ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 左翼

    1: (^ェ^) ★ 2018/07/08(日) 08:49:04.19 ID:CAP_USER9
    no title


    立憲民主党の有田芳生参院議員は7日、オウム事件のタヒ刑囚7人のタヒ刑が執行されたことに関し「安倍案件。政治利用のタヒ刑執行です。」と根拠のない陰謀論をフェイスブックに投稿した。
    また、タヒ刑囚の関係者とメールでやり取りした内容を公開したが、これが実に怪しい。

    安倍案件。政治利用のタヒ刑執行です。
    (中略)
    「オウムタヒ刑囚13人を同時に執行すればそれはジェノサイドですよ」と言っていたのは法務省幹部。執行後に法相のことを「タヒ神ですね」と言ったのも法務省関係者。一度に7人の執行をした異常さへの法律の専門家からの率直な気持ちなのでしょう。僕は「タヒ刑制度には反対」とはっきり言いきることができない立場でした。しかし昨日の執行から心のなかで大きな変化が起きつつあります。加藤典洋さんのいう「犬も歩けば棒に当たる」です。『‪どんなことが起こってもこれだけは本当だ、ということ』(岩波ブックレット)‬』 2018/7/7
    出典:有田芳生フェイスブック

    出典元で全文が確認できるが、有田議員の文章はどこからが本人の発言で、どこからが相手の発言かがわかりにくい。そもそもタヒ刑囚の関係者って誰でしょう?

    鏡が映すワレのツラの醜き麻原のごとし

    (略)

    http://ksl-live.com/blog16920

    引用元: 【陰謀論】有田芳生、オウム死刑囚の執行を「安倍案件、ジェノサイド、法相は死神」 死刑囚関係者のメール内容も公開

    続きを読む

    20180706_1818001: おでん ★ 2018/07/06(金) 18:11:45.81 ID:CAP_USER9
    今朝、オウム真理教元代表を含む元幹部7人のタヒ刑が執行されたが、処刑は正義の実現にはなりえない。

    オウム真理教は、1995年の地下鉄サリン事件のほか松本サリン事件、坂本弁護士一家○害事件などの凶悪事件を引き起こし、
    元幹部ら13人がタヒ刑判決を受けた。一連のオウム事件のタヒ刑確定者に対して、今回が初のタヒ刑執行となった。
    地下鉄サリン事件では神経ガスにさらされて13人がタヒ亡、数千人が被害に苦しんでいる。

    1日に7人の大量処刑は、近年類を見ない。彼らの犯行は卑劣で、罪を償うのは当然である。しかし、処刑されたところで、決して償いにはならない。

    正義の実現には、真相究明が欠かせない。また、すべての人の人権を尊重してこその正義である。
    人権を否定し、真相究明の機会を奪うタヒ刑は、正義とは程遠い。

    今朝、処刑されたのは、松本智津夫さん、中川智正さん、新実智光さん、早川紀代秀さん、井上嘉浩さん、遠藤誠一さん、土谷正実さんの7人。
    執行は、全国の拘置所で行われた。数人が、再審請求をしているものとみられる。

    各国の人権状況を審査する国連の普遍的定期審査で、日本はタヒ刑制度の改革を迫られてきたが、この3月、またもや勧告受け入れを拒否した。

    日本政府は「世論が望む」からタヒ刑執行は避けられない、と繰り返し主張してきた。
    しかし、本来、国がすべきことは、一歩踏み出して、人権尊重を主導することである。

    アムネスティは、犯罪の性格や犯罪者の特質、処刑方法にかかわらず、いかなるタヒ刑にも反対する。過去40年以上にわたり、
    終始一貫してタヒ刑の廃止に取り組んでいる。

    アムネスティ国際ニュース 2018年7月6日
    http://www.amnesty.or.jp/news/2018/0706_7491.html

    引用元: 【人権NGO】「オウム元幹部の死刑が執行されたが、処刑は正義の実現にはなりえない」死刑の廃止に取り組むアムネスティが声明を発表 

    続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/07/03(火) 17:55:52.00 ID:CAP_USER9
    https://snjpn.net/archives/57566

    no title


    まるでコント

    韓国・文在寅大統領発案のW杯、日中韓北共同開催について。

    青木理
    「文在寅さんビジョンが明確。文在寅さん、たいしたもんだな。知恵ものだな」

    玉川徹
    「日本のトップが大きなビジョンを持ってんのかと。何のために憲法改正すんの?ってとこが全然違う」

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・見事に蚊帳の外の皆さんですね。この見識の無さは、本物のあほ故だと思うと、スッキリしました。

    ・ほんとなんにも考えてないのな。今晩食うキムチのことで頭がいっぱいな状態でコメントしてるとしか思えんくらいア◯。

    ・羽鳥はどんな思いで聞いてんのだろう

    ・韓国なんかと二度と共同開催なんてしたくない。サッカーのルールすら知らない奴らと同じにされたくない。テコンドーと勘違いしてはいけない。

    ・アホ二人が共振して、どんどん図に乗っていくわかりやすい動画。まさに狂信ですわ。

    ・隙あらば「安部ガー!!」

    ・あほなんだと思います。さらにサッカーで盛り上がった日本に嫉妬してるんだと思います。

    ・朝から呆れ果て、開いた口が閉まらず困ってますwww

    引用元: 青木理、韓国大統領のW杯日中韓北共同開催案を大絶賛!「ビジョンが明確。たいしたもんだな。知恵ものだな」 ネット「まさに狂信」

    続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/07/02(月) 21:08:04.56 ID:CAP_USER9
    https://snjpn.net/archives/57494

    no title


    詳細は、ぜひ・・・

    東京新聞・望月衣塑子
    「BBCが伊藤詩織さんの準強姦事件についての検証報道をしております。日本の警察の捜査手法への疑問が指摘されてる。警察庁がデートレ○プドラッグが疑われた場合、証拠収集を通知する動きが出てる」

    菅義偉官房長官
    「詳細は、ぜひ警察庁にお尋ね下さい」

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・イソコは誰に質問したらいいかもわかっていない記者。

    ・Siriじゃねーよw

    ・そんなこと官房長官が知ってたらおかしいだろうに。毎回毎回ボケた質問しては的確な突っ込みされる望月。漫才?

    ・個人的なことに政府は関与しない方針だと思うが、公的な場で質問されたら、検察庁なり司法がなぜ不起訴になったのか発表しなきゃいけなくなるよ。検察審査会でも不起訴妥当だとすれば・・・ なんらかの合意がったか、そのように判断される余地があったんじゃない

    ・え?私はもうこの問題をちょっと距離おきたいけど…。官房長官に聞く事か⁉💢

    ・イソ子、ガースーはおまえの親でもなければ先生でもないのだよ。政府に関係のないことを聞くならお帰りよ

    ・イソコは東京新聞の看板に泥を塗りまくってるな笑そろそろ東京珍聞とか言われそうだからちょっと考えた方が良く無いか?

    ・この望月って記者。本当に的外れな質問ばかりだな。

    ・政府が検察のくだした判断に、口出しできるわけ無いだろ!

    ・これを菅さんに聞いてスラスラ答えるほうがおかしいだろ……東京新聞はネタなのか?確信犯なのか?

    引用元: 望月衣塑子「伊藤詩織さんの準強姦事件についての・・・」 菅官房長官「詳細は、警察庁にお尋ね下さい」 ネット「東京珍聞とか…」

    続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/07/01(日) 21:29:05.35 ID:CAP_USER9
    https://snjpn.net/archives/57347

    no title


    百田尚樹さんのツイート

    このズラ、何言ってるの?
    サッカーのこと喋ってても、安倍総理のことが頭から離れないんやね。
    こういうのをパラノイアという。

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・なんだかんだ言ってるけど、結局パヨって安倍総理頼みなんですよね www

    ・ズ・・・ズラwww

    ・ズラなんですか?ww😂

    ・植えてはるんやないかと

    ・先生。冒頭のヅラだけで話の内容がはいってきませんw

    ・良い話をしてもアベ批判に繋げて全て台無し。残念な人ですな、この議員は。

    ・寝ても覚めてもアベガーなんだもの安倍さんいなくなったらこの人タヒんじゃうなきっと。

    ・安倍批判は植えた毛と同じくらい、この人の頭から離れない様子。。

    ・ズラだったのか、日本の職人技術には驚かされる、沖縄知事のは中国製だったのだろうひと目見てわかったもんな

    ・そこは触れちゃ駄目ズラ

    ・百田さん!ズラネタ辞めて下さい!‼︎笑い過ぎて嫁に不審者扱いです!!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

    引用元: 江田憲司のツイートに、百田尚樹氏「こういうのをパラノイアという」 ネット「寝ても覚めてもアベガー」「結局パヨって安倍総理頼み…」

    続きを読む

    このページのトップヘ