ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 左翼

    1: (^ェ^) ★ 2018/07/22(日) 15:12:21.49 ID:CAP_USER9
    https://snjpn.net/archives/59817

    no title


    DAPPIさんのツイート

    関口宏
    「反対がこんなにいるのに法案が通る…はぁ…」

    橋谷能理子
    「諦めてはいけないですよ!」

    サンデーモーニングが政権批判に偏った偏向報道をしてるかよくわかるやりとり

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・こんなにいるも何もそれ以上に賛成の声が多かったわけで。

    ・反対がこんなに→実際は、少数派

    ・国政選挙の結果は受け入れないダブスタ番組(笑)

    ・たしかプロデューサーは金富隆さんですよね!?

    ・「法案が通ってしまう」という言い方で既に違和感が... 個人の思想の垂れ流しになっているので、そのうち放送法違反になるのでは?

    ・サンデーモーニーングってバカが勢揃い。議院内閣制度 をまずは理解してくれw賛成が多いから可決してんやぞw

    ・面白い。なかなかないよ、こんなバ〇な番組。それも、いい歳した大人たちがマジ顔でトンチンカンな事を言ってるのもグッド!反面教師番組として、日本のためにもっとバ〇やってちょーだい(笑)。

    ・こんなにいたら選挙で野党が勝ちますから・・はぁ・・。諦めるって覚えたらいかがですか?

    ・サンモニが諦めずにこれ以上頑張ったら一般人はドン引きですよ。。

    ・反対もいれば、賛成もいるんだけど。その賛成が多いからなんだけど。相変わらず、気持ち悪い番組ですね💦

    ・それを民主主義といいます

    引用元: 【サンデーモーニング】関口宏「反対がこんなにいるのに法案が通る…はぁ…」 ネット「国政選挙の結果は受け入れないダブスタ」

    続きを読む

    20180721_174200
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/07/21(土) 14:03:03.25 ID:CAP_USER
     こんにちは、中国人マンガ家の孫向文です。

     最近ニュースにもなったカンヌ国際映画祭でパルムドール賞を受賞した「万引き家族」を観賞してきました。映画の最後のクレジットに「是枝裕和監督原案、監督、脚本、編集」とあり、さらに「文化庁の助成金」とちゃんと書いてありました。つまり、この映画は国民の税金である文化庁の助成金を使い、是枝総監督の完全なる個人的メッセージを伝える映画だったのです。

     以下は、今回映画を観て、僕自身の私的な感想であることをお断りしておきます。

     まずはざっくりと内容を紹介しましょう。
    (中略:とにかく汚い日本人像!、価値観は歪んでる万引き家族の人々を見る第三者目線の欠如)

     家族全員は複数の偽名を使い分けています。それは国家が管轄する「戸籍制度」から逃げるためです。これではまるで在日外国人の特有の「通名制度」のような考えにすぎません。さらに言えば、左派層が主張する「日本の戸籍制度を廃止しろ」とも一致してます。これは例え、犯罪事件が発生した時、警察という第三者目線から見ると、戸籍が無いことが原因で、捜査に支障が出てしまいます。

     息子はこんな「窃盗生活」が嫌になり、ようやく児童養護施設に入れるとなった時、父の柴田治とは2度と会えないと分かりました。そのとき彼は「やっぱり血の繋がりのない父はダメか」と嘆きました、日本の法律では合法の養子縁組はまったく問題ありません。しかし、こんな犯罪者との“養子縁組”だけは許されないことです。つまり、自分の犯罪を逸れて、日本の「血縁社会制度」を闇に葬ることになりかねません。これは児童養護施設という第三者目線から見ると、子供が犯罪グループから保護されたことで良かったです。

     以上の表現が、なぜ「共感できなかった」かというと、この万引き家族の異常行為は、第三の選択肢を完全に無視しながら、第三者目線から客観視してないため、あくまでも是枝監督は主人公に注ぐ主観的に感情描写に過ぎません。この映画を観て全体的な思想は、「国家権力が人を裁く理由が勝手すぎる。万引きは生活のため、誘拐は児童保護のため、タヒ体遺棄は戸籍制度の存在が悪いから、家族の絆を維持するため、金銭が悪、権力者は悪」という左派層の「無政府主義」である反権力思想そのものにしか見えませんでした。

    実は共産主義丸出しの作品…

     この映画を観ていて、感動した、泣きそうだった、というシーンや名ゼリフは一つもありませんでした。視覚的な衝撃だけの後味の悪い映画でした。『世にも奇妙な物語』という娯楽的なジャンルとして見るのはいいですが、この映画が、権威あるカンヌ映画祭でパルムドール賞を受賞して、上から目線で日本社会の問題を説教するような作品ではありませんでした。

     結局、作品のテーマは、「血の繋がりのない養育の親に感謝するべき」ということなのでしょうが、この映画が、果たして文化庁の助成金を貰ってまで作る価値のある映画だったのでしょうか? 是枝裕和監督は、自らの映画製作に協力してくれた「血の繋がっていない親」である文化庁と日本政府に対して、「権力と距離を置く」と言い捨てて、感謝してないようです。さらに「我々の窃盗行為と他人の子を拉致で家族の絆を結んでいる方が、裕福で愛のない家族より幸せだ。世界一幸せなんだ」と言わんばかりですが、これではまるで北朝鮮の言い分としか思えません。まさしく是枝監督自身が共産主義思想を丸出しにしたの作品だとしか思えません。

    ソース:ViewPoint<パルムドール受賞の「万引き家族」は、まるで北朝鮮政府の言い分のよう!>一部抽出
    https://vpoint.jp/column/116703.html

    引用元: 【芸能】 パルムドール受賞の「万引き家族」は、まるで北朝鮮政府の言い分のよう![07/20]

    続きを読む

    20180719_2008001: 孤高の旅人 ★ 2018/07/19(木) 19:23:39.76 ID:CAP_USER9
    君が代不起立 元教職員逆転敗訴
    07月19日 17時46分
    https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180719/0015006.html

    東京の都立高校の元教職員が、卒業式などでの君が代斉唱の際に起立しなかったことを理由に定年退職後に再雇用されなかったのは不当だと訴えた裁判で、最高裁判所は、東京都の判断が不合理とはいえないとして都に賠償を命じた判決を取り消し、元教職員の訴えを退けました。

    都立高校の元教職員22人は、平成18年度から20年度にかけて、卒業式や入学式での君が代斉唱で起立しなかったことを理由に、定年退職後に再雇用されなかったのは不当だとして、都に賠償を求めました。
    1審と2審は、「式の進行は混乱しておらず、起立しなかったことだけを不当に重く扱ったのは裁量権の範囲を超え、違法だ」として、1人あたり200万円余りの賠償を命じ、都側が上告していました。
    19日の判決で、最高裁判所第1小法廷の山口厚裁判長は、「当時は再雇用を希望しても全員は再雇用されなかった。起立しなかったことを重視して不合格にすることが著しく合理性を欠くとはいえない」と判断し、都に賠償を命じた判決を取り消し、元教職員の訴えを退けました。
    東京都教育委員会は、政府が再雇用を希望する国家公務員を全員、再雇用する方針を決めたことを受けて、平成26年度から希望する都の教職員を原則、再雇用しているということです。

    判決のあと会見を開いた原告団の代表の泉健二さん(71)は、「君が代を歌えない者たちを完全に職場から排除しようという不当さを訴えてきたが、最高裁判所の論理は理解できず、非常に憤りを感じている」と話していました。
    また、原告の片山むぎほさん(69)は「母の介護のために退職し、再雇用を希望したが、不起立を理由に不合格になり、生活の安定が奪われた。1審と2審の判決を最高裁がひっくり返したことは理解ができない」と話していました。
    一方、東京都教育委員会の中井敬三教育長は、「都の主張が認められたものと考えている。今後も、職務命令違反については厳正に対処していく」とコメントしています。

    ★1:2018/07/19(木) 18:03:13.58
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1531990993/

    引用元: 【最高裁】君が代不起立 元教職員22人逆転敗訴、1審と2審は、都に1人あたり200万円余りの賠償を命じる ★2

    続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/07/11(水) 21:05:21.40 ID:CAP_USER9
    https://snjpn.net/archives/58653

    no title


    TAMAGOさんのツイート

    共産党などに寄付はせず、自治体や赤十字に寄付をしよう。
    https://snjpn.net/wp-content/uploads/2018/07/kihu.jpg

    ↓↓↓

    国民民主党の大島九州男にも気をつけよう。

    復興予算を中韓に流して追及から逃げる旧民主党議員にも気をつけよう。

    ↓↓↓

    ・生活保護を受給させて党に勧誘、赤旗を購読させる

    ・議員報酬から赤旗購読費が天引きされる

    ・共産党議員の歳費は一旦党に全部入りピンハネされる。本来2500万円だが年収1000万超えたことはない(元No.4)

    ・赤い貴族(幹部)は豪邸住まい

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・自治体に直接振り込むのが人件費が少なく一番有効活用されると思う。

    ・災害の政治利用・・・

    ・まあ、普通は政治団体に募金はせんわな。

    ・「進んで下さい」と言われ「後ろ、誰もいねぇじゃねぇか。募金が済んだら用無しか?」ってキレたことがあり、それ以来「愛は地球を救わない」とおもうようになりました。募金も信じていません。

    ・これマジか。。。知らなかった。被災地に寄付したつもりが何故か共産党の活動費に使われるのか。気をつけよ。

    ・野党は18連休分を返納しなくていいから、被災地に寄付してほしいです。

    ・ここまで来ると何を信用していいか判らなくなる...

    ・詐欺やん

    ・何処に寄付しても同じの様な気がする(๑´ㅂ`๑)

    ・「なんで、募金する団体がいっぱいあるの?」っていつも思う。そもそもだれでも募金つのれるってのがダメだと思う

    引用元: ツイ民「共産党などに寄付はせず、自治体や赤十字に寄付をしよう」「復興予算を中韓に流す旧民主党議員にも気をつけよう」

    続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/07/08(日) 15:23:55.90 ID:CAP_USER9
    http://netgeek.biz/archives/122122
    20180708_172600

    https://i2.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2018/07/mizuhotaifu-1.jpg

    西日本を襲った記録的な豪雨について、社民党の福島みずほがとんでもない間違いを犯している。政治家でありながら日本の被害のことはどうでもいいと考えているのかもしれない。
    台風ではない。

    台風による被害にあわれたみなさんに心からお見舞いを申し上げます。

    — 福島みずほ (@mizuhofukushima) July 7, 2018

    非常に短い文なのにこんなミスを犯してしまうとは信じられない。このツイートには抗議の声が○到し、現在、炎上状態となっている。ツイートが削除されてしまうかもしれないので念のためにキャプチャ画像も載せておこう。

    自分に関係ない話だから特に興味もないが、政治家として一応仕事をしたふりはしておきたい。そんな軽々しい気持ちがこのミスに現れている。

    確かに同時期に台風7号が来ており、さらに8号も11日頃に影響が出始めるとみられている。

    百歩譲って擁護するなら台風7号が湿った空気を供給して大雨になったのだから因果関係はあり。しかしそうだとしても大雨を「台風による被害」と表現するのは間違いだ。

    福島みずほ議員については以前から誤字脱字が異常に多く、もはや「Twitterを使わないほうがいい」とまで言われた。広報のためにやっているのに、今や中高生にまで笑われる存在になっているのだ。

    出典:https://twitter.com/onsentamago10/status/1015182703065362432

    特に酷かったのはこちらのツイート(削除済み)。

    参考:【悲報】福島みずほ議員、うっかり本音を漏らしてしまう

    大炎上したにもかかわらずその後の追加説明は何もなく、国民は混乱したまま。今回の件もあわせて考えるに福島みずほ議員はもはや脳の老化が激しすぎて仕事どころか日常生活にも支障が出るレベルに達しているのではないだろうか。

    今回、大雨の被害にあった被災者は今後二度と福島みずほ議員のことを支持しないと思う。

    引用元: 福島みずほ、大雨を「台風」と間違える 政治家でありながら日本の被害のことはどうでもいいと考えているのかもしれない

    続きを読む

    このページのトップヘ