ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 海外

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: スナフキン ★ 2020/06/22(月) 17:13:26.25 ID:4R+rPoMd9
    はたして「美白」は差別なのか。アメリカの大手医薬品ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が、「アジアや中東で美白製品の一部の販売を中止することを決めた」とロイター通信などが報じた衝撃のニュース。背景にあるのは、アメリカで始まりいま世界中に広がっている「人種差別」への抗議活動だ。

    「この数週間、私たちの美白製品が自然な肌の色よりも白い方が良いことを強調しているといった指摘がありました。しかし、これは私たちの意図ではなく、『健康的な肌こそが美しい肌』です」

    ロイター通信によると、中止の理由についてこう説明したジョンソン・エンド・ジョンソン。しかし、実際に美白は差別にあたるのか。インターネット上では様々な意見があがり、物議を醸している。

    「『美白』が差別として扱われる世界がとうとうやってきてしまった…」
    「なんでもかんでも差別っておかしい。人種差別に対する意識が高まるあまり少し過剰反応しすぎている気がする」
    「日本で『美白信仰』が100%人種差別的な文脈であるかというと微妙だけど、化粧品業界が『白い肌こそ美しい』って煽ってきたのは事実としてあると思う。
    「なぜ日本人は『美白は良い』という価値観を持ってるの? 肌の色に価値観を持ち込むことは、国際的に批判されることだよ」

     はたして、ジョンソン・エンド・ジョンソンは美白製品の販売を中止すべきだったのか。それともそれ以外の方法があったのか。また、世界で根深い問題となっている人種差別への抗議のうねりを受けて、国内の化粧品会社の美白製品の取り扱いは、今後どうなっていくのだろうか。

     なお、ジョンソン・エンド・ジョンソンが今回販売を中止するのは、スキンケアブランドの「クリーン&クリア」や「ニュートロジーナ」と呼ばれる一部の美白製品で、日本で該当する製品が売られているかは明らかになっていないということだ。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/56ca8ea4a1832431471ea1506d3a62612c57122b

    ■ 関連スレ
    【米国】J&J、美白製品の販売中止 「白い肌を推奨している」と批判(共同)★9 [ばーど★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1592693390/

    引用元: 【人種差別】J&J製品の販売中止に物議…少女A「肌の色に価値観を持ち込む日本人の美白信仰は国際的に批判されるべき」 [スナフキン★]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: Ikh ★ 2020/06/18(木) 21:29:39.57 ID:CAP_USER
    [ロンドン 17日 ロイター] - 英国は17日、環太平洋連携協定(TPP)への参加を目指すと表明した。トラス国際貿易相は「包括的および先進的環太平洋連携協定(CPTPP)への加盟を目指す意向」とした上で、TPPへの参加は新型コロナウイルス禍が引き起こした諸問題の克服や貿易の多様化への一助になると述べた。

    CPTPPは日本やオーストラリア、ニュージーランドなど11カ国が合意して発効した自由貿易協定で、カナダ政府によると、完全に実施された場合、人口約5億人の巨大な自由貿易圏を形成し、世界の域内総生産(GDP)の13.5%を占める。英国が参加すればGDPに占める割合は約16%に拡大する見込み。

    ソース
    Yahoo!ニュース/ロイター 6/17(水) 22:44配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6d54e733bb2316221e7f1137cda245f54373aebf

    引用元: 【国際】英国、CPTPPへの参加目指す 貿易協定多様化へ[06/18] [Ikh★]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title1: 緑の人 ★ 2020/05/23(土) 15:40:07.48 ID:V5AoYSfd9
    ハフポスト日本版編集部

    ・オーストラリアのABCテレビは、
    日本の新規感染者数が減少傾向にあることをこう表現する記事を載せた。
    第二波の懸念はあるものの、緊急事態宣言が段階的に解除されつつある日本。
    厳格なロックダウン(都市封鎖)などをせずにここまで至った理由について、複数の海外メディアが検証している。

    ABCテレビは、公衆衛生の専門家の間で「日本は次のイタリアかニューヨークになる」と囁かれていたものの
    「実際にはそうならなかった」と指摘。
    当初はPCR検査数の不足から、感染者の実態が把握できないと批判されたが「死者数が爆発的に増加することはなかった」とした。

    そして京都大学の本庶佑・特別教授の「ミステリーだ」という言葉を紹介したうえで、
    日本人は普段から手洗いなどの習慣があることや、キスやハグなどが一般的ではないことが理由の一つではないかとした。

    ・ブルームバーグは
    「なぜ日本はロックダウンも大量の検査もなくウイルスを撃退したのか?」とする記事を掲載。
    日本の専門家への取材をもとに考察を加えている。
    クルーズ船がきっかけで、コロナをどこか人ごとと捉えていた日本人の危機意識に火がついたとした。

    また、「日本は他の国と違って専門家主導のアプローチができた」とする田中氏の言葉をもとに
    「政治のリーダーシップが欠けていると批判されたが、それによって医師や専門家が前面に出ることができた」と評価した。

    ・イギリス紙「ガーディアン」
    「政府批判から、国民の習慣への賞賛へ」という副題の記事を掲載している。
    記事では今の日本を「世界的な反響を得た台湾や韓国などと違う、もう一つのコロナ対策のサクセス・ストーリーと言える」と表現した。

    政府の対策への批判が寄せられていたことを紹介し、もともと日本人には花粉症対策などでマスクをつける習慣があったことや、
    衛生観念が発達したことが感染抑制につながった可能性があるとした。

    そのうえで「安倍首相は自ら国民に“3密”回避を呼びかけたが、ほとんどの賞賛は、戦いの前からウイルス対策の習慣で武装した、
    国民の静かな決意に向けられている」と指摘した。

    no title

    ハフポスト日本版編集部
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c1662968ba059a2b96257b5d11eed0108477a6cf

    関連スレ
    欧米メディア「日本はコロナの大流行回避」「理由は不明だが比較的成功した」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1589505882/
    米メディア「日本はコロナ死者数が奇跡的に少ない。結果は敬服すべきものだ」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1589714857/
    英BBC、日本を「最も健康的な国家」に選出「コロナ序盤の成功は世界的に評価されてる」「マスクは危機を最小限に」と絶賛
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1587450376/
    WHO・進藤奈邦子「世界からはジャパニーズ・ミラクル」「日本の戦略的検査を私たちは高く評価」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1589362378/
    WHO・進藤奈邦子「日本は世界的にみるとほぼ奇跡」「欧米より圧倒的にコロナ死亡が少ないのは、世界的な感染症専門家が指揮」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1589338582/
    WHO、日本のクラスター調査を評価「非常に優れたデータ」
    関連スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1586573104/
    専門家会議「実はPCR検査をたくさんやってる国のほうがコロナ死亡数が多い」 
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1589085980/
    田崎史郎「日本が死者数なぜ少ないかは、尾身先生が、医療崩壊を防げた、クラスターを潰せた、日本人の高い健康管理意識の3つだと分析されてる」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1589879492/
    日本はCTの数が世界一であり、世界のCTの3分の1近くが日本にある CTで予備診断が可能
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1586588619/

    引用元: 【海外メディア】「日本は次のイタリアかNYになると実際にはそうならなかった」「もう一つのコロナ対策のサクセス・ストーリー」 [緑の人★]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/04/22(水) 17:40:50.54 ID:CAP_USER
    全世界で240万人以上の感染者と17万人以上の死者を出している新型コロナウィルス。世界各国で猛威を振るう中、英公共放送「BBC」では「住むのに最も健康的な国家」という特集を展開。その筆頭に日本を挙げ、「健康を意識する文化がコロナ危機の衝撃を最小限にとどめている」と生活文化の高さを称賛している。

    韓国、イスラエル、ドイツ、オーストラリアも“健康的な国”に

     全世界で240万人以上の感染者と17万人以上の死者を出している新型コロナウィルス。世界各国で猛威を振るう中、英公共放送「BBC」では「住むのに最も健康的な国家」という特集を展開。その筆頭に日本を挙げ、「健康を意識する文化がコロナ危機の衝撃を最小限にとどめている」と生活文化の高さを称賛している。

     世界的な感染拡大が続く新型コロナ。特集では「世界中で病院や治療院がコロナとの戦いの最前線となっている。しかし、その戦いの成功の大部分は国ごとのヘルスケア制度の有効性にかかっている」と分析している。

     特集では英シンクタンク「レガタム」が毎年発表する繁栄指数格付けの健康部門に基づいて、「最も健康的な国」を選出。2019年度版の健康部門でシンガポールに続いて、第2位に選出されている日本。今回の特集では、最初に取り上げられている。

     記事では「指数の健康格付けでは2位にランクしている日本は、最近の感染数急上昇で再び警笛が鳴り始めたが、コロナ対策の序盤の成功は世界的に評価されている」と評価した上で、「この国はまだロックダウンを余儀なくされていない。大部分は序盤の段階でウイルスをコントロールできたこの国の医療制度の能力の高さによるものだ」と分析している。

     さらに、その上で、日本人の文化がコロナ対策として絶賛されている。記事では「日本に根付いている健康を意識する文化がコロナ危機の衝撃を最小限にとどめている」と指摘。

    「多くの日本人は以前からマスクを着用しています。特に冬と春には着けています。それが、現時点までに大きなアウトブレイクに繋がっていない理由の1つです」という東京在住の女性医師のコメントを紹介。花粉症対策などの日本のマスク文化を高く評価している。

     また、「日本人の60パーセント以上は毎年健康診断を受けています。我々はいい健康状態を維持する努力をしています。それも、重症例が少ない理由の1つです」という女性医師の分析も伝えている。

     今回の特集では日本に続いて、韓国、イスラエル、ドイツ、オーストラリアも健康的な国として選出していた。

    (ENCOUNT編集部)
    https://encount.press/archives/40988/
    2020.04.21

    引用元: 【英BBC】日本を「最も健康的な国家」に選出…“マスク文化”を評価「コロナ危機、最小限に」[4/21]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/04/17(金) 22:27:33.38 ID:CAP_USER
    (台北中央社)日本の新型コロナウイルス対策を支援するため、台湾が日本にマスク200万枚を寄贈すると発表したのを受け、菅義偉官房長官は17日午前の記者会見で、台湾側から声援と支援の意向が示されたことに「改めて感謝の意を表明したい」と述べた。

    また、「新型コロナウイルスという人類共通の脅威に対し、関係国および地域との連携、協力を強化していきたい」と語った。

    (編集:名切千絵)

    http://japan.cna.com.tw/news/apol/202004170003.aspx
    中央社フォーカス台湾 2020/04/17 14:08

    no title

    菅官房長官=2014年7月

    関連
    【台湾】日本にマスク200万枚 国際人道支援の一環―新型コロナ 日本台湾交流協会「心より感謝」[4/16]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1587031498/

    引用元: 【日台】台湾のマスク支援に 菅官房長官「改めて感謝の意を表明」「新型コロナという人類共通の脅威に対し協力強化していきたい」[4/17]

    続きを読む

    このページのトップヘ