ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 左翼

    20171206_065400
    1: 動物園φ ★ 2017/12/05(火) 23:09:28.70 ID:CAP_USER
    登録 : 2017.12.04 06:28 修正 : 2017.12.04 19:50

     北朝鮮の核・ミサイルプログラム能力の高度化や依然として未完の解決に残った日本軍慰安婦問題、国際主義の衰退と国家主義の復活など、「平和と協力に向けた」北東アジアの未来はまだ不透明だ。このような中、韓米日などから平和運動を行ってきた代表的な市民社会活動家たちが集まり、北東アジアの未来を論議した。

     米ペンシルベニア大学傘下の「ジェームズ・ジュジン・キム韓国学プログラム」主催で1日(現地時間)、「北東アジア平和に向けた市民参加と国家政策」をテーマに同大学で開かれた国際シンポジウムで、和田春樹東京大学名誉教授は「無条件的な北朝鮮と日本の関係正常化」を提案した。

     和田名誉教授は同日の発表で、「日朝国交正常化に中国が提案したいわゆる『双中断』(北朝鮮の核・ミサイル実験と韓米の大規模な軍事演習の同時中断)を補完すれば、北朝鮮をめぐる状況に実質的な変化が起きる可能性がある」と話した。和田教授は、日朝関係正常化のモデルとして、バラク・オバマ元米大統領の「キューバモデル」を提示した。彼は「オバマモデル」を、「まず外交関係を開いて大使館を設置し、それから実質的交渉を通じて経済制裁を漸進的に無効化すること」だと定義した。

     彼はこのような観点から、北朝鮮と日本が平壌(ピョンヤン)と東京に大使館を先に建ててから、経済協力▽北朝鮮の核および弾道ミサイルプログラム▽拉致問題の三つ問題について協議を始めることを提案した。「日朝国交正常化」という出口を、入口として掲げる発想の転換をしようと求めたのだ。

     ジョン・ペッパー米国外交政策フォーカス所長は「北東アジア域内のすべての国家が同意できる、当面した脅威は気候変動」だとしたうえで、とりあえず安保ではない他の問題から議論を始めることを提案した。特にペッパー所長は、トランプ行政府が「パリ協定」から脱退すると表明したが、「(北朝鮮を含め)すべての署名国は炭素排出を削減するという自発的な約束をしてきた」点に注目した。彼は北東アジア内で環境協力による結果が、安全保障など他の領域に拡散する可能性があると強調した。

     英語圏の韓国ニュース専門メディア「エクスポーゼ」のク・セウン代表は「慰安婦問題と関連し、米国内で『韓国疲れ(Korea Fatigue)』がある」と紹介した。彼はニューヨーク・タイムズ紙に慰安婦問題に関する韓国の一般的な観点に関する寄稿をしようとした際、「『これまでと同じ話ではないか』として、関心を示さなかった」と話した。

     彼は「韓国が主張する日本の心からの謝罪も国際社会にほとんど反響がない」とし、「フレームを変えなければならない時がきた」と明らかにした。彼は「韓国の進歩陣営ではベトナム戦争当時の韓国軍による残酷行為を調査すべきという声が高まっている」とし、「国境を超え、女性に対する男性の暴力という国際的問題の一つとして慰安婦問題を提示する必要がある」と主張した。

    http://japan.hani.co.kr/arti/international/29147.html

    引用元: 【韓国】ク代表「韓国が主張する日本の心からの謝罪は国際社会にほとんど反響がない。フレームを変えるべき」

    続きを読む

    変態新聞
    1: 動物園φ ★ 2017/12/04(月) 17:25:13.22 ID:CAP_USER
    ミサイル対応訓練
    列車一斉に停止 反対の市民団体は抗議 福岡市 /福岡

    毎日新聞2017年12月2日 地方版

    ミサイル訓練の放送を受け、先生の指示で校舎内で伏せる児童たち=森園道子撮影

     福岡市で1日、北朝鮮からの弾道ミサイル飛来を想定した訓練があり、市内全域で携帯電話に速報メールが配信され、ほとんどの列車が停止するなど大がかりに実施された。目立ったトラブルはなかったが、市には苦情や問い合わせなどの電話が数十件寄せられた。高島宗一郎市長は訓練後「ミサイルだけでなく地震にも、どんな行動を取るべきか日ごろから考えておいてほしい」と訴えた。

     訓練は市と内閣官房、総務省消防庁との共催で、携帯電話や鉄道各社も参加した。午前10時、発射を知らせ…

    https://mainichi.jp/articles/20171202/ddl/k40/040/467000c

    引用元: 【話題】福岡でミサイル対応訓練 反対の市民たちが抗議「戦争の危機を高め、市民の北朝鮮への憎悪をあおるだけだ」

    続きを読む

    20171202_153200
    1: (^ェ^) ★ 2017/12/02(土) 12:46:05.61 ID:CAP_USER9
    https://mobile.twitter.com/260yamaguchi/status/933674105802432513
    山口二郎
    @260yamaguchi
    安倍を持ち上げる連中は、何でかくもゴミみたいな連中なのだろうか。安倍という人は自分の周りにゴミがうずたかく積みあがっても平気だからとしか思えない。 twitter.com/umekichkun/sta…

    ちぢれ麺
    @chidiremen11
    その安倍支持者の中にあんたの大学の学生がいても、ゴミと呼ぶのか? RT @260yamaguchi: 安倍を持ち上げる連中は、何でかくもゴミみたいな連中なのだろうか。安倍という人は自分の周りにゴミがうずたかく積みあがっても平気だからとしか思えない。 pic.twitter.com/u4dUbnnjOT

    谷梅之助
    @umenosuke_tani
    人をゴミと呼ぶ奴がゴミさ。 pic.twitter.com/i76PhxXqbX

    漆ちゃん
    @urushicchi
    山口さんがゴミ屑では無いとでも??

    ともこアンダンテ
    @cla1x22
    私はゴミなのね。私の夫もゴミなのね。

    引用元: 山口二郎「安倍を持ち上げる連中は、何でかくもゴミみたいな連中なのだろうか」

    続きを読む

    20171201_221100
    1: らむちゃん ★ 2017/12/01(金) 19:10:44.15 ID:CAP_USER
    夕刊フジ2017.12.1
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171201/soc1712010006-n1.html?ownedref=not 176et_main_newsTop

     国連人権理事会の作業部会が、また理不尽な勧告を突き付けてきた。日本の人権状況について先月半ば、218項目もの勧告が発表されたが、この中に、北朝鮮などが「朝鮮学校への平等な取り扱いの確保」を掲げて、高校授業料の無償化を求めているのだ。

    国連は、人権軽視の「テロ支援国家」の勝手な言い分を垂れ流しにするのか。自民党政調会長代理を務める片山さつき参院議員に聞いた。

     「教育内容をどのように決めるのかは、国家の主権に関わること。外国が干渉すべきことではありません」

     片山氏は、こう言い切った。

     勧告は、審査会合(11月14日)での106カ国・地域の意見を反映したもの。中国と韓国が、元慰安婦への誠意ある謝罪と補償を求めるなど、朝日新聞の大誤報による影響・被害も確認できたが、特筆すべきは北朝鮮の「朝鮮学校の授業料無償化」という要求だ。

     片山氏は「そもそも、朝鮮学校で行われている教育には、朝鮮総連が深く関与しており、(北朝鮮の独裁体制を支える)『主体(チュチェ)思想』に基づいています。

    日本人拉致問題や、国際社会の警告を無視して『核・ミサイル開発』を強行する北朝鮮による支配が色濃く疑われる以上、授業料無償化の対象とすることはあり得ません」と指摘した。

    (全文は配信先で読んでください)

    引用元: 【国連】また理不尽勧告…国連人権理が「朝鮮学校の授業料無償化」要求、自民・片山さつき氏「教育は国家主権に関わること」

    続きを読む

    20171201_0806001: (^ェ^) ★ 2017/12/01(金) 07:09:56.24 ID:CAP_USER9
    https://mobile.twitter.com/amneris84/status/936257343662075904?p=p
    Shoko Egawa Verified Account
    @amneris84
    帰る前に、美味しいもんいっぱい食べさせて、あったかい服を着せて、ちょっと楽しく贅沢な思いをする体験と子供服をお土産にあげるとよい→ あげて<北朝鮮船>松前沖の木造船、海保が立ち入り 全員帰国希望(毎日新聞) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-… @YahooNewsTopics

    引用元: 【北朝鮮船】江川紹子「帰る前に、美味しいもんいっぱい食べさせて、楽しく贅沢な思いをする体験と子供服をお土産にあげるとよい」

    続きを読む

    このページのトップヘ