ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 左翼

    no title1: 動物園φ ★ 2017/06/27(火) 22:46:20.23 ID:CAP_USER
    元SEALDs 諏訪原健「奨学金申請で覚えた違和感」
    20代の処方箋
    by 諏訪原健 (更新 2017/6/27 07:00)

    諏訪原健(すわはら・たけし)/1992年、鹿児島県鹿屋市出身。筑波大学教育学類を経て、現在は筑波大学大学院人間総合科学研究科に在籍。専攻は教育社会学。2014年、SASPL(特定秘密保護法に反対する学生有志の会)に参加したことをきっかけに政治的な活動に関わるようになる。2015年にはSEALDsのメンバーとして活動した

     児童養護施設で学習支援をしていた時、施設出身者向けの奨学金の申請書を見た元SEALDsの諏訪原健さんは、違和感を覚えたという。
    *  *  *
     児童養護施設での学習支援ボランティアをしていた中で、どうしようもなく怒りを覚えた出来事について話そうと思う。当時の私は高校3年生の生徒の担当についていた。高3というと、進路はもちろんだが、金銭的な面も含めて、施設を出てからのことを考えなければならない学年である。

     ある日の学習の時間、職員の方から「奨学金の申請書を作る手伝いをしてもらえませんか」と言われ、担当の生徒と一緒に申請書に書く文章の推敲をすることになった。

     児童養護施設出身者に対しては、財団やNPOなど、民間による奨学金も様々な形で用意されている。いろいろな団体が支援を行なっているので、当然のことながら、申請書で問われている内容にも違いが見られる。

     どんなものがあるのかと、複数の奨学金の募集要項を眺めていた時、ある団体の申請書の内容に目を疑った。そこには「あなたの進学を社会が支えてくれることをどう思うか」とか、「支援をしてくれる人々に対してどう思うか」とか、そんな質問が並んでいた。

     その団体の担当者は、「私の進学を支えてくれるような社会だからこそ、自分の夢を実現できる」とか、「支援者のみなさんのおかげで、進学できることに感謝している」とか、そういう言葉を書かせることが、奨学生を選ぶ上で必要だと思ったのだろうか。私からすれば、質問の意図がよくわからない。

     担当している生徒の前では、「テキトーに、こういう支援があって良かった、頑張りたい、みたいなことを書けばいいよ」なんて言いながら、何事もないように振る舞っていた。しかし心の内では、何でこんなことを書かせなければならないのだと、腹が立って仕方なかった。

    https://dot.asahi.com/dot/2017062600062.html?page=1

    引用元: 【話題】元SEALDs「奨学金を申請するときに、生い立ちを聞かれたり優れた人生設計を書かねばならないのはおかしい」

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/06/25(日) 20:58:22.28 ID:CAP_USER
     国連人権理事会の「表現の自由」に関する特別報告者、デービッド・ケイ氏(米カリフォルニア大学教授)が12日、スイス・ジュネーブで開かれた同理事会で、日本で報道の自由が脅かされていると報告した。

     当の日本のメディアはこれをどう報じたか調べると、NHKは同氏が「日本政府に対し、メディアの独立性を強化するため法律を改正すべきだなどと勧告しました。日本政府は『表現の自由や知る権利は憲法で最大限保障されている』と反論しました」(13日)と淡々としていた。

     ほかも概して切迫感や危機感のない報道が多かった。

     ケイ氏の報告の直後、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部の伊原純一大使は「わが国の説明や立場に対し、正確な理解のないまま記述されている点があることは遺憾だ」などと強く反論している。

     公表された報告書に目を通してみた。研究者同士のピアレビュー(査読)の観点から批評(批判ではない)をすれば、確かに重要な論点は提起しているものの、基礎知識の不足や収集データの偏り、論拠や論理の飛躍などが多い。

     まともな学会での研究報告であれば相当厳しい突っ込みは免れず、公刊はおぼつかないレベルだ。この程度の報告が国連文書に残るとすると、特別報告者の制度の信頼性そのものも揺らぎかねないと感じた。

     報告書を案の段階から注視し、主張で「嘘まき散らすのは何者か」(2日付)と題し「いわれなき対日非難」に真っ向から異を唱えたのは産経だった。

     読売の社説は「杜撰(ずさん)極まりない代物である。日本の一部の偏った市民運動家らに依拠した見解ではないか」(14日付)と強い疑問を投げかけた。

     一方、毎日の記事は「『国連vs日本』の様相を呈している…特別報告者が立て続けに、報道の自由とプライバシー権をめぐる日本の現状に『レッドカード』を突きつけているからだ」(12日付夕刊)などとし、特別報告者の意見が国連の総意であるかのように取り上げていた。

     今どきはやりの言葉を使うならば、この手の“国連報告書”が日本の“印象操作”に利用されることは多い。先の読売社説は「報告書に強制力はないが、放置すれば、日本に対する誤解が国際社会に広がりかねない」と指摘する。

     ケイ氏には日本政府の説明や反論に、耳を傾けようとする姿勢がみられない。批判している相手だとの理由かもしれないが、逆にその意気込みや独立の報告者としてのプライドが、安易な公権力批判に利用されてはいないだろうか。

     同じ学者としてケイ氏のプロフェッショナリズムに疑問を禁じ得ない部分は多いが、当事者である日本のメディアも自らの沽券(こけん)にかけてもっと議論をしてしかるべきだろう。

                      ◇

    【プロフィル】星野俊也

     ほしの・としや 昭和34年群馬県出身。上智大卒。大阪大大学院博士。国連日本政府代表部公使参事官、大阪大副学長など歴任。

    http://www.sankei.com/column/news/170625/clm1706250008-n1.html
    http://www.sankei.com/column/news/170625/clm1706250008-n2.html

    no title

    デービッド・ケイ国連特別報告者

    引用元: 【国連反日報告】公権力批判に利用されたデービッド・ケイ氏 日本のメディアも「国連報告書」にもっと議論を 大阪大学教授・星野俊也

    続きを読む

    no title1: ダース・シコリアン卿 ★ 2017/06/23(金) 19:49:54.01 ID:CAP_USER
    「百田さんは事実を曲解したまま、僕たちを激しく批判しています」

    そうため息をつくのは、人種差別撤廃を目指す一橋大生らでつくる「ARIC」(反レイシズム情報センター)の梁英聖(リャン・ヨンソン)代表(34歳)だ。

    一橋大の「KODAIRA祭」(6月10、11日)で予定されていた作家・百田尚樹氏(61歳)の講演会中止が決まったのは6月2日のこと。

    ARICなど3つの学内団体が「百田氏は過去に多くのヘイト発言をしている」と問題視。反対運動が活発化するなか、ついには学祭実行委員会が当日の警備が過大になりすぎることを理由に中止へと踏み切ったのだ。

    だが、百田氏がそれで黙っているわけがない。「ARICという団体の執拗(しつよう)な抗議によって中止に追い込まれた。言論弾圧だ!」といったツイートで反攻に出ているのだ。

    だが、それは「的外れな批判」と、前出の梁代表が言う。

    「僕たちは学内で差別が起きないよう、反差別ルールの制定を学祭実行委員会に求めていただけ。

    5月12日の学内協議の席でも、ルールさえ制定できれば、百田さんの講演会を開いても構わないと実行委員会にも伝えていました。

    なのに百田さんは、『ARICの脅しによって中止になった』と主張して譲らない。百田さんのツイッターフォロワーは18万人もいる。そのつぶやきを信じた人から僕のツイッターアカウントに脅迫めいた書き込みが○到し、本当に怖い思いをしています」

    梁代表はツイッターを通じ、百田氏に事実誤認があることを伝えたという。しかし、百田氏に耳を傾ける様子はない。『週刊新潮』6月22日号に独占手記を掲載、ARICを追撃している。

    記事の中では、ARICのメンバーが学内協議の場で、「われわれと別の団体の男が講演会で暴れるかもしれないと言っている。負傷者が出たらどうするんだ?」と発言したことを取り上げ、

    「ほとんど恐喝。やくざ映画などで親分が『わしは何もしないけど、うちの若い者の中には血の気多い奴もいるのでな』というセリフに似ている」と指弾している。だが、「これも曲解している」と、梁代表は首をかしげる。

    「百田さんの記事では『別の団体』がARICの別働隊のように読めますが、

    これは百田氏支持のグループが学内で暴発する恐れがあると議論したときの発言で、『別の団体』とは極右団体のことを指しているんです。どうしてこんなおかしなとらえ方をするのか? 理解に苦しみます」

    もし、これらが事実だとすれば、百田氏はもう少し聞く耳を持ってもよいのでは。

    https://news.nifty.com/article/domestic/society/12176-86801/

    関連
    【百田尚樹】一橋大学の講演会中止事件を語る 「信じがたい言論弾圧」[6/22]
    http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1498125037/
    【百田尚樹】「私の発言のどこがヘイトなのか」 講演会反対グループの正体[6/23]
    http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1498199317/

    引用元: 【ヘイト】作家・百田尚樹に「言論弾圧だ!」と批判されたARIC 梁英聖代表が反論「事実を曲解しています」[6/23]

    続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2017/06/23(金) 19:45:02.34 ID:CAP_USER9
    http://ksl-live.com/blog9510

    no title


    がんで闘病中だったフリーアナウンサーの小林麻央さんが、22日夜に自宅で死去。
    23日午後に、夫の市川海老蔵さんが会見を行いテレビ各局は生中継。多くの視聴者が市川海老蔵さんが語る麻央さんの最後と子供たちの様子に涙した。

    著名人の訃報や事件事故、そのたびに繰り返される”アレ”が今回も起きている。

    安倍の陰謀説!

    またもや、安倍晋三の陰謀圧力恫喝隠蔽工作だろう

    前川氏のインタビューが突然、小林麻央さんの訃報に切り替えられた。どの放送局に回しても、みな同じ小林麻央さんの訃報ばかり。小林麻央さんの訃報も大切だけど、午後からずっと報道していたはず。またもや、安倍晋三の陰謀圧力恫喝隠蔽工作だろう。うんざりする。 #前川氏インタビュー #安倍晋三
    — Shyonen (@Shyonen_Vox) June 23, 2017

    小林麻央は安倍晋三が加計スキャンダルを有耶無耶にするために○した

    小林麻央は安倍晋三が加計スキャンダルを有耶無耶にするために○したってマジ?
    — ブルー・スリー (@Transwa9) June 23, 2017

    追いきれないほど湧いている

    安倍は政権延命のためなら命すらも利用する悪魔

    前川氏会見予定の当日に小林麻央さん死去。会見を生中継するはずだった夕方のニュース番組は訃報一色になるだろう。
    このタイミングで亡くなったことを一番喜んでいるのは一体誰か。かつてこれほど卑劣な手を使う政権があっただろうか
    安倍は政権延命のためなら命すらも利用する悪魔である
    — 反差別行動委員会松戸支部 (@gekikawa_jk) June 23, 2017

    小林麻央さん死去報道なんかより・・・

    クソなマスコミは、小林麻央さん死去報道なんかよりアホな安倍内閣の不正をしっかり報道して速報しろ!!

    — しんご (@sinhaya18) June 23, 2017

    安倍や昭恵がのうのうと生きてる

    多くのガン患者を勇気づけた小林麻央さんが亡くなり、それでもみんなで頑張ると書く海老蔵さん。。子供みたいな事言うけど、なぜ彼らがこんなに苦しみ、安倍や昭恵がのうのうと生きてる。神様そりゃ~ないよ。聞いてるか神様・・・
    — SKpapa(脱原発)(No.ABE) (@nskp) June 23, 2017

    中略

    安倍晋三が小林麻央を○したんじゃね?

    都議選から関心を反らすために自民党の安倍晋三が小林麻央を○したんじゃね?今までの安倍晋三の行動を見れば○りかねなくもないよな!安倍晋三 安倍昭恵 自民党 腐敗政党 愚民 https://t.co/O20dUgVREJ
    — 啓示を知る者 (@trueeyeswings) June 23, 2017

    麻央ちゃんじゃなくて、安倍政権が死んだらよかったのに!

    さっき、不動産屋さんと世間話したら「麻央ちゃんじゃなくて、安倍政権が死んだらよかったのに!もう、みんなそう思ってますよ!」って言ってた。確かに!
    — meglalala (@kissmeyummy) June 23, 2017

    中略

    今も増殖中です。これがパヨクの実態です。

    引用元: 「安倍晋三が小林麻央を●したんじゃね?」「安倍晋三の陰謀圧力恫喝隠蔽工作」 訃報を政治主張に変換する人々

    続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/06/22(木) 21:25:12.90 ID:CAP_USER
     東京MXテレビの番組「ニュース女子」をめぐり、同番組を放送倫理・番組向上機構(BPO)に市民団体「のりこえねっと」の辛淑玉(シン・スゴ)共同代表が番組内容の審議を申し立てた問題に関し、市民団体「レイバーネット」を中心としたデモ隊が22日、「デマで沖縄への偏見をあおるな!東京MX『ニュース女子』はおかしいぞ!虎ノ門・赤坂サウンドデモ」と題したデモを行った。

     デモ隊約90人は日比谷公園をスタートし、虎ノ門ニュースをネット配信している「DHCテレビジョン」(東京都港区)のスタジオに向けてデモ行進した。DHCテレビジョンは、「ニュース女子」の制作も手がけている。

     この報に接したDHC側がデモ隊が行進する時間に合わせて急遽、DHCテレビが制作する「虎ノ門ニュース」で生配信を行うことを決定。作家の百田尚樹さん(61)と中部大学特任教授の武田邦彦さん(74)らが沖縄をテーマに討論した。

     デモ隊は「ヘイト放送を許すな」「ヘイトより愛を」などと太鼓を鳴らしながら行進し、虎ノ門ニュースを収録中のスタジオに到着。

     デモ隊の一部が「百田、出てこい」「ふざけんなよ」などと怒号を発し、止めようとした警察官らともみ合いになるひと幕もあったが、大きな混乱はなく、デモ隊は解散した。

     虎ノ門ニュースを収録中のスタジオ前には40人近い人が、外から討論中の百田さんらを観覧していたが、百田さんらの「混乱を招かないようお願いします」との呼びかけ通り、静かにデモ隊を見守った。

     レイバーネットを中心とする「沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民有志」は「ニュース女子」を嘘番組と非難し、「機動隊に暴力を振るう」「危険なので撮影を断念」などとデマを流した、と指弾。番組を「沖縄ヘイト・デマ」だと断じている。

     スタジオでは、「和田政宗参院議員の秘書が基地移設反対派のおばあさんに殴られ、那覇地検の検事が秘書に電話をかけ、被害届を取り下げるよう迫った」「沖縄県東村に住む依田啓示さんは私的検問をしていた基地移設反対派と言い合いになり、トラブルになった」などと反対派の横暴を列挙。

     デモ隊が到着したころには沖縄平和運動センター議長の山城博治被告(64)=傷害、公務執行妨害罪などで公判中=が沖縄防衛局職員に暴行する場面を流し、「これが沖縄の平和運動の実態だ」などと百田さんらが解説した。

     番組では「琉球新報、沖縄タイムスをただす県民・国民の会」代表運営委員、我那覇真子さん(27)が生出演。国連人権理事会でスピーチしたいきさつを回想。

     「私の後でスピーチした山城被告は、自分たちの平和運動が弾圧されていると主張したが、恥をさらしに行ったようなもの。本当に弾圧されていれば、被告の立場で海外には行けない」と主張。

     「ほかの(国の)発言者は民族虐○を受けたり、国に弾圧され、亡命した上で顔を隠して発言するなど、山城被告などとは次元が違う」と述べた。(WEB編集チーム)

    http://www.sankei.com/life/news/170622/lif1706220055-n1.html

    no title

    no title

    警備にあたる警察官に詰め寄るデモ隊=22日、東京都港区(三枝玄太郎撮影)
    no title

    「虎ノ門ニュース」を放映するスタジオの前で紙を掲げて抗議する男性=22日、東京都港区
    no title

    「虎ノ門ニュース」を放映するスタジオの前に到着したデモ隊=22日、東京都港区
    no title

    虎ノ門ニュースを放映するスタジオに向かって行進するデモ隊を先導するトラック=22日、東京都港区
    no title

    「虎ノ門ニュース」を放映するスタジオの前に集まった人々=22日、東京都港区
    no title

    虎ノ門ニュースのスタジオに向かって行進するデモ隊=22日、東京都港区

    引用元: 【国内】市民団体「沖縄ヘイトを流すニュース女子に抗議を」→百田尚樹さんら「じゃあ急遽、生放送しよう」虎ノ門ニュースで生配信[6/22] [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

    このページのトップヘ