ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

    カテゴリ: 左翼

    no title1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2014/12/22(月) 03:12:01.19 ID:???O.net
     アンジェリーナ・ジョリーの監督映画『アンブロークン』が、「反日的」とされ、ツイッターでは日本語で非難が多数書き込まれている。
    同作は、真実に基づいているとしているが、それはウソであると日本では反発が出た。制作会社のユニバーサル・スタジオの日本支社に
    対しても非難が出ている。同作では日本人に人食の習慣がある、などと描写している。

     そして、現在ツイッターのハッシュタグ #USJ #Unbroken #AngelinaJolie #アンジェリーナジョリー #アンブロークン などは非難が○到中。

    「アンジェリーナジョリー終わったな 日本の女の人は大体好きだったろうに」
     こういった失望の声に加え、「この映画を発表した後鵜呑みにしてしまった子供が在米の日本人の子供をいじめるかもしれないという
    発想は無かったのかな。彼女には人種の違う養子が沢山いるからこそ配慮して欲しい点だった」という意見も。

     アンジェリーナ・ジョリーは様々な人種に対する理解があると思っていたからこその失望も今回はあることだろう。彼女の養子には
    カンボジア生まれの子供と、ベトナム生まれの子供もいる。

    http://yukan-news.ameba.jp/20141221-127/

    引用元: 【映画】日本人に人食いの習慣がある、などと描写している映画『アンブロークン』、監督アンジェリーナ・ジョリーに失望の声

    続きを読む

    中国国旗1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/12/21(日) 06:19:46.67 ID:???.net
     旧日本軍が中国に遺棄した化学兵器によって健康被害を受けた人たちを支援する日本の弁護士らは、
    日本政府や関係企業に対して、被害者の医療費などを支援するために設立される民間の基金への拠出を
    呼びかけていくことを決めました。

     中国では、旧日本軍が遺棄した化学兵器の一部から漏れ出した毒ガスによって住民が相次いで健康被害を受け、
    今も後遺症に悩まされている人たちがいます。

     このうち、2007年とその翌年に黒竜江省と吉林省の被害者やその遺族が日本で起こした裁判では、ことし10月、
    最高裁判所が訴えを退ける決定をし、日本政府の賠償責任を認めない判決が確定しています。

     こうしたなか、被害者を支援する日本の弁護士などおよそ30人が、20日夜、都内で集会を開き、最高裁の決定は
    不当だとして抗議しました。

     そのうえで、今後の支援の進め方を話し合い、日本政府や関係企業に対し、被害者の医療費などを支援するために
    日中の民間団体が協力して来月にも設立する初めての基金への拠出を呼びかけていくことを決めました。

     弁護団の南典男弁護士は「責任ある抜本的な施策づくりは日本政府が役割を果たすしかない。
    来年、戦後70年になることも踏まえ、人道的な観点からしっかりとした救済の仕組みを作るべきだ」と話しています。

    NHK NewsWeb 12月21日 4時44分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141221/t10014156331000.html

    関連スレ
    【裁判/日中】旧日本軍毒ガス事故、中国人被害者ら敗訴確定=最高裁 [10/29]©2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1414596554/l50

    引用元: 【NHK】日本の弁護士らが、旧日本軍の毒ガス被害者の支援を呼びかけ[12/21]

    続きを読む

    朝日新聞社旗1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 19:48:15.44 ID:???O.net
    「メディアリテラシー -情報の収集と発信-」は、北星学園大学で新聞を活用した授業を導入している
    原島 正衛 教授監修のもと、新聞や雑誌、テレビなどへの情報発信経験が豊富な朝日新聞社員が講師陣を
    つとめる、情報の取捨と発信の基礎を学ぶための講座です。

    世の中には情報があふれ、情報の真偽や軽重を見極め、活用する能力が大事になっています。また、SNSなどの
    普及により、情報発信という行為はマスコミのみならず、全ての人が主体となりえます。本講座では、
    ネット、テレビ、新聞、雑誌などのメディアの特性を把握しながら、情報を効率的に得ていくための基礎を学びます。

    また、自らがどう情報を発信するのか、効果的に伝えるポイントはどこかを学びます。なお、本講座では
    就活を行う大学院生・大学生・短大生らを対象とし、オンライン学習した内容をもとに対面で発展的な
    講義を行い、講師がエントリーのための文書添削指導等を行う「反転学習コース」を有料で提供します。

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/141218/prl1412181510083-n1.htm

    引用元: 【北海道】北星学園大監修・朝日新聞講師によるメディアリテラシー講座の開講が決定

    続きを読む

    no title1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/12/16(火) 18:17:48.99 ID:???0.net
    アンジー監督作まさかの0ノミネート - 第72回ゴールデン・グローブ賞

    2014年12月12日 17時26分

     下馬評の高かったアンジェリーナ・ジョリー監督第2作『アンブロークン(原題) / Unbroken』が現地時間11日の
    第72回ゴールデン・グローブ賞ノミネーション発表でまさかの0ノミネートとなり、海外で大きく報じられている。
    ゴールデン・グローブ賞はハリウッド外国人映画記者協会の投票により選定される権威ある映画賞で、アカデミー賞の
    行方を占う前哨戦としても注目されている。

     『アンブロークン(原題)』は、第2次世界大戦中に日本軍の捕虜となったルイス・ザンペリーニ氏の半生を
    描いたノンフィクションが原作で、その題材から日本でも話題になっているドラマ作品。ルイス(ジャック・
    オコンネル)を目の敵にする残忍な看守役は、これがハリウッドデビューとなるミュージシャンの雅 -MIYAVI-が
    務めている。脚本は『ノーカントリー』のジョエル&イーサン・コーエン兄弟など。

     作品賞(ドラマ)をはじめ、監督賞、脚本賞、男優賞(ドラマ)、助演男優賞などでのノミネートが有力視
    されていたが、結果は0ノミネート。ハリウッド外国人映画記者協会から総スカンを食らう形になった。

     そのほか期待されていながらゴールデン・グローブ賞ノミネートを逃したのは、『アメリカン・スナイパー』
    (クリント・イーストウッド監督)のブラッドリー・クーパー、『フォックスキャッチャー』(ベネット・
    ミラー監督)のチャニング・テイタムなど。クリストファー・ノーラン監督の下、マシュー・マコノヒー、アン・
    ハサウェイら実力派が集った『インターステラー』も、音楽賞(ハンス・ジマー)の1ノミネートにとどまった。

     反対にサプライズノミネートとなったのは、ブロードウェイミュージカルを映画化した『ANNIE/アニー』の
    クヮヴェンジャネ・ウォレス(コメディー/ミュージカル女優賞)や、ゲイとレズビアンの活動家グループと
    炭鉱労働者たちの友情を描いたイギリス映画『パレードへようこそ』(コメディー/ミュージカル作品賞)など。
    『グランド・ブダペスト・ホテル』のウェス・アンダーソンも、アンジーをはじめ、クリント・イーストウッド、
    ベネット・ミラー、クリストファー・ノーランらを抑えて、自身初となるゴールデン・グローブ賞監督賞ノミ
    ネートを果たした。

     なお、最多ノミネートとなったのは、アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の『バードマン あるいは(無知が
    もたらす予期せぬ奇跡)』で7部門。授賞式は来年1月11日(現地時間)にビバリー・ヒルトン・ホテルで開催
    される。(編集部・市川遥)

    http://www.cinematoday.jp/page/N0069035

    引用元: 【話題】映画「アンブロークン」、ハリウッド外国人映画記者協会から総スカン ゴールデングローブ賞まさかのノミネート0

    続きを読む

    中国国旗1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 23:40:06.64 ID:???.net
    早稲田大学ジャーナリズム大学院の野中章弘教授(61)は、自分は左翼でなければ、右翼でもなく、反中でなければ、反日でもなく、
    真実を追求するジャーナリストであると強調する。新華網が報じた。

    「ジャーナリストは真相を知ることができればそれでいい」と野中教授。

    「中国」に対して、日本の多くの若者が複雑な感情を抱いている。それを、「注目」していながらも「無知」という、一見矛盾している
    2つの言葉で表すこともできる。

    自分の将来を考え、台頭している隣国・中国に注目している日本の大学生も多い。しかし、中国語を勉強し、中国の政治や経済
    を研究しながらも、両国の近代史となると、全く何も知らないという大学生が多い。

    野中教授は、授業で「南京大虐○は、いつ、どこで起きたか?」と学生によく質問するものの、正確に答えることができる学生は
    10人に1人ほどという。

    「これは学生の責任ではない」と野中教授。「問題の根源は、教科書が日本の侵略戦争について触れていなかったり、歪曲して
    言及したりしていることにある」。野中教授自身を含め、戦後に生まれた人のほとんどが歴史を正しく理解していない。

    野中教授は、日本が歴史に対する誤解を解消できないのであれば、中国と本当の意味での交流を築くことができないと指摘する。

    野中教授ほどの年齢の日本人にとって、戦争は決して遠い存在ではない。なぜなら、親の世代が戦争経験者であるからだ。
    しかし、現実はというと、中国への侵略戦争に参加したことのない日本人は、親達が中国で一体何をしたのか、ほとんど知らない。

    ひいては、日本の対中国侵略戦争は、「日中戦争」と呼ばれており、両国の間で起きた紛争と誤解されている。

    野中教授は、「調べたことのある人なら、日本が中国を侵略したのであって、中国は日本に兵士1人さえ派遣していないこと、
    そして、日本に対して戦争を起こしたことはないことを知っている。これは100%侵略戦争であって、『日中戦争』と呼ぶのは間違い」
    との見方を示す。(編集KN)

    ソース:人民網日本語版 2014年12月12日13:31
    http://j.people.com.cn/n/2014/1212/c94473-8822007.html
    http://j.people.com.cn/n/2014/1212/c94473-8822007-2.html

    引用元: 【日中】早稲田大学ジャーナリズム大学院 野中章弘教授「日中戦争は100%侵略戦争」[12/14]

    続きを読む

    このページのトップヘ