ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 左翼

    20180917_1711001: クロ ★ 2018/09/17(月) 16:40:29.88 ID:CAP_USER9
     アベノミクスによる「デフレ脱却」や生産性向上のかけ声のもと、市場や生産現場、職場が呼吸困難な状態に追い込まれている。「時代錯誤の愚かな政策」がさらに続けば日本経済は"窒息タヒ”しかねない。かねて「アホノミクス」の呼称でアベノミクス批判を展開する、同志社大学の浜矩子教授による寄稿をお届けする。

     自民党総裁選が始まったが、多くの人が「安倍三選」になってしまうと、みている。何ともはや、情けないことだ。何でこういうことになるのか。そうなってしまうと、その次に起こることは何か。

     安倍政権が自らの経済政策を言うところの「アベノミクス」を、筆者が「アホノミクス」と命名し替えて久しい。なぜアホノミクスなのか。端的に言えば、安倍政権の経済政策がよこしまな政治的下心に基づいているからだ。

     彼らは「強い御国」を作る自らの政治的野望を達成するために経済政策を手段化して来た。だが不純な動機で経済を弄べば、必ず経済活動の調子は狂う。結果的に強くしたかった経済を弱くしてしまう。こうして下心のある経済政策は不可避的に墓穴を掘る。だが彼らにはそれがわからない。

     ここにアホノミクスのアホたる最大のゆえんがある。

    お陰様で、アホノミクスもかなり普及してきた。そのうち、ご本人も口が滑って、思わず「アホノミクスは不滅です」などと、「アホさ」を認めてポロリと発言する日が来ると思っているのだが、「安倍3選」となれば、その日はまだ先のようだ。

     安倍首相を親玉とする「チームアホノミクス」への支持がしぶとく一定水準を維持し続けるのはなぜか。

    ■敵をはっきりさせる
    「偽預言者効果」で支持率を維持

    その要因には、2つの側面があると、筆者は考える。

     側面その一が「偽預言者効果」だ。そして側面その二が「振り込め詐欺効果」である。

     偽預言者とは、どのような存在か。偽預言者と真の預言者の違いはどこにあるのか。これまた、要点が2つある。第一に、偽預言者は、人々が聞きたいこと、人々にとって耳心地のいいことを言ってくれる。そして第二に、偽預言者は敵が誰であるかをたちどころに教えてくれる。

     真の預言者が鳴らす警鐘は、人々にとって耳が痛い音を発する。あまり聞きたくない音色だ。だが、その音色は人々を救いへと導く。だが、偽預言者が発する甘い音色は、人々を破滅へといざなうものだ。

     偽預言者はいう。「悪いのはヤツらだ」。それを教えてもらうと、人々は安心する。安心して悪いヤツらの撃退に乗り出して行く。偽預言者は対立をあおる。それに対して、真の預言者は和解を説く。許しを説く。敵に対しても慈愛を示せという。それは難しいことだ。だがその難しさを誰もが克服すれば、真の和平が実現する。

     チームアホノミクスの大将である安倍首相は、名偽預言者だ。「強い日本を取り戻す」と声高に宣言する。「あの時の日本人にできたことが、今の日本人にできないわけがない」と人々を鼓舞する。

     彼が言う「あの時」とは戦後の高度成長期と明治日本の建国の時だ。

    「働き方改革」を前面に押し出し、「生産性革命」を起こすといい、「人づくり革命」も敢行するのだという。人とAIが効率的に絡み合う「ソサエティ5.0」なるものに日本の未来があるのだという。

     こうしたえたいの知れないキラキラ言葉群が、甘言への免疫力が弱い若者たちを引き寄せる。厳しい経営環境の中で閉塞感にさいなまれる中小零細企業者たちを惑わせる。

     2017年7月の東京都議選の折、街頭演説に立ったチームアホノミクスの大将は、彼に対して「帰れコール」を浴びせた聴衆について「こんな人たちに、私たちは負けるわけにはいかない」と叫んだ。

     これぞ、偽預言者の犯人名指し・敵指差し行動にほかならない。敵を指し示すことで、人々が自分の側に寄って一致団結するように仕向ける。それが偽預言者のやり方だ。

    つづく

    ダイヤモンドオンライン
    2018.9.14
    https://diamond.jp/articles/-/179754

    引用元: 【浜矩子】「アホノミクス」が今以上に長引けば日本経済は“窒息死”する

    続きを読む

    20180909_2038001: (^ェ^) ★ 2018/09/09(日) 16:51:54.31 ID:CAP_USER9
    http://anonymous-post.net/post-1377.html

    弁護士 太田啓子@katepanda2

    泊原発あたりって震度2だったって広く知られてますかね?震度2で電源喪失寸前ってどれだけ危ういのか。お粗末という言葉でも足りない。原発持てる国土じゃないって認めようよ。。
    「震度2で電源喪失寸前だった北海道・泊原発「経産省と北電の災害対策はお粗末」地震学者」

    池田信夫@ikedanob
    その他 池田信夫さんが弁護士 太田啓子をリツイートしました

    AERAのデマが伝言ゲームでワイドショーまで伝染しているようだが、泊原発で「電源喪失」した原因は地震ではなく大停電。北海道全体で停電したんだから、泊の外部電源が停電したのは当たり前。予備電源に切り替えたんだから何の問題もない。

    管理人
    ネットの反応
    名無し
    れおん@sudachishiumai
    なぜ弁護士ともあろうお方が事の経緯をきちんと理解出来ないのか不思議でなりません。
    反原発という思想や憎悪が事実を認識する力や正常な判断力を奪うのでしょうか?
    名無し
    アナハイムエレクトロニクスの掃除婦@a_electronics3
    震度2の地震で止まったワケじゃない
    火力発電所が止まったから電気が供給されなくなって外部電源が喪失したんだろうが
    災害を利用して不安を煽るなんて弁護士のやる事じゃねーだろ
    名無し
    アナハイムエレクトロニクスの掃除婦@a_electronics3
    印象操作が見破られたらブロックですか?
    そうですか
    名無し
    HARU@harusameyaro
    みんなが大変な時に震災に乗じてデマを吹聴。
    最も軽蔑されるべき行為だな。
    名無し
    ダラスのルビー@SundayAthlete
    ばかまるだし
    名無し
    てけ@NHM_TEK2
    情弱ですね
    名無し
    鮪夫(つなお)@gyoraidou
    おつむてんてんだね😇
    名無し
    integra-typeY@我們支持台獨@integra_typeY
    震度2と外部電源が喪失したことに因果関係はないんですけど。
    報道内容等よく読んでからツイートしないと、恥をさらすだけですよ。
    名無し
    SLIMEBALLS@rhrnjj
    ものすごい事実誤認をしているポンコツ弁護士を発見!
    太田ナントカさんは泊原発が稼働中だと思ってるのかな。
    事実関係すら把握できないのだから反原発のお粗末さには困ったものである。
    名無し
    カカSíプラス@scarecrow_1911e
    なに言ってんだこの人。震度2で泊原発が止まったんじゃなくて苫東の発電所が止まって全道が停電になったから泊に通常電源が来なくなっただけでしょうに。震度2で泊が止まるわけもなし。今まで何を見てきたのよ。それに、泊の非常用電源の喪失危機なんて起きてもいない。少しは自分の頭で考えろよ…
    名無し
    さとやま@poppoab
    泊原発が停止していて発電してないから外部から冷却用の電気を使ってて、全域停電した結果冷却用電源喪失して非常電源使ったって事理解してます?
    外部電源喪失→非常用電源がすぐに作動、冷却に支障なし、非常用電源用燃料7日分備蓄、なのに何が危ういのか意味不明です。
    すべて想定内での対応です。

    (略)

    引用元: 太田啓子「泊原発が震度2で電源喪失寸前ってどれだけ危ういのか」 池田信夫「原因は地震ではなく大停電」 ネット「情弱ですね」

    続きを読む

    20180909_0718001: ニライカナイφ ★ 2018/09/08(土) 23:59:38.02 ID:CAP_USER
    ネット界隈でしきりに取りざたされる噂や陰謀論──その真相にジャーナリストの安田浩一が本気で挑む。
    題して「安田浩一ミステリー調査班(通称YMR)」。
    第一回目のテーマは「田布施(たぶせ)システム」だ。

    山口県の小さな町が、日本を代表する政財官界の大物を次々と輩出、我が国を影で操っているという「噂」の真偽とは?
    なぜ、このような噂がネットを駆け巡るようになっていったのか?
    前編・後編の二回に分けてお届けする。

    ■日本を支配する町

    山口県・田布施(たぶせ)町。
    県南東部、瀬戸内海に突出した室津半島の付け根部分に位置する人口約1万5000人の小さな町だ。
    「田布施システム」──いつのころからか、日本の権力構造を表すキーワードだとして、ネットを中心に流布されるようになった言葉だ。
    ネットに疎い私でも知っているのは、いまやオフラインの日常語として定着しているからでもあろう。

    一種の陰謀論である。例えば、以下のような。

    ・幕末に、天皇と田布施出身の若者が入れ替わった。それ以来、田布施の出身者や関係者によって日本は支配されている。
    ・実際、田布施とその周辺の町は日本の首相を数多く輩出している。
    ・田布施の背後にはユダヤ資本が存在する。
    ・朝鮮人の日本支配にも田布施は関わっている。

    そう、日本を動かしているのは永田町でも霞が関でもなく、その場所さえ大半の日本人は知らない、田布施という名の田舎町だった、
    そして、その田布施の意向で日本が歴史を刻んできた──という話なのである。

    ばかばかしい。
    ばかばかしいだけではなく、そこには差別と偏見に満ちた醜悪な視線も垣間見える以上、捨て置けない。
    宇宙人や雪男の話と違って少しも笑えない。

    特定の民族を、まるでブラックボックスを紐解くカギのように位置づけるのは、マイノリティの"特権"をあげつらうネトウヨ的発想だ。
    だが、「田布施システム」の存在を信じるのは必ずしもネトウヨとは限らない。

    たとえば音楽家・政治活動家の三宅洋平が、かつて出馬した2016年の参議院選挙で、大真面目に「田布施システム」の存在に言及したのはよく知られた話だ(後に事実を検証できなかったとして謝罪)。
    右派の一部は「朝鮮人支配」の証拠として、逆に、左派の一部は「自民党独裁」の象徴として、ともに田舎町の存在を位置づけているのである。

    ■明治天皇の”替え玉”として

    この陰謀論には"元ネタ"がある。
    1997年に発行された『裏切られた三人の天皇』(鹿島昇著、新国民社)、『日本のいちばん醜い日』(鬼塚英昭著、成甲書房)など、いずれも明治維新の「謎」に言及した書籍だ。
    両書が共通して採用するのは「明治天皇すり替え説」である。
    幕末、伊藤博文らによって孝明天皇が暗○され、田布施村(当時)出身の奇兵隊士・大室寅之祐(おおむろ・とらのすけ)なる人物が"替え玉"として明治天皇に即位した。

    孝明天皇暗○は長州藩の影響力を未来永劫、保持することが目的だった(公武合体派の孝明天皇は長州閥を快く思っていなかったとされる)。
    大室寅之祐が天皇に即位した結果、田布施出身者が日本を動かすようになった──というストーリーだ。
    近代日本の起源たる明治維新に、隠蔽されたドラマがあるとの主張は、他にもさまざまな物語を生み出していく。
    明治以降、国家権力はロスチャイルド家をはじめとするユダヤ金融資本とも結託し、田布施人脈を駆使しながら日本の針路をコントロールした。

    要するに「田布施マフィア」による日本支配だ。
    しかも田布施出身者の多くは朝鮮半島にルーツを持つ人間であるとして、さらに話は面妖な趣を放っていくのである。
    ちなみに鹿島昇は本業が弁護士、鬼塚英昭は竹細工職人の傍ら近現代史の研究に取り組んだノンフィクション作家だ。
    ともに在野の歴史家として一部に根強いファンを持つ。

    鹿島は01年に、鬼塚は16年に、それぞれ鬼籍に入っている。
    なお、ふたりの著作に「田布施システム」なる文言は一切使われていない。
    これは両書に影響を受けたネットユーザーによる造語である。
    引用、援用、コピーが重ねられ、いまでは原典を離れて「原発利権」や「TPP」までもが田布施システムの落とし子に位置づけられるようになった。
    いわゆる"トンデモ論"の類として一蹴したくもなるのだが、流布される陰謀論がときにそれなりの説得力を持ってしまうのは、随所に否定できない「事実」をちりばめることで、全体を「真実」に底上げしているからでもある。

    ※続きは下記のリンク先でご覧ください。
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57383

    引用元: 【安田浩一】日本を支配する山口県の小さな町「田布施」の謎を解き明かす[09/08]

    続きを読む

    20180908_2049001: カプチーノ ★ 2018/09/08(土) 19:38:20.46 ID:CAP_USER9
    ※週末政治三昧

    自民党総裁選(20日投開票)が告示された7日、3選が有力な安倍晋三首相に元国会議員が“内乱予備罪”の告発状を突きつけ、一部で話題になっている。
    「台風21号、北海道地震で大きな被害がある中での告発状提出にちゅうちょはあったが、政治をしっかりしないといけないとの思いで予定通り行った」とこの日、最高検察庁に安倍首相を告発したのは元参院議員の平野貞夫氏(82)だ。

    平野氏は衆院事務局に30年以上勤務し、国会の裏の裏まで知り尽くしていることから、策士として知られ“小沢一郎の知恵袋”といわれた。

    第2次安倍政権以降、強行的に進められた特定秘密保護法、安保法制、共謀罪、そしてモリ・カケ問題での国会対応、公文書改ざんなど、怒りが沸点に達した平野氏が気付いたのが、安倍首相を“内乱予備罪”に問えるということだった。

    「安倍首相は憲法の基本理念をことごとく踏みにじってきた。刑法77条で内乱罪の要件に国の統治機構を破壊し、憲法の定める統治の基本秩序を壊乱することを目的として暴動したとある。脅迫も暴動の中に含まれていると解釈でき、内乱を準備した予備罪に問えるんです」(平野氏)

    告発状では集団的自衛権の行使容認、昨年9月の臨時国会冒頭解散、財務省の公文書改ざん事件の3つが安倍首相が政府等の組織を使って、憲法や国会を破壊している違法行為に当たるとした。

    しかし、内乱罪及び同予備罪はこれまでテロ組織に対しても適用されたことはない。「どういう結果が出てくるか読めません」(平野氏)と告発状は受理されない可能性もある。

    それでも平野氏は本気も本気。「平野はついにアルツハイマー病になったのかと心配もされたが、今回の告発は『コロンブスの卵じゃないか』という意見もある」。有罪なら1年以上10年以下の禁錮刑となるが…。


    2018年09月08日 17時00分
    東スポweb
    https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/1119895/

    引用元: 【政治】安倍首相に内乱予備罪の告発状 「憲法や国会を破壊している」

    続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/09/08(土) 13:35:52.77 ID:CAP_USER
    文筆家の菅野完氏(43)がアメリカ・テキサス州で暮らしていた20年前、当時交際していた日本人女性に暴行し、けがを負わせたとして逮捕・起訴されたにもかかわらず、裁判を受けずに帰国していたことを9月8日、ハフポスト日本版は確認した。
    菅野氏に対しては再逮捕状が出されて現在も有効といい、事実上の「逃亡」状態になっている。

    この問題をめぐっては、週刊現代(8月11日号)が報じて明るみに出た。
    ハフポストも捜査関係書類の写しなどを入手した。

    関係者の話も総合すると、菅野氏は22歳だった1998年5月23日夕、テキサス州ベル郡のアパートで、同居していた当時20歳代の日本人女性の頭や顔、体をたたくなどしてけがを負わせたとして地元警察に逮捕された。
    菅野氏は捜査の後、「家族または同居人に対する傷害罪」で起訴された。

    菅野氏はその後、保釈保証業者の立て替えで2500ドルを支払って保釈されたが、1999年6月にベル郡裁判所で予定されていた公判に出廷せず、帰国。
    裁判所は9月、保釈金の没収と菅野氏を再逮捕するよう決定を下した。
    ベル郡検察当局によると、この事件は終結しておらず、再逮捕状は今も有効という。

    ■前年にも同じ被害者に暴行

    事件の前年にも、菅野氏は同じ女性に対して傷害事件を起こしていた。
    捜査関係書類などによると、菅野氏は当時、テキサス州にある2年制の大学で学んでいた。
    被害者の女性とは同居していたが、1997年8月、この女性の顔に電話機を投げつけるなどしてけがを負わわせたとして逮捕された。

    菅野氏は起訴されたが、公判では罪状認否をせず、そのまま結審。
    裁判所は1998年5月29日、菅野氏に対し、罰金650ドル、保護観察1年の有罪判決を下した。

    ■菅野氏の見解は?

    菅野氏は7月30日、週刊現代の質問に答える形でコメントを公式サイトに発表した。
    主な内容は以下の通りだった。

    御指摘の内容は全て事実です。
    頂戴した質問状にある内容がそのまま20年前の私の姿です。
    あまりにも愚かで、いくら反省してもしきれません。
    お相手の女性には、雑誌の取材に答える形ではありますが、改めて謝罪します。
    申し訳ありません。
    実母のタヒ去や生活に追われ出頭することができないまま、司法機関や相手方からの強い要請もなく、裁判が収束に向かったと合点しておりました。

    一方、菅野氏はハフポストの取材に対し、改めてこう回答した。

    週刊現代に対する回答以上のことは答えられません。
    事案が発生した98年から日本帰国後にかけての数年間の記憶に関しましては、本事案、家族とのタヒ別と離別、経済的行き詰まり、ホームレス経験、その後の就職などなど、恥ずかしいことも辛いことも有為転変さまざまあり、記憶がまだらになっているのが有り体のところです。
    これは、「20年も昔の話なので記憶が薄れた」ということではありません。
    あくまでも、あまりに多くのことが一時に連続して起こり、またそのため記憶もまだらになっているため、あの数年間の記憶について、正確を期してお話しすることがなかなか難しいということです。
    当該女性とコンタクトをとったことは一切ありません。
    先方から当方へのコンタクトも一切ありません。
    従いまして、現状彼女がどのような状態にいるのか、本事案や私に対してどのような感情をもっているのか、彼女の希望はなにかなどについての情報は当方の手元に一切ありません。
    被害者の意思を確認せぬまま、当方が一方的に話をするのも適切ではないとも考えます。
    米国現地の捜査当局が保有する資料をもとに当方の記憶を再度喚起してからでないと、固いご回答は申し上げにくいというのが実情です。

    アメリカの捜査当局や裁判所への出頭の有無など、今後の司法手続きについては、アメリカの弁護士を通じて確認中だという。
    菅野氏の依頼で手続きを確認している山口貴士弁護士は「現在、菅野氏の事件がどうなっているのか、現地の捜査当局や裁判所に直接確認できているわけではない。テキサス州の弁護士に確認してもらった上で、相談の上、対応を決めたい」と話している。

    ※記事を一部引用しました。全文はソースでご覧ください。

    no title

    https://www.huffingtonpost.jp/2018/09/07/tamotsu-sugano-assault-bodily-injury-fam-mbr_a_23519894/

    引用元: 【ノイホイ】菅野完氏、女性への傷害罪でアメリカで起訴 裁判に出廷せず、20年間「逃亡」状態に 再逮捕状が発行され今も有効[9/8]

    続きを読む

    このページのトップヘ