ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 左翼

    20171115_063200
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/11/14(火) 18:35:27.72 ID:CAP_USER
    経済学者で同志社大学大学院教授の浜矩子さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、経済学的視点で切り込みます。

    *  *  *
     トランプ米大統領が来日した。結局何をしに来たのだろう。

     他にお友達がいない者同士の支え合い。そういうことだろう。だからこそ、接待ゴルフもあそこまでリラックスした感じになったわけだ。国難突破とか言っていなかったか?

     とことん締まりのない首脳会談を見ていて、全く対照的に緊迫感みなぎる歴史的対決の場に思いが及んだ。戦後の国際通貨秩序を巡る米英攻防の場である。本欄でも取り上げた「バンコール」(9月25日号「ICOで行くバンコールの世界?」)が登場する。

     バンコールは英国が提案した世界共通通貨だ。国々の合意に基づいて新たな決済通貨を創造しよう。それが英国案だった。考案者は、かのJ・M・ケインズ大先生だった。かたや、米国はユニタスなる新通貨を提案。ただ、ユニタスは実質的には米ドルでその価値を裏打ちされることになっていた。名前だけ変えたドルである。提案者は米国の財務官僚、H・D・ホワイトだ。

    ケインズ先生としては、戦後の国際通貨体制がドルを軸とするものになることは、何としても回避したかった。そうなれば、大英帝国を要とする「パックス・ブリタニカ」の時代は名実ともに終焉する。英国人たちが「若き従弟たち」と呼んで、後輩扱いしてきた米国に通貨の王様の座を奪われる。

     世界中が英国ポンドを決済に使う時代は、戦後において、もはや再現できない。それはケインズ先生もよく承知していた。だが、それは叶わずとも、せめてドルの君臨が体制化することは避けたかったのである。

     この攻防は、結局のところホワイトの勝利に終わった。そして戦後のIMF(国際通貨基金)体制が生まれた。

     この米英対決は、文字通り決死の勝負だった。なぜなら、両雄激突の最中に、ケインズは軽い心臓発作を起こした。そして、1946年には大発作を起こして亡くなった。その後を追うように、ホワイトも48年に同じ心臓発作で落命した。IMFがその業務を本格開始した翌年である。

     全く文字通りの命を懸けた攻防。たまにはこういうのを見せてほしい。むろん、あの二人とは無縁の世界だ。何が国難だ。


    2017.11.14 16:00 ※AERA 2017年11月20日号
    https://dot.asahi.com/aera/2017111300069.html?page=1

    浜矩子 Wikipedia
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%9C%E7%9F%A9%E5%AD%90

    引用元: 【パープル頭】浜矩子「日米首脳には無縁だろうが、たまには命を懸けた攻防が見たい」[AERA][11/14]

    続きを読む

    no title
    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/11/12(日) 14:35:25.37 ID:CAP_USER
    DAPPI‏ @take_off_dress

    寺島実郎「韓国はトランプ大統領に独島海老(竹島の海老)や慰安婦とハグさせたりが

    反日演出をやってきた。これは韓国が勝手にやったと思ったら間違いでがアメリカの意志!」

    それはあなたの思い込みでは? 韓国でトランプ大統領が散々嫌そうな顔をしてたのを

    見てないんですか? #サンデーモーニング

    https://twitter.com/take_off_dress/status/929504377982795777

    引用元: 【話題】寺島実郎「韓国はトランプ大統領に独島海老や慰安婦とハグさせたり反日演出をやった。これはアメリカの意志!」 [11/12]

    続きを読む

    no title
    1: (^ェ^) ★ 2017/11/11(土) 15:48:58.28 ID:CAP_USER9
    http://blogos.com/article/258406/

     政治がまったくつまらなくなった。その理由は、小池・前原の「踏み絵」により、民進党が見事に分断され、共産党主導の野党共闘が終ったからだ。しかし、その恨みつらみを小池・前原にぶつけるのはお門違いだ。その原因は民進党そのものの内部矛盾にあったからだ。

     そして、その内部矛盾は、希望の党の代表に玉木雄一郎という保守政治家が圧倒的多数で選ばれた事によって、あらためて今も続いている事を露呈した。まけに、選挙に強い無所属の連中、つまり、かつての民主党政権の中枢を占めていた連中は、みな保守だ。

     そんな中で、枝野立憲民主党が動きが取れなくなっている。右にも左にも、文字通り右顧左眄しなければ、発展どころか、その存立そのものも危うい。野党第一党がこれだから、政治がつまらなくなるのも無理はない。

     しかし、野党には、唯一、最大の起死回生策が残っている。それは、森友・加計疑惑の追及である。まさしく安倍首相が逃げまくっているのがこの問題であるからだ。だから野党はこの森友・加計疑惑に一点集中して追及すべきなのだ。

     しかも、その追及は安倍夫妻の関与に一点集中しなければいけない。なぜなら、この疑惑は、こよなく安倍首相夫妻の疑惑であるからだ。安倍首相が逃げ回っていることもまさしくそれにある。自分たちが直接かかわった事は絶対にないと繰り返すのも、まさしく、安倍首相の危機意識の裏返しである。

     これは、言い換えれば、自分たちの直接関与が証明されなければ逃げ切れると言っているようなものだ。自分たちの直接関与が証明されない限り、その他のどのような不都合も、その不都合をひとつひとつ是正出来れば、逃げ切れるという事だ。森友疑惑では財務官僚のトカゲの尻尾きりで逃げ切れるし、加計疑惑では指摘されている獣医学部の不備については、文科省の認可が出来るように、どんどんと是正していけばいいのだ。

     ならば野党の追及は、あれも、これも、と分散してはいけない。安倍首相夫妻の直接の関与の有無の一点に絞って集中攻撃するのだ。動かぬ証拠を探し出し、その一点に絞って、国会質問を分担・協力するのだ。まさしくこれからの野党共闘はそこに集中すべきだ。野党が質問時間を増やせと要求するのはいい。

     しかし、いくら野党が質問時間の要求を勝ち取っても、これまでのように野党が同じ様な質問を、バラバラのまま繰り返していては意味がない。安倍夫妻を追い込めない。繰り返して野党に助言する。野党は、来るべき国会で、もはや安倍首相の安保法制や改憲を攻めるより、森友・加計疑惑追及に一点集中すべきだ。

     そして安倍夫妻の関与と権力の私物化に一点集中して、動かぬ証拠をつきつけることに、すべてを賭けるべきだ。そうすれば安倍首相を追いつめる事が出来る。安倍首相を辞任させる事すら出来る。安倍首相を辞任させる事が出来れば、安保法制や改憲は吹っ飛んでしまう。はたして今の野党にそれが出来るか。その覚悟があるか。これからの政局の最大の課題はそこにある(了)

    引用元: 天木直人「野党の起死回生は森友・加計疑惑の一点集中攻勢しかない」「安倍首相を辞任させる事が出来れば、安保法制や改憲は吹っ飛ぶ」

    続きを読む

    no title
    1: マスター・ネシトル・カ ★ 2017/11/08(水) 21:25:10.49 ID:CAP_USER9
    11/7(火) 11:00 フリージャーナリスト 志葉玲
    詩織さんVS山口氏 元TBS記者「準強姦疑惑」反論の疑問点ー国会で「安倍政権への忖度」の追及を
    https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20171107-00077859/

    安倍晋三首相と親しい元TBS記者・山口敬之氏に、若手国際ジャーナリストの伊藤詩織さんが性的暴行を受けたと告発した問題で、伊藤さんは、10月24日、外国人特派員協会で会見を開き、真相の究明を求めるとともに、日本の司法や性犯罪被害者への支援の在り方についての課題を語った。一方、山口氏は10月31日発売の月刊誌『HANADA』(2017年12月号)で、伊藤さんの主張に対し全面的に反論した。ただ、今回の山口氏の主張には自身の過去の主張と食い違う部分もある。

    ●「不起訴相当」検察審査会の判断への疑問
     伊藤さんによると、彼女は2015年の4月、当時TBSのワシントン支局長であった山口敬之さんに、米国での就労ビザの相談のために会った。二人で飲食している間に、伊藤さんは、急に昏倒し、意識を取り戻すと、山口氏にレ○プされている最中だったという。被害後、伊藤さんは、彼女の下着から検出された山口氏のDNA、山口氏のホテルへ移動したタクシー運転手の証言やホテルの防犯カメラ映像などの証拠を集め、告発を受けた高輪署も山口氏の逮捕令状を裁判所から得た。しかし、まさに捜査官が山口氏を逮捕しようとしたその時に、警視庁本部の中村格・刑事部長(当時)の突然の指示で、逮捕は見送られた。その後、捜査は警視庁本部捜査一課に引き継がれたが、十分な捜査は行われず、東京検察は不起訴。伊藤さんは今年5月に検察審議会に審査申し立てしたものの、同9月21日、検察審議会は『不起訴相当』を議決した。

     検察審査会は小沢一郎氏の強制起訴など、かねてから政治的思惑にその議決が左右されることが指摘されている。今回の不起訴についても、伊藤さんは会見で、以下の点で公正な審査が行われたかに疑念を示した。

    検察審査会に証人や申立人の代理が呼ばれ、証言することがあるにもかかわらず、伊藤さんや、彼女の弁護士も呼ばれることはなかった。
    検察審査会の不起訴相当議決の理由として、不起訴処分の裁定を覆すに足りる理由がない、その内容の具体的な説明はなかった。
    伊藤さんが山口さんからタクシーから下され、ホテルへ引きずられていく防犯カメラの動画を審査員に見てもらいたいと伊藤さんは主張。だが、実際に動画として証拠が提出されたのかについて、検査審査会は回答しなかった。

    引用元: 【山口敬之/準強姦揉み消し問題】元TBS記者「準強姦疑惑」反論の疑問点ー国会で「安倍政権への忖度」の追及を[11/08]

    続きを読む

    no title1: (^ェ^) ★ 2017/11/08(水) 21:49:34.39 ID:CAP_USER9
    http://netgeek.biz/archives/106093

    本来「自由主義」を意味するリベラルという言葉が政治の派閥を表す意味で使われるようになり、いつの間にか誰も正確な意味が理解できなくなっていた。
    ここで改めてリベラルの意味を確認した動画を紹介しておきたい。

    【リベラルとは】
    藤井厳喜「一番権威があると言われてるオックスフォード英和大辞典によると、リベラルとは『相手の意見に寛容であること』と書かれてる」
    上念司「日本の自称リベラルは全員アウト」
    筆坂秀世「マルクス主義を掲げてる共産党がリベラルって事はあり得ない。多様性を認めないから」 pic.twitter.com/RMgo0SvMTe

    — ブルー (@blue_kbx) 2017年11月7日

    藤井厳喜「オックスフォード大学の一番権威がある英語辞書だとリベラルの定義っていうのは相手の意見に寛容であること。違った意見に対して寛容であること」

    (スタジオ騒然。驚きの声が広がる)

    上念司「じゃあもう日本のリベラルって言ってる奴らは全員アウトですね。○○とか言っている奴らですからね。無理ですねそんな奴ら」

    筆坂秀世「だからマルクス主義を掲げてる共産党がリベラルって事はあり得ないんですよ。多様性なんか認めないわけだからね」

    試しにnetgeek編集部でOxford Dictionariesを使って調べてみたところ、やはり同じ意味がヒットした。

    liberal:Willing to respect or accept behaviour or opinions different from one’s own; open to new ideas.

    「自分とは違う意見や行動を進んで受け入れたり、敬意を払ったりすること。新しい考えに寛容であること」

    日本の政治家・政治団体でそこまで懐の深いところは存在しないのでリベラル派は皆無と言えよう。あえて言うなら一般人にリベラルな人がいるかもしれないという程度。これまでリベラルを自称してきた政治家は全てインチキの偽物だということが判明した。
    思い出されるのは池上彰の解説だ。

    池上彰は日本でリベラルを名乗っている人は要するに左翼なのだとばっさりと切り捨てた。立憲民主党の枝野幸男代表がリベラルを自称しているのも偽物で確定。リベラルを名乗っている者たちが意味を理解しないまま矛盾する言行をとっていたというのは非常に滑稽だ。

    これより前、netgeekでは東大生の問題提起を取り上げたことがあった。

    参考:自民党支持の東大生「愛国心には右も左もないのに国が好きと言った瞬間に右翼だと言われてしまう」

    なぜか日本では愛国心を表すとすぐに「右翼」「ネトウヨ」と言われてしまう。愛国心と政治的信念は無関係なのに、左翼の反日連中が曲解してバッシングしてくるのは良くない風潮だ。そしてその左翼はリベラルという呼び名を盾に使っていた。

    端的に言えば日本の自称リベラルは左翼の反日集団と見て間違いない。立憲民主党や共産党の人間が今後、リベラルを名乗ったらそう置き換えて解釈してほしい。

    引用元: リベラルとは『相手の意見に寛容であること』 日本の自称リベラルは全員アウト マルクス主義を掲げてる共産党はリベラルではない

    続きを読む

    このページのトップヘ