しようとする蓮舫さん側に認識の間違いがあると思う。戸籍という個人情報は公にするものではないということが、何十年かかかってようやく社会常識として定着してきた。
    その何十年の努力を水の泡にしたというか、歴史の針を逆戻しにしたというのが、今回の蓮舫さんの行動。
    今回のことが前例になって『お前の正体を明らかにしろ』という不当な圧力や要求を突きつける、人を貶める、とりわけ政府に批判的なことを言う人たちに対して『お前、本物の日本人か』といいがかりをつけて、その人のアイデンティティを晒すような愚かなことが広がってくる可能性がある。それを私は非常に恐れる」。

    民進党の宮崎岳志・衆議院議員は
    「戸籍の公開は差別という問題の根本に関わってくる。結婚差別や就職差別などの長い歴史の中で、戸籍というのは人に軽々しく公開するものではない、という慣例ができあがってきた」と話す一方、
    「今回は蓮舫代表ご本人も、無理やり公開したとは受け止めてはいない。党内でもみんなから"戸籍を出さないんだったら代表辞めさせる"といった声があったわけではない」とした。(AbeamaTV/『AbemaPrime』より)

    https://abematimes.com/posts/2680465?categoryIds=70273

    https://youtu.be/0RFzfSwIxQg


    引用元: 【二重国籍問題】山口二郎氏、蓮舫代表の戸籍公開を批判「歴史の針を逆戻しにした」「そもそも二重国籍というのは不当な言いがかりだ」

    続きを読む

    no title
    1: アブナイおっさん ★ 2017/07/19(水) 18:01:45.96 ID:CAP_USER9
    18日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、蓮舫代表の二重国籍問題について議論した。

     MCの小籔千豊は

    「"勘違いでした"というのは信じていいと思うんですが、今まで"自民党は~"と言ってた割には似たようなことをされてる気がしますし、
    最終的におっしゃっていたことが被害者ヅラというか、差別をなくしたいと英雄ヅラしていたのには違和感がありますね。記憶違いなのは可哀想だと思うんですが、
    かっこええ話になってたのは違うんじゃないかなと思った」と手厳しいコメント。

    さらに「差別は絶対アカンと思ってます。一般の人に戸籍見せろとか、肌の色や生まれたところで差別があってはいけないと心の底から思います。
    でも、例えば僕が日本国籍を持ったままブラジルに住んで野党第一党の党首になったとします。
    ブラジルの人が見て、よろしいと思います?

    当然、"戸籍見せろ"って言われると思うんです。それは差別とは全く関係ないと思います。たとえば僕が大阪に住民票あるのに東京都知事選に出て通ったとしても、
    東京の人たちは"構わへん"と思うか。
    "住民票見せんかい!"って言われた時に、"それごっつデリケートなことやから""私で最後にしてください"って言いますか。東京都の税金から給料もらうんですよ?」と指摘。
    「民進党としてもミスったんちゃうかな。皆もごもごして、"ええ会見やった"って言うてるやん」と党の対応についても批判した。

    「蓮舫さんを僕は支持してきた。投票したこともある」と話す慶応大学の若新雄純・特任准教授も
    「あれだけ与党に対して"責任のある人は逃げちゃいけない"と徹底的に追及してきた人が、自分の問題になった時にはものすごくあたふたしてしまっていた。
    そんな様子を見たくはなかった。仮に法的責任を問われるということがなかったとしても、自ら徹底的に調べて"さすが自分への追及も厳しい!"みんな納得してたと思うのに…」と話す。

    https://abematimes.com/posts/2680390?categoryIds=70273

    引用元: 【芸能】小籔「すごい被害者ヅラ」「差別をなくしたいと英雄ヅラしていたのには違和感」「戸籍開示と差別は関係ない」蓮舫会見を批判

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/07/19(水) 20:47:31.49 ID:CAP_USER
     民進党の蓮舫代表は18日、自身の台湾籍と日本国籍の「二重国籍」問題をめぐり、昨年9月に台湾籍を離脱した上で、翌10月に日本国籍の選択宣言をしたことを示す戸籍謄本の一部などを開示した。

     蓮舫氏は記者会見で開示理由について「野党第一党の党首として私の発言の信頼が揺らいではならず、安倍晋三政権に強く説明責任を求める立場を勘案した」と述べた。

     蓮舫氏が開示したのは、昨年9月13日付で台湾籍を離脱したと記された台湾当局発行の「国籍喪失許可証書」▽日本の国籍法で定められた「日本の国籍を選択し、外国の国籍を放棄する旨の宣言」を同年10月7日に行ったことを示す東京都目黒区役所発行の戸籍謄本▽1987年に失効した台湾の旅券-など数点の写し。

     家族に関する記載や直筆の署名などは、白く塗りつぶして公表した。

     蓮舫氏はこれまで、家族のプライバシーなどを理由に謄本公開に応じてこなかった。会見では「戸籍を強要されて開示することは前例としてはならない」と強調した。

     そのうえで、これまで戸籍をめぐる発言が二転三転して信頼性を疑われたことや、双子の子供が成人し、今年7月に家族が戸籍情報を開示することに同意したことを説明した。

     蓮舫氏のケースで日本国籍を選択する場合、国籍法で22歳までに選択宣言をする必要がある。30年以上「二重国籍」だったことは「故意ではなかった」と釈明したが、この状態で参院議員や閣僚となったことは「公職に就く者として深く反省している」と述べた。

     資料開示で蓮舫氏は「二重国籍」問題に関する一応の説明は行った格好だが、故意でないとしても長年違法状態を放置し、取り繕う発言を繰り返してきた事実に変わりはなく公党のトップとしての資質は問われ続ける。党内には説明が遅きに失したことへの不満も根強いままだ。



     二重国籍問題をめぐり、18日の記者会見で戸籍謄本の一部などを公表した民進党代表の蓮舫氏。自身の説明に事実誤認があったことには反省を口にする一方、日本と台湾にルーツを持つ自らを「多様性ある社会の象徴」と表現。

     「日本人と違うところを見つけ、違わないことを戸籍で示せと強要する社会はおかしい」との主張も繰り返した。

     会見場となった民進党本部(東京都千代田区)。真っ白なジャケットとパンツ姿で現れた蓮舫氏は、今回の開示は例外的措置と強調。昨年まで台湾籍が残っていたことについては「17歳の時に父親が台湾籍離脱の手続きをしてくれていたと思っていた」と釈明し、「手続きを怠っていたのは事実。申し訳ない」とおわびの言葉を重ねた。

     説明責任を十分に果たしたかを問われると、「故意ではないが、深く反省している」としつつ、「血筋や性別で差別されている人たちもいる。私のようなケースが再発しないよう、民進党が多様性を守っていきたい」とのアピールも。

     質問者には目を向け、うなずきながら聞き入っていたが、厳しく政治責任を問われると「(離脱の)手続きを故意に怠ったのではない」と強い口調で切り返した。

     会見では、二重国籍なのかどうかに端を発した今回の騒動の論点が、戸籍の開示の是非となったのは「議論のすり替え」だと指摘される場面も。蓮舫氏は「指摘はその通り。発言の一貫性を欠いたこと、あやふやな説明が浸透したことは私の責任」と認めた。

     また、自らの発言に疑念を持っている人々がいることを「仲間から指摘された」と明かす場面もあり、党内で責任を追及する声があったこともうかがわせた。

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170719/soc1707190020-n1.html

    >>2以降に続く)

    no title

    no title

    二重国籍問題について会見する民進党の蓮舫代表=18日午後、東京・永田町(桐原正道撮影)
    no title

    二重国籍問題について記者会見する民進党の蓮舫代表。手前は蓮舫氏が公表した台湾籍喪失に関する書類 =18日午後、東京・永田町(桐原正道撮影)

    引用元: 【二重国籍問題】蓮舫氏、にじむ強気 「日本人と違うところを見つけ、違わないことを戸籍で示せと強要する社会はおかしい」[7/19]

    続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★ 2017/05/21(日) 20:33:38.25 ID:CAP_USER
    自民党の小野田紀美参院議員(34)は21日までに自身のツイッターに「米国籍の喪失証明書が届いた」と投稿した。これにより小野田氏は二重国籍状態が解消され、国籍は日本だけとなる。

    小野田氏は18日、「昨年、皆様に大変ご心配をおかけいたしました私の国籍の件につきまして、あらためてご報告申し上げます」として、「以前フェイスブックに書かせて頂いた通り、

    義務である『日本国籍選択と米国籍放棄手続き』については立候補前の平成27年10月に終えておりましたが、努力義務である『外国の法においての国籍離脱』という手続きについては、当時進行中で終了しておりませんでした。

    大変時間がかかりましたが、この度、アメリカ合衆国から2017年5月2日付での『アメリカ国籍喪失証明書』が届きました」と記し、原本も添付した。

    二重国籍問題は、父親が台湾人、母親が日本人である民進党の蓮舫代表(49)が昨年10月に日本と台湾の二重国籍状態にあることが分かり、その後、与野党ともに二重国籍状態となっている議員がいることが発覚、小野田氏もその一人だった。

    小野田氏は「国政を担う身として、皆様にご不安とご心配をおかけしてしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます」と投稿したが、ネットでは「小野田さんは潔い」「蓮舫氏はいつになったら国籍問題をはっきりさせるのか」といった投稿が相次いだ。

    小野田氏は昨年10月、自身の戸籍謄本をフェイスブックに公開したが、蓮舫氏は公開していない。

    http://www.sankei.com/politics/news/170521/plt1705210006-n1.html

    小野田紀美参院議員
    no title

    蓮舫民進党代表
    no title

    引用元: 【二重国籍問題】自民の小野田紀美参院議員が「米国籍を喪失」 ネット上は「蓮舫民進党代表はいつ説明するの」の声[5/21]

    続きを読む

    このページのトップヘ