ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 国内時事

    no title
    1: 復讐の鬼 ★ 2017/08/06(日) 11:32:28.59 ID:CAP_USER9
    共同通信社が3、4両日に実施した全国緊急電話世論調査

     政党支持率は自民党が前回比7・1ポイント増の39・0%で、

    民進党は0・9ポイント減の7・3%。
    公明党5・9%、
    共産党5・1%、
    日本維新の会2・6%、
    社民党0・4%、
    自由党0・3%、
    日本のこころ0・2%だった。

    「支持する政党はない」とした無党派層は37・9%だった。(共同)

    https://www.nikkansports.com/general/news/1867207.html

    引用元: 【世論調査】 政党支持率 自民39%(+7.1) 民進7.3%(-0.9) 公明5.9% 共産5.1% 維新2.6% - 共同通信

    続きを読む

    no title1: ばーど ★ 2017/08/04(金) 16:45:22.83 ID:CAP_USER9
    共同通信社の全国電話世論調査によると、安倍内閣の支持率は44.4%だった。前回より8.6ポイント上昇。

    2017/8/4 16:39
    https://this.kiji.is/266108340820082695‬

    引用元: 【共同通信世論調査】内閣支持率44%に上昇

    続きを読む

    no title
    1: ひろし ★ 2017/08/03(木) 00:56:10.76 ID:CAP_USER9
     安倍晋三首相(自民党総裁)は3日、内閣改造・党役員人事を行う。全19閣僚と党の新執行部の顔ぶれが固まった。党で政策立案の司令塔となる政調会長に岸田文雄外相(60)を内定。文部科学相には林芳正元農相(56)、経済再生担当相には茂木敏充政調会長(61)を起用。茂木氏は安倍内閣が新たな看板政策に掲げる「人づくり革命」も担当する。首相と距離を置いてきた野田聖子元総務会長(56)は総務相として入閣する。

     首相は今回の人事で、自らに近いとされる議員を重要ポストから減らした。また、6人を初入閣させ、党内の不満を吸収し、挙党態勢を築くことを意識した。首相官邸で人事の調整を進めた2日夕、官邸を出る際、内閣改造への意気込みを問われ、「しっかり考えていきたい」と語った。

     初入閣する6人のうち、江崎鉄磨元副国土交通相(73)が沖縄・北方担当相兼消費者行政担当相に内定。環境事務次官を務めた中川雅治元参院議院運営委員長(70)が環境相に、自民党の小此木八郎国対委員長代理(52)が国家公安委員長兼防災担当相に、松山政司参院国対委員長(58)が1億総活躍担当相に就任することが固まった。斎藤健副農相(58)、梶山弘志政調会長代理(61)も入閣する。

     初入閣以外では、上川陽子元法相(64)が再び法相に、河野太郎前行政改革担当相(54)は外相に内定。鈴木俊一元環境相(64)の入閣も固まった。加藤勝信1億総活躍担当相(61)も閣内にとどまる。小野寺五典元防衛相(57)の防衛相への再起用もすでに内定している。公明党の石井啓一国交相(59)は同党の意向も踏まえ留任する。

     麻生太郎副総理兼財務相(76)、菅義偉官房長官(68)ら政権の「骨格」は維持し、ロシアとの経済協力を担当する世耕弘成経済産業相(54)も留任する。4月に就任したばかりの吉野正芳復興相(68)も続投する。

     政調会長以外の党役員人事では、総務会長に竹下亘国対委員長(70)、選対委員長に塩谷立元文科相(67)が内定した。二階俊博幹事長(78)と高村正彦副総裁(75)は留任する。

     竹下氏の後任の国対委員長には森山裕前農相(72)を充てる。

     幹事長代行に内定した萩生田光一官房副長官(53)の後任には、西村康稔総裁特別補佐(54)が就く。参院の野上浩太郎官房副長官(50)、事務の杉田和博官房副長官(76)は留任する。【田中裕之、小田中大】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170802-00000108-mai-pol

    引用元: 【内閣改造】全19閣僚、党新執行部の顔ぶれ固まる…外相に河野太郎氏、総務相に野田聖子氏など

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/08/01(火) 01:24:24.92 ID:CAP_USER
     日米首脳の電話会談で、トランプ大統領は中国の対北朝鮮政策に失望感を強める中、再び安倍首相に強い信頼を寄せる姿勢を示した。米政府は北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発に危機感を強めており、圧力強化で足並みをそろえる日本の価値を再確認したといえる。

     「あなたが言った通りになった」。トランプ氏は首相にこう語りかけた。首相が過去に「北朝鮮の核・ミサイル開発は日本だけではなく、米国にとっても脅威となりうる」と警告したことを評価したものだ。

     首相は金正日(キム・ジョンイル)前政権と金正恩(ジョンウン)政権の違いについて「金正日総書記時代は対話を引き出そうとしていたが、今は軍事開発に進んでしまっている」との見解も示した。

     過去の経緯について意見を求めたトランプ氏に応じたもので、同席者は「いつもより突っ込んだやりとり」と受け止めた。

     両首脳は2月の初会談で蜜月ぶりを世界に示したが、トランプ氏は徐々に首相と距離を置く姿勢を取った。5月のイタリアでの会談では日本が抱える軍事上の制約にいらだちを見せ、7月に20カ国・地域(G20)首脳会議が開かれたドイツ・ハンブルクでは会談の開催すら危ぶまれた。

     だが、中国はトランプ氏が期待したほど対北朝鮮圧力を強めておらず、北朝鮮のICBM開発は進んでいる。両首脳は31日の電話会談で、国連安全保障理事会での決議に十分な効力がないとの認識でも一致するなど足並みをそろえた。

     それでも、日米に不安要素がないわけではない。両首脳は2月の会談以降、繰り返し「防衛態勢の強化」を確認している。日本が主体的な役割強化に乗り出さなければ、トランプ氏の対日観が悪化する危険性もはらんでいる。

    http://www.sankei.com/politics/news/170801/plt1708010007-n1.html
    http://www.sankei.com/politics/news/170801/plt1708010007-n2.html


    【北ミサイル】対北制裁、あと何ができる 対象拡大、中国政府に説明も

     安倍晋三首相とトランプ米大統領が31日の電話会談で、北朝鮮に対し「さらなる行動」としてこれまで以上に圧力を強化する方針を確認した。日本も具体的な対北圧力のあり方が問われていく。だが、日本が新たにできることとなると限定的との見方が強い。

     日本が今後取りうる制裁は、米政府と歩調を合わせた対応で、中国など第三国企業への「セカンダリー・サンクション(二次的制裁)」の対象拡大だ。政府は7月28日に米国が資産凍結した中国企業2団体を制裁対象に加え、米国と足並みをそろえたが、こうした対応は増えるとみられる。

     このほか、自民党の「北朝鮮による拉致問題対策本部」は4月、訪朝後の日本再入国を禁止する朝鮮総連幹部の対象に、中央委員会委員を追加することなどを安倍首相に提言した。北朝鮮幹部・企業などに対する資産凍結の実施なども盛り込んだ。

     米側も日本側に朝鮮総連について問題提起しているというが、日本側の対応は鈍い。

     一方、国連関係者は「中国も賛成した国連安保理決議を最大現活用すべきだ」として、日本が効果的な制裁の在り方について中国と協議する場を設けることを提案する。

     ただ、日本は国連安全保障理事会による制裁決議さえ完全に履行できていない状況だ。第三国を経由した北朝鮮関係船舶の貨物検査など対応できていないことはまだある。外交筋は「日本はまず、抜け穴の多い現行の制裁を厳格に履行することを優先すべきだ」と指摘する。

    http://www.sankei.com/politics/news/170801/plt1708010006-n1.html

    no title

    官邸に入る安倍晋三首相=31日午前、首相官邸(宮崎瑞穂撮影)
    no title

    米トランプ大統領との日米電話首脳会議を終え、取材に応じる安倍晋三首相=31日午前、首相官邸(宮崎瑞穂撮影)

    引用元: 【北ミサイル】トランプ大統領、日本回帰?「あなたが言った通りだ」 中国の対北朝鮮政策に失望感を強める中、再び安倍首相に強い信頼

    続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2017/07/29(土) 15:14:49.87 ID:CAP_USER9
    http://netgeek.biz/archives/100223

    日本獣医師会の予想を裏切り、加計学園は海外から先生を集めるというウルトラCで獣医学部新設の要件をクリアしていたことが分かった。
    既得権益を守りたいがゆえにブチ切れている獣医師会の様子が本当にひどい。

    前川喜平「加計学園はどういう質の先生を集るの?」
    北村直人「日本獣医師会は臨床経験のある教員を探さない!既存大学でも少ないよ!」
    加計学園「海外で教育研究の実績を持った先生を70人以上確保してます」
    獣医師会が既得権益を守る為に加計学園に嫌がらせをするもスケールが違いすぎて滑稽 pic.twitter.com/GKB6yAQOx4
    — DAPPI (@take_off_dress) 2017年7月27日

    映像ではまず前川喜平氏が先生を集められるかどうかが重要なポイントになると指摘する。

    日本獣医師会の北村直人顧問はなぜか激怒しながら加計学園の計画を不可能だと力説する。

    どうやら日本獣医師会としては加計学園に協力しないつもりらしい。

    かなりきつい言葉を使っており、本当に敵対していることが分かる。

    一方で加計学園の獣医学部部長に就任予定の吉川泰弘氏は「海外から集めました」と優しく微笑む。

    なんと70名以上も確保できていた。これはすごい。
    no title


    日本国内でダメなら海外をあたってみる。壁にぶつかっても諦めずに別の方法を試すところが非常に有能さを感じさせる。日本獣医師会は必死に抵抗したものの、こうして実力で押し切られたのだ。この様子だと水面下では相当陰湿な嫌がらせが獣医師会からあったものと思われる。
    吉川泰弘氏の重要な話。

    (1)記者「これだけ大きな騒ぎになってますけど、学生は本当に集まりますか?」

    吉川泰弘氏「あまり答えたくないですけど…。ゼロではないです。認可されてこちらの中身を理解してくれる学生が集まってくれることを期待しています」

    記者「これだけ騒がれ学生は来るのか?」
    加計学園「ゼロではないが認可され、中身を理解してくれる学生が集まることを期待します」
    志が高い人なら犬の平均体温すら知らない人を卒業させる教育をする既存の獣医大学より、日本より獣医学が進んだ海外で経験を積んできた先生に学びたいと思います pic.twitter.com/mMi1KCnMgA
    — DAPPI (@take_off_dress) 2017年7月27日

    (2)記者「どうしてこんなに大騒ぎされていると思います?」

    吉川泰弘氏「そりゃあ、あなたたちメディアの方がよく分かっているんじゃないですか?(笑)外野が騒いでいるっていう言い方はないかもしれないですけど、直接、獣医教育と関連することではないので…」

    テレ東記者「どうしてこんなに大騒ぎされると思います?」
    加計学園吉川泰弘「そりゃあ、あなたたちメディアの方がよく分かっているんじゃないですか?外野が騒いでいるということもないでしょうけど、直接獣医教育と関連することではないので」皮肉をちくり(・ω・ )#wbs pic.twitter.com/bLseiBGhCr
    — ジャイアン@GODA_takesi (@hongou) 2017年7月26日

    こうして当事者の声を聞いて見れば加計学園がいかに被害者であったかが分かる。日本の感染症対策のために地域のニーズをきちんと汲み取って名乗り出たのに、利権をめぐる政治闘争に巻き込まれてしまった。インタビューでは獣医師会の北村直人顧問が意地悪そうに話すのが印象的であった。

    引用元: 獣医師会「加計学園が先生を集めるのは無理(ブチ切れ)」→ 海外から70名以上集めました(満面の笑み)

    続きを読む

    このページのトップヘ