ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:キム・ヨナ

    1: LingLing ★@無断転載は禁止 2016/05/04(水) 23:00:56.50 ID:CAP_USER
    (朝鮮日報日本語版) セレブファッション:キム・ヨナ、真っ赤なレースワンピを清楚に
    no title


    4月29日の「It’S SKINキム・ヨナ・サイン会」に登場したキム・ヨナは、真っ赤なレースの
    ワンピースを着ていた。 

    キム・ヨナは白いシャツブラウスにレースのパターンが印象的なビスチェ風ワンピースを
    重ね着し、「フィギュアの女王」と呼ばれるにふさわしい清楚なコーディネートに仕上げた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160504-00001594-chosun-kr

    引用元: 【セレブファッション】 キム・ヨナ、真っ赤なレースワンピを清楚に。「フィギュアの女王」と呼ばれるにふさわしいコーディネート[05/04] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    no title1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/12/15(火) 00:19:56.44 ID:CAP_USER.net
    キム・スヒョン&キム・ヨナ「国家ブランド大賞」を受賞“韓国に対するポジティブなイメージを与えた2人”

    TVREPORT |2015年12月14日19時07分

    俳優キム・スヒョンと“フィギュアスケートの女王”キム・ヨナが「2015 国家ブランド大賞」の授賞者として選ばれた。

    国家ブランド振興院は17日、国会議員会館で「2015 国家ブランドカンファレンス」を開催する。同カンファレンスはイ・エリサ議員、チョン・スノク議員、国家ブランド振興院が
    主催し、Matti Heimonen駐韓フィンランド大使とナム・ギョンピル京畿道(キョンギド)知事の冒頭演説で開始される。イベントではスポーツ、文化、企業など各分野別に選定された
    国家ブランド大賞の選定結果を発表し、授賞する。

    今年初めて開催される「国家ブランド大賞」は個人や企業のブランドが国家イメージに与える影響に対してその功労を認め、今後の国家ブランドにつながる活動を奨励して全世界に
    韓国に対するポジティブな国家イメージを広げ、国家ブランドの価値を向上させるために設けられた。

    2015年国家ブランド大賞の文化部門には俳優キム・スヒョン、スポーツ部門にはキム・ヨナ選手が選定され、国家ブランドの価値向上に最も大きく貢献した企業部門にはAMORE PACIFIC
    グループが選定された。

    キム・スヒョンはドラマ「星から来たあなた」「プロデューサー」の主演を演じ、中国など海外でドラマブームを巻き起こした。「プロデューサー」の場合、中国、日本、タイ、インド
    ネシア、カザフスタンに販売され、中国での版権販売だけで40億ウォンの売上高を記録した。特にキム・スヒョンは中国上海東方TVが調査した「中国の芸能界で最も影響力のある人」の
    トップ5入りを果たしたことなど、個人としてのブランドパワーが認められ、文化部門の大賞受賞者として選ばれたと関係者は伝えた。

    キム・ヨナ選手はフィギュアスケート選手としてグランドスラムとオールポディウムの記録を達成するなどその実力を世界的に認められた。アメリカの時事週刊誌「TIME」誌が選定
    する「世界で最も影響力のある100人」に選定された他、2018年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪の招致に貢献したことも認められた。

    AMORE PACIFICグループは2014年にグローバル事業の成果として売上高8,325億ウォンを達成した。特に同グループが2010年から展開してきた「雪花秀(ソルファス)分かちあい布団配布
    チャリティーイベント」のような多彩な社会貢献活動は、海外の消費者に韓国企業に対するポジティブなイメージを与え、大賞の受賞企業として選定された。

    国家ブランド振興院では国家ブランド大賞の受賞者選定において韓国での大衆的な人気よりは個人と企業のブランドが海外で持っている影響力に焦点を合わせて選定したと明かした。
    チェ・ユジン副院長は「『2015 国家ブランドカンファレンス』の国家ブランド大賞の授賞を通じて国家ブランドの振興と国家ブランドに対する認識、重要性を広げ、個人及び企業の
    国家ブランド活動を奨励するために企画した」と伝えた。

    元記事配信日時 : 2015年12月14日11時36分 記者 : ファン・ジヨン

    http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2034776

    引用元: 【韓国】キム・ヨナが「国家ブランド大賞」を受賞“韓国に対するポジティブなイメージを与えた人”

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/10(火) 19:23:12.76 ID:???.net
    キム・ヨナが4日午後、ソウル江南区狎鴎亭路(カンナムグ・アックジョンノ)の「BOON THE SHOP清潭」で開かれた
    フェンディ(FENDI)の「SEOUL PEEKABOO PROJECT」オープニングイベントに出席し、フォトウォールでポーズを取っている。

    イタリアのファッションハウス「フェンディ」の「PEEKABOO PROJECT」は、世界の主要都市を舞台に各国の有名人がデザイン作業に参加した
    PEEKABOO BAGを販売してその収益金を慈善団体に寄付するキャンペーンで、ロンドン・東京に続いてソウルが3都市目となる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151105-00000008-cnippou-kr
    中央日報日本語版 11月5日(木)10時13分配信

    no title

    4日、ソウル江南区狎鴎亭路の「BOON THE SHOP清潭」で開かれたフェンディの「SEOUL PEEKABOO PROJECT」オープニングイベントに登場したキム・ヨナ。

    引用元: 【韓国】フィギュア 成熟美が輝く「女王」キム・ヨナ

    続きを読む

    no title1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 22:11:20.82 ID:???.net

    ▲[写真 :KBS第2TVの『出発! ドリームチーム シーズン2』放送画面キャプチャー]

    “フィギュアの女王”キム・ヨナが、『出発! ドリームチーム』にサプライズ出演して近況を伝えた。

    昨日(31日)放送されたKBS第2TVの『出発! ドリームチーム シーズン2』は、「2018平昌(ピョン
    チャン)冬季オリンピック」の成功を祈って「飛べスーパースキージャンプ大会」特集を組んだ。

    キム・ヨナはこの日の放送にサプライズ登場して男性出演陣の関心を一身に受けた。MCイ・チャ
    ンミョンが「とても美人だ。よくそう言われるでしょう?」とほめて、キム・ヨナは「そうですね」とクール
    に認めてニコッと笑った。

    また、キム・ヨナは自身の近況を伝えて「大学院に進学した後、熱心に勉強している」とし、「時々
    後輩養成のために努力していて、“2018平昌冬季オリンピック”の広報大使として活動中」と話した。

    キム・ヨナは韓国が氷上強国であると思うかという質問を受けて、「以前より選手たちの技量が
    日々向上しているけれど、平昌まで行ってより一生懸命やらなければならない」と答えた。

    だが、キム・ヨナは「あ、ごめんなさい。訂正します。私が言うことでは...」と謙虚に話してすぐにNG
    を出して笑いを誘った。

    ソース:イノライフ<キム・ヨナ「普段からよく美人だと言われる」クールに認める>
    http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=199911

    引用元: 【芸能】 キム・ヨナ「普段からよく美人だと言われる」クールに認める[06/01]

    続きを読む

    no title1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/02/13(金)23:48:20 ID:o8A
     13日にソウルで行われたフィギュアスケートの四大陸選手権で、
    ソチ五輪女子で韓国のキム・ヨナが銀メダルに終わったことに抗議する横断幕を観客が一斉に掲げる一幕があった。
    昨年2月の同五輪後に、韓国内では開催国ロシアのアデリナ・ソトニコワが金メダルに輝いた同五輪の採点を疑問視する声が噴出していた。

     女子ショートプログラム(SP)の整氷時間に
    「ISU(国際スケート連盟)は変革が必要」「ソチは終わっていない」「2014を忘れない」
    などと英語で書かれたバナーを次々とファンが広げた。

    http://www.sankei.com/sports/news/150213/spo1502130045-n1.html

    引用元: 【韓国】キム・ヨナのソチ五輪「銀」いまだ不服 フィギュアスケート四大陸会場で一斉に「ソチは終わっていない」「ISU変革を」等と横断幕掲げ抗議[2/13]

    続きを読む

    このページのトップヘ