ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 国内時事

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ばーど ★ 2020/05/16(土) 18:31:43.28 ID:hyOHnipj9
    自民党の石破茂元幹事長は15日付のブログで、検察官の定年を延長する検察庁法改正案に関し、ツイッター上で抗議の投稿が記録的な数に達していることについて「国民の意見が具体的な数字で体現されたものと考えるべきだ。『国民主権で選ばれた政府が人事を掌握するのは当然』と断言するのは危険。(戦前のドイツで)最も民主的とされたワイマール憲法によってナチス政権が誕生したことを忘れてはならない」と投稿した。

    改正案を批判する芸能人らに「勉強しているのか」という意見が寄せられているとして、防衛庁長官として携わったイラク特措法の議論を振り返り「ファンだった女優さんや俳優さんに反対意見を述べられてつらい思いをしたこともあったが、それでその人を否定したこともない」とも書き込んだ。

    5/16(土) 0:12配信 産経新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200516-00000503-san-pol
    no title

    引用元: 【自民】石破氏「ワイマール憲法によって、ナチス政権が誕生したことを忘れてはならない」 検察庁法改正案で [ばーど★]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20200425_0754001: SQNY ★ 2020/04/24(金) 12:34:56.65 ID:CAP_USER
    ・日本の「コロナ対策」が世界でまったく評価されない理由─韓国やドイツより被害は少ないが…:Courrier Japon

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中に広がるなか、感染の爆発を抑えて落ち着きを取り戻しつつある国もでてきた。

    韓国は一時、新興宗教内でのクラスター発生による感染爆発に苦しんだが、それをみごとに抑えこみ、アメリカ、カナダ、スペインなどが文在寅大統領に感染症対策のアドバイスを求めているという。

    全土で1万以上の集中治療病床が確保されているドイツも小康状態を見せており、医療崩壊を起こしたイタリアやフランスから患者を受け入れながら、経済活動再開へと踏み出している。

    だが実は、こうした模範国とされる国と比較しても日本の死亡者数は対人口比で少ない。
    米ジョンズ・ホプキンス大学が公表する4月22日時点の統計によれば、日本の死者は人口1億2600万人に対して281人だが、韓国は5100万人に対して238人、ドイツも8300万人に対して5100人にのぼる。

    3月末には「ニューヨークの二の舞になるか」と日本の状況を誰もが危惧したが、医療現場はひっ迫しているものの何とか持ちこたえている。欧米諸国が相次いで感染爆発を起こしたなか、日本の状況は善戦していると言ってもよいだろう。

    にもかかわらず、日本のコロナ対策は各国政府や感染症専門家、SNSでまったく評価されておらず、それどころか無視されている。いったいなぜなのか。

    「福島」を彷彿

    この疑問に対し、香港メディア「アジア・タイムズ」が二つの興味深い理由をあげている。

    第一に日本は初動がまずかった。2月に起きたクルーズ船ダイアモンド・プリンセス号でのクラスター発生は、世界中の人々に強烈な悪印象を残した。
    日本政府はなかなか有効な対策を打ち出せず、船内の感染者数はみるみる増えていった。さらに下船した乗客を公共交通機関で帰宅させ、市井にまで感染が広がるという致命的なミスもおかした。

    世界は、この一件を見て2011年に起きた福島第一原子力発電所の事故を思い出したと「アジア・タイムズ」は指摘する。ずさんな対応を重ねる政府と、それをただ静観する国民。特に、周辺国が日本の状況を見てパニックに陥っているにもかかわらず、大きな声をあげない国民に対して世界は違和感を覚えたという。

    こうした過去の失策の印象が強すぎるうえ、新型コロナの脅威は長期化すると見られていることから、日本の感染症対策はまだ評価の段階にはないと見られている。


    「日本は大食いなのに、痩せてる女の子みたい」

    第二にあげられるのが、日本の感染症対策の“不可解さ”だ。

    韓国やドイツは、検査の規模を拡大し、効率的に治療や隔離を進めた。こうした対策は感染症専門家の推奨とも一致しており、成功の要因は明確だ。

    一方、日本は検査の拡大に対していまだに消極的で、欧米と違って厳しい都市封鎖も外出禁止令も課していない。企業のリモートワークは遅々として進んでいないし、スーパーマーケットや商店街は買い物客であふれ、休業補償の不確かさからまだ営業を続ける飲食店もある。

    欧米ともアジアの成功国とも違う独自の道を歩む日本で、なぜ感染爆発が抑えられているのか──理由を説明できない不明瞭さが、日本を評価することを躊躇させるのだという。

    アメリカの退役軍人でアジア情勢に詳しいアル・ジョンソン氏は、世界が日本を見る目を「アジア・タイムズ」で次のようにたとえている。

    「日本はジャンクフードばかり食べてまったく運動しないのに、痩せてる女の子みたいなんです。そういう子は、嫌われるか、無視されるかのどちらかです」

    Courrier Japon

    4/23(木) 19:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200423-00000004-courrier-int

    引用元: 【オピニオン】日本の「コロナ対策」が世界でまったく評価されない理由:韓国やドイツより被害は少ないが… [04/23]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20200422_1757001: クロ ★ 2020/04/22(水) 16:30:36.17 ID:QKq7+sZy9
    広島県の湯崎知事は、10万円の一律給付を巡って、県職員が受け取った分を県の新型コロナウイルス対策の財源に活用したいとしたみずからの発言について、「適切なことばではなかった」と述べて、事実上、撤回しました。

    現金10万円の一律給付をめぐって、広島県の湯崎知事は21日、県職員が受け取る分は寄付してもらい、県の新型コロナウイルス対策の財源に活用したいという意向を示し、「職員の財産に手を突っ込む行為だ」などと批判が高まっていました。

    これについて湯崎知事は、22日午後、記者団に対し「国の給付金を強制的に提出させるかのように受け止められているが、それは誤解だ。給付金は、もともと職員が受け取るものだと思っている。撤回というか、適切なことばではなく、まさに私のことばが悪かった」と述べて、事実上発言を撤回しました。

    そのうえで、湯崎知事は、発言の真意について「感染拡大の防止など、やらなければいけないことが山積し、さまざまな事業の見直しなどで財源を確保する必要があり、県職員にも協力をお願いすることも、選択肢の1つになるという趣旨だった」などと述べ、今後、給与削減も含めた広い意味で職員に協力を求める可能性に触れたものだったと釈明しました。

    NHKニュース
    2020年4月22日 16時09分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200422/k10012400471000.html

    引用元: 【広島県知事】「県職員の10万円活用」を撤回

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20200416_1737001: 新種のホケモン ★ 2020/04/16(木) 14:28:52.58 ID:CAP_USER
     安倍総理大臣は新型コロナウイルスの感染拡大を受けた生活支援策として1人あたり10万円を配布する意向を固め、自民党幹部に指示しました。来週に提出予定だった2020年度補正予算案を組み替えて対応します。

    All Nippon NewsNetwork(ANN)
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200416-00000026-ann-pol

    4/16(木) 14:23

    引用元: 【テレ朝ニュース】1人10万円給付の意向固める 安倍総理 [4/16]

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: muffin ★ 2020/03/31(火) 17:07:06.20 ID:p8lttl2F9
    https://natalie.mu/music/news/373510
    2020年3月31日

    新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う文化施設閉鎖に向け、国に助成金交付を求める署名運動「SaveOurSpace」が3月27日にスタート。本日3月31日に篠田ミル(yahyel)、スガナミユウ(LIVE HAUS)、Mars89、Licaxxxによる記者会見が行われた。

    新型コロナウイルスの影響により、現在ライブハウス、ナイトクラブ、劇場などの文化施設は公演の中止を余儀なくされ、経営の危機に。政府から公演開催の自粛を要請されているが、損失補償が提示されていないために営業を続けざるを得ない店もあり、関係者に大きな被害が発生しているという。そんな中、感染拡大防止に向けて店の営業を停止するため、自粛要請が始まった2月26日から政府が終息を宣言するまでの期間、国に助成金の交付を求める「SaveOurSpace」が始動した。発起人はDJ NOBU、スガナミユウ(LIVE HAUS)、篠田ミル、Lark Chillout、Mars89の5名。坂本龍一、倖田來未、水原希子ら多くの著名人が賛同を表明している。

    篠田、スガナミ、Mars89、LicaxxxはDOMMUNEでの配信という形で記者会見を開き、マスクを着用して登壇。本日3月31日の時点で30万2千536筆の署名が集まっていることを発表した。篠田は「私たちが求めるのは安心してお店を閉めて自宅で待機するための政府の支援であり、助成金です。我々は主に音楽に関わる職に就く者から構成されています。従って我々に関係の深いスペースに対して補償を求める流れなっていますが、この問題はあらゆるスペースに携わる仕事に関係するものだと考えております」と「SaveOurSpace」の趣旨を説明。続けて「一見すると文化は生活するうえで不可欠でないように思えますが、我々が人間であることを下支えする、人間が人間であるために必要不可欠であるものです。また皆様がご自宅で待機されている期間中も、さまざまな媒体を通してささやかな喜びや束の間の安息をお届けできるのも文化の力だと思っています」と文化の価値を訴えた。

    中略

    そしてスガナミは最後に「みんなで手を取り合えるような方法を模索してただければなと思っています。どの施設に関しても人が集まることで商売ができます。人が集まることでたくさんの芸術が生まれます。その価値をもう1回取り戻したいんです。もう一度人が戻ってこれるようにしたいんです」と胸の内を吐露。「何も努力せずに助成だけ受けたいと思っているわけではありません。来ていただける方や出演していただける方の健康のこと、従業員や自分たちのことを考えて変わっていきたいと思っております。もう一度人が集まれる場所にさせてください。助成をご検討お願いいたします」と呼びかけ、約1時間におよんだ会見を締めくくった。

    全文はソースをご覧ください

    no title


    関連ニュース
    【アーティストら窮地】坂本龍一や常田大希、水原希子らも賛同 文化芸術施設への助成金求める署名20万筆集まる ★6
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1585613093/

    引用元: 【アーティストら窮地】坂本龍一やアジカン後藤、倖田來未、水原希子らも賛同 文化芸術施設への助成金求める署名30万筆集まる

    続きを読む

    このページのトップヘ