ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 左翼

    1: ねこ名無し ★ 2017/05/06(土) 23:53:27.34 ID:CAP_USER
     安倍晋三首相が、ついに憲法9条改正への意欲を鮮明にし、「2020年の新憲法施行」という具体的な目標を設定した。40年近く日本で暮らし、夕刊フジの人気連載「ニッポンの新常識」(金曜掲載)でも憲法改正を訴え続けてきた、米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏は「これを待っていた。ついに山が動いた」と歓迎する意向を示し、反対する一部野党を「かなり幼稚だ」と一刀両断した。

     憲法施行70年を迎えた3日、憲法改正を目指す有識者らでつくる「民間憲法臨調」(櫻井よしこ代表)が都内で公開フォーラムを開いた。安倍首相はここに歴史的なビデオメッセージを寄せた。

     ポイントは、(1)改憲を実現し、2020年に新しい憲法を施行する(2)9条は残し、自衛隊の存在を明記する文言を追加する(3)教育は極めて重要なテーマ。無償化の議論進展を促す-などだ。

     ケント氏は、(1)について、「3年かけて施行する目標は現実的だ。これまで改憲の議論はあったが、私は『それで、いつやるの?』と思っていた」と語った。

     だが、(2)には、「公明党を納得させるためだろうが、私は『陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない』と定めた9条2項は削除すべきだと思う。自衛隊の存在を明記するのに、そのままでは無理がある。あくまでメッセージは出発点で、議論を進めるうちに『2項削除』もあり得るのではないか」と指摘した。

     教育無償化に触れた(3)にも、「大学まで無償化というなら反対論も出るだろう。『私立大学は? 専門学校は?』とか、『そもそも、全員が大学に行く必要があるのか』という意見が出てくるはずだ」と分析した。

     安倍首相が主導する憲法改正に、蓮舫代表率いる民進党や、共産党、自由党、社民党などは「絶対反対」と訴え、次期衆院選で「安倍首相による憲法改正反対」を共通公約に据えるという。

     ケント氏は「かなり幼稚だ」といい、続けた。

     「(4党は)他の人物が首相なら賛成するのか。国民をナメている。安倍首相が嫌いだから反対する、議論もしないというなら、『議会を何だと思っているのか』と言いたい。国会は(国の重大課題について)議論して結論を出すところだ。(野党の)プロパガンダ機関ではない。そんな政党には存在価値はない。審議拒否するなら議員歳費もカットすべきだ」

     一部メディアや組織・団体も「改憲反対論」を展開しそうだが、北朝鮮や中国といった現実の脅威を前に、国民の理解は深まってきている。

     ケント氏は加えて、「改憲反対を訴えている人々、組織・団体について、国民の多くが『かなりヘンだぞ』『変わった人々だ』と気付いたからではないか。『戦争になったら(敵と)酒を酌み交わして止める』という意見もあるそうだが、理解不能だ」と語った。

     さらに、「朝日新聞などは断固反対するだろうが、安倍首相は最終的に勝つと思う。朝日に、かつての栄光はない。『憲法9条があるから日本は平和だ』という意見もあるが、9条に戦争を抑止する力はなく、国を守れない。日本が自立するためにも9条を変える必要がある」と断言した。

     ケント氏は来月、憲法改正がなぜ必要か、どの部分を変えるべきかを記した新著(角川新書)を緊急出版するという。

    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170506/plt1705061000001-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170506/plt1705061000001-n2.htm

    no title

    安倍首相は憲法改正への目標を打ち出した
    no title

    ケント・ギルバート氏

    引用元: 【憲法改正】ケント・ギルバート氏、野党一刀両断「かなり幼稚」 北朝鮮や中国といった現実の脅威を前に国民の理解深まる[5/06]

    続きを読む

    1: 野良ハムスター ★ 2017/05/06(土) 10:03:45.87 ID:CAP_USER9
    フランス大統領選は7日に決選投票を迎える。どちらが勝っても懸念は払拭できません。中道のマクロン氏が優勢ということですが、そうなった場合は、6月にある議会選挙でアンチ・マクロンに票が集まる可能性がある。その票がルペン氏の極右に行かなくても、メランション氏の極左に行くこともある。

    大統領選はひょうたんから駒もありえます。どう逆立ちしてもマクロン氏には投票したくないという若者が少なくないので、大量の棄権が出れば、ルペン氏が勝ってしまう恐れも決して否定できない。非常に緊迫した構図になっています。

    「いまや右翼も左翼もない。あるのはグローバル対愛国」

    ルペン氏が選挙戦の当初にこう言っていましたが、いみじくもそういう対立構造になっている。これは非常に危険で、グローバル化が気に食わないと思う人は、みな国家主義にどんどん引き寄せられてしまう。本来であれば一番遠いはずの極右と極左が同じことを言い、その中身は反グローバルです。

    国境は閉ざせ、異分子は追い出せ、我が国さえ良ければ世界なんかどうでもいい、という主張です。これに対して、アホノミクスだけが「世界の中心で輝く国づくり」を目指すといって世界制覇願望をあらわにしているのが一番怖い。ですが、そこまで行かない単なる引きこもり的「我が国第一主義」も、国家主義への誘いとしては、やはり大いに要警戒です。

    本来、グローバル化は「共生」につながるはずです。お互いに相手に頼っているので、おのずと、お互いに相手を大切にせざるを得ない。ここから、無理なく共生の力学が生まれ出てくるはずです。つまりは、「お互いさまのおかげさま」。ところが、この「お互いさまのおかげさま」を、とてつもなく嫌がる人々がいる。それが権力志向の国家主義者たちです。彼らが人々の不安感につけ込む材料として、グローバル化を諸悪の根源に仕立て上げようとしている。その意味で、今は共生と強権の綱引きの時代だと感じます。いみじくも、マクロン氏はルペン氏の言い方に対抗して、今は「愛国主義対国家主義の対決の時」と言っています。この識別の仕方は鋭いし、重要だと思います。

    諸悪の根源はグローバル化ではないのです。問題はグローバル化という現象に人間がどう対応するか。政治も政策も経営も、まだ、グローバル時代とのまっとうな付き合い方をつかんでいないと思います。確かにグローバル化は激しい競争をもたらし、人もお金もおとなしく国境の中にとどまってはくれない。問題は、この状況をどう賢く制御し、どううまく生かすかです。政治も経営も英知と魂が問われている。グローバル化を生かすも○すも、バケモノにするのも、救世主にするのも、人間の知恵と心がけ次第だと思う。

    今の時代は、ニセ予言者にご用心です。ニセ予言者は犯人捜しがお好き。「悪いのはヤツラだ。ヤツラをやっつけろ」と、不安や不満を抱く人々をけしかける。そして、「やっつけるためには力が必要だ」というわけで、我々を強権的国家主義の方向に引っ張っていこうとする。ニセ予言者と化すことで、自らの権力欲を満たしたい。もてはやされたい、偉くなりたい、注目されたい、力を持ちたい。そういう人たちがボコボコ出てくる。それが今の危険な時代状況です。フランス大統領選は、その縮図のように思います。

    no title

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/204813/

    引用元: 【紫BBA】浜矩子氏「仏大統領選、どちらが勝っても懸念残る」「今の時代は、ニセ予言者にご用心」 

    続きを読む

    no title1: ひろし ★ 2017/05/03(水) 21:39:44.64 ID:CAP_USER9
     自由党の森裕子参院会長は3日、東京・有明で護憲派が開いた集会に出席し、「安倍晋三首相の存在そのものが憲法違反だ」と訴えた。

     発言全文は次の通り。



     憲法制定70周年の記念すべき本日、皆さんとともに確認させていただきたい。自由党は平和憲法を守り、国民の生活が第一の政治を実現する。そのために皆さんとともに闘ってまいりたいと思います。

     安倍晋三首相の存在そのものが、私は憲法違反だと思います。

     平成25年6月26日の参院本会議の議事録、後でネットで検索してみてください。あの時に憲法違反のかどで参院では(生活、社民、みどりの風3党が首相の問責決議案を提出し)、安倍首相は(旧民主党など野党の賛成多数で)問責決議、可決されました。

     憲法63条では、内閣総理大臣はじめ閣僚は国会で説明を求められたら、会議に出席しなければならない。そして質問に答えなければならないんです。でも皆さん、今の国会も、安倍首相の答弁見ていかがですか。思い上がりも甚だしい。

    全文はソースで
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-00000543-san-pol

    引用元: 【憲法】自由党・森裕子参院会長「安倍首相の存在そのものが憲法違反だ」

    続きを読む

    no title1: 動物園φ ★ 2017/05/03(水) 20:37:35.38 ID:CAP_USER
    憲法施行70年 護憲派集会にピーコ氏の姿も 「ひどい草案つくる人の改憲許せない!」 蓮舫、志位…「反安倍」オールスターの様相に
    2017.5.3 19:55

     憲法記念日の3日、護憲派が東京・有明防災公園で開いた「施行70年 いいね! 日本国憲法-平和といのちと人権を! 5・3憲法集会」は、さながら憲法改正発議を目指す安倍晋三政権への大批判大会の様相を呈した。

     各地の労働組合や護憲派の市民団体「九条の会」ののぼりが揺れる会場で、まずあいさつに立ったのは、ファッション評論家のピーコ氏だ。

     ピーコ氏は、自民党が平成24年にまとめた憲法改正草案の不備を指摘する著書を出版すると言及したうえで、「(自民党草案には)戦争放棄の文言はあるが、現行憲法にある『永久に(これを放棄する)』が抜けている。戦争しないということではないのだろう」と独自の見解を披露。「あまりにひどい草案をつくる人が憲法改正をするのは許せない」と声を張り上げた。

     集会で注目を集めたのは、次期衆院選で共闘する民進、共産、自由、社民の4野党の党首クラスによるそろい踏みだ。

     民進党の蓮舫代表は3日発表した談話で「時代の変化に対応した未来志向の憲法を国民とともに構想していく」と記し、改憲そのものを否定しなかったはずだ。

     しかし集会では、甲高い声で「安倍首相は憲法を変えるというが、口を開くたびに、どこを変えるのかを変えてくる。総理の、総理による、総理のための憲法改悪には、絶対に反対しないといけない!」と強調。安倍政権下の改憲の動きを、わざわざ「改悪」と批判した。

    http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/170503/plt17050319550040-n1.html

    引用元: 【話題】蓮舫、志位、山城博治、韓国デモ隊リーダーらが東京で集会 憲法守れと訴え

    続きを読む

    no title
    1: ザ・ワールド ★ 2017/05/02(火) 21:16:55.88 ID:CAP_USER
    「米艦防護」に反対する考えを示した。

    共産・志位委員長は、「北朝鮮の核ミサイル開発、断じて容認できないと」、「ただ、解決の方法は、外交的解決しかないと。

    軍事的な選択肢は発動すべきではないというのが、わたしたちの立場です。今回の安保法制、戦争法が発動されたと。強くわたしたちは抗議したい」などと述べた。

    共産党の志位委員長は1日、安全保障関連法に基づき、海上自衛隊の護衛艦が、アメリカ軍の艦船などを守る、「武器等防護」の任務を初めて実施したことについて、
    反対する考えを示した。
    志位氏は「万が一、トランプ政権が北朝鮮に対する軍事攻撃に踏み切った場合に、自衛隊が自動的に参戦することになる」と指摘したうえで、
    「日本政府としては、対話と交渉による解決に徹するべきだ」と強調した。

    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00356944.html

    引用元: 【北朝鮮情勢】共産党・志位委員長「今回の安保法制、戦争法が発動されたと。強くわたしたちは抗議したい!」米艦防護に反対

    続きを読む

    このページのトップヘ