ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 国内時事

    20181023_0624001: クロ ★ 2018/10/22(月) 22:41:47.79 ID:CAP_USER9
    ■「野党が一本化すれば強い」自民 石破元幹事長 来年の参院選

    来年の参議院選挙などに向けて自民党の石破元幹事長は東京都内で開かれた会合で、野党が候補者を一本化すれば厳しい戦いになると危機感を示しました。

    石破元幹事長は、ちょうど1年前の衆議院選挙で野党側が候補者を一本化した選挙区に応援に入ったことに触れ、「厳しい選挙だった。共産党まで一緒になって『自民党の候補者に勝つんだ』と言い、背筋が凍る思いがした」と振り返りました。

    そのうえで「これまでは野党がバラバラで頼りないので、自民党が選ばれているが、野党が一本化すれば強いということを決して忘れてはならない」と述べ、来年の参議院選挙などに向けて危機感を示しました。

    また「意見を言わないことが決していいことではない。保身のために政治をやっているわけではない」と述べ、安倍政権が進める政策についても党内で活発に議論を行う必要があるという考えを重ねて示しました。

    NHKニュース
    2018年10月22日 22時15分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181022/k10011681471000.html

    引用元: 【石破氏】「野党が一本化すれば強い」「意見を言わないことが決していいことではない。保身のために政治をやっているわけではない」

    続きを読む

    20181013_10019001: (^ェ^) ★ 2018/10/13(土) 08:13:20.67 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000092-jij-pol

     時事通信が5~8日に実施した10月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比0.2ポイント増の41.9%、不支持率は同0.5ポイント減の36.1%だった。

     安倍晋三首相は2日に内閣改造を行ったが、支持率は横ばいとなり、政権浮揚にはつながらなかった形だ。

     日ロ平和条約をめぐり、北方領土問題の解決なしに平和条約交渉を進めるべきかどうかを聞いたところ、「進めるべきだ」37.4%で、「進めるべきではない」47.5%の方が多かった。ロシアのプーチン大統領が先に、前提条件なしの条約締結を首相に提案したが、領土の帰属問題を解決した上で条約を締結するとの日本政府の立場と相いれず、日本側は警戒している。

     内閣を支持する理由(複数回答)は、多い順に「他に適当な人がいない」が20.5%、「リーダーシップがある」10.8%、「首相を信頼する」9.0%など。一方、支持しない理由(同)は、「首相を信頼できない」20.7%、「期待が持てない」16.5%、「政策が駄目」11.4%などとなった。

     政党支持率は、自民党が前月比0.8ポイント増の27.7%、立憲民主党は0.1ポイント増の4.5%。以下、公明党2.7%、共産党1.8%、社民党1.0%、日本維新の会0.8%、自由党0.2%、国民民主党0.1%、希望の党0.1%となった。支持政党なしは59.2%だった。

     調査は全国18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は62.6%だった。 

    引用元: 【時事世論調査】政党支持率 自民党27.7%、立憲民主党4.5%、共産党1.8%、社民党1.0%、自由党0.2%、国民民主党0.1%

    続きを読む

    20181003_2203001: おでん ★ 2018/10/03(水) 19:55:01.91 ID:CAP_USER9
    共同通信社が2、3両日に実施した全国緊急電話世論調査によると、
    安倍内閣の支持率は46・5%で、前回9月の調査から0・9ポイント減となった。
    不支持は1・8ポイント減の38・2%だった。

    内閣改造と自民党役員人事を「評価しない」との回答は45・2%で、「評価する」の31・0%を上回った。

    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018100301001946.html

    関連スレ
    【世論調査】内閣支持率7ポイント増の55% 不支持率は39% (日本経済新聞・テレビ東京9/21-23調査)★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537707526/
    【読売世論調査】内閣支持率50%、不支持率41%、政党支持率自民40%、立民6%
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537726867/
    【世論調査】内閣支持率49.3%(+3.7) 不支持率41.8%(-2.6) 支持は今年2月(51%)以来の高水準 - FNN、産経
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537154663/

    【共同通信世論調査】政党支持率 自民党46・2%、約5年ぶりの高水準 立憲民主党6・3%、過去最低を更新
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537606180/
    【速報】緊急世論調査 安倍内閣支持率47.4%(+3.2) 石破さんに実質敗北したのになぜ上がる
    https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1537534503/

    引用元: 【緊急世論調査】内閣支持率46.5% 不支持率38.2% - 共同通信

    続きを読む

    20180925_0625001: クロ ★ 2018/09/24(月) 23:33:18.03 ID:CAP_USER9
     琉球放送は9月22日と23日、県知事選挙の情勢調査を行いました、取材を加味して分析したところ、玉城デニーさんがややリードし、佐喜眞淳さんが激しく追う展開となっています。

     今月30日の県知事選挙にはご覧の4人が立候補していて、選挙戦は、自民、公明などが推薦する佐喜眞さんと、県政与党などが支援する玉城さんによる事実上の一騎打ちとなっています。
     調査は9月22日と23日の2日間、電話による聞き取り方式で行い、1500人あまりから回答を得ました。
     この結果に取材を加味して分析したところ、玉城さんがややリードし、佐喜眞さんが激しく追う展開となっています。
     玉城さんは社民、共産、立憲民主の支持層を固め、自民支持層の一部を取り込み無党派層に広く浸透しています。
     佐喜眞さんは、自民、公明、維新の支持者をほぼまとめ、無党派層の一部から支持を得ています。
     ただ1割の人が投票先を決めていないことなどから、情勢は、変化する可能性があります。
     一方、県選挙管理委員会によりますときのうまでに期日前投票を済ませた人は、有権者全体の8.2パーセントにあたる9万5000人あまりで、前回の同じ時期と比べておよそ1.7倍になっています。

    琉球放送
    2018/09/24 12:01
    https://www.rbc.co.jp/news_rbc/%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E9%B8%E6%9C%E6%B0%E6%85%E5%8B%A2%E3%80%E7%8E%E5%9F%8E%E6%B0%8F%E3%84%E3%84%E3%AA%E3%BC%E3%89%E3%80%E4%BD%E5%9C%E7%9C%9E%E6%B0%8F%E6%BF%80/

    引用元: 【琉球放送調査】沖縄知事選情勢 玉城氏ややリード 佐喜眞氏激しく追う

    続きを読む

    20180924_1935001: クロ ★ 2018/09/24(月) 16:54:01.82 ID:CAP_USER9
     総裁選後、自民党本部で「堂々と論戦を展開していただいた石破さん。心から敬意を表し、そしてその健闘を讃えたいと思う」と述べた安倍総理。今後の焦点は来月1日にも行われる党人事と内閣改造だ。「しっかりとした土台の上にできるだけ幅広い人材を登用していきたいと思う。“しっかりとした土台の上に“ということでお汲み取りいただきたい」と述べていることから、菅官房長官や麻生財務大臣、二階幹事長の留任が予想される。

     22日放送のAbemaTV『みのもんたのよるバズ!』に出演した政治評論家の有馬晴海氏は「元々安倍内閣は“3A+S“と言われていた。安倍さん、麻生さん、甘利明さん。Sが菅(義偉)さん。これでずっとやってきて、この絆が強くてなかなか壊れないというところだと思う甘利さんは2年前のトラブル以降、大臣をやっていないが、今回はおそらく復活して盤石の体制を取ると思う」との見方を示す。

    一方、注目されるのが敗れた石破氏や石破派の処遇についてだ。安倍総理は開票後「戦いは終わった。これからみんなで一致協力して、力を合わせて新しい日本を皆さん作っていこうではないか」と話したが、起用については「適材適所だ」と答えるにとどめている。有馬氏も「一騎打ちで色わけができてしまったので、石破さんはなかなか使いにくい。石破さんは断るだろう」と話す。

     今回の総裁選では、安倍陣営による石破派への厳しい締め付けも報じられている。安倍陣営では派閥ごとに誓約書に署名させたとされており、ある国会議員は「派閥の会長の判断でやったんだ。個々の議員はどう受け取ったか分からないけど」「まあみんな勝ち馬に乗ろうとしているんだよ」と明かしている。石破氏は先月10日の出馬会見で「石破を支持でもしたら、冷や飯だとか冷遇だとか」と話、圧力を示唆。石破派の閣僚である齋藤健農水大臣も14日、「私はある安倍応援団の1人にこう言われた。“齋藤よ、内閣にいるんだろ。石破さんを応援するんだったら辞表を書いてからやれ“と。そういう圧力とかそういうことで、何とか浮上しようなんていう発想、私は総理の発想だとは思わないが、そういう空気が蔓延している」と暴露している。

     こうした動きについて日本テレビの番組で安倍総理は「戦いだから。角福戦争の頃、親父の秘書をしていたから分かっているが、こんなもんじゃない。激しい戦いだった」とコメント。麻生氏は秋葉原の街頭で「冷や飯を食わせるなとか何とか言ってる人たちがいるみたいだが、覚悟が足りないんだ。覚悟が。冷や飯食うぐらいの覚悟を持って戦って当たり前でしょうが」と演説。また、最終的に石破氏に投票した小泉進次郎・党筆頭副幹事長も記者団に「政治の世界、戦さだから何でもある。脅しだって、スカシだって。今、世界見たって、各リーダー見てください。トランプ、プーチン、習近平、金正恩。そんな次元じゃないでしょ」と話している。

     有馬氏は「政治家というのは自分が商品だ。言葉が全てだ。当然、覚悟して齋藤さんも言われたと思うし、交代だと思う」との見方を示す。

    つづく

    AbemaTIMES
    9/24(月) 14:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00010007-abema-pol

    引用元: 【自民・後藤田氏】「石破さんを幹事長に抜擢するくらいでなければ」 総裁選の結果を受け

    続きを読む

    このページのトップヘ