ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    タグ:イスラム国

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/01/29(木) 22:19:13.60 ID:???.net
    極端主義武装勢力、イスラム国(IS)の人質事件が日本を連日揺さぶっている。人質の1人湯川
    遥菜(42)が24日に○害されて以来、日本国民の間に不安感が急速に広がった。こういう状況でも
    人質家族を含む多数の日本人たちは政府の対応を黙黙と見守る。‘成熟した市民意識’が感じら
    れさえする。

    しかし、インターネットやソーシャルメディアではこういう成熟した姿はまったく見られない。相当数
    のネチズンは‘自己責任論’を言う。‘危険を知りながら現場に行って事故に遭っただけで自業自
    得’というのが主な論理だ。ここに‘巨額の国の金を使って、そんな人たちを救出する必要はない’
    という主張を付け加える。

    国家には自国民の生命を守る当然の義務があるにもかかわらず、その必要がないと声を高めて
    いるのだ。特に‘民間軍事会社(PMC)代表’として知られる湯川に焦点を合わせた非難はあまりに
    も険悪で低俗で紙面に移せないほどだ。‘身上暴露’は基本で、個人的な事情や過去の行跡、身
    体的特徴に関する悪いうわさなどがフィルターなしに広まった。

    この様な非難は湯川が○害後も続いた。あるネチズンは彼の死に接した後「さよなら、君の責任
    だ」と挨拶の言葉さえ飛ばした。2004年、イラクで発生した日本人人質事件の時も日本人らの間
    では自己責任論と非難が荒々しく起きたことがある。

    表面的には成熟しているとみられる日本社会で‘逸脱した国民の命は捨てても良い’という主張が
    顕著に現れる現状の原因を正確に把握することは容易ではない。ただし「全体主義的思考から完
    全に脱皮できていないためでないか」というある日本弁護士の分析を見れば、原因の一面を察す
    ることもできるようだ。‘目立つ行動’を嫌う日本社会がそのような現状の背景にあるという事だ。

    ソース:京郷新聞(韓国語) [Now in 東京]‘人質事態’被害者に石投げる日本
    http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201501282141205&code=970203

    関連スレ:【韓国】「朝鮮人と安重根記念館に怒り」、イスラム国日本人人質の過去記事が波紋[01/22]
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1421912127/
    【韓国】イスラム国日本人人質事件、韓国政府「日本国民の悲しみを共に」=韓国ネット「余計なこ
    とするな」「日本国民を気遣うよりも…」
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1422325539/

    引用元: 【イスラム国】 ‘人質事態’被害者に石を投げる日本、その原因は‘目立つ行動’を嫌う全体主義思考と韓国メディア[01/28]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/01/27(火)20:35:39 ID:pQa
    イスラム過激派組織、イスラム国が日本人の人質、湯川遥菜さん(42)を○害した後、
    残る人質の後藤健二さん(47)の安否に関心が集中している。
    紛争地域専門のフリージャーナリストである上、先に人質になった湯川さんを救出するために、
    危険を顧みずにシリアに向かった事実が明らかになり、後藤さんに対する同情論が広がっている。

     ロイター通信によると、後藤さんは昨年10月、トルコを経由しシリアに入国した。
    昨年8月にイスラム国に拉致された湯川さんを救出するためだった。
    後藤さんは昨年4月に取材のためにシリアを訪れた際に湯川さんと知り合った。
    周辺は後藤さんを止めたが、後藤さんは「湯川さんは何もできないし、何をすべきかも分からない。
    経験がある人間が助けなければならない」と言って、シリアに向かったという。

    毎日新聞によると、後藤さんは湯川さんを救出するためにシリアに向かう前、
    トルコ在住のシリア人に同行を依頼した。しかし、知人が「危険すぎる」と拒否すると、
    別のシリア人とシリアに入国した。昨年11月1日、後藤さんは先に助けを求めたシリア人に電話をかけ、
    「ガイドに裏切られ、イスラム国に捕まってしまった」と告げた後、消息を絶った。
    後藤さんは自分で撮影した最後の動画で「何が起きても全て自分の責任だ」と言い残した。

    後藤さんの事情が明らかになると、救出運動が世界に広がっている。最初に運動を始めたのは友人の西前拓さん(52)だ。
    西前さんは21日、フェイスブックに「I am Kenji」と書かれたカードを掲げて撮影した写真を掲載した。
    預言者ムハンマドを風刺したフランスの週刊紙「シャルリ・エブド」編集部が襲撃された後、
    世界に広がった「私はシャルリだ」というスローガンに影響されたものとみられる。
    米国のインターネット陳情サイト「change.org」にも後藤さんを救ってほしいという嘆願が26日までに約2万件寄せられた。

    後藤さんに対する声援は、湯川さんのケースとは全く異なる。極右傾向の湯川さんは自身のブログに
    日本の極右政治家と撮影した写真を掲載し、「従軍慰安婦を性奴隷というのは事実無根だ」
    「反日運動にもほどがある。韓国や中国とは国交を断絶してもよい」などといった文章を掲載し、
    日本国内にも拒絶反応があった。

     後藤さんは1996年から北アフリカ、アフガニスタンをはじめ、紛争地域で戦争孤児など被害者の人権問題を専門的に取材していた。
    NHKとも取材協力し、「誠実で信頼できるジャーナリスト」という評判を得ていた。
    2003年に後藤さんと共に番組に出演した元NHK記者で著名ジャーナリストの池上彰さんは朝日新聞に対し、
    「全幅の信頼を寄せられるベテランジャーナリストで、弱者の側に立った人物」だと後藤さんを評した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150127-00000997-chosun-kr

    引用元: 【朝鮮日報】極右の湯川さんと異なり拘束理由に同情、イスラム国からの後藤さん救出運動が世界に拡散している[1/27]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    朝日新聞社旗1: Hikaru ★@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 02:05:39.65 ID:???0.net
     湯川遥菜さんが○害されたとみられる写真が公開されたことを受け、各国首脳は
    過激派組織「イスラム国」を非難する声明などを相次いで発表した。
    日本へのさらなる協力を表明するとともに、拘束されている後藤健二さんの即時解放を求めた。

     米国のオバマ大統領は24日、「テロリストグループによる残虐な○人を強く非難する」
    との声明を発表。後藤さんを含め、すべての人質を即時に解放するよう改めて求めた。
    また、「同盟国である日本と協力し、自国からはるかに離れた地域の平和と発展に
    日本が関与することを称賛する」とした。
    ヘーゲル国防長官も
    「彼らの蛮行は『イスラム国』を倒すという世界規模の連合の決意を強めるだけだ」などと非難した。

     英国のキャメロン首相は24日の声明で、「残酷な○害とさらなる脅迫は、
    『イスラム国』の残虐さをいっそう裏付けるものだ」と厳しく批判。そのうえで
    「この困難な時期に英国は日本国民と団結し、日本政府に可能な限りのあらゆる支援を提供する。
    テロリストに屈しない日本の姿勢は正しい」と、
    安倍政権の取り組みを評価した。

    朝日新聞デジタル 1月25日 23時54分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00000001-asahi-pol

    引用元: 【イスラム国】「残虐な殺人」「屈しない日本正しい」各国、相次ぎ声明[朝日新聞]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: シャチ ★@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 01:35:28.50 ID:???0.net
    ソース 産経
    http://www.sankei.com/politics/news/150125/plt1501250025-n1.html
    ★1の時間 2015/01/25(日) 21:59:03.56
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1422195589/

    共産党の池内沙織衆院議員が、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に拘束された
    湯川遥菜(はるな)さんとみられる男性の画像がインターネット上に公開された後、
    短文投稿サイトのツイッターに「こんなにも許せないと心の底から思った政権はない」と、
    安倍晋三首相を批判する投稿をしていたことが25日、分かった。

     池内氏は首相が「テロ行為は言語道断であり、許し難い暴挙だ」と述べたことを念頭に「『ゴンゴドウダン』などと、
    壊れたテープレコーダーの様に繰り返し、国の内外で命を軽んじ続ける安倍政権」と書き込んだ。

     そのうえで「安倍政権の存続こそ、言語道断。本当に悲しく、やりきれない夜。眠れない」と続けた。
    イスラム国への批判はなかった。

     その後、投稿は池内氏のアカウント上では閲覧できなくなった。池内氏が削除したとみられるが、
    ツイッター上では削除理由を明らかにしていない。

    参考画像 池内さおり議員

    【政治】共産党・池内さおり氏 「こんなにも許せないと心の底から思った政権はない」★5 ©2ch.net
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1422166903/

    引用元: 【イスラム国殺害】共産・池内沙織議員「こんなにも許せない政権はない」 首相批判のツイートを削除★3

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: クリス ★@\(^o^)/ 2015/01/24(土) 08:43:06.33 ID:???0.net
    【産経抄】

     ▼人質にナイフを突きつけ、法外な身代金を要求する犯人に「三分の理」があろうはずがない。
    にもかかわらず、犯人側に立ったような言動を平気でする国会議員や元官僚が何人もいるのには、怒りを通り越してあきれてしまう。

     ▼維新の党の江田憲司代表は、事件の一報直後に「イスラム国」の広報担当者のような発言をした。「野放図に自衛隊を出して米軍や他国軍と協力すると、日本人も日常的にテロと直面することになる」と。

     ▼民主党の徳永エリ参院議員は「(首相が)なんと言おうが、集団的自衛権の行使容認、憲法改正、武器輸出三原則の変更。
    国際社会は日本は変わってしまったと受け止めている」と、犯人が手をたたいて喜びそうなコメントをしている。岡田克也代表が「政府の足を引っ張るようなことはしない」と言おうが、民主党は何も変わっちゃいない。

     ▼こうなると、毎度お騒がせの山本太郎参院議員が「2億ドルの支援を中止し、人質を救出して下さい」と言っても驚かない。
    官房副長官補まで務めた柳沢協二氏が「(首相)本人が辞めるというのが、大きな可能性としてやってみる価値がある」と発言するに至っては、何をか言わんや。
    現役時代、事務次官レースに敗れた恨み節にしか聞こえない。

     ▼記者会見で、「原子力の問題」と息子の解放を涙ながらに訴えた後藤健二さんのお母さんの気持ちは痛いほどわかる(後者の方)。
    だが、多額の身代金を払えば、犯人は味をしめ、新たな犠牲者を生む。テロリストたちがのさばる世界を後藤さんも望んでいないだろう。

    産経新聞 2015.1.24 05:04
    http://www.sankei.com/column/news/150124/clm1501240003-n1.html

    引用元: 【イスラム国】犯人側に立ったような言動を平気でする人々がいる、怒りを通り越してあきれてしまう

    続きを読む

    このページのトップヘ