ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:キムチ

    no title1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2016/12/19(月) 23:11:46.09 ID:CAP_USER
    読者の意見:箸の使い方をしっかりと教えよう 

     昔から韓国で食されてきた韓食は、ご飯にキムチ、テンジャンチゲ、ナムルなどのおかずが組み合わされたものだが、これらはどれも今で言う「健康食」だ。とりわけキムチは「世界の5大健康食品」と言われるほど世界中に愛されている。この韓食に使われるのが箸とスプーンだ。スプーンではご飯と汁物を、箸ではキムチなどその他のおかずを食べるようになっている。この箸とスプーンこそ韓国の食事ではなくてはならない重要な道具になっているのだ。

     ところが最近は箸をまともに使えない人が非常に多い。大人たちはほぼ正しく使えるようだが、若い人たちが問題だ。中にはフォークのように食べ物を箸で刺すケースがあるかと思えば、また変な使い方でおかずをこぼしてしまう様子もよく目にする。親たちからしっかりと使い方を学んでいないからだ。

     そのため今からでも若い人たちや子供たちに箸の正しい使い方を教えなければならない。箸は頭脳を発達させる役割もあると言われる。あるテレビ番組で小学生を対象に箸の使い方実験を行っていたが、木製の箸と金属製の箸、それからフォークで豆を皿に入れさせ、その際に脳波の動きを測定するものだった。その結果、フォークに比べて木製の箸は20%、金属製の箸は30%以上も脳が活性化していた。韓国人の手先の器用さは箸の文化に起因するという見方もある。国際技能オリンピックの制覇、医療面における高度な手術など、これらは箸の文化と大きな関係があるはずだ。今後将来を担う子供たちに箸の使い方をしっかりと教え、国際的な厳しい競争の時代を勝ち抜いていけるよう今から支援をしていかねばならない。

    パク・チョンドさん(釜山市沙下区)
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/16/2016121601865.html

    引用元: 【グルメ】健康食キムチ 「世界の5大健康食品」と言われるほど世界中に愛されている [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    20160420_0612001: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 21:22:42.74 ID:CAP_USER.net
     周知のように韓国は何でも「日本に追いつけ追い越せ!」で日本を意識してやまない国だ。

     スポーツをはじめ「何がなんでも日本には勝たねばならぬ」と必死でがんばってきた。それでもなかなか追いつけず鬱憤になっていることがある。そのシンボルが科学分野のノーベル賞だが、最近もう一つ、食文化が加わった。

     韓国は近年、「韓食の世界化」を叫び官民挙げて韓国料理の国際的進出を目指してきた。それがイマイチうまくいっていないのだ。「韓食世界化」キャンペーンもスシをはじめ和食(日本料理)の国際的人気に刺激されて始まった。
    ところが国際舞台での日韓の食文化の“格差”はむしろ広がっているというのだ。

     韓国のメディアによると今、世界で日本食堂は10万店近くあるのに、韓国食堂は1万5000店ほどで差は縮まっていない。しかも国際的に和食はスシからラーメンや居酒屋まで多様に広がっているのに対し、韓食イメージは「キムチ」にとどまっているという。

     それに韓国ご自慢(!)のキムチは食品であって料理ではない。韓国キムチの輸出の70%は日本相手だから、これも国際的な広がりは意外にないというのだ。

     「韓食世界化」キャンペーンは李明博政権時代(2008-2013年)の2009年、大統領夫人を名誉会長に政府予算で財団を設立し大々的にスタートした。いわば政権の“業績作り”の一環だった。

     しかし一時は年間300億ウォン(約30億円)以上あった政府予算も、政権交代後は「成果なし」の批判もあって今や3分の1以下になってしまった。

     キャンペーンで世界化目標に選ばれたのは「ビビンバ、トッポッキ、キムチ、伝統酒」だったが、いずれも国際的にはほとんど広がっていない。最も力を入れたキムチだって日本をはじめとするアジア以外では人気がないことが分かったという。

     メディアには今になって「料理ではないキムチに肩入れし過ぎたのが間違い」という批判が出ているが、「世界が認めるキムチ!」などと“キムチ愛国主義”を煽ってきたマスコミとしては身勝手もいいところだ。

     「トッポッキ」は人差し指ほどの白いモチを真っ赤に甘辛く炒めたようなもの。もっぱら屋台で売っていて若い女性や子どもには人気だが、どちらかというと間食だ。韓国を代表する“料理”といって世界にPRするにはいささか寂しい。

     世界化第1候補だった「ビビンバ」は韓国の大手食品メーカー「CJ」が専門店の「BIBIGO」を展開しているが、米国での調査では米国人が好む韓食のベスト3にも入っていない。

     ちなみにビビンバで筆者は世界化キャンペーンに際し「彩りを台無しにする真っ赤なコチジャンを激混ぜするあの食べ方は何とかならないか?」と問題提起し「韓国文化をバカにするクロダ妄言」と袋叩きされた。
    しかし、最近は具の色彩が残るショーユ味のソースが登場し人気を得ている。やればやれる?

     「韓食世界化」の不振であらためて指摘されているのは、食文化を総合文化としてとらえる視点の欠如。

     海外での和食人気はクリーンで美的な料理以外に、食器やインテリア、シェフ(板前)や従業員のマナー(もてなし)など、総合的な日本文化への評価があるのに対し、韓食にはそれがない。ただ食べればいいだけで“文化”が感じられないというのだ。
    和食には「サケ(日本酒)」があるのに韓食にはまともな「韓国酒」がないという批判も出ている。

     「韓食世界化」の自己批判で結局また「日本に学べ」なのだ。韓国の反日はこうした日本の影響力に対するイラ立ち、憂さ晴らしかもしれない。

     ●文/黒田勝弘(産経新聞ソウル駐在客員論説委員)

     ※SAPIO2016年5月号

    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160419/frn1604191540005-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160419/frn1604191540005-n2.htm

    関連スレ
    【韓国政府】韓国料理(韓食)文化の国際化目指す 伝統酒を高級商品として育成するため伝統酒のソムリエを養成[04/11]©2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1460353539/

    引用元: 【韓国】韓国食「世界化」キャンペーン失敗 キムチ、ビビンバも[4/19]

    続きを読む

    20151210_0622001: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/12/10(木) 02:41:14.70 ID:CAP_USER.net
    【社会】キムチ、頻繁に食べればアトピーの危険が半分に
    2015/12/08(Tue) 11:04

    キムチや味噌などの発酵食品を、1ヶ月に92回以上食べる人は54回以下の人に比べ、
    成人してアトピーにかかる危険が44%減であることが分かった。細菌や酵母などの
    微生物と発酵過程で生じる代謝の産物が、アトピーを予防したり緩和する効果を示すと説明された。

    http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=18&ai_id=209293

    関連記事
    胃ガン発生率、韓国人がダントツで世界トップ!
    http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1247467128/
    大腸がん発病率、世界1位は韓国
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=015&aid=0003320933
    韓国人はなぜ胃がんにかかるのか
    http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=104381

    引用元: 【韓国】キムチを頻繁に食べるとアトピーの危険が半分に

    続きを読む

    no title1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/11/27(金) 00:28:08.73 ID:CAP_USER.net
    2015年11月25日、BBCによると、来週、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化
    遺産に選ばれる候補リストに北朝鮮のキムチが指定された。それ以外にも、アラビアコー
    ヒーなどが候補として挙がっている。中国紙・参考消息(電子版)が伝えた。

    しかし、ユネスコはすでに韓国のキムジャン(冬にキムチを漬け込む行事)を無形文化遺
    産として指定しており、韓国と北朝鮮との間で板挟みとなっていることに、国連は頭を悩
    ませているという。ユネスコは「どちらのキムチもすばらしい」とするが、北朝鮮は「自
    分たちのキムチこそ世界文化遺産」と期待をあらわにしている。

    白菜を漬け込んだキムチは、朝鮮半島では南北を問わず、日々の食卓に欠かせない存在と
    なっており、作り方は地域や家庭ごとに秘訣がある。近年は国際化が進められ、2008年に
    は韓国人宇宙飛行士が国際宇宙ステーション(ISS)に持ち込んだことで話題となった。

    なお、ユネスコがキムチを遺産登録したのは、製造方法や独特の食文化についてであり、
    その味に関してではない。(翻訳・編集/岡田)

    ソース:レコードチャイナ<北朝鮮もキムチを世界遺産申請、頭を悩ませる国連―英メディア>
    http://www.recordchina.co.jp/a123925.html

    引用元: 【世界遺産】 北朝鮮もキムチを世界遺産申請、韓国との板挟みで頭の痛いユネスコ―英メディア[11/26]

    続きを読む

    no title1: ◆E2FCewEIt. 2015/03/24(火)20:19:02 ID:ifM
    外国で長く暮らしていると、ふと母国と今生活している国との間に共通点を見出すときがある。私もそうだ。
    韓国とロシアは似ている点はあまりないように思われるが、じっくり考えると、両国を近づけるあれこれが
    出てくる。食もこれに該当する。

    「いやいや、韓国人は塩辛くて辛い食べ物が好きだが、ロシア料理は脂身が多くてほとんど何の味もしない
    ではないか。どんな共通点があるのか」という反論もあるだろう。だが、他の観点でアプローチすれば話が
    違ってくる。

    朝鮮末期の唐辛子が入ってくる前の韓国料理はそれほど辛くなかっただろう。その時、韓国キムチも
    おそらく圧倒的に白キムチが主流をなしただろう。韓国人はよく知らないだろうが、ロシア人もキムチを
    漬けて食べた。ハクサイの種類は違うがキムチは以前、ロシア人の基本食の一つだった。特に、韓国
    キムチとロシアのキャベツキムチは作る時期も似ていた。かつて、ロシアでは9月末から10月初めが
    キムチを漬ける季節だった。大きな木筒にキャベツを漬けて寒い冬に食べたりした。

    似たような伝統食が他にもある。ロシア人が好んだキャベツキムチチゲだ。その後、キャベツキムチ
    チゲはロシアを代表する「ボルシチ」という食べ物におされて人気を少し失ったが、依然として家庭で
    手軽に調理して食べる料理だ。韓国を訪問するロシア客に韓国キムチチゲを紹介する時は、よく韓国式
    「シチー」(ロシアのキャベツキムチチゲ)だと説明する。するとロシア人はどのような料理なのかすぐに
    理解する。

    また別の共通点は、民族性に見ることができる。これもまた「何のことか」という人が多いだろう。ロシア人
    も韓国人のように厳しい状況を強い忍耐心で克服する指向が強い。多くの韓国人が読んだトルストイの
    『戦争と平和』を見てみよう。ナポレオンと戦ったロシアのクトゥーゾフ将軍の戦略がこの「耐える」だった。
    クトゥーゾフ将軍は戦いで勝算がないとわかると、冬がくる時まで待った。冬になると、ナポレオン軍隊は
    寒いロシア内陸に孤立して行き来すら出来ない状況に陥る。このような戦略はドイツのナチと戦闘を行った
    第2次世界大戦でもそのまま使われた。これはロシア人が韓国人のように耐える力がとても強いという
    ことを示している。

    ロシア人のこのような指向は歴史の中でも見つけることができる。アジアと欧州にかけて広大な領土を
    保有したロシアは多くの戦いを経験してきた。欧州・モンゴル・トルコ・中国などその相手は実に様々だ。
    現在もロシアと国境を隣りあわせて緊張関係にある国が少なくない。韓国歴史もこれとよく似ているようだ。
    韓半島(朝鮮半島)の地政学的位置のために韓国人も多くの戦争に巻き込まれた。だが、ソ連の支援を
    受けて北朝鮮が起こした韓国戦争(朝鮮戦争)を除いては、韓国とロシアが直接戦場で戦ったことはない。
    別の見方をすれば、歴史的にそれぞれ違う戦争にとても忙しくて、互いに関心を持つことができなかった
    ためともいえる。このように韓国とロシアは常に遠い隣人のような存在だった。

    このため、両国の共通点について考えた人々もあまり多くないだろう。しかし、今は状況が違う。交通と
    通信の発達によって、いくらでも両国の交流は活発にできる。まず、民間次元の交流拡大が出発点に
    なるだろう。韓流がアジアを席巻したようにロシアでもブームが起き、ロシアの伝統芸術が韓国で大きな
    人気を得ることを願う。近い将来、ロシアが近くて遠い国ではなく、文字通り「隣国」として生まれ変わる
    日を期待している。

    イリーナ・コルグン=露サンクトペテルブルク大学国際経済大学院を2009年に卒業。2011年に韓国
    外大ロシア研究所のHK研究教授に就任。 (中央SUNDAY第419号)

    ソース:中央SUNDAY/中央日報 2015年03月24日18時40分
    http://japanese.joins.com/article/077/198077.html?servcode=100§code=120


    引用元: 【韓国】韓国と似ているロシア…キムチはロシア人の基本食の一つだった、キャベツキムチチゲも好んで食べた[03/24]

    続きを読む

    このページのトップヘ