ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 左翼

    1: ニライカナイφ ★ 2017/06/04(日) 04:03:19.62 ID:CAP_USER
    一橋大の新入生歓迎会KODAIRA祭の実行委員会は3日までに10日に開催予定だった作家の百田尚樹さん(61)の講演会を中止すると発表した。
    実行委員会は中止理由を「KODAIRA祭の理念に沿うものでなくなってしまったこと」としているが、百田さんは3日、自身のツイッターで「聞くところによると、講演を企画した学生たちは、サヨクの連中から凄まじい脅迫と圧力を受け続けていたらしい。ノイローゼになった学生や、泣き出す女子学生までいたらしい」として、左派系団体から嫌がらせがあったと主張。
    「おぞましさに吐き気がする」と非難した。

    実行委も「本講演会を安全に実施するため、これまで幾重にも審議を重ね、厳重な警備体制を用意していました。しかし、それがあまりにも大きくなりすぎた」などと発表しており、外部からの脅迫などを示唆している。

    百田さんのツイートを受け、様々な人がツイートした。
    フリーアナウンサーの長谷川豊さん(41)は「学生さんたちには耐えられなかったことでしょう。かわいそうに。こんなの、戦前と何も変わらない」、米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバートさん(65)は「表現の自由に対する不当な圧力。朝日、毎日、東京新聞、共同通信などは、講演中止の圧力をかけた勢力に対して最大級の抗議キャンペーンを展開しなければ、自分たちは左翼側のプロパガンダ機関だと自白したも同然です。まあ、読者を失うから無理でしょうが」と皮肉たっぷりに書き込んだ。
    評論家の石平太郎さん(55)も「言論弾圧をやっているのは(中略)『反権力』を旗印に自由と寛容を語る左翼たちだ。彼らの本性は習近平や金正恩とどう違うのか」と批判した。

    大学の学園祭などの講演会中止は昨年10月、早稲田大学で講演予定だった日本第一党党首の桜井誠さん(45)ら東京都知事選候補者のシンポジウムが中止となったことがある。
    一橋大のKODAIRA祭は10、11日に行われる予定だった。

    写真:作家の百田尚樹さん
    no title


    http://www.sankei.com/affairs/news/170604/afr1706040002-n1.html
    http://www.sankei.com/affairs/news/170604/afr1706040002-n2.html

    引用元: 【百田尚樹】一橋大で予定された講演会が中止に…百田さん怒りのツイート「サヨク連中から凄まじい脅迫と圧力受けたらしい」[06/04]

    続きを読む

    no title1: 孤高の旅人 ★ 2017/06/03(土) 01:29:18.00 ID:CAP_USER9
    デービッド・ケイ氏の背後に“人権団体” 中立・公正に疑問符 
    2017.6.2 22:18
    http://www.sankei.com/politics/news/170602/plt1706020053-n1.html

     国連人権理事会の特別報告者、デービッド・ケイ氏は、上智大学での記者会見に先立ち、国会内で講演した。講演を主催したのは、国連の関連イベントなどで慰安婦を「性奴隷」と宣伝する人権団体「ヒューマンライツ・ナウ(HRN)」。ケイ氏は会見で自身が中立・公正な立場であることを強調したものの、日本政府には同氏とHRNのような組織との関係を懸念する声がある。
     ケイ氏は記者会見で「政府に敵対的なわけではない」と述べた。一方、HRNは公式サイトで「意に反して『慰安婦』とし、監禁して性奴隷にしたことが重大な人権侵害だ」と事実と異なる記述をしている。
     政府はケイ氏が昨年4月に来日して以降、「報道の独立の危機」や「歴史教科書への政府の介入」など同氏が問題視する点について、事実誤認を改めるよう求めてきた。ケイ氏の報告書に法的な拘束力はないが、1996年には特別報告者のクマラスワミ氏が慰安婦を性奴隷と位置づける報告書を提出し、韓国政府や日本の活動家に利用された経緯があるためだ。

    以下はソース元で

    引用元: 【国連反日報告】デービッド・ケイ氏の背後に“人権団体” 中立・公正に疑問符 

    続きを読む

    20170601_062900
    1: かばほ~るφ ★ 2017/05/31(水) 22:32:53.99 ID:CAP_USER9
    「安倍という不思議な政権」河野洋平元衆院議長が首相を呼び捨て猛批判 
    外交も「中国の嫌がることばかり」「9条は触るべきでない」 講演詳報
    2017.5.31 19:41

    かつて自民党総裁を務めた河野洋平元衆院議長が31日、都内で講演し、
    安倍晋三首相(党総裁)が9条への自衛隊の存在明記などの憲法改正に意欲を示したことに関し、
    「安倍という不思議な政権」と呼び捨てにし、「理解のしようもない」と首相を猛批判した。
    「自民党は改憲党ではない」とも強調し、若手のころに憲法問題を政策綱領から外そうと画策して
    受け入れられずに離党したとの経緯も赤裸々に語った。
    日中関係についても、「対中包囲網」の構築を図る安倍政権を「中国の嫌がることばかりやっている」
    と批判した。河野氏の発言の詳報は次の通り。

    (後略、全文はソースで)

    産経ニュース
    http://www.sankei.com/politics/news/170531/plt1705310039-n1.html

    引用元: 【憲法改正】「安倍という不思議な政権」 河野洋平元衆院議長が首相を呼び捨て猛批判…外交も「中国の嫌がることばかり」と批判

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/05/29(月) 22:39:48.13 ID:CAP_USER
    週刊現代「いま日本でいちばん信用できる人 ベスト100」に津田大介、浜矩子、山本太郎らがランクインする
    https://togetter.com/li/1114063#c3771868

    58 大谷昭宏
    59 浜矩子
    60 江川紹子
    no title


    95 田村淳
    96 室井佑月
    97 飯田泰之
    98 津田大介
    99 東浩紀
    100 山本太郎
    no title


    評者 井筒和幸、釜本邦茂、木村草太、斎藤孝、佐高信、田原総一朗、成毛眞、西村賢太、二宮清純、楡周平、野村進、福岡政行、茂木健一郎、森永卓郎、やくみつる、和田秀樹
    https://twitter.com/miyawakiatsushi/status/867853179169382400/photo/1

    引用元: 【話題】「いま日本で一番信用できる人ベスト100」に津田大介、浜矩子、室井佑月、山本太郎ら

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/05/24(水) 18:31:00.33 ID:CAP_USER
     沖縄・米軍普天間飛行場の辺野古移設をめぐり、反対運動が過激化している。公務執行妨害や傷害などで逮捕者が続々と出ているのだ。報告された、極左暴力集団(過激派)の存在とは。

     自身も現地視察の際、反対派から暴行を受けたという、無所属の和田政宗参院議員が国会で質問したところ、逮捕者には沖縄県外や韓国籍の者も多くいたという。

     「このような暴力行為は由々しい問題だ。私も実際に被害に遭った。基地に反対なら正当かつ合法的な抗議活動をすべきであり、暴力を用いるなんてとんでもない」

     和田氏はこう語った。昨年5月に辺野古を視察した際、反対派に囲まれて、プラカードでたたかれる暴行を受けたという。反対派に「平和的な行動」を求めたが、聞き入れられなかった。

     その後も、米軍基地反対運動をめぐる暴力事件は相次いだ。

     和田氏は11日の参院内閣委員会で、基地反対運動をめぐる逮捕事案について確認した。

     警察庁の松本光弘警備局長から3月9日の同委員会で「過去2年間で逮捕者は32件41人」という答弁を聞いていたが、その後、3件3人が逮捕されたことが明らかにされた。

     反対運動には、沖縄県外・国外の人々も関わっている。

     和田氏は「私が辺野古に行ったとき、耳に入ってきたのは標準語や関西弁が目立った。ハングルで書かれた垂れ幕まであり、『ここは沖縄なのか』と目を疑った」と語った。

     逮捕者の内訳もそれを物語る。和田氏は続ける。

     「松本局長の答弁で、逮捕者44人のうち、11人が沖縄県外の居住者で、4人が韓国籍であることが判明した。この割合は3人に1人だ」

     3月9日の同委員会では、松本局長が「沖縄基地反対運動を行っている者の一部には、極左暴力集団も確認されている」と証言している。

     公安調査庁が作成した2017年版「内外情勢の回顧と展望」にも、《(過激派は)米軍普天間基地の辺野古移設や原発再稼働に反対する現地集会などにおいて宣伝活動を実施し、参加者に対して自派への賛同や連帯を呼びかけた》《(琉球独立論の背景には)沖縄で、中国に有利な世論を形成し、日本国内の分断を図る戦略的な狙いが潜んでいるものとみられ》などと記されている。

     和田氏は「現地を視察して、捜査・情報当局の答弁などを聞くと、米軍基地反対運動が純粋に沖縄の人々によるものとは思えなくなる」という。

     沖縄は大丈夫なのか。 (ジャーナリスト・安積明子)

    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170524/plt1705241700005-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170524/plt1705241700005-n2.htm

    no title

    和田議員は、沖縄の反基地運動の不可解さを追及した
    no title

    和田政宗氏

    引用元: 【沖縄】過激化する沖縄反基地運動、明らかになった「極左暴力集団」とは 逮捕者には沖縄県外や韓国籍の者も[5/24]

    続きを読む

    このページのトップヘ